外川 信太郎 さん プロフィール

  •  
外川 信太郎さん: 自動車ライター外川信太郎の泡沫記オフィシャル
ハンドル名外川 信太郎 さん
ブログタイトル自動車ライター外川信太郎の泡沫記オフィシャル
ブログURLhttp://s-togawa.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文自動車ジャーナリスト「外川 信太郎」の最新輸入車情報&最新輸入車インプレッションを毎日お届け!
自由文慶應義塾大学卒業。輸入車専門出版社勤務後、2000年にフリーの自動車ジャーナリストとして独立。現在の活動は、輸入車専門誌執筆、輸入車情報ウェブサイト制作、自動車用品メーカーのキャッチコピー制作などをを行っています。当方のブログでも最新の輸入車情報、試乗記など輸入車の楽しみをお伝えしております。また米国高級カーワックスメーカーのマイスターを所有。一部の業界では「ワックス評論家」と呼ばれています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 238日(平均9.8回/週) - 参加 2017/01/27 17:31

外川 信太郎 さんのブログ記事

  • アウディ Q3 TT仕様変更
  • アウディ、「Q3」「TTS」「TT RS」の仕様を変更「Q3」の仕様変更では、2.0 TFSI 220PSを廃止して2.0リッターエンジン搭載車の出力を180PSに一本化。パワーダウンをしてしまったのは、残念であるが、標準装備に「アウディパーキングシステム」「リアビューカメラ」「シートヒーター」を追加。また、「Q3 1.4 TFSI Sport」には「オートマチックエアコンディショナー」「運転席電動シート」「シートヒーター(フロント)」がセットに [続きを読む]
  • アウディ新型Q5登場
  • アウディ、プレミアムミッドサイズSUV新型「Q5」登場アウディ ジャパン株式会社は同社ミッドサイズSUV「Q5」を8年ぶりにフルモデルチェンジして10月2日に発売すると発表。2世代目となる新型「Q5」は、新しいMLB evoのモジュラープラットフォームをベースに、デザイン、メカニズムを一新した。前後に5リンクのサスペンションを採用し、新開発の電動パワーステアリングと相まってスポーティなハンドリングと上質な乗り心地を実現して [続きを読む]
  • アウディElaine
  • アウディElaineレベル4の自動運転を実現アウディは、3月に上海で行なわれたオート上海2017でも、レベル4の自動運転を実現したコンセプトカーとして「Elaine」を紹介しているが、2017フランクフルトショーの会場でも公開された。エクステリアはスポーティな印象を与える。すぐにでも市販化可能なほど完成されている。美しいクーペスタイルは4900×1980×1530mm(全長×全幅×全高)と堂々たるサイズ。重量配分もフロント52:リア48 [続きを読む]
  • VW I.D. CROZZ
  • フォルクスワーゲン電気自動車「Roadmap E」戦略VWグループは2025年までに計80車種の電動車両を新たに販売フォルクスワーゲンAGは、2017年フランクフルトモーターショー同社ブースで記者会見を開催し、フォルクスワーゲングループブランド全体で、2025年までに計80車種の電動車両を新たに販売する新戦略「Roadmap E」を発表。写真は電気自動車でSUVと4ドアクーペを融合したクロスオーバーのコンセプトモデル「I.D. CROZZ II」。完 [続きを読む]
  • BMW Concept Z4
  • BMW「Concept Z4」今回のフランクフルトでは、詳細なスペックは未公開BMWは、2017年フランクフルトモーターショーにて、Concept Z4を発表した。BMWが公開した「Concept Z4」はコンセプトモデルとはいいながらもほぼこのままの姿で市販化されるという。「Z4」らしさを踏襲しながらも、より前衛的なエクステリアとなった。エンジンを始め詳細なスペックは今回の2017年フランクフルトモーターショーでは発表されなかった。より筋肉質 [続きを読む]
  • VW T-Roc 公開
  • VolkswagenコンパクトSUV T-Roc公開フォルクスワーゲンはコンパクトSUV「T-Roc」を2017フランクフルトモーターショーで公開。写真は世界初公開されたスポーティな仕様の「R-Line」。アウディ「Q2」と同様モジュラープラットフォームの「MQB」を使った「T-Roc」は、日本発売では「Q2」よりリーズナブルな車両価格になると予想される。フォルクスワーゲンにとっては、久々に冒険したエクステリアを持った華のあるクルマである。「T-R [続きを読む]
  • 新型メガーヌ RS世界初公開
  • 新型「メガーヌ ルノー・スポール」世界初公開280PSで登場!トロフィーは300PS!ルノーは2017年フランクフルトモーターショーの会場で新型「メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」を世界初公開した。従来モデルでは直列4気筒2.0リッターターボを搭載していたが、新型ではダウンサイジングが行われ、新設計の直列4気筒1.8リッターターボに刷新された。最高出力は280PS、最大トルクは390Nmとパワー&トルク共に向上した。また300PSを [続きを読む]
