minaminokaze さん プロフィール

  •  
minaminokazeさん: 風の色
ハンドル名minaminokaze さん
ブログタイトル風の色
ブログURLhttp://kazeiro.info/
サイト紹介文50代の暮らし、生き方、日々の小さな出来事を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 147日(平均4.5回/週) - 参加 2017/01/25 19:40

minaminokaze さんのブログ記事

  • あじさい
  • 朝方は晴れていた空が、次第に暗くなってきた。雨が落ちないうちに買い物に出かけた。職場で履く上靴を買いに。事前に2割引になっているのは確認済みであったし、洗い替え用にもう1足欲しかった。目当ての商品を手に入れて少々気持ちもハイになり自転車を漕いでの帰り道。 その家の庭にあじさいが咲いているのをいつも見ながら通っていた。どんよりした空気の中であじさいのあでやかさが際立っていた。あじさいの手入れにしていた [続きを読む]
  • 遅ればせながら・・・お詫びです。
  • 良いお天気ですが。部屋の中にいると半袖では冷たいと感じます。本日は、「風の色」へアクセス有りがとうございます。 実は先週の土曜日の午前中、ブログ記事を書きだした所、突然ブログの管理画面が開かなくなりサイト本体も全て消えてしまうというアクシデントに見舞われました。 いやあ、びっくりしました。ネット接続には全く問題ないし、サーバー契約切れになっているわけでもなく、どんなに考えても何が何だかさっぱりわかり [続きを読む]
  • 思い出にリンク
  • 穏やかに夜が明けた。夜勤入りの日なのでゆっくり朝寝坊もできるのに、いつにも増して早起きしてしまった。梅雨の真っ最中だが今日は晴れている。 昨日、仕事から帰ると家の前に女の子が1人しゃがんでいた。毎度の事だが、住んでいる家の軒下には野菜を植え、そこかしこに花鉢も並べている。時々アゲハやミツバチが跳んできては戯れている。ほのぼのとした風景に心癒される。 その子は、足元に虫取り網を放り出してかごの中を熱心 [続きを読む]
  • 8020?
  • 今日は、これから出勤する。早出だ。朝起きて軽くシャワーに入り、お弁当をつくり朝ごはんを済ませた。 制服をカバンに詰め後は出かけるだけ。2連休の後の出勤はどうにもこうにも気が乗らない。奥歯を抜いてしまってそれがひどく調子が悪いことのせいにしよう。 「8020運動」というのがある。80歳になっても自分の歯を20本は残そうみたいな・・・なぜ20なんだろう。24ではいけないのか。18では駄目だろうか。ずっと疑問 [続きを読む]
  • ずるさ・・・
  • 昨晩、時刻は10時30分。パソコンで映画を観ていた。パソコンの傍に置いてあった携帯が鳴った。こんな時間に誰?見ればなんと職場の上司であった。 わたしの勤務シフトを日勤から夜勤へ一部変更してほしいという依頼だった。少し前に夜勤が一回増えたのにまた・・・ 特に断る理由もないし、こんな時間にかけてくるぐらいだ。よっぽど緊急だったのではと案じ了解した。 ただ、心配なのはその日は初めての1人夜勤になる。別の階にベ [続きを読む]
  • パートなんて所詮つなぎのペーペー
  • 朝、雨音で目が覚めた。窓の外を覗いてみれば細かい雨が静かに降っていた。紫というよりは「パープル」という言葉が絶対に似合うと断言していいんじゃない?小さな「ナス」の花にうっとりと見入った。 ベランダや軒下で野菜や花を育てて楽しんでいる。畑の真ん中でどっしりと育っている近所の野菜達とは比べ物にならないが、日当たりのあまり良くない場所でも、それなりに元気に育ってくれているのは嬉しい。 昨日は夕方水遣りをし [続きを読む]
  • あがったりさがったり・・・
  • 日勤で6時ごろ帰宅した夕方。ことのほか日差しが強かった。日傘を差して自転車に乗るのは危険だし、帽子だとすぐに風に飛ばされてしまい役に立たない。このままだと夏を待たずに真っ黒くろすけになるのは間違いないなあと思った。 そんなことよりも頭痛がして疲れていた。 やはり年齢だろうか。お腹は空いていたがそのままごろんと横になると30分程寝てしまった。ごそごそと起きだし食事を済ませ、また横になった。 電気を消した静 [続きを読む]
