紅実子 さん プロフィール

  •  
紅実子さん: アラ還の人生立て直しプログラム
ハンドル名紅実子 さん
ブログタイトルアラ還の人生立て直しプログラム
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kumiko-kumiminn
サイト紹介文還暦を目前に、人生60年の棚卸をし、人生最後のステージを輝かせたい。そのための日々の奮闘記を綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 58日(平均8.6回/週) - 参加 2017/01/29 08:31

紅実子 さんのブログ記事

  • 魚座の最後の日に
  • 思えば、昨年も今年も、3月には激しくタフな出来事が、勃発しています。今年の3月は、お恥ずかしながら、公開夫婦げんかの末、31年に及ぶ長い長い嫁姑戦争、それに付随した夫婦のすれ違いも、ようやく解消することができました。これ、実は複数の占星術家が言っていたことでした。岡本翔子さんは、著書 『 新月&満月のリズムで夢をかなえる 』 の中で、「魚座は精神的に浄化されたい、魂の質を高めたいという衝動が起こり、精神 [続きを読む]
  • 仲直り記念
  • 昨日の話です。智辯学園VS盛岡大付の試合を見ているうちに、いつの間にか、寝落ちしていました。 盛岡が、連覇を目指していた智辯に勝ったんですね!頑張ったね、東北球児!!それにしても、最近岩手県は、菊池雄星・大谷翔平を輩出した花巻東より盛岡大付なのね!?ところで、大喧嘩して、仲直りして、初めての週末…。金曜の夕方、夫はいつも通り、やってきました。そして、まず深々と頭を下げて、謝罪!それでまた、いつも通り [続きを読む]
  • 人事異動
  • 3月は別れの季節子どもは卒業式、大人は人事異動1番目の職場にいた時、人事が多くの悲劇を生むのを、目の当たりにしてきました。人事権を持っている人たちは、本当に現場の実情を知らないと、憤慨し、絶望することも、少なくありませんでした。我が家でも、今週後半に長男の職場、夫の職場と続けて内示がありました。次男は、来週の火曜日を待つことになります。結果的に、二人とも希望通り、残留でした。長男は、この部署に異動 [続きを読む]
  • 戦い済んで・・・
  • とにかく疲れました。疲労困憊です。昨夜は、夕飯後倒れるように寝てしまいました。途中で何とか起き上り、下書きしてあったブログ記事を更新して、また朝まで眠りこけました。争いは、できれば避けた方が良いに決まっています。だけど、31年間悩み続けてきた最大級の問題に決着がついたのは、大きな収穫でした。元々このブログを始めたきっかけに、かなったものとなりました。「還暦を目前に、人生60年の棚卸をし、人生最後の [続きを読む]
  • めがね
  • 「2月の家計簿より(衣服費)」 で、昨年2月に、夫とめがねを作ったことを記しました。夫のめがねのフレームが壊れてしまったのがきっかけでした。私も、視力が低下して度数が変わったように感じていたので、便乗したのでした。それまで2人ともメガネスーパーのものを愛用し、気に入ってたのですが、昨年は、さらに価格帯の安い眼鏡市場に行ってみたのです。完成しためがねをかけてみた時、強いゆがみを感じました。でもまあ、 [続きを読む]
  • 犬も喰わない事の顛末 後編
  • 今回、すべてのピースがつながりました。私たちの苦難は、すべて夫の母が仕組んだことでした。全て納得でき、腑に落ちました。ラスボスは、義母だったのです。「もっとお義母さんを大切にしなさいよ!」 近所の人から、いきなり怒られたことがあります。「おい、態度でかいぞ!」結婚後初めて行った義母の実家では、夫の従兄から、 思い当ることは何もしていないのに、これも唐突に言われました。これらは、義母が私のことを悪く触 [続きを読む]
  • 犬も喰わない事の顛末 前篇
  • 31年目にして、ようやく長い長い戦いに、終止符を打つことができそうです。東京から帰ると、夫が駅に迎えに来てくれていました。でもその夜、やはり激しいバトルになりました。そして翌日も…。話し合いは決裂したまま、夫は両親の住む家に帰っていきました。実は夫は仕事の都合で、平素は両親と、もとの家で暮らしているのです。私や長男とは、週末や休暇・出張の行き帰りなどに、ともに過ごしています。3年前に、やはり今回のよ [続きを読む]
  • 春彼岸
  • 実家の菩提寺では、春彼岸に、檀家全体の節目の法要を、合同で執り行ってくれます。宗派は、道元禅師を開祖とする 曹洞宗(そうとうしゅう) です。父の7回忌と祖母の27回忌にあたっていましたので、行ってきました。まず、本堂にお参りします。次に、開山堂と言って、檀家各家の位牌が安置してあるところに行き、(本堂の後方に、一部が見えています。)実家が割り当てられている仏壇の位牌に、お水と持参したものをお供えし、 [続きを読む]
  • ジャンボ宝くじ
