富喜 さん プロフィール

  •  
富喜さん: 荒神堂 主のBlog
ハンドル名富喜 さん
ブログタイトル荒神堂 主のBlog
ブログURLhttp://www.kojin-do.com/blog/
サイト紹介文荒神堂は、丈夫で軽く、扱いやすい獅子頭を作る工房です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 123日(平均1.4回/週) - 参加 2017/01/25 13:25

富喜 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 火伏ノ神
  • 「荒神堂の研究室より」 …?まだ繭に包まれた蚕は蛹の状態なのか? 少し気温差がある日が続いているので生命線が弱っているのか?… ただ気が付く点として繭の大きさに個体差が視られる。蚕に様々な種類があったのかも知れない… 色 … 続きを読む → [続きを読む]
  • 荒神堂の研究室
  • 蚕の調査を始めて何体かが繭になってゆく。 高い位置で巣作りをしたい者、隅角に行きたい者、エッジの有るところが好きな者さまざな蚕なりのお気に入りの場所があるらしい。 しかし、やる気が起きないのかずっと行動に移さず寝てる者も … 続きを読む → [続きを読む]
  • 荒神堂の実験室
  • 真夜中だろか…何と蚕が糸を吐き始めた個体が出ていたのです。 今日一日、工房で仕事をしながら観察を続けたところ蚕は約五時間位で繭に包まれる結果でした。 それらは正にホラーやSFといった世界観です。 太古の昔、この生き物で機 … 続きを読む → [続きを読む]
  • 荒神堂の実験室
  • 蚕の飼育が長期連休前から始まり今現在… 小さな蚕が御椀一杯位だったものが私の管理下手か?自然の摂理か? 2割位は死んでしった。 桑の葉不足もあり人口飼料での与え方にも問題があるようです。 街の公園や道路側にも桑の木があっ … 続きを読む → [続きを読む]
  • 荒神堂の飼育室
  • 工房での絹を巡る話から蚕のお世話まで発展してしまった理由ですが… 何とゴールデンウィークの間でも時差的に脱皮が確認出来ました。 残念ながらその瞬間を捉えることは出来ませんでしたが脱皮後の姿は一回り大きくなった様な感じです … 続きを読む → [続きを読む]
  • 荒神堂の教室
  • 日向artist Clubをやることになり三年目となるでしょうか。 振り返ってみると内容より一生懸命が先行し過ぎ参加者の皆さんにとっても難しく感じていただろうなぁと反省をしております。 実際何かを分かりやすく愉しくやれる … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房の実験
  • 工房での作業話から蚕の飼育まで発展してしまった訳ですが… 正直私は芋虫が苦手です。毎日オッかなビックリ世話をしているのですが慣れですかね?何だか少し可愛げがあるような気がしています(でも…)。 一昨日辺りからでしょうか? … 続きを読む → [続きを読む]
  • 心の対象物
  • 一年程前になるでしょうか大府市のお寺からお話を頂き「火伏せの神」として奉られたり装飾などにも用いられことの多い竜の彫刻を制作しています。 このお寺と限らず近年住職のいない無人化する寺院の話を聞きます。 これらの理由として … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房だより
  • 私の工房では制作の中で様々な天然素材を使うことが不可欠になっています。 その中の一つに真綿という素材があります。 そう蚕が蛹になる時に作りだす絹玉である。 今回その幼虫である芋虫から成虫になるまでを研究することにしました … 続きを読む → [続きを読む]
  • ARMY
  • 3月11日(土曜日) 午後から愛知県の空を飛ぶことになった。 フライトするモデルはUH-1(Helicopter)である。 この日、風は強かったが運よく雲もなく視界は良好でかなり遠くの景色まで見える様子だ。 ところでこの … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房だより
  • 平成29年2月28日〜3月1日 [大安日にて安城市里町小学校に品を納める。] そう私にとっては貴重な時の1ページでもあります。 それは自分の手掛けてきたモノのが完成する瞬間の喜びであり、また旅立ちでもあるわけです。 適切 … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房だより
  • 久しぶりのブログになりました。 里町小学校児童の皆さん!制作の先送りも続いたこともあり大詰めな工程にやっと入りることが出来ました。 それは「箔押し」です。私は金沢の工房で手作業で打った非常に高い純度箔を使い、物凄く緊張し … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房だより
  • 10年以上になるだろうか…獅子頭を古来の作り方で再現する為に長い歳月をかけてきました。 こんなプロジェクトが始まったも沢山の人達に出逢いものづくりに対する敬意と志をごく自然に学んでこれたからです。 獅子頭を良いかたちで未 … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房だより
  • 12/21(水) 2016 NHkさん受信確認と打ち合わせにて 明日は天気予報が雨だということもあり様々な対策が必要になりそうです。 電波の技術的なこともあり私の工房位置から送受信に問題点が見つかり結果的に衛星を使う判断 … 続きを読む → [続きを読む]
  • 日向artist club
  • 第29回目…チビっ子クラグも早いもので次回のクリスマスで第30回目ですか…本当…早い… 前回から「粘土いじり」でツリーにかける願い事を制作中… 今回も自由な発想で思いっきり汚れようじゃないですか! チビっ子!諸君! 必ず … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房だより
  • 蒲郡市のk様、大変お世話になりました。 「お祝いの席で贈り物をしたい」とのご依頼でしたので出来る限り希望に添えるよう努力して来ました。 やっぱり贈られる人も受け取る方も両方の方に驚きと感激のドラマがあって欲しいと思います … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房だより
  • 12月に入り愛知も漸く冬らしくなって来たように思います。 ただ私の手仕事も季節ごとに難しさと工夫が必要でもあります。 近頃もの申すことが増えてしまった私ですが…獅子頭の制作にあたって原材料の減少と品質維持が大変厳しい時代 … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房だより
  • 平成28年12月1日 (木) 「地域の達人に学ぶ会」愛知県知立市立竜北中学校にて 今年で講師として特別授業をさせていただけるのも3年目となりました。 それは3年前の「願い事達磨」にはじまり「Christmas tree … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房だより
  • 朱と黒 こんなにシンプルで魅力的な日本の艶色。 その色には生命があるようであり濡れて潤んだ独特な発色には色っぽさと怪しげな恐怖感さえ感じます。 だから遥か古の時代から神々の神聖な場や権力者にも大きな影響を与えたことでしよ … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房だより
  • 今年の気候は何だか異常を感じます。 私の工房のように天然素材や材料を多数仕様して制作していますとその影響を身をもって体験します。 また日本古来の天然素材は面白いもので、本当にその時の天候を敏感に読み取ってしまい仕上がりに … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房だより
  • ここ愛知県も暑かった夏も過ぎ季節は秋ですが…年々季節感の無い秋になっているのを感じます。 例えば寒暖の差も大きくなっていますし生態系も秋に蝶がヒラヒラと飛んでいます。 私の感覚では春が蝶の季節だという認識ですが… きっと … 続きを読む → [続きを読む]
  • 獅子工房だより
  • 9月末だというのに30℃を超える残暑… 年々気候変化が駈け足で進み日本の四季ある景色も失ってしまう危機感さえあります。 また毎日利用する道路を歩いていても草花や木々に現れています。 私の工房も東海道(1号線)付近にありま … 続きを読む → [続きを読む]
  • 過去の記事 …