はるママ さん プロフィール

  •  
はるママさん: 不妊症
ハンドル名はるママ さん
ブログタイトル不妊症
ブログURLhttp://funin-nayami.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文不妊症に正面から向き合ったら、幸運にも不妊症治療を始める前に赤ちゃんを授かっちゃいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 121日(平均1.4回/週) - 参加 2017/01/25 09:12

はるママ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 不妊症 検査 費用
  • 一口に不妊検査といっても、その内容は女性を中心にその項目は多岐にわたります。なぜなら、不妊の原因はさまざまで複合的に絡み合っている場合も少なくありません。だから不妊治療を行うにあたっては、まず不妊の原因を特定してからになります。不妊検査はカウンセリングから始まり、それから実際の検査に入っていくわけですが、生理周期によって複数の検査が行われますので、不妊検査が終了するまでにも相当の時間を要します。そ [続きを読む]
  • 不妊症 漢方 ツムラ
  • 西洋医学の不妊症治療で効果が得られない方や、体力的或いは精神的な負担の多さから、東洋医学での不妊症治療を望まれる方も多くいらっしゃるようです。東洋医学での不妊症治療といえば漢方薬です。漢方を用いての不妊症治療は、不妊の原因となっている体質を根本的に改善することで、自然妊娠を促していくというものです。そして、漢方という言葉を聞いて私の頭の中に浮かぶのは、やっぱり有名なあのツムラですね。今回は、不妊症 [続きを読む]
  • 不妊症 治療法
  • 不妊症は、一般的に避妊をせずに1年以上経過しても子供ができない場合と定義されています。そして、不妊症と診断された方は、不妊治療を受けながら妊活を続けていかれることになると思います。近年では晩婚化が進み、不妊に悩むカップルも増える傾向にあり不妊治療を必要としている人も増え続けています。でも、それに伴って医療技術も進化し、そして不妊症の治療法にもいろんな治療法があるようです。タイミング法排卵日の2日前か [続きを読む]
  • 不妊症 ブログ 20代
  • 若いころは、不妊症でといえば私のような高齢の女性が心配するもんだと思っていたのですが、不妊症関連のブログを読んでいると20代でも不妊症で悩む人がいることが分かります。若い年代だと、やはり自分が不妊症だと思わないので、治療や検査を受けるタイミングが遅くなってしまう傾向にあるようですね。20代で不妊症で悩むケースには、排卵障害や生理不順などといった妊娠のメカニズムに問題がある場合や、卵管や子宮の閉塞や癒着 [続きを読む]
  • 不妊症 チェック 病院
  • そろそろ赤ちゃんをと思って妊活を始めたものの、なかなか赤ちゃんができない状況が続くと、「もしかして不妊かな?」と、ちょっと不安になってしまいますよね。かと言って、それを確かめにわざわざ病院に行くというのも、なんだか気が重いものです。でも、そういう人は私たちだけでなく、妊活している人や不妊症で悩む人の多くが思っていることです。まず病院へ行く前に自分でチェックしてみましょう。番号チェック項目1痛みどめ [続きを読む]
  • 不妊症 原因 男性
  • 不妊症の半分は男性にも原因があるといいますが、その原因には先天性のものと後天性のものがあるとされています。男性の不妊症で先天性の原因というのは、いろんな遺伝的要因や発育段階で受けた影響によって性機能が不全になったものを言うようです。もう一つの後天性の原因としては日々のストレス、喫煙やお酒、肥満に糖尿病といった生活習慣によるものや、病気や薬の影響による精巣の損傷や精子の産出異常、その他射精に関するト [続きを読む]
  • 不妊症 検査 種類
  • 不妊の検査には、不妊の原因をさぐるために基本的な項目を調べる「一般不妊検査」と、その検査を受けてさらに詳しい検査が必要と診断されたときに受ける「特殊不妊検査」の2種類があります。一般不妊検査まず「一般不妊検査」ですが、一般不妊検査にはどの時期でも可能な検査と、月経周期に合わせて行う検査などがあります。月経期に行う検査・FSH・LH・プロラクチンなどのホルモン検査・前胞状卵胞数の計測(超音波エコー検査)低 [続きを読む]
  • 不妊症 漢方 効果