  • アウディRS 4アバント
  • 新型「RS 4 アバント」世界初公開450PS/600Nmを発生アウディは、フランクフルトモーターショーで新型「RS 4 アバント」を世界初公開。新型「RS 4 アバント」は、V型6気筒 2.9リッターツインターボエンジンを搭載して、トランスミッションにトルクコンバーター式の8速ATのティプトロニックを組み合わせる。最高出力450PS、最大トルク600Nm/1900-5000rpmを発生する。パフォーマンスでは0-100km加速4.1秒、最高速は250km/h。(速度リ [続きを読む]
  • VW GTIラインナップ完成
  • Volkswagen 新型GTI ラインナップフランクフルトモーターショーで完成した新型GTI達2017年フランクフルトモーターショーでは、新型「ポロGTI」が正式に登場した。すでに新型「ポロ」は8月に欧州で発売されている。「ゴルフGTI」と並んでもその、低く抑えた車高とワイド化されたボディは、存在感バツグン!である。フランクフルトモーターショー会場に並んだGTIラインナップ。「ゴルフGTI(」230ps/245ps)を始め、2018年に日本で [続きを読む]
  • ポルシェ新型カイエンターボ
  • 新型「カイエン ターボ」世界初公開ポルシェAGは、2017年フランクフルトモーターショーの会場にて8月に発表した「第3世代カイエン」のトップモデルとなる新型「カイエン ターボ」を世界初公開。2017年フランクフルトモーターショーで世界初公開された新型「カイエン ターボ」。新型カイエン ターボは、新開発V型8気筒ツインターボエンジンを搭載。この新世代エンジンではターボチャージャーをV型エンジンの気筒間に配置する「セン [続きを読む]
  • AMG PHVスーパースポーツ
  • 「Mercedes-AMG Project ONE」世界初公開最高出力1000HP以上。スーパースポーツ登場2017年フランクフルトモーターショーで登場したMercedes-AMG Project ONEダイムラーは、最高出力1000HP以上のPHV(プラグインハイブリッド)スーパースポーツモデル「Mercedes-AMG Project ONE」を、フランクフルトモーターショーで世界初公開。Mercedes-AMG Project Oneは、V型6気筒 1.6リッター直噴ターボエンジンに計4つのモーターを採用したPH [続きを読む]
  • ランボルギーニチェンテナリオ
  • ランボルギーニチェンテナリオ生誕100周年記念2億円を超える世界限定40台ランボルギーニは、ランボルギーニの創業者フェルッチオ・ランボルギーニ生誕100周年を記念した世界限定40台の「Centenario(チェンテナリオ)」の納車式を東京・麻布のショールームで行なった。チェンテナリオは、V型12気筒 6.5リッターエンジンを搭載し、最大出力770HP/8500rpm、最大トルク690Nm/5500rpmという世界一級の動力性能を発揮する。0-100km/h加 [続きを読む]
  • アヴェンタドールS ロードスター
  • ランボルギーニ「アヴェンタドール S ロードスター」 世界最速のスーパースポーツカーは350Km/hオーバー!アウトモビリ・ランボルギーニは、V型12気筒エンジンを搭載する「アヴェンタドール S」のオープンモデル「アヴェンタドール S ロードスター」を「フランクフルトモーターショー」で公開すると発表。ロードスター(オープン)になってもその戦闘的なスタイリングはランボルギーニならではである。後方に積まれたV型12気筒エン [続きを読む]
  • メルセデスマイバッハSクラス
  • メルセデス・マイバッハ Sクラス発表自動車のファーストクラスといえる居住性と最高の動力性能メルセデス・ベンツ日本株式会社は、最高級リムジンである新型「メルセデス・マイバッハ S クラス」を発表。予約注文を受付開始を行い、9月より順次納車をしていく。モデルラインアップは、V8エンジン搭載モデルの「メルセデス・マイバッハ S 560」と、4WDモデル「メルセデス・マイバッハ S 560 4MATIC」、そして最高級モデルであるV12 [続きを読む]
  • 交通事故。母が意識不明重体
  • 交通事故。それは突然やってくる人生全てを変えてしまう交通事故。筆者の母親が突然被害者に・・・。写真は、山梨県・甲府市を通る国道411号線の片側1車線道路。正面が、同道の終点のある甲府市街です。場所は、箱根駅伝の強豪校である「山梨学院大学」の正面にある横断歩道で、筆者の母が、横断中に加害者の運転する「軽ワゴン」に跳ねられ、意識不明の重体となり緊急搬送されました。上記の横断歩道にて、前方不注意の「軽ワゴ [続きを読む]
  • DS3 ダークサイド
  • DS限定車「DS 3 ダークサイド」3Dスキンテクノロジーを採用DS Automobilesは、同社3ドアコンパクトハッチバックモデル「DS 3」の限定車「DS 3 DARK SIDE」(DS 3 ダークサイド)を発売。限定車の「DS 3 ダークサイド」では、ウエストラインやテールゲート周辺に、DSのロゴマークを使った“DSモノグラム”の意匠を塗装面の内部に挟み込む特殊なペイント「3Dスキンテクノロジー」を採用しているのが最大の特徴。ベースカラーの上に模 [続きを読む]
