ボービ さん プロフィール

  •  
ボービさん: ベルギービール忘備録
ハンドル名ボービ さん
ブログタイトルベルギービール忘備録
ブログURLhttp://belbebobi.blog.jp
サイト紹介文最近ベルギービールに目覚めた男のベルギービールレビューと日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 172日(平均7.3回/週) - 参加 2017/01/28 05:38

ボービ さんのブログ記事

  • シュフ・ソレイユ 日本・ベルギー友好150周年記念瓶
  • 日本・ベルギー友好150周年記念瓶二人の”森の妖精”ゴブリンの背景にある富士山がいいですね。味は従来のものと変わらず。 泡はそれほど。ネーブルの皮の香り。オレンジピールの風味が強い。ホップも少々。砂糖水感はなく良い感じ。夏向きです。さて、 今年の1月下旬から始まりましてほぼ毎日更新してるこのブログですが、本日で計180種類。通販を使わずに店頭販売のみで新しいビールをゲットするのが難しくなって参りましたの [続きを読む]
  • モンゴゾ・マンゴー
  • フルーツウィートエールとのこと。液色ブロンド。泡は1cmほどで結構長持ち。こちらはちゃんと材料に小麦が入ってる。香りはマンゴーやマンゴープリンの香り。飲むと一瞬ベルジャンホワイトな風味がするが、すぐにマンゴーの鮮烈な香りが追いついてくる。この一瞬があるだけでただのマンゴーサイダーと断ずることができないんですよ。正直うまいです。3.6% [続きを読む]
  • モンゴゾ・ココナッツ
  • フルーツ”ウィート”(小麦)エールを自ら称し、金色の液色。なのでベルジャンホワイトにココナッツ果汁を加えたものだと思ったんですが、なぜか小麦の表記はございません。代わりに?蕎麦が入ってます。泡はあまり立たず、すぐ引く。猛烈なココナッツの香り。あれ、なんだ?ココナッツサブレ?飲むと乳酸菌飲料の味がします。(ビックルサワー(無いです)的な)うーんこれはタイグリーンカレーとかのちょい辛に合いそうです。こ [続きを読む]
  • ブルッグスボック
  • 泡すごい。溢れた勿体無い。リンゴの香り。液色はブラウン。飲むとリンゴの風味、ローストされたモルト感を感じます。後口にナッツの風味。甘くはないんですが、甘味を演出する香りがします。6%荒木飛呂彦的なオサレ感満載なラベル。 [続きを読む]
  • ゴールワース・レッドベリー
  • あのゴールワースのフルーツビール。液入りはイチゴジャムみたいな赤。8.2%泡は高いがすぐ治る。なんかかいだことのあるような不思議なベリーの香り。飲むとさっきのベリーの香りが広がり、後口に小麦のパン見たいな風味が上がってきます。原材料は麦芽ホップ小麦コリアンダーエルダーベリージュースアニスなど。アニスが入ってるのが実にゴールワースらしい。でもなんだこのエルダーベリーとは?まず画像でググったらヨウシュ [続きを読む]
  • サクソー
  • カラコルはカタツムリの意味。7.7%カタツムリがサックスを演奏してるラベル。薄気味悪くて良い。サックス自体このワロン地方で生まれた楽器なんだそう。泡はほどほど。コリアンダーの香り。液色は濃いめのブロンド。飲むと甘くはない。砂糖水感はなくてそれはいいんだけど・・・すぐにコリアンダーの香りが来て全て塗りつぶされてしまってるような。正直あまり刺さらないなーって言う印象。 [続きを読む]
  • グリムベルゲン・トリプル
  • ウニヨン醸造所(アルケン・マース醸造所の表記も)がOEM生産するグリムベルゲン修道院のアビィビール泡すごい。液色ブロンド。小麦が入ってるのでなんだか白ビールぽい。香りは蜂蜜ぽい?飲むと甘い。砂糖水感をギリギリ出さない砂糖水と言うべきか。 [続きを読む]
  • グロッテン・サンテ
  • ウェストマールダブルみたいなデュッペル。ブラウンエール。濃い赤紫の液色。泡も少なめだけど香りがなんかブランデーみたいな甘い香り。チェリー香も。 飲むとローストされたモルトが(キャラメルやチョコとまでは行ってないと思う)かすかにコーヒーみたいな酸味と風味を醸し出し、最後にオレンジピールの香りが鼻に抜ける。6・5%。おすすめ グロッテンは洞窟の意味。洞窟の一定の温度湿度がビールの醸造にどんな影響を与える [続きを読む]
  • バルブ・ルファ
