Ochan さん プロフィール

  •  
Ochanさん: 私の中東見聞録 サウジ生活、時々バックパッカー
ハンドル名Ochan さん
ブログタイトル私の中東見聞録 サウジ生活、時々バックパッカー
ブログURLhttp://ameblo.jp/saudi2017backpacker/
サイト紹介文サウジ愛たっぷりで、サウジでの日常生活をお伝えします。そして、時々バックパッカー。基本体当たり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 197日(平均0.6回/週) - 参加 2017/01/27 15:07

Ochan さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 早速、ナーダスワラムの有力情報を確保!!
  • 歩いていると早速、通りの向こうにCD屋さんを見つけました。そうだ、この通りだった。道路を横断して真っ先にお店へ向かいました。お店に入ると、去年会ったおじさんよりも若い店員さんが2人。去年CD屋さんで撮った写真を見せながら、「去年この店員さんに勧めてもらったナーダスワラムのCDが良くて、また来ました。あれから、ナーダスワラムすっかり好きになって、ほら、楽器も買ったんですよ今回はナーダスワラムを吹きたくて先 [続きを読む]
  • バンガロール空港からマイソールへバスで直行!
  • 一日数本、バンガロール空港からマイソールへの直通バスがあります。750RPとちょっと値段は高めだけど、バンガロール空港から直通で4時間ほどでマイソールに行けるし、かなり快適です。今回のようにスケジュールがタイトで、あらかじめマイソール行きが決まっている場合は便利です。時間がある時、コストを抑えたい場合はまずバンガロール市内まで出て、クラフトビールやショッピングを楽しんでから、市内から電車かバスでマイソ [続きを読む]
  • 日本人専用インドオンアライバルビザの恩恵
  • 日本人のみ、インドの主要な6空港でビザを取得できるオンアライバルビザが適用されます。このビザで一カ月以内のインド滞在が出来るのです。https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/visa_on_arrival_jp.html思いつきで、ふらっとインドに行けるなんて…ふふふ。嬉しい!でも、日本人専用なので、他の国の人では空港職員にさえ、あまり知られておらず…今回もリヤド空港で、出発できないのではないかと少しヒヤッとしました。リヤ [続きを読む]
  • 初のオマーン航空
  • 1年ちょっとサウジで暮らすと、日本にいた頃よりも湾岸エリアの人達の服装や顔つきの違いに目がいくようになってきました。オマーンの人の男性は、綺麗な刺繍の帽子を被っている人が多いです。顔も少しアジアに近づいて、サウジの人よりも、よりソフトな顔立ちな気がします。左はオマーン人、右はサウジ人のイメージで即席スケッチ。今年の年始にタンザニアのザンジバルに行ってきたのですが、ザンジバルは昔オマーンだったそうで [続きを読む]
  • ナーダスワラムを吹きたいのでインド行って来ます
  • ナーダスワラムの演奏のヒントを探りにインドにちょろっと行ってきます。インドのタミルナードゥ州の楽器ナーダスワラム。オーボエのようなダブルリードの楽器です。イメージしてもらいやすいように表現するならば、チャルメラの仲間です。去年の春、南インドのムンナールの寺で朝に流れていた明るい音楽とその音色が好きになりました。その後に向かった街マイソールで、ムンナールで録音した音をCD屋で店員さんに聴いてもらって [続きを読む]
  • 同じ5SR、切り花と鉢植えどっちが好みですか?
  • サウジの冬は花やガーデニングを楽しめるシーズン!!夏は焼け付くような日差しで、気温が50度近くなってしまうので…植物が育つのも、日中近所まで歩いていくのも大変なのです私はお花がもともと大好きなのですが、この国に来て、お花の楽しみ方が少し変わりました今日は、勝手にサウジでの私のマイブームの話サウジでは、切り花のシンプルなバラの相場が1本5SR150円であるのに対して、こんもりとした直径15〜20?程の菊の鉢植え [続きを読む]
  • アラブのあったか靴下ウンムヒデイジャン
  • 先日、タイバスークにこんな温かそうな靴下が並んでいました。「この靴下、サウジでは、ウンムヒデイジャンという愛称で親しまれているんだよ」と、一緒にお店を見ていた方に教えていただきました。始めて聞く響き…ウンムヒデイジャン「そうそう、ウンムヒデイジャン」と、ウンムヒデイジャンを教えて下さった方と、お店のサウジ人のお姉さんが談笑している様子を見て、おおおーっ私もウンムヒデイジャンでちょっと仲間入りをし [続きを読む]
  • アラブ感満載!サウジのセレクトショップ
  • サウジ風で、ちょっと洗練されたおしゃれグッズが欲しい!!リッチでラグジュアリーなサウジウーマン風になりたい!!そう思ったら、Najood Mallに是非行ってみてください。有名なブランドものではなく、セレクトされたアラブ風のラグジュアリーなファッションやインテリアのお店が集まっています。Mison BO_Mは、Najood Mallの中にあるセレクトショップ。モダンな店内には、遊び心溢れるアイテムが揃います。サウジ人のプロデュ [続きを読む]
  • 砂漠のカタツムリを飼育してみる
