節酒のジョー さん プロフィール

  •  
節酒のジョーさん: アルコール依存症と坐禅
ハンドル名節酒のジョー さん
ブログタイトルアルコール依存症と坐禅
ブログURLhttp://www.kagayakujinsei.com/
サイト紹介文アルコール依存症である自分が坐禅を通して立ち直っていった経過を記録した。
自由文自分は片足をアルコール依存症という魔物に突っ込みながらも、坐禅をすることを通して断酒をすることなく夢のある節酒を続けている。現在酒で問題を抱えている人たちに、ささやかでも希望を与えられるかもしれないと言う思いでこのブログを立ち上げた。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 119日(平均6.7回/週) - 参加 2017/01/28 17:47

節酒のジョー さんのブログ記事

  • 叶わなかった夢にはどんな意味があるのだろう
  • ふさわしい夢人生には叶わない方が幸せな夢もある。人には器がありそれ以上の何かがあると不幸になる。宝くじに当たった人の多くはそれ以前より不幸になっているという。コツコツと目指したことではないので、取り扱いに困るのだ。配偶者も同じことで、ナマの結婚生活を経験した人なら、もしも大好きだった先輩後輩と結婚していたら辛い結婚生活になっていたと想像できるはずだ。結婚生活の実際は、好き嫌いではやって行けない辛 [続きを読む]
  • メッセージってなんだろう
  • メッセージソングある程度の年齢になるとユーミンを知らない人はいないと思うけれども、メッセージという言葉を聞くと「やさしさに包まれたなら」という曲を思い出す。「目にうつる全てのことはメッセージ」という歌詞があるが、そのとおりだなと感じることが多くある。シンプルな心生きていくことにシンプルになってくると、自分の心の中のことが現実に投射されているなと感じることがある。その時に心が悲惨でいれば周りの現 [続きを読む]
  • 人は何を求めて生きているんだろう
  • 働いている時は辛いことが多いので、早く定年まで働いて退職後は悠々自適に旅行に行ったり、温泉に行ったり気楽に過ごしたいなんて思うものである。しかし特に日本では仮に60歳で定年退職したとしても、ほとんどの人が嘱託とか契約社員など待遇は以前とかなり落ちるけれども働き続ける人が多い。年金の支給時期が65歳からという理由もあるかもしれないが、かなり裕福な人達も65歳まで働くというのが普通になってきた。理 [続きを読む]
  • 教育ってなんだろう
  • 教育の廃退学校教育を受けた中で、尊敬する先輩とか先生に出会ったことがなかった。ましてや、その一言で人生の道が決まった等の小説じみた出来事も全くなかった。ただただ勉強が嫌で嫌で仕方なかったが、仕方ないからやっていた程度のことである。試験のための一夜漬けの勉強しか思い出はない。響かない教え今思うと、学校教育で役に立ったことは何かあったのだろうかとすぐには出てこない。たぶん人との付き合い方とか道徳と [続きを読む]
  • 自分を信じるとはどういうことなんだろう
  • 自分はいつも自信がなかった。人から良く思われようと常に周りを気にして、合わそうとばかりしてヘトヘトに疲れていた。自信と魅力人からどう思われても良いと100%思った時に、結果として人から好かれたり魅力的に思われたりする。それはビクビクする必要もないので、他者から自信満々に映るためだ。自信満々に振る舞っても人はすぐ見抜くもので、自然体の自信満々は人を魅了する。人からどう思われても良くなるとは、一言で [続きを読む]
  • 性ってなんだろう
  • 穏やかな旬いつまでも女性に持てたいと思うのは自分だけだろうか。若い頃は、還暦にもなると異性の事などは卒業して別の境地になるのだろうと思っていた。いざ自分が還暦になってみると、異性を見る目は若い頃とほとんど変わっていないような気がする。ただ、殺気立ったものはさすがにないが、穏やかな中にも青春時代と変わらぬし好がうごめいている。若い頃は、異性に対してどうしてあんなに不自然な行動しかできなかった [続きを読む]
  • どうしたら夢が叶うのだろう
  • 夢は叶わない何十年も前から「願いは叶う」「願望実現法」など、書店にはその手の本が山積みになっているいるということは売れているのだろう。これだけ本が売れたのなら、世の中には夢を実現した人達だらけになっているはずなのに、滅多におめにかかれない。夢とは海外旅行に行きたいとか、美味しいカニを食べたいなどその程度のものではなく、たとえばブログで一生食べていけるだけの財産を築くとか、年収2000万円を超え [続きを読む]
  • どうして眠れないのだろう