  • ストロング小麦(ホワイト?)ビールとのこと。麦芽・ホップ。糖類・小麦。やはりホワイトビールっぽい原材料だが 何だかコーラみたいな液色。泡は少々。 香りはバナナに薄くチョコレートみたいな香り。キャラメル風味が来たと思った途端にすぐにアルコール感がやってくる。風味飛んじゃってる気が。8% なんか面白いラベルなのでアップで。 [続きを読む]
  • カンティヨン・グーズ
  • 小便小僧にケシの花と、なかなかロックなラベル。パッションフルーツ系の酸っぱい匂い。泡ほどほど。飲むと酸っぱい。レッドエールほどでは無いけど。5%。 後口に何やら無糖ヨーグルトみたいな風味。ちょっとバニラの香りか。ランビックって自然酵母がなんとかと難しいことが書いてあるけど要するに材料混ぜてほっぽっといたら酸っぱくなったって感じがするのだがどうか? [続きを読む]
  • ブーン・クリーク
  • クリーク・ブーンではない。ブーン醸造所のラベルはなぜか逆に読むことになってるらしい。 香りはセントルイスに似たダークチェリー・泡ほとんどない。液色ブルーベリー。飲むとセントルイスのチェリー独特のえぐみ見たいのがないさらっとしたチェリーエール。後口に酸味とホップの苦み。当たり障りのない感じ。 [続きを読む]
  • セントルイス・プレミアム・クリーク
  • 僕が大好きキャスティールシリーズのヴァン・ホンスブルック醸造所で製造するフルーツランビック。 泡あんまり。液色はブルーベリージャムみたい。香りはキャスティール・ルージュに酷似した香り。・・・美味い。フルーツビールって甘いだけのが多いけど、これはちゃんとビールしてる。キャスティール・ルージュに合わせてるチェリーリキュールってこれに使われてるチェリーと同じものなんでしょうね。 オススメです。 [続きを読む]
  • セントベルナルデュス・アブト12
  • 1946年醸造を開始。 修道院からライセンスをもらい醸造するという 修道院ビールの一番初めはこのセント・ベルナルデュス醸造所が最初。セント・シクステュス修道院のアビィビール「ウェストフレテレン」をOEM生産する、セント・ベルナルデュス醸造所のビール。 泡は高い。泡持ちはほどほど。香りはオレンジチョコレート。液色は光を通さない濃赤紫色。飲むとチョコレートの風味とオレンジ、バニラと洋梨の香り。これはうまい。超オ [続きを読む]
  • セントベルナルデュス・ペリオール8
  • 1946年醸造を開始。 修道院からライセンスをもらい醸造するという 修道院ビールの一番初めはこのセント・ベルナルデュス醸造所が最初。セント・シクステュス修道院のアビィビール「ウェストフレテレン」をOEM生産する、セント・ベルナルデュス醸造所のビール。 8%。泡は高いがすぐ捌ける。バニラの香り。液色は濃赤紫色。飲むとバナナの香りとカラメル/チョコレートの風味。甘い。後口に洋梨の香りとホップの苦味。ああこいうの [続きを読む]
  • セントベルナルデュス・クリスマス
  • 国外にあまり出回ることのないトラピストビール、ウェストフレンテンのレシピを受け継いだのがこのセントベルナルデュスシリーズとのこと。 泡がすごい。りんごの香り。飲むとりんごとローストされたモルトの香り。キャラメルモルトやチョコレートモルトの風味は薄く、思ったより甘くない。後口にリコリスとコーヒーのかすかな香りがある。 ちびちび飲んでると温くなって洋梨の風味が立って来る。クアドルペルは信じられる。10 [続きを読む]
  • セントベルナルデュス・トリプル
  • 1946年醸造を開始。 修道院からライセンスをもらい醸造するという 修道院ビールの一番初めはこのセント・ベルナルデュス醸造所が最初。セント・シクステュス修道院のアビィビール「ウェストフレテレン」をOEM生産する、セント・ベルナルデュス醸造所のビール。 このシリーズ泡がすごい。シロップみたいな甘い匂い。液色はアンバーに近いブロンド。澱が結構あります。飲むと、なんだろう?伊予柑が近いのか?伊予柑の端っこの白くな [続きを読む]
  • セントベルナルデュス・ホワイト
  • さてそろそろご紹介できるビールも少なくなって参りました。 ピエール・セリスというベルジャンホワイトの偉い人がヒューガルデンホワイト、セリスホワイトの次に作ったビールとか。泡がすごい上にいつまでも消えない・・・。香りはグレープフルーツ、飲むとホップやスパイスで苦渋く、そのままグレープフルーツの味にしか感じられない。前にタップで飲んだセリスホワイト並みのグレープフルーツ感。物事は突き詰めてくと(フルー [続きを読む]