watage coffee 店主 さん プロフィール

  •  
watage coffee 店主さん: 本日の珈琲〜珈琲ライフを楽しむブログ
ハンドル名watage coffee 店主 さん
ブログタイトル本日の珈琲〜珈琲ライフを楽しむブログ
ブログURLhttp://watagecoffee.com
サイト紹介文日々の『本日の珈琲』を綴っています。不定期で『スペシャルティ珈琲を楽しむ会』も開催中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 181日(平均1.4回/週) - 参加 2017/01/25 19:30

watage coffee 店主 さんのブログ記事

  • 【イトゥラルデ カトゥアイ ピーベリー】
  • 本日の一杯は、ボリビア産の豆から、アグロ・タケシ農園のイトゥラルデさんが生産された、カトゥアイ種のピーベリーを、フレンチプレスでいただきます。ピーベリーと言うのは、通常一つの実の中に一対で入っている豆が、一つだけ入っている豆のことです。品種としてピーベリーというものがあるわけでは無く、豆の選別の際にピックアップされるため、希少性が高いと言われています。今回の豆も、ピーベリーらしくまるい形で、ころん [続きを読む]
  • 【コピ・ルアク《フレンチプレス編》】
  • 本日の珈琲は、『世界で最も高価な珈琲』といわれる【コピ・ルアク】を、フレンチプレスでいただきます。◎コピ・ルアクとは何か『コピ・ルアク』という言葉を、聞いたことがあるでしょうか?前述のとおり、『世界で最も高価な珈琲』ということで、聞いたことがある方も多いかもしれません。コピ・ルアクとは、「ジャコウネコの糞から採取された未消化の珈琲豆」のことです。コピ・ルアクは、インドネシアの島々で生産されています [続きを読む]
  • 【ワハナ ラスナ ナチュラル《中煎り》】
  • 本日の珈琲は、昨夜に続き、インドネシアのワハナ農園から、ラスナ種という品種の豆をナチュラルプロセスという方法で生産処理したものを、フレンチプレスでいただきます。今日の豆は、同じインドネシアのワハナ農園ですが、珈琲豆の種類も、生産処理方法も、焙煎度合いも違います。更に今日は、淹れ方もペーパードリップではなく、フレンチプレスをチョイスしました。中煎りの豆を使うときは、まずは『フレンチプレス』で味わって [続きを読む]
  • 【ワハナ ロングベリー ウォッシュト《深煎り》】
  • 今夜の晩酌は、先日丸山珈琲西麻布店で買ってきたばかりの豆の中から、インドネシアのワハナ農園で生産された【ワハナ ロングベリー ウォッシュト】の深煎りを、ペーパードリップでいただきます。サイフォン珈琲の日本チャンピオンである、矢橋バリスタとの珈琲トークの中で、「最近、中煎りの美味しい酸の風味にハマっていると、たまに深煎りのコクやドッシリとした飲み口を楽しみたくなるよね〜。」という話をしました。丸山珈琲 [続きを読む]
  • 【エチオピアのグラチョとコロンビアのマグダレナ71%】
  • 本日の珈琲は、丸山珈琲のシングルオリジンから、エチオピアの【グラチョ】をいただきます。【グラチョ】は、3月のイベントにて、先行発売された際に試飲させていただき、その爽やかな酸味がとても素晴らしく、また飲みたいなあと思っていました。先日、西麻布店に初めて伺ったときに、ちょうど店頭にあり、購入させていただきました。そして、その時に店頭で見つけたのが、本日の特選スイーツである、【コロンビアのマグダレナ71 [続きを読む]
  • 【自宅で楽しむミニコーヒー講座開催しました】
  • 週末、子どもたちの習い事を通じて知り合ったパパママ向けに、【自宅で楽しむミニコーヒー講座】を開催しました。自宅で楽しむミニコーヒー講座これまで開催していた【スペシャルティ珈琲を楽しむ会】は、『本当に美味しい珈琲を飲みたい!』『いろいろな珈琲を飲んでみたい!』という自分の希望をきっかけに企画しました。珈琲の楽しみ方としては、豆の種類や焙煎の程度、抽出方法などさまざまあり、色々なトライをしてみるのが楽 [続きを読む]
  • 【コスタリカ・ファラミ・ブルボン・ブラックハニー】
  • 本日の珈琲は、丸山珈琲さんの『50lbs.ECP(エリートコーヒープロジェクト)』から、【コスタリカ・ファラミ・ブルボン・ブラックハニー】をいただきます。実は、だいぶ前に購入していたのですが、大事にしまいすぎて、すっかり冷凍庫の奥にしまったままになっていました。こちらの豆は、コスタリカにある『ファラミ』農園さんの生産になります。品種は、ブルボン種で、古くからある品種です。そして、『ハニープロセス』と呼ばれる [続きを読む]
  • 【グアテマラ・ラ・ベイヤ・パマカラをペーパードリップで】
  • 本日の珈琲は、グアテマラのラ・ベイヤ・パマカラをペーパードリップでいただきます。ラ・ベイヤ農園のパマカラ種、ということですね。このラ・ベイヤ・パマカラは、昨年初めて味わったときに、スパイシーな風味と甘みのバランスがステキだなあと、思って記憶に残っていた豆でした。今年は、去年ほどスパイシーさを感じませんが、期待を裏切らない甘みと独特の香りです。今夜は、高めの湯温で、薫り高くさらっとしたクリアな仕上が [続きを読む]
  • 【なぜフレンチプレスがお薦めなのか】
