吉方べき さん プロフィール

  •  
吉方べきさん: たびのあとさき
ハンドル名吉方べき さん
ブログタイトルたびのあとさき
ブログURLhttp://tabisaki.hatenablog.com/
サイト紹介文日本のメディアでは分からない韓国社会の多様な姿や日韓関係の諸問題、時事ニュースなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 195日(平均0.5回/週) - 参加 2017/01/29 03:44

吉方べき さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 日本人が知らない釜山少女像(慰安婦像)の本当の位置
  •  在釜山日本国総領事館前に、韓国の市民団体が「平和の少女像(本来の名称とは異なるが、日本政府は慰安婦像との呼称を用いている)」を設置し、日韓間で外交摩擦となっている件は、現在も膠着状態が続いている。 そうした中、日本側での議論を見ていると、像の設置場所についての不正確な情報が目につく。 ただでさえ、位置関係や距離、像としての存在感は、現地に行ってみないとなかなか分からないもの。少女像設置に対する意 [続きを読む]
  • 日本人が知らない釜山少女像の本当の位置
  •  在釜山日本国総領事館前に、市民団体が「平和の少女像」を設置し、日韓間の外交摩擦となっている件は、現在も膠着状態が続いている。 そうした中、日本側での議論を見ていると、像の設置場所についての不正確な情報が目につく。 ただでさえ、位置関係や距離、像としての存在感は、現地に行ってみないとなかなか分からないもの。少女像設置に対する意見はどうあろうとも、像が実際どこにあるかくらいは、正しく把握して語る必要 [続きを読む]
  • 日本発・偽ニュースサイトに韓国は怒り狂ったか
  •  昨日触れた、「大韓民国民間報道」なる偽ニュースサイト、韓国ではどのように受け止められたのだろうか。 ニュース検索をかけてみた。結果、大手メディアで記事にしたのは中央日報電子版だけであることがわかった。一部の日本人が、行きすぎた嫌韓感情により、偽ニュース記事を連日作成している。から始まるこの短い記事は、事実関係を淡々と説明している印象だ。 同じ記事の、大手検索サイトの「ネイバー」への配信版を見ると [続きを読む]
  • 日本発・偽ニュースサイトに韓国は怒り狂ったか
  •  昨日触れた、「大韓民国民間報道」なる偽ニュースサイト、韓国ではどのように受け止められたのだろうか。 ニュース検索をかけてみた。結果、大手メディアで記事にしたのは中央日報電子版だけであることがわかった。一部の日本人が、行きすぎた嫌韓感情により、偽ニュース記事を連日作成している。から始まるこの短い記事は、事実関係を淡々と説明している印象だ。 同じ記事の、大手検索サイトの「ネイバー」への配信版を見ると [続きを読む]
  • 偽ニュースサイト「大韓民国民間報道」に考える、嫌韓の行き着く先
  • 「大韓民国民間報道」なるサイトの、ニュースを装ったデマが拡散し、問題化している。検証に乗りだしたネットメディアのBuzzfeed Japanが、その後、運営者本人のインタビュー記事を掲載し、悪質なデマサイトだったことはもちろん、どのような意図で作られたかも明らかになった。 私は、同じ運営者がこれ以前に作ったデマサイトを、知人のツイッターによる指摘で知り、その時からチェックしていた。韓国に住む人間からすれば、こん [続きを読む]
  • 偽ニュースサイト「大韓民国民間報道」に考える、嫌韓の行き着く先
  • 「大韓民国民間報道」なるサイトの、ニュースを装ったデマが拡散し、問題化している。検証に乗りだしたネットメディアのBuzzfeed Japanが、その後、運営者本人のインタビュー記事を掲載し、悪質なデマサイトだったことはもちろん、どのような意図で作られたかも明らかになった。 私は、同じ運営者がこれ以前に作ったデマサイトを、知人のツイッターによる指摘で知り、その時からチェックしていた。韓国に住む人間からすれば、こん [続きを読む]
  • 国家観・歴史観でも韓国憲法と相容れなかった朴槿恵大統領(2)
  • (1 )からの続きです父の名誉回復がライフワークだった娘朴大統領が、父の名誉を回復したいとの強い意志を抱き続けてきたことは、よく知られた事実です。ここに、その心情を克明に記録した映像があります。ネットメディア「ニュース・タパ」が、2012年9月に民族問題研究所の資料から発掘して報道した、1989年5月19日放送のMBCインタビューです。当時38歳の朴槿恵氏は育英財団の理事長を務める民間人でした。政界進出を果たす約 [続きを読む]
  • 国家観・歴史観でも韓国憲法と相容れなかった朴槿恵大統領(2)
  • (1 )からの続きです父の名誉回復がライフワークだった娘朴大統領が、父の名誉を回復したいとの強い意志を抱き続けてきたことは、よく知られた事実です。ここに、その心情を克明に記録した映像があります。ネットメディア「ニュース・タパ」が、2012年9月に民族問題研究所の資料から発掘して報道した、1989年5月19日放送のMBCインタビューです。当時38歳の朴槿恵氏は育英財団の理事長を務める民間人でした。政界進出を果たす約 [続きを読む]
  • 国家観・歴史観でも韓国憲法と相容れなかった朴槿恵大統領(1)
  • 「朴大統領は憲法違反を犯した」朴槿恵大統領に対する弾劾訴追案が先日(12月9日)、必要数の3分の2を優に超える賛成を得て、国会で可決されました。崔順実による国政介入疑惑については、日本のテレビなどでも詳細に報じられているようです。筆者ももちろん、特別検察の捜査で疑惑の全貌が明らかになることを期待している一人です。一方、スキャンダルを面白可笑しく取り上げて、この疑惑の本質を見落とさないようにしなければな [続きを読む]
  • 国家観・歴史観でも韓国憲法と相容れなかった朴槿恵大統領(1)
  • 「朴大統領は憲法違反を犯した」朴槿恵大統領に対する弾劾訴追案が先日(12月9日)、必要数の3分の2を優に超える賛成を得て、国会で可決されました。崔順実による国政介入疑惑については、日本のテレビなどでも詳細に報じられているようです。筆者ももちろん、特別検察の捜査で疑惑の全貌が明らかになることを期待している一人です。一方、スキャンダルを面白可笑しく取り上げて、この疑惑の本質を見落とさないようにしなければな [続きを読む]
  • 過去の記事 …