乾河原 さん プロフィール

  •  
乾河原さん: MonLinGen
ハンドル名乾河原 さん
ブログタイトルMonLinGen
ブログURLhttp://hjk859420.xsrv.jp/
サイト紹介文アンチ学会屋さんへのよく分からない記事の感想、学会の記事等
自由文大体半々程度に、学会に対する批判の批判及びイラストや日々の事を記事ってます。要するに節操のないブログサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 243日(平均5.0回/週) - 参加 2017/01/26 15:10

乾河原 さんのブログ記事

  • 宇宙仏法のお噺
  • 時折、宇宙人にも仏法と言うものがあるのだろうか、と考える事があります。 SF小説好きの学会員だと、こんな変なことに頭を悩ませる時があります。 現在の宇宙科学では「宇宙人の存在」自体は「常識」の範囲になっています。あとはど…続きを読む ? [続きを読む]
  • 池田先生信仰の話
  • ある記事へのコメントがありました。2〜3非常に示唆に富む話が載せられていました。今回はそれを元に記事を書いてみました。 これからお話する事は、「現創価学会員」としては決して見過ごせない問題の一つだと、私は思っています。で…続きを読む ? [続きを読む]
  • 相互協力のお誘い
  • 本来であれば簡単に「相互リンク」しませんか?…の言葉で良いんでしょうけど、こう言うのってとても書き辛いものだと言う事が、今回初めて分かりました。何だか、とても偉そうに上から目線で「どうだ?一緒にやらんか…」なんて感じです…続きを読む ? [続きを読む]
  • 「かたち」だけに拘る人種
  • 日本古武道は「形」(かた)を重要視します。試合はボクシングのような「自由組み手」ではなく「形(かた)試合」になっています。稽古もちろん形(かた)重視ですので、それ故の難しさもあります。いとも簡単に表面をなぞっただけの、「…続きを読む ? [続きを読む]
  • 覚醒者の利用法
  • アンチ学会系ブログへのコメントで、「そのうち現証が出るから待っていましょう」と言う言葉を残すことが、時折あります。例え実際にこう書かなくても、思いは同じ気持ちのコメントになる事も。 この正規の学会員の口走る「現証」とは、…続きを読む ? [続きを読む]
  • 功徳の話
  • 功徳を要約すると「いい事が起きる事」となるようです。これ以上説明も不要になってきそうなぐらいに単純な文章です。 でもこれは世の中の誰にでも起こる現象、学会員限定なプレゼントでも無さそうです。 「信心上の功徳」とは一体なん…続きを読む ? [続きを読む]
  • 演繹法的題目論
  • 「題目の話をする」事は、そんなに難しくありません。「題目の体験話」をすればそれでいい訳です。でも、「題目とは」と言う事になると話がガラリと違ってきます。 「題目とは一体なに?」の問題は、多分日蓮大聖人以外は説明できないの…続きを読む ? [続きを読む]
  • 自分の出来る活動は何かを考える
  • 創価学会の活動は、基本的には池田先生の信仰生活をトレースしようと努力しています。先生の活動を模倣しようとしているのです。それが基本方針となります。 先生はある意味天才だと言えます。勿論努力の人でもありますけど、何でも出来…続きを読む ? [続きを読む]
  • 「結果」と言う現実を考える
  • 創価学会で行う信心活動の最終的な帰結として、功徳又は罰のどちらかの形態が我が身に現出されます。三証の中の所謂(いわゆる)「現証」と言われるものです。現証とは生活全般に、文字通り是非(善悪)に渡って出てくるものです。 この…続きを読む ? [続きを読む]
  • 楽しい陰謀論のお話
