河岸八ゑ子 さん プロフィール

  •  
河岸八ゑ子さん: 河岸八ゑ子の人生案内
ハンドル名河岸八ゑ子 さん
ブログタイトル河岸八ゑ子の人生案内
ブログURLhttp://jinseiannai.jp/blog
サイト紹介文スピリチュアルカウンセラーとしての活動は30年以上。 現在も東京、大阪、青森で活躍しています。
自由文30年以上の実績が物語る確かな実力。単なるスピリチュアルカウンセラーとしてではなく様々な角度から人生を幸せへと導く為カウンセリングを行う。相談者の多くは、ご先祖様や過去の自分、そして前世の自分など今の自分のルーツを浄化や供養をしていく事で奇跡の人生を体験しています。
公式HPはこちら→http://jinseiannai.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 90日(平均1.6回/週) - 参加 2017/01/28 17:09

河岸八ゑ子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 現世に思いを残す霊は、霊界を浮遊する
  • 現世に思いを残す霊は、霊界を浮遊するその気持ちを伝えるまで、霊のつきやすい人に訴えつづける 1.胃がんの夫の死 胃ガンで長く入院していたご主人が亡くなりました。 亡くなる前、相談者である奥さまは本人にガンだということを絶対に内緒にしていたのですが、浄化をすることにより、ご主人の要望である、自宅療養に切り替えました。 帰宅してからも相談者はこれ [続きを読む]
  • 浄化で自分が変化、気づくと夫も変わっていた
  • 霊を浄化することによって悪かった夫婦仲までもが好転。 1.意見が合わず喧嘩の絶えないご夫婦五十歳の主婦ですが、子どももなく、ご主人は外国商船の船員で、一年の半分も家にいないという結婚生活を長く続けていました。ところが困ったことに、ご主人が家に帰ってくるたびにケンカが絶えないというのです。人生に対するものの見方があまりにも違いすぎて、意見が合わず、出来るならば慰謝料をもらって別れたいという相 [続きを読む]
  • 神の心を伝えるため、神によって選ばれた人がいる
  • 神の心を伝えるため、神によって選ばれた人々がたくさんいらっしゃいます。 そんな人は日々試練を受けて、苦悩し、答えを見つけるために模索し、心をいかに冷静沈着にさせる事で、見えぬ者に対する答えをいつの日か自然に透視という道に導かれていく、定めとした人生を歩んでいます。 山形県の出羽三山にお参りするバスツアーに乗ったときのことです。 往路、バスのなかには異常な霊気が漂 [続きを読む]
  • 浄化によって前世からの宿命を知り、ドイツ留学を決意した女性
  • 1.伯母の付き添いで来ていたが、次第に浄化への興味がわいてきた娘さん 平成12年の秋に、ピアノ教師をしているとてもはつらつとした娘さんが、伯母さんに連れられて訪ねてきました。 意見をはっきり言い、疑問に思ったことはすかさず聞いてきます。 なかなかにしっかりした娘さんでした。 何にでも興味を示し、吸収する力の強い子であることは、浄化する前から感じていました。 この娘さん [続きを読む]
  • 高野山の奥の院でのご供養について
  • 一般的にみな様はご自分のご先祖さまを祀ってもらっている菩提寺でご供養をされている事と存じます。 この度、3月14日(火)にまだ肌寒かったのですが、高野山に行って参りました。久々の奥の院でした。 そしてパワースポットでもあるこの奥の院で、私個人で総菩提寺と定めさせて頂いてまして、我が家の先祖供養をお願いして参りました。 先祖代々で何人も供養されるとなかなかお代金もかかって [続きを読む]
  • 詩集 愛の花
  • 愛の中に花があり愛の中に輪が生まれる涙のしずくで咲く花は全てを癒す愛の花小さく小さく咲いた花全てを癒す愛の花大きな大きな輪となって幸せ運ぶ愛の花河岸八ゑ子 [続きを読む]
  • 動物たちの浄化より
  • 拝啓夏目漱石さまへ(1867〜1916) 夏目漱石さま、貴方さまが産まれまして150年という月日が流れました。お亡くなりになってからは、100年という年月が経ったのでございます。そして夏目漱石さまの文学に世界中の人々が触れられてきて、たくさんの人に親しまれて参りました。今尚、人気を博している今日この頃でございます。 夏目漱石さまは今あの世にいらっしゃる事と存じます。私の [続きを読む]
