birdie さん プロフィール

  •  
birdieさん: birdie,birdie – 私と乳がんと愉快な思い出たち –
ハンドル名birdie さん
ブログタイトルbirdie,birdie – 私と乳がんと愉快な思い出たち –
ブログURLhttp://birdie-birdie.net/
サイト紹介文マンモで石灰化。37歳の乳がん告知(DCIS)。全摘、再建なし!思い出を振り返りつつ、生活は続く!
自由文2016年10月 前月の健康診断の結果、右乳腺に石灰化がみつかる(カテゴリ3)
2016年11月 乳がん診断(DCIS)
2016年12月 右乳房全摘手術

再建はしておらず、手術後の治療もなしです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 27日(平均6.7回/週) - 参加 2017/01/24 22:16

birdie さんのブログ記事

  • お礼参り
  • やっと余裕ができたので、神社へお礼参りへ。マンモトームの結果を待っている時に、検査結果に問題がないようにお願いしにいったんだけど…結果は、癌だったしな…でも…考えてみたら、病理検査の結果は非浸潤癌で、その段階では最高に問題ないとも言えるな…と思い。。それに…癌自体は何年か前からあった可能性もあるし、たまたま検査方法を変えて早期に見つけられたのは神がかってたとも言えるし去年はやたら神社に行ったから守 [続きを読む]
  • 色の力を借りる…
  • 以前書いた通り、明るい色の洋服を着るようになった。数着服を買った後は、部屋に花を飾る習慣が復活した。そういえば手術を待っている時も、花を飾っていた。命のあるものだからか、帰ってきて目にするとほっとする。帰り道に駅で買うだけ。すごく簡単に癒しが手に入る。ランキングに参加しています。応援ポチお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村(2017/02/05追伸)ポチしてくださってる方、励みになります。ありがとう [続きを読む]
  • 誰も悪くない
  • 癌になった原因を心のあり方に求めることがあるけど。その結果、本人が自分を責めて、周囲もそう信じてしまったり。そんな様子を他のブログで見たりすると、思うんだけど。誰も悪くない。癌を告知されると、落ち込んだり、闘うぞと張り切りすぎたり、通常とは違う特有の精神状態を経ていく。自分の心が悪いって思ってしまうのは本来その一つであって、心の反応に過ぎないんだと思う。闘病が終われば消えていくもの。というのは、私 [続きを読む]
  • 手術から51日。アルコール解禁!
  • ここ二週間くらいで、傷が全く痛まなくなった。腕が上げたときの辛さは変わらず…と思ったけれど、何故か今日は動かしやすく感じた。今日は体力に自信が持てたところで、快気祝い飲み会!参加者の一人(男性)にだけ病名を言ってなかったので、二人で先に到着した時間でカミングアウトして衝撃を与える。。少人数で楽しい時間を過ごせた。体力を取り戻し、アルコールを取り戻し、次は…入院前に特注した楽器を受け取りに行かなけれ [続きを読む]
  • 豚の皮を見て自分の皮を想う
  • この太鼓の皮…豚の皮なんだけど、輪っかを締めて皮を伸ばして音の高さを上げる。どんどん締めると薄く伸びる。私の皮、余分に残さないで閉じちゃったけど、エキスパンダー入れたらちゃんと伸びるのかしら。伸ばしたら、この豚の皮のように透明感出ちゃったりしないかしら。ぼんやり眺めてしまった。 ランキングに参加しています。応援ポチお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村(2017/02/05追伸)ポチしてくださって [続きを読む]
  • 乳房全摘に躊躇はない