  • ちょっと昔の陰謀論は特定の国家や企業、またはCIA等の、一般の人には中身がよく分からない組織が、世界の善良な人々に対して(またはある企業に対して)陰謀を企てている、と言うのが通常でした。 基本的にはその構図は変わっていな…続きを読む ? [続きを読む]
  • 同志怨嫉を考える
  • 「怨嫉(おんしつ)」という言葉があります。一般でも使いますけど、学会では「同志怨嫉」と言う言葉で主に使用されます。「学会員に対して不満を持ち続ける状態」の事です。 同志怨嫉はかなり厄介な問題で、こじれると「退転」の問題に…続きを読む ? [続きを読む]
  • 「自分自身で考える」と言う事
  • 何年か前の地区協議会で法華講担当の婦人部さんがこんな事を話しました。 「法華講に対しては有無を言わさずにこちらの話をしっかり聞かせていくべきです」(要旨) 私はその話に対して疑問を持ち、彼女にぶつけてみました。 「法華講…続きを読む ? [続きを読む]
  • コメントを読み切る力
  • 今更な話をします。 これは一方的な自分の間違いへの反省文です。勿論それだけだと悲惨な内容となり、記事としては最悪のものにしかなりません。で、反省を踏まえ、自身のこれからの在り方も記してみたいと思います。 或る記事へのコメ…続きを読む ? [続きを読む]
  • 婦)おばさんへのお詫び
  • 元記事…「御書とブログの関係」へのコメント(婦人部の普通のおばさん) 先ず、婦)普通のおばさんに対してお詫びをします。非常に感情論に走って、在らぬ内容の返信コメントを書いてしまいました。 申し訳ありませんでした。 返信コ…続きを読む ? [続きを読む]
  • 聖地巡礼までは…ね
  • 突然この様なチャラけた記事を出しました。気を悪くされた方は、ゴメンなさい。 この記事のジャンルは学会とは全く縁を切ったものです。夕方にはこの新しいジャンル専用のメニューを作成します。(記事はブログ機能にて自動的に投稿され…続きを読む ? [続きを読む]
  • 御書とブログの関係
  • このブログを開設した当時からずっと心に引っ掛かっていた問題があります。でも、未だに自分の中での結論が出ていません。 以下の記事内容を読んで何か感じた方、もし良かったらどんな感想、批判でもいいのでコメントを寄せて頂けると嬉…続きを読む ? [続きを読む]
  • 誰を信じ切るのか
  • 日本古武道の神道夢想流杖道、この道に入ってもうかれこれウン十年。未だに下手くそのまま先生から怒鳴られ続けています。それも本気の怒号。自分としては「はい!すみません!!」と怒鳴り返し、そして言われた事をやって行くしか他に方…続きを読む ? [続きを読む]
  • 典型的なキリスト教系人間
  • 創価三世さんの、かなり激越なる悪口雑言ブログを読んでみました。面白いと思うと同時に、この人って全く何も考えずに活動をやっていたんだな、と同情を交えながらの感想を持ってしまいました。(ブログは2015.12.31更新停止)…続きを読む ? [続きを読む]
  • 学会という組織の必要性
  • 組織が嫌い、だから一人で信心するんだ。周りに縛られないで自由に信仰生活をやっていきたい。 そんな人がいます。 …意外に多いのかも知れません。 でも、現実生活の中に於いて何らかの「組織」に所属しない完全孤独の人って、果たし…続きを読む ? [続きを読む]
  • 面白いブログ、めっけ♪
  • 非常に面白いブログを見つけました。色々なサイトを見てきましたけど、こんな凄い記事が掲載されているブログは初めてです。 “日蓮を上行菩薩の再誕とするか、本佛とするかではそのカルト性に大きな隔たりがあると自分は思う” と言う…続きを読む ? [続きを読む]
  • 簡易宗教論
  • 世に宗教と名の付く教え、組織は星の数程存在しています。 日本の宗教を言うと、キリスト教、仏教、神道を代表が代表となるでしょうか。 よくあるのが、 「どんな宗教も結局同じ事を話しているんだよ。教えは全て同じなんだから、争う…続きを読む ? [続きを読む]