らそは さん プロフィール

  •  
らそはさん: ブログ{らそは}質素で豊かな生活を求めて
ハンドル名らそは さん
ブログタイトルブログ{らそは}質素で豊かな生活を求めて
ブログURLhttp://lasolfa.com
サイト紹介文質素で豊かな生活とは? 華美でないけど気持ちが満たされる生活の有り方を模索していきます。
自由文ハウツーではありませんが、外縁からせばめていくつもりなので、テーマの中心に達するには、少々時間がかかります。でもヴィジョンは明確になってきましたので、じっくりと進めていきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 61日(平均2.4回/週) - 参加 2017/01/26 01:30

らそは さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • かますの開きと肉じゃが
  • 料理のページはリスク含みである。何をどういうのか。自分で料理したものではない場合にはどんな言葉でどのように表現すれば良いのか、悩むことしきりである。 あまりにも悩みすぎて、一旦非公開にしてしまったのだが、それを今ふたたび … 続きを読む かますの開きと肉じゃが → [続きを読む]
  • カレーという不思議な食べ物のこと
  • 私はカレーを食べる時にスプーンを使わない。いつもフォークである。スプーンを使うのは、スープのような液体の時とアイスクリームなどのデザート類くらいだ。 御飯を食べる時にスプーンを使うのは、子供や病人だと思っている。これは偏 … 続きを読む カレーという不思議な食べ物のこと → [続きを読む]
  • 箸と茶碗
  • 日本人が当たり前と思っている習慣が、実は一般的では無かったという経験は時々あるもので、日常的であることほど気付く事が少ないものである。 箸を使う国はアジアにはたくさんある。箸は実に偉大な文化であり、すこぶる洗練されている … 続きを読む 箸と茶碗 → [続きを読む]
  • 倉庫貧乏というコスト体質
  • 実は、コンテナタイプの倉庫を借りている。最初は、川崎市に住んでいた時に、家の近くで借りた。 実家の都合で、実家にあった本やらレコードやらといった荷物をごっそりと引き上げる必要が出てきて、当時は狭い社宅に住んでいたので、持 … 続きを読む 倉庫貧乏というコスト体質 → [続きを読む]
  • 犬と入れ替わることができるか?
  • 犬や猫を飼う人は本当に多くなった。最近では猫を飼う人の方が若干多いようである。本人はペットブームと思っていなくても、知らず知らず影響されているのが、メディアや流行というものだ。本人は影響されていることに無自覚で、自由意志 … 続きを読む 犬と入れ替わることができるか? → [続きを読む]
  • 蛍光灯
  • 蛍光灯のことを英語で言おうとすると、fluorescent lampなどと面倒臭いことを言わないといけない。何て発音するのかと思って、ネットで調べると、中国語のような発音の英語が鳴る。 ふむ、蛍光灯というのは、英語で発音 … 続きを読む 蛍光灯 → [続きを読む]
  • 『悪童日記』と私
  • 友人のI君がアゴタ・クリストフの『悪童日記』を読んだ時、僕の事を思い出したとずいぶん前に言ったのを思い出した。主人公の双子の小さな男の子たちが、ドライでブラックな行動そして殺戮を繰り広げるドラマである。明示的には書かれて … 続きを読む 『悪童日記』と私 → [続きを読む]
  • 閻連科『炸裂志』
  • 中国の作家、閻連科の2013年に書かれた小説で2016年11月に翻訳が出たので読んでみた。この作家の名前は本の表紙には「イェン・リェンコー」とカタカナで書いてあるのだが、インターネットなどでは「エン・レンカ」となっている … 続きを読む 閻連科『炸裂志』 → [続きを読む]
  • 関東地方のこと、災害のこと
  • 東京から北関東へ、鉄道や車で行くと思うのだが、こんなにも広大な地域が、こんなにも平らであることに驚いてしまうのだ。 いや、海外にはもっと広大な地域が平野となっている場所もあろう。しかし、日本の首都に隣接し、あるいは首都の … 続きを読む 関東地方のこと、災害のこと → [続きを読む]
  • 日本人は「行間を読む」力が強いのか?