  • 乳がんの診断が確定して全摘手術となったけれども、それ自体に躊躇はなかった。温存したいとか特殊な手術や治療を探してなるべく切らないようには、思わなかったな。全摘すればほぼ100%命に関わらない(浸潤部分がなければ)のに、評価が定まっていない治療で生存率を下げるのは勿体なさすぎると。何しろ弟が癌で若くして苦しんで死ぬ様を見たので、もし自分が癌になったら初回は全力で標準治療と決めていた。全摘は残念だけど躊躇 [続きを読む]
  • 手術から48日。再出発へ…
  • 手術してから、しばらくは何もしないで家にいたのだけど、徐々に仕事に復帰し先週は通常運転に戻った。最初は、体力が落ちているなあ、きついなあと思っていた。健康な人と一緒の世界に戻るのも大変に感じたし(みんな言わないだけで病気の人は多いんだろうけど)。手術前と変わらないことをしているんだけど、こっそり体は欠けてるし、腕は少し動かなくなってるし、体力は弱ってるし。ダメになって帰ってきたみたいな気がしていた [続きを読む]
  • 理想の再建方法を妄想
  • 私は全摘しっぱなしで再建していないのだけど、技術が発展して素晴らしい再建方法が開発されたら、やってもいいかな。しかし、どんな再建方法が理想なのか…?うーん、これ以上体に傷をつけず、楽に元どおりになることかな。どっかから持ってきたものをぱっとつける!みたいな。あっ、そういえば、iPS細胞っていうのあったよね!うーん、でも本物の乳腺や脂肪で再建されたら、また癌になりそうで怖い…たしかiPS細胞って癌化の抑制 [続きを読む]
  • 病気のときは明るい色を着る
  • 入院中、友だちが送ってくれたカーディガンを着ていたんだけど、綺麗な黄色で気分が良かった。すっかり気に入ったので仕事中も着ていたら、心配してくれていた先輩に今日は元気そうだねと言われた。退院後に買った赤いセーターを着ているときも、同じように言われた。 普段地味なだけに確実に色のマジックだな…と思ったけど。たしかに明るい色を選べるようになったのは、気持ちが元気になった証拠!そして、明るい色を着てい [続きを読む]
  • 安心してください。残ってますよ。
  • この間、伯母が家に見舞いに来てくれたとき、母乳でなくてもミルクで育ていている人もいるし…などとしきりに言っていたけど。 その意味では左が残っているのだが… ランキングに参加しています。応援ポチお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村(2017/02/05追伸)ポチしてくださってる方、励みになります。ありがとうございます! [続きを読む]
  • 私を取り巻く世界を疑う
  • 術前に石灰化を狙ってマンモトーム生検をした結果は非浸潤癌だった。その後MRIを撮ったら、癌が石灰化の範囲を超えてかなり広がっていたので、一部で浸潤している可能性もあるなと思っていた。なにしろ弟が先に癌で死んでいたので、私が0期で手術だけで助かるのは上手くいきすぎのような気もした。なので手術を待っている間は、より悪い事態を想定して、手術の次に乗り越えるべきハードルについて考えていた。手術後に目を覚ました [続きを読む]
  • 乳がん(DCIS)になる計画をしていたのか?
  • 私が唯一加入していた保険。職場で入ったがん保険。がん保険の世界では浸潤がんと非浸潤がんでは、保障が全然違う。約款を読み解くと浸潤がんに比べて一時金は十分の一。乳がんのために女性特約を付けていたのに非浸潤で対象外…癌になったのは悲しいけど、非浸潤ですんだのは嬉しくて、でもおっぱい取られて悲しくて、保険金は少な目で残念!…と思っていた。仕事中、保険会社から電話がかかってきた。なんと非浸潤癌だけど浸潤癌 [続きを読む]
  • 入院して富裕層と認識される?
  • 入院費用はカードで支払った。退院後、二週間で早速ゴールドカードへのインビテーションが届いた。そんなに旅行も行かないから年会費に見合ったメリットないし、だいたい病後で気弱なのでお金を使う気ないの!→というわけでゴミ箱へ。一週間後、なんと再び同じ封筒が…?いつになく熱烈な三井住友VISAカード!また入院して、今度はゴールドカードで入院費用を支払えとでも…?…それともちょうど保険金が入ったのを知っているのか [続きを読む]
  • 乳がんの予兆?
