介護2017 さん プロフィール

  •  
介護2017さん: 介護問題は突然に
ハンドル名介護2017 さん
ブログタイトル介護問題は突然に
ブログURLhttp://kaigo2017.com/
サイト紹介文急性硬膜下血腫の母と心臓病の父 〜老々介護〜
自由文母が急性硬膜下血腫で昏睡状態となった。

泥酔して転倒し、頭を強打したらしい。

すぐに救急車で搬送されて緊急手術。

その頃、僕は東京の自宅でのんびりとくつろいでいた。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 55日(平均8.3回/週) - 参加 2017/01/29 02:30

介護2017 さんのブログ記事

  • 食欲はあるみたい : 急性硬膜下血腫、手術後57日目の後遺症
  • なかなか記憶が戻らない母は食欲もあるし、排泄も大の方は看護師さんや介護士さんに伝えてトイレに行く事が出来る。日常の会話もスムーズに出来るようになってきた。だがしかし、記憶力がまだ回復しない。毎日、リハビリを手伝っているのも僕だと思っているようだ。東京にいる僕が毎日見舞いにいけるハズがないんだけどね…。※ペットのハムスターは父が毎日世話をしてくれている。Copyright © 2017 介護問題は突然に All Rig [続きを読む]
  • よく喋る母 : 急性硬膜下血腫、手術後50日目の後遺症
  • 母から言葉がどんどん出てくる久しぶりにFactTimeで母と会話をした。固形物を食べるようになった影響で脳が活性化したのかどうか分からないが、すごくよく喋るようになった。時にはジョークを交えて言葉を発する事もあり、これは一週間前には考えられなかったことだ。回復を素直に喜ばないといけないな。記憶に関する部分はまだ弱く、「今日は12月か?」と全然違う日付を言っていた。記憶の部分だけちゃんと繋がれば、以前と同じよ [続きを読む]
  • やはり記憶力が弱い : 急性硬膜下血腫、手術後44日目の後遺症
  • 昔の事は思い出すようだけど…ぼんやりとだけど、昔の事を思い出しつつあるようだ。今は、過去の記憶の中の人物と、目の前にいる人物の区別がうまく出来ていない印象。脳の機能が回復し、記憶が戻りつつある最中の弊害だろうか?母自身、今の自分の状態が「異常」だと気付いているらしく、時折深いため息をつく。リハビリが進んで意識がより鮮明に回復すると、今度は現実を受け入れるのに苦悩するのかもしれない。Copyright © [続きを読む]
  • 父の年金だけでは毎月赤字になってしまう!
  • 引き出せない母のお金母の年金は二ヶ月毎に郵貯銀行に振り込まれるんだけど、現状、それを引き出す事が出来ない。(面倒な手続きをすれば引き出せるけど…)外に出られる状態ではなく、キャッシュカードの暗証番号も思い出せず、委任状を書く判断力も無いからだ。2017年1月の心臓手術の後、父は仕事を休んでいるので給料も入ってこない。実家の生活資金は父の年金だけが頼りだ。その年金からマンションのローン、母の入院代、水道光 [続きを読む]
  • 大便はお手洗いで : 急性硬膜下血腫、手術後35日目の後遺症
  • トイレを気にするようになってきた今日から歩行器を使ってのリハビリを開始した母。四肢の麻痺は無さそうなので、運動機能は早く回復しそうな気がする。元気に歩けるようになるといいな。あと、母は排泄(大便)に気を使うようになってきたようだ。紙オムツの中でするのは嫌なようで、介護士さんに付き添ってもらってお手洗いで済ましているらしい。一つ一つ、僕の知っている母に戻っていく感じがする。Copyright © 2017 介護問 [続きを読む]
  • 父が無職になるので、扶養に入れる手続きを進めています
  • 社会保険の手続きを相談父が2017年3月31日で退職して無職になるので、社会保険の変更手続きを進めている。僕は自分が勤めている会社の社会保険に入っているので、そこに両親を入れる被扶養者とする事にした。昨日、社長(ボス)に連絡して許可をもらい、社会保険労務士の先生に手続きを依頼。一ヶ月あれば間に合うかな? 保険証を手にするまでドキドキしながら待ちます。Copyright © 2017 介護問題は突然に All Rights Reserv [続きを読む]
  • 父さん、会社辞めて無職になるってよ
  • しばらく無職になる父昨日、父から電話があり「今月末で会社を辞めようかと思う」と相談された。・ 週に3回の人工透析が必要・心臓弁狭窄症の手術後で、2017年3月末までは仕事を控えるよう医者から言われている・ リハビリ病棟にいる母の見舞いなどで仕事に集中が出来ないこのような状況なので、仕事を辞めるのも仕方が無いかと思う。父と母の年金だけでは最低限の文化的な生活を営むのも難しく、毎月8万円程度の赤字になってし [続きを読む]
  • 言葉のキャッチボール : 急性硬膜下血腫、手術後28日目の後遺症
  • 父と母の会話が成立した今日の父と母のやり取り。父「今日は(息子の)同窓会があったらしいよ」↓母「どこの?」↓父「中学時代の同級生らしいよ」これまで、ずっと「父→母」の一方通行の会話であったが、今日は母から父に対して質問が投げかけられた。遅くてもいいから、1つ1つ確実に意識が回復に向かってくれたら嬉しい。記憶についてはいまだに大きく欠落しているようで、母自身の名前や父の名前も答える事が出来ないようだ [続きを読む]
  • リハビリ病棟に転院 : 急性硬膜下血腫、手術後27日目の後遺症
  • リハビリ病棟からのアンケート明後日の月曜日からリハビリ病棟に転院する母。これから半年ほどリハビリに集中する事になる。半年後、「ちゃんと喋れるようになって良かったねー!」と祝えるのだろうか?それとも、「やはりもう、事故前のように会話は出来ないんだね…」と嘆く事になるのだろうか?期待しておいてあとで後悔するくらいなら、最初から中途半端に希望なんて抱かない方が良いのかもしれない。来月(2017年03月)上旬、 [続きを読む]