熟年ラブ50 さん プロフィール

  •  
熟年ラブ50さん: 50代熟年の恋 毎日綴るラブレター 想いはストレート
ハンドル名熟年ラブ50 さん
ブログタイトル50代熟年の恋 毎日綴るラブレター 想いはストレート
ブログURLhttp://xn--5ck2bycn5f.seesaa.net/
サイト紹介文50代で燃えるような恋をし、毎日ラブレターを綴っています。想いはいつもストレートです。
自由文彼女が好きになって、
ラブレター100号を目指し、それを達成、
毎日綴っています。次は200号です。
今二人は燃えるような大人の恋をしています。
誰にも負けないぐらいラブラブの関係なのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 183日(平均8.5回/週) - 参加 2017/01/26 09:58

熟年ラブ50 さんのブログ記事

  • ラブレター 391 「タッチケア」触れ合うことで病気を治す
  • 二人ともくっつき虫さんなんだけれどなぜくっつきたくなるのかきらいな人にはそばに寄るだけでいやなのに、不思議だよね男女比べると、くっつきたい、とくに触られたいという欲(想い)は女性の方が強いんだって男は視覚優位で視覚が発達している生き物、女性は触覚が発達した生き物であるようだいずれにしても好きな相手に触れたいし触れられたい好きでもない相手なら指一本も 触れられたくないと感じる触れられると体に変化をも [続きを読む]
  • ラブレター 389 恋は美しくなる エネルギー満タンで
  • 恋をしている女性は美しいと言うよねそれは、恋人に会うことで、幸せホルモンがいっぱい出てくるから、そして、人生にはりが出て生き生きとするから自分に自信が出てくるということもあるかないつも自分に自信がない人でもわたしみたいな人間を深く愛してくれたということが自信につながるそれはその通りなんだけどただ、恋はエネルギーがいるよねエンプティになっても若い頃はすぐに復活できるまた、自分のことだけだから楽ちんか [続きを読む]
  • ラブレター 388 歩く姿 百合の花 美しい歩き方
  • 歩く姿である程度年齢がわかる高齢者になると関節がかたくなったり、筋力が低下したり、またバランス感覚も悪くなっていく個人差があるからいつまでも若々しい歩き方でありたいもの美しい歩き方ってあるよね容姿端麗なのに歩き方が良くないので幻滅したりして立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花美人の姿や振る舞いを花に見立てて形容することば美しい歩き方は女性の美しさをひき出す百合は茎は太いが長いよね、花が大きく重いた [続きを読む]
  • ラブレター 387 一目惚れ 男は外見なの?好みはそれぞれ
  • 外見や容姿、身体的な特徴など、男性は自分の好みの女性に一目惚れするケースがほとんど、要は見かけだだから、女性はお化粧やファッションに関心が強い男より秀でている外見にこだわるのは、男が欲しているのをきっと女脳が知っているからだろうなー女は受け身だから男を誘導する術を知っているでもこれは一般論男の平均は当てにならない。美人が好まれることもない「たで食う虫も好き好き」男の好みはバラエティーにとんでいるス [続きを読む]
  • ラブレター 383 1年経った 長続きさせるには… 自制心 ご褒美がある
  • 恋を長続きさせるには相手のことを考えて我慢するという自制心が大切だと思っている自制心が働き、それを実行できるのは相手を信じているからメールがないときはきっと忙しいんじゃないかと僕もしない長いこと間があくと、会いたいからと欲求を我慢せずに押しかけていたら、迷惑となってしまうよね断られたら、自分もあまり嬉しくないしだから、我慢している我慢も恋愛の醍醐味だと思う我慢したら、我慢の末に会えた時、存分に二人 [続きを読む]
  • ラブレター 382 セミ 限られた命 命がけの恋
  • 蝉の抜け殻を見つけたよ本格的な夏、これからいっぱいセミの声が聞こえる夏の風物詩だけれど、実はセミは暑さに弱いんだってあのセミの大合唱は耳をつんざく、毎日聞かされるとちょっとうんざりするよね精いっぱい鳴いてメスにアピールしているセミは成虫になって少ししか生きられない一週間しか生きられないっていうよね本当は、長くて1か月は生きるというよだけど、やっぱり短い限られた命だから思い切り恋をしているんだ鳴き声 [続きを読む]
  • ラブレター 380 黄金比率 セクシー体型とは
  • 僕は君のやや大きめのヒップにいつも魅了されているんだけれどお尻の大きいのが魅力なのにそれにコンプレックスを感じている女性が多いそうだ君もそうかな女性が理想とする体型と男性好む女性の理想とする体型とではずいぶん違うのはなんとなくわかるねとくにウエスト、女性は「ウエストが細ければ細いほどいい」と思いがちだろだけど、実はこれは大いなる誤解なんだウエストがいくら細くても男は美しいとは感じない要はバランスみ [続きを読む]
  • ラブレター 377 否定的に思うことを抑え込む働き 愛情とは…
  • 君と恋仲になって1年になるずいぶん早いものだよねこの一年で二人はすごく深い関係になったなーと、しみじみ思う気持ちは最初となんら変わらない大好きだ最初と比べて好きと言う気持ちがむしろ増しているように思うどんどんこの胸のトキメキが時間とともに膨れている満点に輝く星空宇宙のようだ宇宙って広大で計り知れないぐらい広いこの宇宙は実はどんどん膨張している広がっているんだよ恋は脳を麻痺させるのか、脳を変化させる [続きを読む]
  • ラブレター 376 長生きしたい 長く居たいから