  • 私は乳がんといってもDCISでしこりもないし、発覚するまでは今年の自分はいつもよりも健康だと思っていたんだけど。今考えると、発覚前は例年より胸について気にしていたし、予感があったような。乳がんとは関係ないと思うんだけど、一応あげてみると…診断された年は、いつの頃からかブラに分泌液の染みがつくようになったな…と思っていた。とはいえ両側だったし、血が混じっているわけでもなかったので関係ないとは思うんだけど [続きを読む]
  • 手術から40日。服が脱げない(笑)
  • 気温が高くなりそうだったから、久しぶりに半袖のプルオーバーブラウスを着て仕事した。帰って来たら、服を肩まで引き上げたところで腕が痛くて脱げない(笑)服に閉じ込められるかと思った。基本、前びらき。被る服はゆったりしていないとダメなのね。 ランキングに参加しています。応援ポチお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村(2017/02/05追伸)ポチしてくださってる方、励みになります。ありがとうございます! [続きを読む]
  • おすすめの入院グッズ
  • 初めての入院。どんなものがあると良いのか、調べてみると必ず出てくるのがS字フック。家で愛用している無印のS字フックをいくつか持っていってみたけど、まるで使わなかった。。代わりに役に立ったのは、適当なサイズのトートバッグ。私的には、これがS字フックに代わる入院生活の必須アイテム。ベッドの手すりにも点滴の持ち手にも引っ掛けられる。歯磨きグッズを入れて共同洗面所へ。バスグッズを入れてお風呂へ。盗難が多発し [続きを読む]
  • 病気になると寄ってくるもの(その3)
  • 病気になって、宗教やマルチが寄ってきた…病気になると寄ってくるもの(その1)病気になると寄ってくるもの(その2)今回は、その2に書いたマルチのその後について。 手術前、宗教とマルチ商法で休日を二日も潰してしまって、これが病気になるっていうことか…と少々落ち込んでいた。その後、手術前には仕事を休んでのんびりした時間を過ごし、入院中は体の回復に集中していつもと違ったテンションの高い精神状態になって [続きを読む]
  • 病気になると寄ってくるもの(その2)
  • 前回、宗教が来たっていう話を書いたけど…病気になると寄ってくるもの(その1)その次はマルチ商法だった。もともと一部の友だちにだけ教えているブログがあって、そこには検査から診断に至るまでの状況を書いていた。もう、吐き出さないと耐えられないし、友だちに個別に説明するのも面倒だし。自分の病気でなければ、詳しく調べないものね。そうしたら、普段は連絡をとっていない友だちから電話が来て、会うことになった。ちょ [続きを読む]
  • 病気になると寄ってくるもの(その2)
  • 前回、宗教が来たっていう話を書いたけど…病気になると寄ってくるもの(その1)その次はマルチ商法だった。もともと一部の友だちにだけ教えているブログがあって、そこには検査から診断に至るまでの状況を書いていた。もう、吐き出さないと耐えられないし、友だちに個別に説明するのも面倒だし。自分の病気でなければ、詳しく調べないものね。そうしたら、普段は連絡をとっていない友だちから電話が来て、会うことになった。ちょ [続きを読む]
  • 病気になると寄ってくるもの(その1)
  • みんな、良かれと思って教えてくれるんだけど。今回、がんが分かって、まず来たのが宗教。ほぼ命には関わらないと頭では思っていたけど、癌だし切ってみるまでは分からない。親戚にお寺を紹介されたので、手術前に一応行っておくことにした。待ち合わせて行ってみたら…まあ立派な新興宗教だった。広大な敷地に巨大なビル。大きな大学の学生課や免許センターを思い出させる、各種受付口。行事が終わったところらしく、人がどんどん [続きを読む]
  • 術後一ヶ月の体
  • 癌になると、癌自体については調べることになるし、特に乳がんは医療機関側からのまともな情報も沢山ある。ステージ分類とか、それぞれ予後はどうとか…一方、手術については全摘とか、皮下乳腺全摘とか、温存とか…術式の情報はあるけど…意外と分からないのが手術後に体の感覚は実際どうなるの?っていうこと。外見は説明を受ければ想像がつくけど、手術自体が体に及ぼす影響って意外と分からない。なので、これから手術する人の [続きを読む]
  • ドキドキ
  • ブログを引っ越しした勢いで…手術前や直後によく見ていた「にほんブログ村」の乳がんカテゴリに登録してみた!ランキングに参加しています。応援ポチお願いします。↓ ↓ ↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • ドキドキ
  • ブログを引っ越しした勢いで…手術前や直後によく見ていた「にほんブログ村」の乳がんカテゴリに登録してみた!ランキングに参加しています。 していただけると励みになります。↓ ↓ ↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 病気になるということ
  • 職場の健康診断では、乳房の検診として超音波かマンモグラフィーが選択できる。また、内科の診察の最後に乳房の触診もしてもらえる。例年超音波で検査を受けて異常なしだった。去年は、初めてマンモグラフィーを受けることにした。40歳も近いし、病気が増えてくる年代に差し掛かったという意識はあった。そうしたら、しっかり石灰化が映って、止まれない怒涛の展開に。幸い0期だったけど、癌は癌。自分の心も不安定になるし、なん [続きを読む]