  • 最近雨続きのリヤドリヤドでは雨が少し降ると道に大きな水たまりが沢山できます。車が水しぶきを上げて走っている様子は、日本のニュースの大雨情報でよく目にする光景のよう…でも、実際に降った量はほんの少し。砂漠の街なので、日本のように雨に対応した街の作りではないのです。サウジアラビアは日本とはまた違う四季の変化をしますが、雨の日が多くなると短い冬が終わり、そろそろ春がやってくるという知らせのように私は感 [続きを読む]
  • サウジならでは!ラグジュアリー感満載のcavalli cafe
  • リヤドに戻ってきたばかりなので、サウジらしい雰囲気のところに行きたくなり、ケンペンスキーホテルの一角にあるcavalli cafeに行ってきましたアニマル柄onアニマル柄にゴールドの内装この独特のラグジュアリー感非常にサウジっぽいですきっと、これは表参道ではなく、サウジだからいいのです非常にアガリます外に作られた、陽の光の入るお席にしましたランチタイムだったのでタッブーレというサラダと、ピザと炭酸水をオーダー [続きを読む]
  • サウジで楽しむエンターテイメント
  • サウジに再び戻ってきて早速…サウジ人のお友達にお誘いいただきCirque des sens の"Kibai"観てきましたスペインからやってきたサーカスです。最近リヤドでも、ダンスや、プロレスや、アート、コンサートなどエンターテイメントを楽しめる機会が少しずつ増えてきました。期待が高まりますプロジェクションマッピングと、音を駆使した、曲芸やダンス。空中で綱に捕まって演技したり、トランポリンやシーソー、ボールやホッピング! [続きを読む]
  • 可愛いミニチュアサウジ人発見
  • 国が変われば、"ヒト"と聞いて、思い浮かべるビジュアルも変わるものです。街中でよく見かけるJARIR BOOK STOREここには、本だけではなく、画材や文房具なども揃っています日本でいうロフトとか、ハンズ的な要素のある、どこかクリエイティブを刺激される、私にとっての癒しスポットの1つなのですその店舗の一角にある、建築やジオラマ用のパーツのコーナー。そこで、彼らに出会いましたミニチュアサウジ人3サイズあって、ポー [続きを読む]
  • 日本でも見たことのある顔がサウジアラビアに!
  • あれ?何処かで見た事のある顔だなぁ…サウジアラビアの男性の衣装ですが、名探偵コナン!!何の商品かと思ったら、"人工粉雪"とアラビア語で書いてありました。おそらく、クリスマス時期に、ステンシルなどで窓などにスプレーするものでしょう。粉雪…こなゆき…コナンまさか、そんな日本語の駄洒落も考えてのネーミングなのでしょうか偶然なのでしょうか不思議です因みに、サウジアラビアでは著作権などについてはあまり問われ [続きを読む]
  • 秘境のリッツ・カールトン探検③
  • 日本に少しばかり帰っていたので、すっかり秘境のリッツ・カールトン探検の続きをupしていませんでした。マレーシュ(sorry)今日は、リッツ・カールトンのレストランとその他の施設について紹介します係の人に案内され、レストランを見学のはずだったのですが…レストランよりも、その隣の室内プールの豪華さに目がいってしまいましたお台場のビーナスフォートのような天井の空の絵に、なんとまぁ、ラグジュアリーな内装でしょう! [続きを読む]
  • 秘境のリッツ・カールトン リヤド②
  • さてさて。ちょっと気持ちを高めようと、思いつきで、リヤドのお城のようなリッツ・カールトンにお茶を飲みにやってきた私係の人が笑顔で、「何かご用ですか?」と話しかけてきて、さて、どうしよう…と、いうところまでが前回の話でした。私「あー…レストランどんな様子かちょっと下見に…」と、つい言ってしまいました(実際にホテルに足を踏み入れたら、興味が湧いてきて色々知りたくなっちゃって笑)そうしたらなんと流れでレ [続きを読む]
  • 秘境のリッツ・カールトン リヤド①
  • 今日は、思う存分、気分を上げようじゃないかーと思い立ち、豪華な雰囲気を存分堪能しに行ってみることにしました。行き先として選んだのは"リッツ・カールトン リヤド"ここの豪華さが、人によって、好みであるか、そうでないかはさておき…とにかく凄い凄くて、思わず笑顔になってしまうそんな場所です。まさに城…とは思っていたけれどだって、この外壁入り口噴水入り口からの眺めそして、エントランスを入ると…このロビーマー [続きを読む]
  • 志の高い2017年版サウジ手帳
  • 今年の手帳が欲しい。。。日本は通年を通して、手軽にその年の手帳が手に入りますが、この国にはあまり無いなぁと思っていたら、やっと発見しました??この手帳、表紙は非常にシンプルですが…なんとサウジならではのページが沢山そして、カレンダーだけでなく、週ごとの見開きページつきなので、スケジュール管理だけでなく、日記やメモも書けます。なので、今年の私がだらけないように記録しよっかなと思い購入しました。(ちゃ [続きを読む]
  • "私の中東見聞録"サウジ生活、時々バックパッカー
  • わたしの中東見聞録 こどもの頃…私は世界の秘境を旅することに憧れていました。マルコポーロや、コロンブスのように、旅して沢山の事を発見したり、見聞きしたいと、夢見ていました。言い伝え 、宝の地図 、月や星のあかり、行き交うキャラバンとの会話を頼りに旅をするような…そうして、手探りで、沢山の秘境に足を踏み入れて、この目で見て感じる事。その中での、人との出会いや別れのドラマを頭の中で思い描いては心を [続きを読む]
  • 過去の記事 …