はるママ さん プロフィール

  •  
はるママさん: コドモによんだ絵本のキロク
ハンドル名はるママ さん
ブログタイトルコドモによんだ絵本のキロク
ブログURLhttp://ehonkiro.blog.fc2.com/
サイト紹介文子供に読んだ、読んできた絵本の忘備録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 220日(平均3.8回/週) - 参加 2017/01/25 14:50

はるママ さんのブログ記事

  • 「テレビくんにきをつけて」五味太郎(偕成社)
  • ・図書館で息子くんが。2歳頃にも一回借りたけど、気に入ったのかまた選んだ・嘘の情報ばかり教えてくれるテレビくん。黄色のクレヨンは卵からできている…という他愛もないものから、赤信号は赤い車だけ走っていい…という信じてもらったら困るものまで。・船は英語で「ヒップ」と言うのさ、とか子供はそのまま信じそう。大人もテレビがいってるから…と無条件に信じてしまうことがあるから、そういうのを皮肉っているのかも…と [続きを読む]
  • 「へんてこマンション」深見春夫(佼成出版社)
  • ・図書館で。絵が可愛いので選んでみた・部屋を探しているライオンさんが、変な人ばかりが住むマンションを見つけて…というお話・すべてがお菓子の部屋に住んでいる王様や、マンションの中にマンションが住んでたり。すべての部屋が破天荒で面白い。家具が動いてくれる部屋が羨ましい(夜中に暴れたりするみたいだけど…)・息子くんはオバケのシャボン玉や、オバケの飛行機に笑っていたへんてこマンション [ 深見春夫 ]価格:1,40 [続きを読む]
  • 「日本のてつどう なんでもいちばん!」別當律子(小峰書店)
  • ・息子くんが図書館で選んでくる・「いちばんはやい新幹線」や「いちばん大きなSL」や「いちばん高いところにある駅」などなど…。鉄道のいろんな一番が写真と文で紹介されている本・2003年初版だから情報はちょっと古いかもしれないけど、最近の電車絵本ではあまり載っていないような車両も載っているから、それはそれで楽しめた・「いちばんはじめにできた振り子式ディーゼルカー」とかマニアック…!日本のてつどうなんでもいち [続きを読む]
  • 「街のいちにち」杉田比呂美(ブロンズ新社)
  • ・私が子供の頃大好きだった絵本を実家から持って来た。現在はタイトルと装丁を少し変えて、別の出版社から出てるみたい・年齢や性別がバラバラの12人(ライオンや銅像まで!)の1日を2時間ごとに追った絵だけの本。下のスペースでは街の様子がぐるりと一周描かれている・人や職業によって起きる時間や寝る時間もバラバラ。そんな人々が1日の中でたまにすれ違ったり。小物まで細かくて見るたびにいろいろな発見がある。何気ない1日 [続きを読む]
  • 「もぐらバス」佐藤雅彦+うちのますみ(偕成社)
  • ・夏休み前に息子くんが園で借りて来たうちの一冊・「ピタゴラスイッチ」でおなじみの製作者さんが作った絵本。ゆるくてユーモラスな感じが、番組の雰囲気そのまま!・地下を走るもぐらバスのお話。停留所は、「ものおきのした 1ちょうめ」とか「だれかんちのにわ 3ちょうめ」など。・「ピタゴラスイッチ」大好きな息子くん。テレビと同じだ!と思って借りて来たのかな?もぐらバス [ 佐藤雅彦 ]価格:1,080円(2017/8/13 23:07時点) [続きを読む]
  • 「10ねこ」岩合光昭(福音館書店)
  • ・図書館で見つけて息子くんに見せたら、「借りる!」と即決・有名な写真家の岩合光昭さんの写真絵本・1ページめくるごとに猫が1匹ずつ増えていく「数え猫」絵本。猫大好きで、最近数を数えることにハマっている息子くんには夢のような絵本!・最後の猫がいっぱいいるページは、息子くん数えるたびに数が違う10ねこ (福音館の科学シリーズ) [ 岩合光昭 ]価格:972円(2017/8/11 22:01時点)感想(2件)にほんブログ村にほんブログ村に [続きを読む]
  • 「新幹線しゅっぱつ!」鎌田歩(福音館書店)