  • 何かを掴んで立ち上がりたい
  • ゆるゆるシフトになって時間が沢山できた。なんせ休みが多い。図書館で借りた本を読んでも一日中読み続ける事はできない。集中できる時間はそんなに長くない。育てている野菜や花を眺めて過ごしても限度がある。さてどうしようか。 そうだ!スキルアップを目指そう。現場で躓いたばかりのわたしではあったが、介護という仕事は奥が深いと感じているのは事実だ。知識は力になるはず。さらなる資格取得を目指し「ガイドヘルパー」や [続きを読む]
  • 自分で蒔いた種
  • 夜勤明けで2連休という贅沢なシフトで、のほほんとした日曜日の朝を過ごしている。実を言うと今月は、ゆるめのシフトを組んでもらっている。いつもより5日程休みが多い。 先月までは、パートだがフルタイムの三交代、夜勤ありと正社員同様のシフトだった。上司に退職を申し出た際に、勤務時間を少し減らし、休養しながらでいいのでと提案され了解した。 時給で働いているので一日休めば途端に給料に響く。それが5日間ともなると一 [続きを読む]
  • 山越えか
  • 画像 ローズマリーと再び芽吹いたキバナコスモス 職場内のスタッフ同士の人間関係に悩んでいたのはわたしだけではなかった。何が変わったわけでもなく、ただそれを知っただけなのにあれほど重く苦しかった職場の空気が違って見えるようになった。 何十年も介護をしている人に比べられて気後れする必要なんて何処にもないから。どうしようもない事を押さえ込むように指摘するってどうよ。わたしらこれから言いたいことは [続きを読む]
  • 神風
  • 夜勤明け、昼前に帰ってきて一眠りした。布団などひかずラグの上に毛布を引っ張り出して丸まって寝た。 東側の小さな窓から風がすーすーと入ってくる。レースのカーテンが風に押されては戻り、戻っては押されを不規則に繰り返している。海辺の波打ち際によく似ているなあと、半分塞がったままのまぶたで眺めていた。 夜勤を一回終わると二日分勤務した勘定だ。わたしは介護経験浅い初任者なので1人夜勤ではなく、経験豊 [続きを読む]
  • わたし多分病んでいます
  • 知人というか友人に「わたし多分病んでいます」こんな泣き言を伝えたのが3週間ほど前でした。職場の人間関係で悩んでいますと。 本音を別の懐にいれたままの中途半端な人間関係がとても苦手で、それよりは1人で居るほうが気楽だわとツッパっている愚か者がわたしです。だけど、一スタッフとして相手にされず無視される日々はとても辛くて淋しいものでした。わたしと似た性格の方がもう一人いて、同様に50代ともに蚊帳の外。 [続きを読む]
  • 低空飛行で夏へ
  • 昨日は夜勤明け、お昼前に帰宅。夜から明け方まで降り続いた雨は、帰る頃には上がっていた。雨で洗われた遠くの山並みが一段と濃い緑色を放ち眩しかった。 シャワーに入り、洗濯を済ませ一眠り。眼が覚めるとカーテン越しに薄く日が照っている。時刻は3時半。時計は正しく一日の終わりへと向かい時を刻んでいるのに、なぜか針がグルグル逆回しになっているような感覚がする。 きゅうりを収穫。ポット苗を買って植 [続きを読む]
  • 想定内だ、蹴飛ばしてしまえ!
  • 仕事を終えて自転車で帰宅した。早出出勤だったので帰宅時間も早い。日差しは斜めになっていたがまだまだ強かった。お茶いりのポットを今日は忘れた。何度も道路わきに設置されている自販機を恨めしいと思いながら通り過ぎた。 家に帰り玄関のドアを開ければ真っ先にシャワーに入る。アイスコーヒーをつくり、氷のカランコロンという音にしばし耳を傾けた。「夏なんだなあ」勤める職場の壁には、塗り絵の朝顔が咲いていた。9 [続きを読む]
  • 娘であり母であり
  • 今日は5月19日。気が付けば前回のブログ更新から随分日にちが経っている。多忙でと言ってみたい気もするが、残念ながらそうではなく、ただ何となくパソコンを開かない日があったり、開いてもすぐに閉じてしまったり。更新するエネルギーをどこかにしまいこんだまま、引き出す元気がなかった。ただの無気力と思うが無理に五月病を気取ってみるのもいい。 そんな淡々とした日常などお構い無しに、時が経過していけばそ [続きを読む]
  • 走れ!走れ!走れ!
