風知人 さん プロフィール

  •  
風知人さん: 病気になって
ハンドル名風知人 さん
ブログタイトル病気になって
ブログURLhttp://ameblo.jp/yosshy-shine/
サイト紹介文平成28年10月に膵臓癌発覚。手術不可能と言われ、西洋医学の治療なしで頑張ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 1日(平均28.0回/週) - 参加 2017/01/27 18:45

風知人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • つづき〜
  • だって逝った人が心楽しく過ごしていたら…親や友人達が泣いてばかりいたらイヤになってしまうでは。と思うのです。泣くというのは自分の浄化だと感じます。私の体験から。つまり自分の為に泣いているのです。自分が置いていかれた…とか自分が可哀想とか…いわゆる自己中心なのです。勿論、若くして亡くなれば、もっと人生があっただろうに…不憫だと思い泣くかもしれませんが、それもその人の勝手な思いです。それよりも今まで [続きを読む]
  • 最近思ったこと。
  • 今年に入ってからもバスの事故や病気などで、どれだけの人が亡くなった事でしょう〜そして家族の悲嘆はいかばかりかと。経験済みの私は痛いほどわかります。でもかれこれ八年以上経った今、いろいろな思いが交錯します。何年経っても悲しみは消える事はない…これも真実です、私もそうです。しかし、この頃こう考えるのです。もし、違う次元で息子が生きているとしたら…遺族が悲しむ事は亡くなった方へ失礼ではないかと。先に逝 [続きを読む]
  • つづき〜
  • あまり知られていない話として、作家の林真理子さんが皇后陛下の毎日を語っていました。ほとんど神事をして過ごしいらっしゃるとか〜それも国民の平安を祈願しているとのこと。国民は皇室内で散歩をしたり何かの研究したりしている姿しか知らないのでノンビリ過ごしているように思ってしまいがちですが、かなりお忙がしそうですよー神に祈ったから国民が幸せになるか〜!と悪態をつく人もいるかもしれません。でも日本が何千年も [続きを読む]
  • 皆様、お久しぶりです。
  • ついつい筆無精してしまい申し訳ありませんでした。新年を迎えたかと思いきや2月の節分間近になってしまいましたーこれといって心がしみる物事に出くわさず日々が過ぎようとしている中、新聞やテレビで拝見した天皇と皇后様の姿に感動しました。べつに皇室フェチではないのですが高齢にもかかわらず、いまだに遠い地で散った方々の慰問に訪れて深く頭を垂れていらっしゃる姿に尊敬の念を抱かずにはいられません。皇室との距離が [続きを読む]
  • 過去の記事 …