  • 不妊症の方で、不妊治療から漢方薬治療に代えたらすぐに妊娠することができたという方もいらっしゃいますが、毎月高額な費用をかけたものの1年以上経っても効果がみられなかったという方がいらっしゃいます。そもそも漢方というのは、個々人の体質に合わせて調合されるものですから、誰かがある漢方薬を飲んで効果があったからといって、それが自分にも効果があるとは限らないのです。不妊症に効果がある漢方には以下のものがあり [続きを読む]
  • 不妊症 治療費
  • 不妊症治療の成功のポイントは、第一によいクリニックを選ぶことなんですが、不妊症には女性と男性それぞれに原因がある場合が多いので、できるならば同じところで検査や治療ができるクリニックを選ぶのがお奨めです。そして気になるのはその治療費なんですが、不妊症の治療というのは風邪をひいて受診したり健康診断を受けたりするようなものではなく、長期にわたるものだと思ってください。基本となる検査だけでも、女性の体の仕 [続きを読む]
  • 不妊症 ブログ 30代
  • 不妊症で悩んでおられる方や不妊治療を受けておられる方が、自分たちの活動の様子や生活などを描いておられるブログなどが多々あります。もちろん不妊症に悩む方は、20代、30代、40代と年代的にも多岐にわたりますし、その年代層によっても不妊症に対する治療や対策も変わってくるようですね。こういったブログのいいところは、やはり不妊症で悩んでいるのは自分だけじゃないんだ、他にもこれだけたくさんの人が頑張っているんだな [続きを読む]
  • 不妊症 男 特徴
  • ながい期間子どもに恵まれないと、女性側に原因があるのではないかと思われがちですが、じつは不妊の原因の半数以上は男性側にあるとも言われています。大きく分けてその不妊の原因には、先天的な要因と後天的な要因の二つがあるようです。先天的な要因とは性染色体自体に異常があり、ホルモンバランスが安定しないことで子供を作るだけの力を持つ精子を作ることができないもの。また停留睾丸のため常に体温が高い状態になることで [続きを読む]
  • 不妊症 チェック 男性
  • 男性側に不妊の原因がある場合は、その原因を解消しないことには妊娠するのは非常に難しくなります。でも、一口に男性不妊といっても様々なケースがあり、自覚症状や外見などだけでは判断できません。下に男性不妊症をチェックする項目がありますが、当てはまるという自覚があれば一度不妊治療の相談されることが近道かもしれませんね。□ 女性の膣内にうまく射精ができない□ 十分に勃起しない・持続しない□ 性欲がほとんどわか [続きを読む]
  • WHO 不妊症 定義
  • 世界保健機関(WHO)による不妊症の定義は、「避妊をしていないのに12ヶ月以上にわたって妊娠に至れない状態」と定められています。日本でも2015年8月29日に、日本産科婦人科学会が理事会において諸外国に合わせ、不妊の定義をそれまでの2年から1年に変更されたそうです。ただ、WHOが不妊症の定義をさらに広げようとしているという話もあるようで、それは性別にも関わらず、たとえば結婚していなくても子供が欲しいのにできない状 [続きを読む]
  • 女性 不妊症 原因
  • 不妊症の原因としては、女性側にあるものと男性側にあるもの、そして男女ともに原因があるものに分かれますが、不妊症の原因が女性側にあるものは次の3つだとされてます。1.排卵障害2.子宮着床障害3.卵管障害排卵障害1.卵巣機能の低下による排卵障害卵巣の機能が低下してしまうと、無月経や無排卵月経という症状が起こり、自力では排卵や生理が起きないということがあります。普通は更年期に見られるものですが、近年では [続きを読む]
  • 不妊症 芸能人
  • 芸能人の方の出産といえば、よくニュースなどで取り上げられてクローズアップされがちですけれど、妊活に取り組んでいる芸能人というのは意外と多いようですね。そしてまた、ご自身が不妊症と診断されて、夫婦で不妊症治療に取り組んでいる芸能人という方もまた多いようです。でも、不妊症治療に取り組んで不妊症を克服した結果、見事に妊娠に成功して赤ちゃんを授かったという方も結構いらっしゃるというのも事実です。そうした芸 [続きを読む]
  • 不妊症 検査
  • 自分が不妊症ではないかと思っても、なかなか検査をしてもらうのに踏み切れないという人も多いかと思います。その理由は、自分が不妊症であるという現実を突きつけられるのが怖いというもの、そしてもう一つはどういう検査をされるのか分からないので、検査を受けること自体が不安だという、この二つではないかと思います。一つ目の「自分が不妊症であるという現実を突きつけられるのが怖い」というのは、これから先、本当に妊娠を [続きを読む]
