さくちぃ さん プロフィール

  •  
さくちぃさん: 旦那くんの分まで精一杯生きる
ハンドル名さくちぃ さん
ブログタイトル旦那くんの分まで精一杯生きる
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/chia3939/
サイト紹介文35歳で天国へ行った旦那くんとの闘病日記。死別後の私の奮闘記です。沖縄移住します!
自由文2016年4月悪性リンパ腫と闘った旦那くんは天国へ。生きてる事の素晴らしさを教えてくれた。
2017年3月から沖縄移住!
2人で行きたかったけど
1人でも行く!
やりたい事はできるうちに!アラフォーだけど、まだまだ頑張れる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 110日(平均2.3回/週) - 参加 2017/01/28 07:41

さくちぃ さんのブログ記事

  • 人生を楽しもう
  • 人生何が起こるかわからない。あれこれ計画したり考えることももちろん大事だけど、予期せぬ事が起こったり想像もつかない出会いもある。良いことも悪いことも。色んな事が起こる。でも全部繋がってて、起こった出来事や、出会いや、行動。ひとつでも違ってたら今の私は無いんだなー。いい意味で深く考えない。自分を信じて素直な気持ちで前に進むのみ!生きてるっておもしろい。人生を感謝しながら楽しむ。半年前の私からは想像 [続きを読む]
  • もうすぐ沖縄生活2ヶ月です
  • 皆さんお久しぶりですバタバタしていて全く更新できていないのに毎日たくさんのアクセスありがとうございます私は元気です?また沖縄情報blogを更新しました。またプライベートについてはゆっくり書きたいですが楽しく元気に頑張ってます(^^)さくちぃの記事一覧 | 沖縄情報移住ブログ/author/3939okinawaにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 休日
  • 休日にお金も時間もかけず贅沢に過ごす。移住を決めた理由のひとつ。元気です(^^)さくちぃの記事一覧 | 沖縄情報移住ブログ/author/3939okinawaにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 1年
  • 4月14日。あの日から1年経ちました。一周忌の時お坊さんに「あなたが幸せを感じる事は彼の幸せでもある。だからこれからは自分の幸せをたくさん感じて生きていきなさい。それを彼も天で感じているはずだから。」と言われました。旦那くんが私の中で私の人生の中で大切な人である事はこれからもずっと変わりません。旦那くんがいなかったら今の私はいません。闘病生活に寄り添えた事を感謝しているくらいです。誰かと比べたり想い [続きを読む]
  • お久しぶりです(^_^;)
  • 頂いたコメントも返さず放置してすみません沖縄に来て半月経とうとしてます!お部屋も落ち着き、仕事にも慣れてきました。まだ沖縄に来た感は正直あんまり無いです(笑)1度だけ、海を見たくらいです(笑)これから休みの日や出勤前(午後からの出勤なので)の時間で色々楽しめたらなと考えてます。旦那くんの事も書きたい事がたくさんあるので、ぼちぼち再開する、、予定です(笑)コメントの返信ができないので、しばらくまたコメ [続きを読む]
  • いよいよ
  • 明日、沖縄に発ちます。先日、お隣のおばあちゃんに挨拶。私達が引越ししてすぐ旦那さんが亡くなって1人暮らしのおばあちゃん。たまにおしゃべりする関係。旦那くんがいよいよダメかもって時に洗濯物を干しにベランダに出たらおばあちゃんもベランダにいてベランダ越しに私は泣きながら「もうダメみたい」とおばあちゃんに伝えた。おばあちゃんは私の手を握って一緒に涙してくれた。「代わってあげられたら」と。旦那くんが亡くな [続きを読む]
  • 沖縄移住blogを移転しました
  • 別blogで沖縄移住に特化した記事を書いていましたが、「当社で沖縄移住のblogを書いてみませんか?」と有難いお声をかけて頂き、blog移転をしました沖縄移住についての新しい記事は沖縄移住ブログこちらで書いていきます取り急ぎご報告まで?また更新したらこちらでも報告します!明後日に引越し業者が荷物を引き取りに来ます!バタバタしてますので今日はこのへんでにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 1年前の今頃〜最期までの日々〜⑧
