介護2017 さん プロフィール

  •  
介護2017さん: 介護問題は突然に
ハンドル名介護2017 さん
ブログタイトル介護問題は突然に
ブログURLhttp://kaigo2017.com/
サイト紹介文急性硬膜下血腫の母と心臓病の父 〜老々介護〜
自由文母が急性硬膜下血腫で昏睡状態となった。

泥酔して転倒し、頭を強打したらしい。

すぐに救急車で搬送されて緊急手術。

その頃、僕は東京の自宅でのんびりとくつろいでいた。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 177日(平均4.4回/週) - 参加 2017/01/29 02:30

介護2017 さんのブログ記事

  • 母に「おにぎりを作って!」と言ってみた : 急性硬膜下血腫、手術後180日目の後遺症
  • 今月、三度目の帰省クルマに乗って実家に帰省。片道約510km、のんびりと走って8時間〜12時間ほど。何度走っても首都高は怖いね…。ETCの夜間割引があるので、高速料金は往復15,000円しか掛からない。新幹線や飛行機と比べると圧倒的に安いね!母とのツーショット写真 最後になるかもしれない母とのツーショット写真。いつも「これが最後になるかもしれない」と覚悟しながら撮影している。撮影した後、母に「久しぶりにおにぎり作っ [続きを読む]
  • 使われなくなった母の寝室 : 急性硬膜下血腫、手術後173日目の後遺症
  • 今も、そこに母がいる気がする今年1月22日の事故以来、半年間も使われていない母の寝室。何も変わらず、何も変えず、「いつ母が帰ってきてもいいように」と思ってそのままにしている。だけどこの先、母がこの部屋に入る事はもうないんだろうな…。毎日使っていたこのベッドで、母が横になる事もないんだろうな…。今でも、この部屋の方に向かって「お腹空いたー!」と言えば、母の「おにぎりでも作ったろか?」という声が聞こえて [続きを読む]
  • 母と最後のLINE : 急性硬膜下血腫、手術後164日目の後遺症
  • 1月22日(日)、元気だった頃の母と最後のやり取り入院していた父の見舞いに行く直前に僕に送ってくれた「病院に行って来ます。」というメッセージが最後となった。この約10時間後に母は頭を強打し、急性硬膜下血腫で緊急手術を受けることに。今さらなんだけど、もし僕が当日「今日の夜、そっちに帰るから家で待ってて!」と送っていれば、母は今も元気に過ごしていたかもしれない。「気をつけてな。」だけでなく、もっと別の言葉を [続きを読む]
  • 父の再手術〜そして退院日が決定。当面は年金と保険金だけが頼り
  • 父の退院は嬉しいけれど…2017年6月4日(日)に再手術をした父。退院は思っていたよりも早く、今週の水曜日になりそうだ。退院するのは嬉しいけれど、実家に戻った父が一人で生活出来るのか心配。週に3回の人工透析もあるし、硬膜下血腫でリハビリ中の母の見舞いにも行かなくてはならない。父が退院後にしなくてはならない事が結構多いんだよね。母の介護認定の付き添いもそうだし、母を預け入れる施設も探さないといけない。もち [続きを読む]
  • 労働収入が無く、入院が長引きそうな父!
  • 年金と保険金だけが頼り本当なら今月6月から働く予定だった父。今回の開胸手術の件もあり、年内に仕事を再開するのは難しそうだ。年齢も年齢だし、新聞配達の仕事は身体に負担が掛かって駄目かもしれない。各種入院保険に入っていたので当面の資金は大丈夫だけど、その先の見通しが立たない。再来月には母を預かってくれる施設も探さないといけないし、いろいろ大変だ…。認知症&要介護対応の施設は結構高いんだよね。月額12万円 [続きを読む]
  • 住宅ローンのお金がない! さて、どうしたものか…
  • 二日ぶりに父と電話入院中の父と連絡を取ることが出来た。会話の中で父から「来月5日に住宅ローンの引き落としがあるけど、口座にお金が入ってないかもしれない」と言われたんだけど、そんな重要な事をいきなり言われても困るんだよね…。父の別口座にはお金が入っているようなので資金移動をお願いされたけど、通帳もキャッシュカードも関西の実家だし、どうしようか悩み中。父は僕がいつでも自由に東京〜大阪間を移動出来るとで [続きを読む]
  • 緊急手術をした父といまだに連絡が取れず
  • まだ麻酔が効いてるのか、父と連絡が取れない状況父が一ヶ月ほど入院する事で、色んな問題が発生する。・ 実家で飼っているハムスターや金魚の世話・ リハビリ病院に入院している母の見舞いや衣類交換や洗濯・ 実家の公共料金やローンの支払い手続きもちろん、そこに父の見舞いも加わる。一ヶ月くらい、僕が猪名川町の実家に単身赴任しようかしら…。今後の事も考えると、猪名川町のマンションを売り払って両親共に東京で暮らして [続きを読む]
  • 実家にある母の私物 : 急性硬膜下血腫、手術後115日目の後遺症
  • 父から私物の処分を頼まれた父から電話があった。話を聞くと、実家にある母の私物を処分していって欲しいとの事。処分するのは簡単だけど、この先、母の症状がどう回復するかも分からないので、「あと3年はそのままにしておいた方がいい」と答えた。母の意識が正常に戻った時、自分の身の回りの物が全て処分されていたらショックだと思うしね。父の中ではもう「諦め」の気持ちなのかもしれないな。Copyright © 2017 介護問題 [続きを読む]