  • 睡眠とうつ症状は深い関係があることが分かっています。不眠症が治ると、うつ病の回復が早くなるということです。逆にうつ病が治ると睡眠の質が良くなると言われています。眠るために重要なこと体全体を緩める眠れない時には何処かしら体が緊張しているもので、一度体全体に力を入れてから力を抜くと緩めやすい。足を冷やしたままベットに入らない足が冷えていると血が頭に集まりやすく、雑念が湧きやすい。足に意識を向ける(足 [続きを読む]
  • 縁ってなんだろう
  • 不思議な縁長い間生きてくると、不思議な縁を感じることが多くなる。職場の人間関係などでも、同性同士でも不思議な縁で結ばれているなと感じることがある。変な意味ではなく、その中にどうしても入っていくことが出来ない深い縁で結ばれた人達である。あの二人は普通の関係ではないなどと噂されることもある。超越した縁自分の親友も不思議な縁だと感じることがある。若い頃から飲んでは言い争いになり、決して仲の良い友達には見 [続きを読む]
  • 幸福ってなんだろう
  • 幸せの設計図子供の頃からずっと幸せを求めてきた。ほとんどの人もそうだろう。中学生になると良い高校に入って、そして良い大学に入って、そして良い就職をして、そして良い嫁さんを貰って、そして良い家を持って、そして良いポストについて、そして良い天下り先を見つけて、そして良い老後を過ごして、そして良い墓に入る。これが幸せの設計図ではないだろうか。今に生きるということしかし決して満足する人生ではなかったと皆感 [続きを読む]
  • 病気は自分で治すものだろう
  • 多すぎる患者大きな病院に見舞いに行ったりすると、診察を待つ患者の数に驚くことがある。2時間待ちはざらにあるようで、中には朝一番で受付しても午後からの診察になることもあるらしい。3分診療と良く言うけれども、それでもこんなに待たされたらたまらないだろう。病院で病気は本当に治せるのだろうか。医者は人を救ってくれない医療改革などがあり、病院も大変な時代に入ったらしい。全国的に有名な大病院なら経営も安泰であ [続きを読む]
  • どうしてこうなんだろう
  • 人は繰り返す今までの人生で何度この言葉を使ったことか「どうしてこうなんだろう」と。禅的な考え方では一瞬一瞬毎回新しい世界が始まっていると言う。寝る前に歯を磨くことは無意識のうちに行われていてそれを習慣と言う。考え方も同じく、何十年も生きていると知らず知らずに条件反射のように決まった考え方になってくる。例えば子供の頃に、勉強しないと良い所に就職できないとか、女性は結婚することが一番の幸せなどなど、 [続きを読む]
  • 心の筋肉ってなんだろう
  • 身体と心の筋肉身体の筋肉は鍛えれば鍛えるほど大きく付いてくる。週に二回以上筋力トレーニングをすれば大きく鍛えられるという。心の筋肉はどうだろう。苦しみ悲しみ、不幸が多いほど心の筋肉は大きく鍛えられる。人は苦しみ悲しみ、不幸に正面から立ち向かっているだろうか。不幸な子供達子供時代から、将来なるべく他の人より苦しまないように、悲しまないように、不幸にならないようにと手とり足取り親、教師は子供達を躾 [続きを読む]
  • レグテクト(アカンプロサート)を使ってみる
  • 5年ほど前まではアルコール依存症とうつ症状が酷く、世間体のため病院には絶対行きたくない思いから、藁をも掴む思いで色々な薬・サプリメントを試しました。その1つとして、2013年に日本の病院で初めて処方できるようになったレグテクト(アカンプロサート)を使ってみました。飲酒欲求を抑える薬レグテクトは酒を飲みたいという欲求を脳内から消してくれる効果があります。酒を飲みたいという欲求は、脳内でグルタミン酸が [続きを読む]
  • 年齢ってなんだろう
  • 心の上塗り還暦になるまで生きてきても、子供の頃の自分の心と変わらないと思うことがある。生きていくことは心を成長させると良く言うが、油絵のように昔の心の上に、新しい心を上塗りするようなものだ。決して子供の頃の心がなくなる訳ではなく、新しい心の下に隠されているだけと感じる。普段は新しい心が今の自分を支配しているが、何かのきっかけで古い心が表に出てくることがある。フラッシュバックとも言う。過去から積み [続きを読む]
  • 集中とはなんだろう
  • 無心は人を輝かす我を忘れて何かに夢中になってる人は輝いている。スポーツの試合観戦は勝ち負けよりも、人が輝く瞬間を見ることが魅力なのかもしれない。何かを極めた職人も輝いている。日本には世間一般に知られていないが優れた職人はたくさんいる。仕事ぶり、仕草など見ていて気持ち良いものだ。何かを極めた人は人を感動させる。皆共通するものは無心で物事に集中していることだ。売れるとか売れないなどは眼中になく、た [続きを読む]
  • 何かを諦めなければ幸せになれないのだろう