  • バイトの残業したり引越し準備もありバタバタしていてコメントも返せていなくてすみませんいつもたくさんのアクセスありがとうございます1年前の今頃は旦那くんは抗ガン剤治療を頑張っていました。心配していた腎臓病の悪化も無く、もしかしたら!奇跡が起きているのかも!!そんな感じでみんなで見守っていました。旦那くんは、というと、「抗ガン剤は効かないだろう」と言われた人とは思えないくらい(笑)笑顔たくさんでした。 [続きを読む]
  • 別の世界
  • 旦那くんが亡くなってから出会う人、行く場所、仕事とか全ての新しい事に遭遇すると、とっても不思議な感覚になります。旦那くんがいたら今のこの時間はない。でも、当たり前に時間は流れてて旦那くんがいない事が当たり前みたいに流れてて。いつもじゃないけれど、あぁ、旦那くんはもういないんだなと強く感じて悲しくなります。私にとっては同じ時間の流れのはずなんだけど、まるで別世界に来たみたいな感覚です。ちょっと前の [続きを読む]
  • シュープリーズ
  • 去年の今日妹とおじいちゃんの誕生日のサプライズでこんなん作りましたお母さんに手伝ってもらいながらも挫折しかけたけどなんとか完成した旦那くんは残念ながら入院中だったけど、ホントは一緒に作る予定でした。最近は引越し準備中だから全くお料理できてないけど、沖縄に引越ししたら再開しようにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 沖縄移住まであと少し
  • 引越し日が決まりました3月15日から沖縄県民です毎週末には送別会を開いてもらっててだんだん実感も湧いてきました「人」に恵まれた人生だと思っています。昨日は小中の同級生達が送別会を開いてくれました。気の使わない感じがめちゃくちゃ心地いい。今、働いている短期バイトでも出会いなんて無いだろうと思っていたけど、びっくりするくらい気が合う人と出会い、仕事帰りにご飯行ったりしてホントに楽しい良い友達ができた!結 [続きを読む]
  • 1年前の今日〜最期までの日々〜⑦
  • 2016年2月16日抗ガン剤治療をする選択をした旦那くん。去年の今日は入院した日です。「治療を始めたら体力が弱る。退院はできないかもしれない。」と主治医に言われた上での決断。当日、その日は入院だけだったので入院に慣れている旦那くんは(^_^;)1人で病院へ。私は仕事に行き、帰りに病院へ。その日の朝もいつも通りの朝でした。会社まで送ってくれた車内での1枚この日から1ヶ月入院し、3月16日に退院。4月14日に自宅で息を引 [続きを読む]
  • 1年前の今日〜最期までの日々〜⑥
  • 2016年2月14日去年のバレンタインデー。翌々日に入院を控え、私と旦那くんは1泊旅行へ。2月5日の再発告知の際、「旅行に行くなら早めに」とも言われていた。「治療をすれば退院できないかもしれない」退院できる可能性のほうをもちろん信じてはいたけれど、やっぱり後悔はしたくなかった。やらないよりはやったほうがいい。奇跡を信じすぎて何も行動せず、、、後悔はしたくなかった。「しなくても良かったやん(笑)」ってなるほ [続きを読む]
  • 1年前の今日〜最期までの日々〜⑤
  • 2016年2月13日2月16日から入院が決まっていた旦那くん。「もしかしたら退院できないかもしれない」可能性がありました。だから、「おばあちゃんに会いに行こう」と私は旦那くんに言いました。旦那くんのおばあちゃんには再発の事は伝えていませんでしたが顔を見せに行こうと誘いました。旦那くんは最初、「心配するから」と渋っていましたが、じゃあ再発の事は伝えず、今の元気な顔を見せに行こう!ということに。そう決めておば [続きを読む]
  • 思い出の場所
  • 余命宣告を受けてから旦那くんが行きたいと言ってたけど叶わなかったレストランがあります。そこは私たちの想い出のレストラン。結婚式の二次会をした場所。私が「毎年、結婚記念日に行きたい!」と言ってたけど、結局初めての結婚記念日にしか行けず、きっと旦那くんはずっと気にしていた。初めての結婚記念日にはこの場所でサプライズをしてくれたよね。そこは小高い丘の上にあるから、歩くのが辛くなってしまった旦那くんが行 [続きを読む]
  • たられば
  • 先日のblogに「抗ガン剤治療をするかどうか」の選択を求められた事を書きました。旦那くんの場合は、抗ガン剤治療をする事を選択したけれど、結果、全く効果がなく、退院し、自宅療養となりました。「抗ガン剤治療をしない選択は無い」と治療を強く希望していた義母が旦那くんが亡くなった後、「あの時治療をしなければもう少し長く生きられたのかな」と何度か言っていました。でも、治療をする事を最終的に決めたのは旦那くん本 [続きを読む]