  • 職場はまだ助走期間の段階でフル回転ではない。よって、出勤退勤は定刻きっちり。往復4時間の通勤をこなしていた頃に比べると余裕があるといえば聞こえが良いが、気が抜けて腑抜け状態になりつつある。 わたしは、ハローワークの職業訓練校に3ヶ月間通い「介護師初任者研修終了」という資格を取得した。以下はその時に記していた文章だ。 普段は、過去に書いたものなどあまり目を通す事はない。熱い気持ちで結構必 [続きを読む]
  • 再始動
  • 三日間休んだ。わたしも人並みにGWだったと言っていいんじゃない。三日も休んでいると職場の様子が気になったりする。 通勤地獄とは一応お別れ。自転車通勤だ。気になるのは日焼けと雨ぐらいだろう。ちょっと質のいい日焼け止めクリームと自転車用のカッパを買おう。 今度の休みまで、まずは3日間頑張ろう。 [続きを読む]
  • 「あたし ねむれないの」
  • 4月の最終日休みだった。昼間は、好天気に誘われてサイクリングに出かけた。サイクリングと名するほどのものではなかったが。特に用事を作るのでもなくぶらぶらと・・・思った以上に暑かったが、夏の様相の日差しと木陰の温度差を心地よいと感じた。 何処へ行っても家族連れが多かった。噴水のある公園でも、量販店でも。暇で時間だけはたっぷりあるのはわたしぐらいなものだろう。ぐるぐると自転車を走らせ、ホームセンター [続きを読む]
  • ぶれない 悩まない。
  • 休みを取った。休養を取る為に。時給で働いているので一日でも休めば即給料に影響するが、止む得ずといった所だ。わたしが休んでも特に誰が困るというのでもないこの時期。この職場で続けていく為の充電だと割り切った。 職場での細かい愚痴は言わない。特に同僚絡みは書かないと決めてある。人の力関係、距離感は絶対に変わる。価値観が違うのは当然で、その中でいかに自分を保っていくのか。それだけに集中する。&nbs [続きを読む]
  • 野暮なくせ
  • ぐるりと四方を畑で囲まれた家で育った。家の周辺には、野放しの赤しそやクンシン菜が大きな顔で生えていた。食卓には、そんな野菜の炒め物ばかりだったが、真っ赤に熟れたトマトやおおぶりのスイカ、わっさわっさのほうれん草の味なんかも当然憶えている。子供に食べさせなければいけないのだから、親が野菜を育てたのは当たり前で、花なんて生垣がわりに植えられたハイビスカス以外は、小学校の花壇のキンセンカを鮮やかに [続きを読む]
  • ここで暮らそう ずっと一緒に。
  • 朝から雨が降った。ゴミを出した時には、ぽつぽつだったのが段々と本降りになっていった。休みでよかった。こんな雨の日に出勤はめんどくさいもんね。のんびりと図書館にでもいこう。と思ったが、急遽変更。雨の中ホームセンターへ。 ホームセンターの園芸コーナーが好きだ。今は野菜の苗や季節の花苗がわんさか売られている。想像するだけで色とりどりの売り場が目に浮かぶ。 自転車をこいで出かけた。週半ばの平 [続きを読む]
  • 空しさがあって
  • 少し歩くと汗ばむ陽気になった。街路樹の「ハナミズキ」や「ツツジ」が色づき季節は初夏を通り越して夏へ一直線といった感じだ。 往復4時間かけて通った研修終了の業務命令が出た。やれやれだ。 実地研修で身に着けたことは山のようにあり、一つ一つが自分の血となり肉になったという達成感があったが、やっぱり本音は「疲れた」が第一声だ。もう来週からは電車に揺られなくていいし、出勤時間の2時間も前に家をでなく [続きを読む]
  • だから桜は春に咲く
  • 造幣局の桜の通り抜けに行った。雨が降っていた。桜を愛でるのには生憎の雨と言った方が良いかもしれないが、天気の良い日は桜の花をゆっくりスマホで撮るのも難しいほどの混雑になるので、雨でよかったねと知人と話しながら歩いた。 造幣局の通りぬけは八重桜が多い。ソメイヨシノとは一味も二味も違うがこれもやっぱり桜なんだよね。石楠花やぼたんに似た丸い花形が可愛らしく、それぞれの花が雨にぬれて一段と瑞々しかった [続きを読む]
  • 夢ふくらませ
  • 西向きのわたしの部屋、日差しがたっぷりというわけではないがスペースだけは申し分ない。 時は桜咲く季節。夏の野菜がホームセンターで出回り始めた。給料日はまだ先だが、就職の際に持ち出しで受けた健康診断の費用10,000円が手元に帰ってきた。そうなるともう買わずにはいられない。 ナス、ピーマン、トマト、きゅうり。定番の4種類を植えた。 沢山実れば今春独り立ちした娘にも届けてやれたらいい。そん [続きを読む]