  • 本日の珈琲は、丸山珈琲の『丸山珈琲ブレンド No.401 〜クラシック〜』をフレンチプレスでいただきます。『フレンチプレス』って?こちらのページでは、かなりの頻度で登場する『フレンチプレス』ですが、なかなか日常の珈琲シーンでは馴染みがないかもしれません。僕自身にとっても、フレンチプレスが生活の中で登場するようになったのは、ほんの1年くらい前のこと。珈琲の淹れ方は、大きく分けてペーパードリップやネルドリップ [続きを読む]
  • 【コスタリカ・シン・リミテスのSL28種とは】
  • 本日の珈琲は、丸山珈琲の50lbs.ECP(50パウンズ・ エリート・コーヒー・プロジェクト)から、コスタリカ・シン・リミテス農園のSL28種という品種の豆を、coresゴールドフィルターでいただきます。SL28種というのは、ケニアで主に生産されている品種で、コスタリカでも最近いくつかのマイクロミルで生産品種として取り入れ始めているのだそうです。珈琲豆は、小さめでふっくらコロッとして可愛いです。手回しミルで挽いてみると、結 [続きを読む]
  • 【パウンドケーキと、季節のブレンド】
  • 今日の珈琲は、kogasaka-bakeのパウンドケーキ(チョコレート)をお伴に、丸山珈琲の季節のブレンド(秋のスペシャル)をハンドドリップでいただきます。ビターなんだけど、ふんわり優しいパウンドケーキと、華やかな酸味のブレンド珈琲の組み合わせで、珈琲のまろやかさが引き立ちました。今日も、美味しい時間を過ごせることに感謝です。2017.2.18↓ボタンを で応援お願いします!watage coffee を応援する!for にほんブログ [続きを読む]
  • 【お湯の温度は95℃】
  • 珈琲を淹れるときに、注意したいポイントの一つに、『お湯の温度』があります。昔は、何にも考えずにお湯を沸かして、沸いたらペーパードリップする、ということをしていました。なんとなく淡くて、コクのない珈琲になってしまって、残念だったことを思い出します。実は、ちょうど良いお湯の温度は、珈琲豆のクオリティや抽出したい味の方向性によって違うんです。スタンダードな豆は少し冷まして(85〜88℃)昔習った淹れ方では、『 [続きを読む]
  • 【ふく福ブレンド 寝殿《中煎り》をペーパードリップで】
  • 本日の珈琲は、2017年のふく豆から、【ふく福ブレンド 寝殿《中煎り》】をKONO式ペーパードリッパーでいただきます。油分も含む、すべての要素をカップに注ぐ金属フィルターと異なり、ペーパードリップでは油分や微粉はカットして、美味しいところだけを選んで抽出することが出来ます。今日の【寝殿《中煎り》】は、中煎りだから金属フィルターが良いかなあと思い、今まではcores金属フィルターやフレンチプレスで淹れていましたが [続きを読む]
  • 【cores(コレス)の抽出体験セミナー】
  • ↓ボタンを で応援お願いします!watage coffee を応援する!for にほんブログ村watage coffee を応援する!for コーヒー ブログランキング今日は、池袋西武で行われた【cores(コレス)の抽出体験セミナー】に参加してきました。http://www.maruyamacoffee.com/blog/p24570/丸山珈琲のブランドマネージャーであり、サイフォンコーヒーの日本チャンピオン(世界第2位)である、中山吉伸バリスタによる『コレスによる抽出体験セ [続きを読む]
  • 【150ccのお湯に対して8.25g】
  • 先日、カッピングセミナーに初参加して『カッピング』を体験してきました。そこでの学びを簡単にシェアします。カッピングとはカッピングとは、珈琲の味や風味を評価するための方法です。手順も決められたもので、一緒に評価するものについては、すべて同一条件になるように工夫されています。上の写真は、実際にカッピングを体験しているときのものですが、片側に6種類ずつのカップが並んでいますね。真ん中にある白いカップには [続きを読む]
  • 【山の庭 タンネのオリジナルブレンド】
  • ↓ボタンを で応援お願いします!watage coffee を応援する!for にほんブログ村watage coffee を応援する!for コーヒー ブログランキング本日の珈琲は、長野県は戸隠にあるオーベルジュ【山の庭 タンネ】のオリジナルブレンドをKONO式ペーパードリップでいただきます。こちらのオーベルジュは、長野オリンピックの時に料理長として腕を振るっていたというシェフの美味しいフレンチが頂けることで有名なんですが、実は珈琲 [続きを読む]
  • 【コロンビア・ヴィジャ・デル・マール】
  • ↓ボタンを で応援お願いします!watage coffee を応援する!for にほんブログ村watage coffee を応援する!for コーヒー ブログランキング今夜の一杯は、【コロンビア・ヴィジャ・デル・マール】をフレンチプレスでいただきます。この【コロンビア・ヴィジャ・デル・マール】は、まろやかな甘み系の印象が強いコロンビアの中では、酸味もしっかりと感じられて、フレンチプレスとの相性が良いですね。ジューシーでさっぱり [続きを読む]
  • 【コロンビア・ヴィジャ・デル・マール】
  • ↓ボタンを で応援お願いします!watage coffee を応援する!for にほんブログ村watage coffee を応援する!for コーヒー ブログランキング本日の珈琲は、2016年の福豆から最後の1袋【コロンビア・ヴィジャ・デル・マール】をフレンチプレスでいただきます。香りは華やかですが、酸味は余りキツくなく、甘味があってすっきりと飲みやすいです。合わせたスイーツは、初めていただきました『吉廼家(よしのや)』。優しいお味で [続きを読む]