  • 1年前の今日〜最期までの日々〜④
  • 2016年2月5日の告知後。抗ガン剤治療の為、2月16日から入院が決まりました。その間、義両親と一緒にお百度詣りに行ったり、旦那くんは友達とご飯に行ったり。私は仕事にとりあえず普通に行き、1年前の今日のお昼はいつも通り、旦那くんの作ったお弁当夜ご飯は旦那くんの作った山芋のたっぷり鍋。デザートは私のお土産のケーキ。そんな感じで、暗い我が家ではなく、比較的、普通の日々を過ごしていました。今思い返しても、やっぱ [続きを読む]
  • 1年前〜最期までの日々〜③
  • 2016年2月5日に再再発が発覚。はっきりした日にちは覚えていませんが、発覚した数日後。旦那くん、私、旦那くんの両親、義理姉で、主治医の話を聞きに行きました。主治医は本人にも話をしたが、抗ガン剤に身体が耐えられないかもしれない事、もし抗ガン剤治療をしたとしても治る可能性は極めて低い事、抗ガン剤治療をすれば今のように動けなくなるだろう、もしかしたら、退院できないかもしれない。だから、今の動ける身体を大切 [続きを読む]
  • 1年前の今日〜最期までの日々〜②
  • 2016年2月6日再再発告知の翌日。告知される数日前に旦那くんと梅を見に行った梅林の写真をインスタにのせた。旦那くんの事には触れず。この写真と共に、インスタにのせた言葉が「日々是好日」どんな日でも毎日は新鮮で最高にいい日だ。むかつく日も悲しい日も、雨の日も風の日も、その時のその感情や状態を大いに味わって過ごせば、かけがえのない日になる。新鮮な気持ちで目覚めたら、雨を楽しもう、寒さも味わおう。でした。穏 [続きを読む]
  • 1年前の今日〜最期までの日々〜①
  • 1年前の今日から私たちの最後の日々が始まった。このblogでも報告はしてきましたが、具体的に書いてなかったこと、覚えていることを今日から時々ですが書いていきたいと思います。2016年2月5日旦那くんは朝からPET検査を受けに行きました。私は仕事。時間が合うから朝は会社まで送ってもらいました。結果は1週間後くらいの定期的に受けている検査。いつものようにトーストを焼いてくれてお弁当も作ってくれて水筒に温かいコーヒー [続きを読む]
  • おはようございます
  • 数日前からアクセス数がびっくりするくらい増えてます(笑)読者の方の数は100人くらいなのに80倍くらいのアクセスがまとまりがあるような無いようなblogですが(笑)みなさん、これからもよろしくお願いします!明後日は旦那くんが旦那くんの最後の再再発が判明した日。当時blogには書かなったけど、思い出した日々の事を書いていこうかなと思ってます。さて、今私は移住までの期間、短期アルバイトをしてます!やっと金曜日にほ [続きを読む]
  • もちろん寂しい
  • 沖縄移住を決意するにあたり、私の場合は仕事も無いし、子どももいないし、本当に必要なのは自分の身体1つだから、状況的には考える事は少なかった。ただ、唯一諦めた、というか勇気を出した?点は両親、甥っ子、姪っ子、妹たちと離れる事。でも、やっぱりそこって、ずっと今の形のままでは無いと思った。そこに固執してたら、今の形じゃなくなった時に私には何もなくなってしまう。順番で言うと両親は先にいなくなるし、甥っ子 [続きを読む]
  • 手紙
  • 引越し準備をしていたら旦那くんからの手紙が出てきた。確か病気になって、寛解して、仕事復帰した時だったから3年前かな。朝起きたらテーブルに置いてあった。私は夜中に弁当を作ったのか?朝早く起きて2度寝したのか?全然覚えてないけど(笑)特別なプレゼントより嬉しいのは気持ち。何かプレゼントが欲しいなんて思った事は無かったなー。お金が無かったし(笑)そんな事を思い出してる時に妹から教えてもらったインスタのyum [続きを読む]
  • 人生は自分で選択している
  • 沖縄移住する!と周りに言うと「すごい!やりたくても私にはできない!」という反応も多いです。「それに比べて私は何もしてきてないなー」という反応も。特に主婦の人に多い。何もしてきてない?違います!比べる事でもないのですが、敢えて、比べるのであれば、、私とは違う人生を「選択」してきているじゃないですか。私はあなたと違う人生を「選択」しただけです。 ふと思うのは、「結婚して子どもを産んで育てる」とい [続きを読む]