  • 何人が「行間を読む」のが得意なのか? 日本では、もしかすると日本人は行間を読むのが得意で、西欧人は苦手であると思い込んでいる人もいるようである。 しかし、それは大いに疑問である。 私の見解では、実は日本人は世界の中では、 … 続きを読む 日本人は「行間を読む」力が強いのか? → [続きを読む]
  • ピアノ室の防音と換気について
  • ピアノ室については、何度も書こうとしているのだが、うまく書けない。書こうとすると、なぜか正直に書けないのだ。 原因には、やっと思い当たった。防音室は200万円かかるというのにそれを50万円程度に収めたので、やっぱり問題が … 続きを読む ピアノ室の防音と換気について → [続きを読む]
  • 気分が晴れる方法
  • 誰かがイライラと怒っている、とする。理屈では通じない相手だ。そういう時は、心の中で「やーなかぁーんじー、やーなかぁーんじー」と歌うと気持ちが晴れることが分かった。これは「 いーけないんだー、いけないんだー、先生に言ってやろー」みたいに、ちょっと嫌な奴になった感じで歌うのが良い。別のパターンとしては、「関係なーいもーんねぇー」というのもある。これも心の中で楽しそうに歌うのである。「全然関係なーいもー [続きを読む]
  • 食品添加物の安全性未確認リスト(2016年度){LaSolFa版}
  • 2016年度の我が家の食品添加物規制リストを公開する。個人的な調査と判断によるものなので、世の中の一般的な安全性のガイドラインとは異なるところもあろうかと思う。以下のリストの添加物は、発癌性が疑わしいもの、毒性の強いものなので、我が家では購入しないようにしている。かといって、必ずしも危険というわけではない。あくまで、安全が確認されていないというだけである。保存料ソルビン酸、ソルビン酸カリウム安息香酸, [続きを読む]
  • 幅の狭い鍵盤のピアノを弾きたい!
  • 幅の狭いピアノの鍵盤があるというのを最近知った。Youtubeで “Reduced size keyboard”と言ってSteinbuhlerというピアノが紹介されていた。15/16と7/8があるという。チェンバロは黒と白が逆だし、今とサイズが違うということも知っていた。ピッチも違ったように、国や地域ごとにサイズもいろいろだったようだ。そして、ピアノもやはり19世紀にはいろいろなサイズがあったのだ。考えてみれば当たり前であるのに、頭から追いやって [続きを読む]
  • アーモンドは食塩を使わない素焼きが美味しい
  • 最近は、アーモンドをよく食べるようになった。以前はつまみと思っていて、塩味の付いたミックスナッツを時々食べる程度だったが、最近では毎日のようにアーモンドを食べている。ビタミンEや鉄分などもあって、栄養価も高い。老化を防いで健康になろうという下心も多少はあったが、とても美味しいので食べ始めるとそんなことは関係なくなってしまった。この二つは好んで食べる銘柄である。Ton’s Brandの方はじんわりした甘みが味 [続きを読む]
  • 石油は化石燃料ではなくマグマ起源!
  • 石油は化石燃料ではなく、マグマ起源であるという研究がある。つまり、石油は植物の化石が元となる、限りある燃料ではなく、地球の奥底から噴き出してくるある意味で無尽蔵の燃料であるというのである。植物由来であるとする有機起源説に対して、無機起源説という。有力な証拠も挙げられている。植物層より深い地層にも石油があること、植物にはない金属物質が原油には混入していること、また高温高圧の中で炭化水素から石油を作る [続きを読む]
  • 駒沢給水塔〜美しい双子の王冠
  • 東京世田谷の駒沢給水塔に来た。1923年竣工という。給水塔という機能に特化した施設ではあるが、威風は堂々と、風格があり気品がある。双子の給水塔とも言われる。都心の住宅地にあって、美しい風景である。この給水塔が建設された時、この時代の特徴かもしれないが、機能優先だけではデザインされなかった。当時の街並みには、違和感は大いにあったとしても、それでもより良いデザインであるよう、美しくあるよう考えられたと思う [続きを読む]
  • ドレミで歌う
  • ラミミシララミララシラーと言えば音符を読む人にはすぐわかる。シャープやフラットが無いのでハ長調かイ短調で大体間違いない。でもこれは、調が変われば、ドソソレドドソドドレドーでも同じだ。今、急に思い出して歌ってみたのだけれど、もう一回、ラミミシララミララシラー、と歌ってみる。京都に行きたくなるJRの古いCMを思い出しながら歌ってみても良いだろう。そうすると、Recitativoから少し変化してリズムを取って、ラミレ [続きを読む]
  • スマートフォンや携帯電話の電波の危険性について
  • 混雑している電車の中などで、他の人の頭のすぐ後ろで携帯やスマホを使う人がいる。結論から言うと、日常生活の中で使われている電磁波が非常に危険とは言えないが、逆に言えば電磁波の安全性は確認されていないのだ。北欧では高校生以下は1日1時間以上の携帯電話の通話は危険として規制をしていると聞く。イアホン等を使って、頭部から話して使用するのであれば危険が低減できるという。また、高圧線の近くでは電磁波が強く発生 [続きを読む]
  • なぜバロック調律は415Hzになったのか?
  • 現代のバロック演奏の調律では415Hzが多い。しかし、全てが415Hzというわけではない。一口にバロックと言っても範囲は広くて、地域により時代により、あるいは編成や場所によりさまざまだ。 三味線は声の調子で具合の良いとこ … 続きを読む なぜバロック調律は415Hzになったのか? → [続きを読む]
  • 過去の記事 …