  • 人は皆同じようなもの年齢を重ねてくると分かってくることの一つに、どんな人生もプラスマイナス零ではないかと思うことである。若い頃に何かに抜き出ていた奴が、年と共に落ちぶれていくことも良くあることだし、学生時代にパットせずどうしようもなかった奴が、社長になって成功していることもある。可もなく不可もない平凡な奴は年をとっても全く変わらないなんてこともある。皆虚構を生きている一見幸せそうに見える家庭にも一 [続きを読む]
  • 坐禅をすることによる心身の変化
  • 坐禅をするようになってどの様な変化があったか、自分の本当の実感を書いてみます。禁酒した時の離脱症状が少なくなる坐禅をするようになって、以前の離脱症状の2割ほどになった。再飲酒をする動機として離脱症状が辛いことによるものが大半をしめます。離脱症状が軽くなると再飲酒の気持ちを落ち着かせることが容易になりました。うつ症状がかなり軽減できる酒に依存してくるとほとんどの人はうつ症状が出てきます。うつ症状 [続きを読む]
  • 旅行ってなんだろう
  • 贅沢な旅旅行は大好きだ。特に春の旅は体も心も解放される。日常を離れて別の世界に浸るのは最高の贅沢というものだ。本当の自分を生きている人は、旅に素晴らしい喜びを感じるものだ。何にも拘束されない一人旅もまた格別である。目的のない一人旅で列車の車窓から見える風景をさかなに、冷えたビールを飲むことはこの上なく贅沢である。旅に飽きる時連続2週間も旅をすると家が恋しくなってくる。特に海外旅行から帰ってくると、 [続きを読む]
  • 2割の法則ってなんだろう
  • 2割の不思議ほとんどの会社では、2割の従業員がほとんどの利益を生み出し、他の2割の従業員は全く仕事をしていないと言う。残りの6割はたまに仕事をする程度で、会社の利益にはほとんど影響しない人達らしい。ヘッドハンティングなどで、上位2割の利益を生み出していた人達がいなくなっても、会社にほとんど影響しない6割の人達からその代わりになる人が必ず現れ、会社は運営されて行くと言う。これは、スポーツの世界などで [続きを読む]
  • 幸せを求めることと断酒はどうして似ているのだろう
  • 幸せの矛盾「幸せを求めれば幸せを見失う」という言葉がある。幸せを求めれば求めるほど、幸せは逃げていくとも取れますが、真実と感じます。これをアルコール依存症の断酒にあてはめると、酒を止めようと思えば思うほど、断酒は出来ないということになります。願望実現の罠よくイメージしたらその通りの自分になるとか、将来のなりたい自分を思い描いたらその通りになるなど、願望実現法は昔からある。でも願望が叶った人を見たこ [続きを読む]
  • どうして「こんなはずじゃなかった」のだろう
  • 皆波乱の人生を生きているほとんどの人は、「こんなはずじゃなかった」と言う苦い経験をしたことがあるだろう。それとは逆に、「こんなはずじゃなかった」けれども結果は正解だったと思うことも多いはずだ。宗教的な意味合いで、「人間は生きているのではなく生かされている」と言う言葉を使う。大いなる何かに生かされていて、その人にしかできない役割があるという考え方である。アルコールに依存している人も、周りの人に反面教 [続きを読む]
  • 腸の調子とうつ症状の関係について
  • 腸内にセロトニンがあるアルコールを毎日飲んでるときは常に下痢状態だった。特に朝は酷くほとんど液体状態だった。このような状態が何十年も続くと体に良いわけはありません。下痢は体だけでなく精神にも悪い影響があることが最近分かってきました。腸は第2の脳と言われており、脳からの指令がなくても腸自身で判断して働きを変えることが出来る臓器だからです。腸のもう一つの大きな働きに、セロトニンと言う物質の大部分が [続きを読む]
  • なぜスリップ(再飲酒)するのだろう
  • 自分のスリップ経験自分は40歳代から50歳代半ばまで何十回も断酒をしようと決心したことがあった。30歳後半から、飲むと後半記憶をなくし、特に職場関係の人との酒でのトラブルが続き酒を止めたいといつも思っていた。断酒が数日続いても、特に職場の人間関係が悪くなるとそれを紛らわすためにどうしても酒に手が伸びた。依存からの回復が難しい訳アルコールは麻薬と同じくらい常習性があり、意志の力で止めることは出来ない [続きを読む]
  • 肝臓の機能の素晴らしさについて
  • 肝臓は大きなプラント工場肝臓の機能は、大きく分けると、食べ物の代謝・解毒・胆汁の生成など、内臓の中でも大変重要な役割を持っています。一人の肝臓の機能を、化学プラントで作るとしたら東京都の面積のプラント工場が必要で、それでも作れない機能があるそうです。プラントを作る工事費は数千億円と試算されています。人の肝臓とはそんな素晴らしいかけがえのない器官なのです。肝腎かなめの働き者東洋医学で肝臓は、西洋医 [続きを読む]