  • アルファ ロメオジュリア上陸
  • アルファ ロメオ新型フラグシップセダン「ジュリア」日本初公開報道発表会の模様FCA ジャパン株式会社は、アルファ ロメオの高性能スポーツサルーン「ジュリア(Giulia)」を10月14日より発売すると発表。報道関係者に発表された。最高モデル510PSの 「ジュリア クアドリフォリオ」注目は、ジュリア クアドリフォリオでV型6気筒 2.9リッターツインターボエンジンを搭載し、トランスミッションは8速ATを組み合わせるスーパーセダン [続きを読む]
  • キャリパーカバーの危険
  • ブレンボ風キャリパーカバーの危険ドレスアップは個人の自由ですが、正直恥ずかしいですし、大変危険です某オークションなどを見ていますと、上記のような樹脂で出来た「ブレンボ」と記載されたキャリパーカバーが多く販売されています。まず、イタリア「brembo」社のロゴを無断で使用しているわけですから、「商標権の侵害」に該当します。先日、筆者が、幹線道路を走行していると、先方を走る爆音マフラー&“シャコタン軽自動車 [続きを読む]
  • スマートBRABUS sports
  • スマート BRABUS sports内外装をスポーティに仕上げたモデルメルセデス・ベンツ日本株式会社はスマートの新ラインアップ「スマート BRABUS sports」を発売。スマート fortwo BRABUS sports 256万円。スマート cabrio BRABUS sports 279万円。スマート forfour BRABUS sports 279万円。いずれのモデルもフロントスポイラー、リアスカート、リアディフューザーを標準装備。「BRABUS“Monoblock IX”8ツインスポークアルミホイール [続きを読む]
  • ルノー×京都「禅」キャンペーン
  • ルノー座禅体験のできる京都旅行プレゼントなど「ディスカバー“ZEN”キャンペーン」トゥインゴ ゼン EDCルーテシア ゼンルノー・ジャポンは9月1日〜30日、「トゥインゴ」「ルーテシア」の「ゼン」グレード購入者を対象とした「ディスカバー“ZEN”キャンペーン」を実施する。日本由来の“禅”を語源とするルノーのグレード“ZEN”を理解して頂くため、9月1日〜30日の期間中にルノーZENグレードの対象車種「トゥインゴ ゼン EDC」 [続きを読む]
  • コルベット誕生65周年車
  • シボレー「コルベット」誕生65周年記念モデル「Carbon 65 Edition」「グランスポーツ」5台、「Z06」3台限定。ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社は、シボレーのスポーツクーペ「コルベット」が2018年に誕生65周年を迎えることを記念して「グランスポーツ」「Z06」に限定モデル「Carbon 65 Edition」を設定。世界限定650台のうち、日本にはグランスポーツが5台、Z06が3台の計8台が導入し、希望者が多数の場合は抽選を行う。納車 [続きを読む]
  • アバルト124スパイダー限定車
  • アバルト「124 スパイダー」に100台限定車「1 Year Anniversary」FCA ジャパン株式会社は、アバルトのオープンスポーツモデル「124 スパイダー」の日本導入1周年を記念した限定車「1 Year Anniversary(ワンイヤー・アニバーサリー)」を9月9日に発売する。6速MTと6速ATが選択可能。「124 スパイダー」では、初となる限定車は、ボディカラーに通常モデルには設定のないメタリック・ブラックの「NERO SAN MARINO 1972 ブラック」を [続きを読む]
  • ルノー新型SUVカジャー
  • ルノー新型SUV「カジャー」の限定車「カジャー Bose」2018年の正式導入前に100台先行販売ルノー・ジャポンは、2018年に発売する同社新型SUV「カジャー」の限定車「カジャー Bose」を100台限定で先行発売。新型SUV「カジャー」のボディサイズは4455×1835×1610mm(全長×全幅×全高)とSUVとしては、車高が低くスポーティなエクステリアを採用。最低地上高200mm、アプローチアングルを18度、デパーチャーアングルを28度とした。ア [続きを読む]
  • ベントレー新型コンチネンタルGT
  • ベントレー、第3世代の新型「コンチネンタル GT」発表日本国内では、2530万円ベントレーは、第3世代の新型「コンチネンタル GT」を発表した。新型モデルは2017年のフランクフルトモーターショーで世界初公開される。「躍動的で揺るぎないパフォーマンス」「ハンドクラフトから生み出されるラグジュアリー」「最先端テクノロジー」が融合した史上最高のグランドツアラーである新型コンチネンタル GT。W型12気筒6.0リッターツインタ [続きを読む]
  • ポルシェ新型カイエン発表
  • ポルシェ、第3世代となった新型「カイエン」を世界初公開 ポルシェAGは、第3世代カイエンをデビュー。大きな成功を収めてきたカイエンのニューモデルは、全面的に新開発され、さらにすぐれたポルシェ特有の性能と抜群の実用性を兼ね備えている。パワフルなターボエンジン、新しい8速ティプトロニックSトランスミッション、新しいシャシーシステム、そして総合的なコネクティビティを備えた革新的なディスプレイとコントロールコン [続きを読む]