  • 不妊症 男性 原因
  • 不妊症とは、妊娠を望んでいるカップルが性行為を行っているにもかかわらず、一定期間を過ぎても妊娠できない状態だと定義されています。昔から日本では、不妊症というと女性が原因のように言われてきましたが、実は半分近くは男性にも原因があるのです。WHOが行った不妊の原因調査では、約41%が女性のみ、約24%が男性のみ、女性男性ともに不妊原因を有しているのが約24%、原因不明が約11%となっているようです。男性の不妊症の [続きを読む]
  • 不妊症 漢方
  • 妊活を始める人の中には、漢方薬を使って体質改善から入る方もいらっしゃるようですね。なかには、実際にそれで妊娠することができたという人もいらっしゃるようです。でも、漢方薬ってほとんど馴染みがなく、お薬の名前も難しいのでどれを選んだらいいのか分からないし、副作用なんかも気になりますよね。そもそも漢方というのは、病気になった所を直接治療するのではなくて、個々人の体質に合わせてからだ全体を調整することで症 [続きを読む]
  • 不妊症 治療
  • 赤ちゃんを望んでおられる方の中には、年齢やそのほかの理由がありできるだけ早く妊娠し、出産したいと考えておられる方もいらっしゃるでしょう。そういう方は、もう自分たちだけで妊活しながら妊娠するのには、もう期待が待てないということで、いよいよ医療機関に頼って不妊症の治療を始めることになろうかと思います。不妊症治療にはいくつもの方法あり、不妊の原因によってその治療内容も変わってくるようですが、ほとんどの不 [続きを読む]
  • 不妊症 ブログ
  • 不妊症で悩む方や不妊治療を受けている方というのは、ひょっとしたら私が想像しているよりも、ひょっとしたらもっと多いのかもしれませんね。インターネットで不妊症と検索すると、不妊症や不妊治療を受けている方の書いておられるブログがたくさん出てきます。中には一般人の方ではなく、芸能人の方のブログもあったりして、その悩みの深さやら深刻さが肌に感じられて、同じ悩みを抱えている人にとってはある意味救われたり、勇気 [続きを読む]
  • 不妊症の人の特徴
  • 驚いたことに、不妊症の人の特徴には共通しているものがあるらしいです。1.生理痛がひどい2.生理の時の出血量が多い3.冷え性4.極端な太りすぎと痩せすぎ5.年齢が35歳より上上のような事が共通な特徴だと言われているようです。改善できるものは改善するとして、自分ではどうしようもないこともあるようですね。自分が不妊症の特徴に当てはまるようでしたら、一度婦人科を受診されることをお勧めします。なかには婦人科の [続きを読む]
  • 不妊症 チェック
  • 健康な男女ならば、避妊をしなければ1年以内に約80%、2年以内では約90%が妊娠するといわれています。しかし、避妊をしていないのに1年以上妊娠しない場合には、国際的にも不妊症と診断されます。不妊症の原因が女性にある場合は、卵管や排卵の障害、ホルモン異常、婦人科系疾患などがあり、男性に原因には精子を作る機能障害や、精子そのものに異常がある場合があり、その比率は男女ほぼ同率であることがわかっているようです。 [続きを読む]
  • 不妊症 原因
  • 不妊症の原因には、女性側にあるものと男性側にあるもの、または男女共に原因があるもの、さらには原因が分からないものに分かれるようです。具体的な数値としては、WHO(世界保健機関)が行った不妊原因調査によると、女性の方に原因があるのが約41%、男性のの方に原因があるのが約24%、男女ともに原因があるのが約24%、原因不明というのが約11%となっています。それでは、女性と男性にはどのような原因があるのでしょうか。医 [続きを読む]
  • 不妊症 定義
  • 不妊症の定義をご存知ですか?世界保健機関によると、不妊症の定義は避妊をしていないのに12ヶ月以上にわたって妊娠に至れない状態と定められているようです。ところが、日本では不妊症の定義の期間が長い間2年だったそうです。でも2015年8月29日に、諸外国に合わせて不妊の定義が1年に変更されたということです。最近は国際化が進み、国際的な定義に合わせて横並びにすることは多いのですが、その期間が1年になったことにはやはり [続きを読む]
  • 過去の記事 …