  • ・図書館から・つばさくんとなすのちゃん(!)の2人が家族と新幹線に乗る様子を描いた絵本・絵がリアルで写真みたい。専門用語とか運行の流れとか運転席の絵とかが出てくるので、将来運転士さんになりたい子とかにおすすめ新幹線しゅっぱつ! (ランドセルブックス) [ 鎌田歩 ]価格:1,296円(2017/8/10 15:26時点)感想(5件)にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「おこめができた!(しぜんにタッチ!)」(ひさかたチャイルド)
  • ・図書館の科学コーナーから・春に稲を作るところから秋にお米ができるまでを丁寧に写真で説明してくれている絵本・まわりに農家も無いところに住んでいるからお米がどうやってできるか全く知る機会が無いし、詳しく知れて良かった・見開き4ページ分を使った、お米が実ったところの写真が綺麗で圧巻おこめができた! (しぜんにタッチ!) [ 岩間史朗 ]価格:1,296円(2017/8/3 14:43時点)感想(0件)にほんブログ村にほんブログ村にほ [続きを読む]
  • 「なぜ?の図鑑 ネコ」(学研)
  • ・主人のお義母さんが息子くんに図鑑を買ってあげるよーということで、一緒に本屋に行って選んだ一冊。他にも動物とか恐竜とかの図鑑も見せてみたけど、これ見つけたら「これにする!」と離さなかった・左ページがネコに関する疑問で右ページにその解説、が基本的な構成。字も大きめだし写真も多いし、どっちかというと園児向きかな?ネコは魚が特別大好きな訳ではない、とかそうなのか…って思った・他にはネコのことわざとか「ね [続きを読む]
  • ポピっこ「きいどり」2017年7月(ポピー)
  • ・きいどり7月号。7月は園が半日保育だったり、夏休み入ったりで時間があったから余裕を持ってできたかな・目次。今月はこんな感じ・巻頭の、自分で貼って作る海の図鑑みたいなのがよくできていて楽しかった。息子くんも気に入ってパラパラしてた・お話はオオカミ少年・紙の付録は縁日ごっこ。金魚すくったり、クジ引いたりの単純なものだけど、気に入ったのかちょくちょく遊ぼ〜と持ってくる・7月だから七夕も。飾りが作れる折り [続きを読む]
  • 「こんにちはおてがみです」(福音館書店)
  • ・図書館でちょっと変わった絵本だなぁと借りてみる・「こどものとも」の50周年記念で出版されたみたい。「ぐりとぐら」とか「だるまちゃん」とか「ばばばあちゃん」とか、絵本の主人公たちから10枚もの手紙が届く豪華な絵本・↓封筒がページに貼ってあって、その中には…・本当の手紙が…!・息子くん知らない絵本も多かったけど、次はどんな手紙かな〜と一つ一つワクワクしながら開けていた・しかも最後にはこどものともの絵本キ [続きを読む]
  • 「はしる!新幹線「のぞみ」」鎌田歩(PHP研究所)
  • ・図書館で息子くんが。1〜2歳の頃にも一度借りてたんだけど、覚えているのかいないのかもう一回選んだ・東京から新大阪までの新幹線のぞみの旅が描かれている・絵が写真みたいに細かくてリアルですごい!新幹線好きな子は絶対喜びそう・今度の夏の旅行で初めて新幹線に乗せるから、それのシミュレーションみたいな感じで良かったはしる!新幹線「のぞみ」 (PHPにこにこえほん) [ 鎌田歩 ]価格:1,296円(2017/7/15 22:05時点)感想 [続きを読む]
  • 「はははのはなし」かこさとし(福音館書店)
  • ・息子くんが園から借りて来て、私も幼稚園児の頃これ読んだことある!と懐かしくなった・語りかけるような優しい文章だけど、結構本格的に虫歯になるしくみとかが説明されている・前歯医者さんになりたいって言っていたんだけど、この絵本を園で読んでもらったからなのかな?この↓裏表紙の歯の並びの絵が気になるみたいで、自分の口の中を触って数えていたはははのはなし (かがくのとも傑作集 わくわくにんげん) [ 加古里子 ] [続きを読む]
  • 「ちいさいひこうき」ロイス・レンスキー(福音館書店)
  • ・図書館で息子くんがぱっと表紙見て選んだ・飛行機を整備して離陸して操縦して着陸するまでの様子が一つ一つ丁寧に描かれている・可愛らしい絵と裏腹に、専門用語がバンバン出てくるのでびっくり!エンジンを空ぶかしとか昇降舵とか尾そりとか補助翼とか。あんまり詳しすぎるし、しかも全部ひらがなだから、なんか笑ってしまった・息子くん絶対意味は分かってないけど、なんか飛行機がブーンと飛んだり、くるりと回ったりしたのは [続きを読む]