  • プロローグ 〜この道へ入るまで〜
  • 昭和56年は私にとって生涯忘れることの出来ない年となりました。 この年から『神さま』に仕える為に必要な修業が始まり、その修業を経て、私は今こうして『神さま』の心を人に伝えることが出来るようになったのです。 1.修業の始まり 〜なぜか心が満たされていた〜 私は化粧品のセールスを経て、喫茶店を経営していましたが、生活は楽ではありませんでした。日々の生活に追われる中、次々と試練が舞い [続きを読む]
  • 詩集 心すれば・・・・
  • 人はみな心すればおのずと人の心になれる 人はみな心すればやさしく人の手や足になれる 人はみな心すれば何もない世界にも有り難うをいえる「楠無阿弥陀仏」そのものである 人はみな心すれば何も無くても尽くせる心があればこの世に金剛を頂けるであろう「南無大師遍照金剛」そのものである 人はみな心すれば何もない世界にも感謝が生まれてきた時心の華を咲かす事であろう「南無妙法蓮華経」そのもので [続きを読む]
  • 人間は、必ず死にます。でも命には続きがあるのです。
  • 人間は必ず死にます。現在病気で生きる望みを無くしている人、仕事を失って生活苦にあえいでいる人、家庭内のトラブルで身動きも取れない人など、様々な苦悩を背負いながら生きている方たちに、このブログを通して力の限りメッセージを送り届けたいと思っております。 その事によって、明日の生活が、より満ち足りたものとなり、人生に希望がわいてくる事を確信しています。 人間は必ず死にます。でも命にはまだまだ続 [続きを読む]
  • 陰膳という供養法
  • 誰もができる簡単な供養法をお知らせ致します。 お墓も仏壇も無くご先祖様には何かして上げたくても、どうしたらいいのかとお悩みの方にご案内致します。 みな様は毎日又はたまにはご飯を炊くと思います。そのご飯を炊いた日に食卓にご先祖様の分をお供えして上げるだけで、供養が出来るやり方です。 朝でも晩でも構いません。テーブルの一角にご先祖様にご飯と味噌汁とお漬物、そして亡くなった方の好物を一 [続きを読む]
  • 透視霊能者として30年
  • 河岸八ゑ子スピリチュアルカウンセラー/書家  透視霊能者として30年以上の実績浄化や除霊、そして先祖供養、前世供養、悩み相談などでたくさんの人たちと関わってきました。今まで、たくさんの人の幸せをお手伝いしてきました。 手伝いをするうちに、私は大切な事に気づきました。それは、この体験は私だけにおこる特別な事ではなく、だれにでも起こりうるのではないかということです。神さまはどこからかやってく [続きを読む]
  • 行きたい時が供養時
  • 一番大事なことは、故人を思う気持ちですから『行きたい時、行ける時が供養時』それで構わないのです。ご先祖さまは、お盆・お彼岸にお墓参りに必ず来なきゃダメ!来なかったら祟ってやる〜なんてことは言っていないのです。 貴方が亡くなっても、遺族に対してその様なことは言わないはずです。 そんなことは、きっとないはずです。ご先祖さまだって、同じです。 逆にお盆やお彼岸だけよりも、毎日、毎朝心の [続きを読む]
  • 先祖供養はいつがいい?
  • 日本では昔からお墓参りと言えば、お盆・お彼岸・故人の命日など大体決まったときにお墓参りや、供養します。これはとても大事な事です。 例外があります。それは、お仕事や育児、体調不良など、やむを得ずお盆・お彼岸などにお墓参りや供養に行けない方です。 実は結構いらっしゃるのです。 だけど、周りからすると『お墓参りもしないなんて!』とか、言われてしまうこともあるかとおもいます。 行くの [続きを読む]
  • ごあいさつ
  • こんにちは。河岸八ゑ子です。 みなさまお元気でお過ごしの事と存じ上げます。2017年の新しい年の始まりです。今年もよろしくお願い致します。 これからの長い人生においてどうしても自分で悩んでみても解決出来ない事は多々ございましょう。そんな時こそ、今あなたに必要なのは、スピリチュアルなメッセージなのかも知れません。 人生を大きく作用するあなたの『運』。この『運』を変える事で、出会いが変わ [続きを読む]
  • 詩集 今の自分
  • 地球が生まれて四十五億年 たった一万年で成長した人類たち そんなにみんな急いでどこへ行く 自分を捜しにどこへ行く 急ぎ旅もいいが やっぱり自分探しもいいじゃないか 前世あっても 生まれ変わりがあっても 二十一世紀の今の自分 幸 […] [続きを読む]
  • 過去の記事 …