  • 今までは、長生きしたいなんていう執着はなかったなー恋をすると長生きしたいと思うなぜなら、ちょっとでも少しでも君と長く居たいからとくに男は好きな女のためなら頑張るエネルギーが湧いてくる恋をすると生命力がアップするのは間違いないと思う「恋ってのは、長生きするには一番良いものですよ」106歳まで長生きした国文学者の物集高量(もずめたかかず)さんの言葉生を全うするまで恋をしていたといいます。長寿だった本人自 [続きを読む]
  • ラブレター 375 枯れない愛 サボテン
  • サボテンという植物のは強いものだ少々水をやらなくてもほったらかしにしていてもしっかり生きている逆に水やりをしすぎて枯らしてしまうなんてよく聞く2年前からサボテンを育てているけれど、今年初めて花を見た案外うちわサボテンは早く花が見られるようだ黄色い透き通った花サボテンの花の色は様々だけれどみんな驚くほどきれいだ透明感があって蝋細工のようだ花言葉は枯れない愛僕たちはサボテンのようにどんな状況になっても [続きを読む]
  • ラブレター 374 今日は七夕 年に一度だけ逢えるか…
  • 今日は七夕だったよね織姫と牽牛が年に一度だけ逢うことを許された日だよね僕たちは逢えなかったね年に一度しか会えないなんて、辛いだろうと思うでもどうしてそうなったのか、知っているよね結婚した二人は仲が良すぎるというのか、毎日いちゃついてばかりしていた本当は二人とも働き者だったんだけれど、いちゃついてばかりいて、仕事をしなくなった天帝の怒りにふれ、天の川を隔てて離れ離れにした逢いたい、逢えない、悲しみに [続きを読む]
  • ラブレター 372 愛欲 情熱 美しさをキープ
  • 「愛欲」なんていう言葉は自分以上に相手に強く愛情を求めること愛の見返りを強く求めているような感じはする愛欲が強い人はきっと情熱的な人なんだろうなどちらかと言えば、肉食系の人若気の至りなんていうけど、若い時の欲求のように思う清純派女優と言われた吉永小百合がそのような女性だったみたい数々の恋愛遍歴ドラマテックな過去があったのだそして彼女は肉食系だったいろいろなラブストーリーの映画を観たけれどあの演技か [続きを読む]
  • ラブレター 371 特別な人 自分だけ特別に
  • 支配欲のある男は往々にして「自分だけの女」という感覚になるやっかいな男は、自分中心で困らせるモラハラやDVになる可能性もある支配欲は本能的なものなのか、多かれ少なかれ、そういう要素は男にはあると思うそして「自分だけは彼女にとって特別な存在なのだ」と思いたいのだ彼女が外と内(彼の前での態度)が全然違うたとえば、外では、すきのないしっかりものだけれど、男なんてフン!なんていう彼女が彼氏の前では解放され、 [続きを読む]
  • ラブレター 373 ヒップアップ お尻が美ボディの要
  • 二人して、お尻の触りっこしているときがあるよね大きなお尻と小さなお尻対照的なお尻だ僕のお尻はすぐに骨にあたる固くごつごつしている感触は良くないだろ尻フェチじゃないけれど君のヒップは肉厚があって女性的だから、好きだ自分にないものを触りたいもの君は大きくて嫌なように言っていたが、多少大きくてもとっても魅力的なんだよお尻を触るというのは、肩を抱いたりキスするのと同じスキンシップの愛情表現と思う全部好きな [続きを読む]
  • ラブレター 370 恋人つなぎ 心安らか 心安らか
  • くっつくことが好きな僕たち家の中でもよく手をつなぐよね触れていたいから手をつなぐのは手っ取り早いキスなら会話できないけれど手をつないでよくおしゃべりしているよねしゃべりながらも愛情を確認しているんだと思うだって愛情なんていうのは目に見えない心を覗けないから触れ合うことしかない言葉よりも正直だ手をつないでしゃべると会話の内容も楽しいことになっていくように思う少なくても、言い争いするなんては絶対になら [続きを読む]
  • ラブレター 369 食欲と性欲が高まった アンチエイジング
  • 君と出会い、そして恋に落ちてからもうすぐ1年がくる年齢はひとつ増えて老化の一途をたどっているんだけれど、成長したところもあるそれはズバリ、食欲と性欲結構お腹が減ることが増えたみたいだどんなものでも、そしてヘタな料理だけれど、毎日美味しく食べている君と一緒に食べているときはもっと美味しい以前は美味しいという感覚はさほどなかった味覚も少しは変わったのかないずれにしても食欲は旺盛になったように思う体重は [続きを読む]
  • ラブレター 368 料理とセクシーさ 「男をつかむなら、まず胃袋をつかめ!」
  • 料理が上手な女性は、いや上手ではなくても料理好きな女性は、まずモテるだいたい台所に立つ女性は魅力的なのだ「HelloFresh」の調査では、多くのアメリカ人が、スタイルがいいことと同じくらい、料理をすることをセクシーだと感じているそうだ。僕もセクシーさを感じる男なら、たとえば結婚前に一人暮らしである自分の家へ来てくれて、料理をつくってくれたならプロポーズは早い結婚に至るケースは多いだろうねこれまでは夕食は親 [続きを読む]
  • ラブレター 367 恋は摩訶不思議 理性や理屈に合わない 
  • まだ、君のことよく知らないのにいきなり「好きです」なんて、今考えるととても恥ずかしい二度とできないなー、なんて思うそのときは、ドキドキしてこの胸のつかえを感じ、今言わないとという切迫感、言わなければきっと後悔するような焦り告白する勇気が出てくる奮い立たせるくらいその時は惚れた好きになった感があったストレートに直急過ぎて君から平手打ちをくらった後先考えていなかった僕は君に謝った君が帰っていく姿にごめ [続きを読む]