  • 夫は、「高額当選したら、仕事を辞める」 という希望を託して、ここ数年、ずっとジャンボ宝くじを買い続けています。だけど、今まで大きく当たったことはなく、常に末等だけです。実は私、40代の頃、最高で1万円1回、3,000円1回、1,000円2回ほど当たったことがありました. ところが、最近はさっぱりです。17日(金)に締め切られた 『 グリーンジャンボ 』 も買ってあります。宝くじは、抽選日までの間、あれこれ妄想するのが [続きを読む]
  • 東京往復の車窓
  • 東京往復の公共交通の手段は、4つの方法があります。JR × 2路線、夜行バス、飛行機非常にざっくりですが、料金は、夜行バス×2倍=JR JR×2倍=飛行機所要時間は、料金に反比例し、飛行機×2倍=JR JR×2倍=夜行バス私はこの中で、ほとんど海岸線の JR を利用します。まず、羽越線の特急に乗り、新潟駅で上越新幹線に乗り替えます。ホーム間の移動距離の長いのがデメリットではありますが、その分を差し引いても、この車 [続きを読む]
  • 丸の内タニタ食堂へ 後編
  • タニタ食堂の一角に、計測室があります。月〜金の間にランチを取ると、無料で、精密な体内組成計での計測、管理栄養士による指導を受けることができます。予約は必要ありません。(TANITA Body Composition Analyzer MC-980A) 280万円の精密機械です。今回タニタ食堂に来た、本当の目的はこれでした。体脂肪、内臓脂肪が、どんな状態かを知りたかったのです。土曜日は実施していなかったので、改めて13日(月)に行ってきました [続きを読む]
  • 丸の内タニタ食堂へ 前編
  • 今回の東京行きは、巡回家事サービスというよりは、私の健康に関する学習が、主な目的でした。一番には、新しい栄養学と健康食品、及びその商品のビジネスについて学びたかったのですが、 それが元で、先週、夫と思わぬ大喧嘩に発展してしまい、気持ちの整理がつかずに、キャンセルしてしまいました。もう一つの目的も、付随する形でキャンセルしました。結局一つだけかなった、丸の内タニタ食堂の、主にランチについてレポートし [続きを読む]
  • 真珠婚式+1
  • 3月15日(水) 今日は、結婚31年目の Anniversary結婚15周年までは、毎年○○婚式という名称があり、何故かそれ以降は5年ごと…。30周年が真珠婚式、35周年が珊瑚婚式ところで、真珠って、涙の象徴なんですよね。本当にこれまで、どれほどの涙を流したことでしょう。「よくここまでもったなあ…。」 これが正直な感慨です。長男は、結婚はしないと宣言しています。だから交際相手も求めようとしません。それは私たち [続きを読む]
  • 共感! 『ちょっと今から仕事やめてくる』 北川恵海 著 
  • 今回東京に来た目的の合間に、娘の部屋にあったこの本を、読みました。この本については、ブログ 『 presento location 』 の TOM さんも、「 読んでみた ? 」 で紹介なさっています。その記事を読んだ時から、私もいつかこの本を読んでみたいと、思っていたのです。   主人公は男性ですが、その状況設定が、「新卒で、就職した先がブラック企業で、半年後に退職」娘とほぼ一緒でした。娘は辛さのピークにあったとき、この主人 [続きを読む]
  • 身の丈を知る 後編
  • 良い嫁、良い娘を卒業しました。良い妻とはどのような人を指すのかわからないので、ノーコメントです。(笑)良い母は卒業せずに、これからも目指していきたいと思います。ブログの記事上で何度も言っているように、私の身長は152?(笑)人間的な器も決して大きいとは言えません。金子みすずの詩に、ちょうど言い得ているものがあります。こころおかあさまは おとなで大きいけれど、おかあさまの おこころはちいさい。だって、 [続きを読む]
  • 身の丈を知る 前編
  • マキシマリストを卒業しました。これまで、持ち過ぎていたものを手放し、人生が好転したことを、「 マキシマリストからミニマリストもどきへ ①〜④ 」 「 新たなステージのために 」 などでお話してきました。若い頃に中途半端にしてしまった、あれやこれや…。子育てを終え、退職すれば、きっとまた再開できると思っていました。でも、それは幻想にすぎなかったのです。気力・体力は落ちてくるし、目や手先もおぼつかなくなって [続きを読む]
  • 2月の家計簿より(衣服費)
  • 2月の衣服費を、昨年との比較、1月との比較で考察してみます。衣服費2016年2月 57,299円 / 2017年2月 7,855円  前年比 49,444円(86.3%)の減2017年1月 10,715円 / 2017年2月 7,855円  前月比  2,860円(26.7%)の減2016年には、夫めがね21,100円 私めがね21,100円 計42,200円が含まれます。その分を差し引いて、改めて比較してみます。 2016年2月 15,099円 / 2017年2月 7,855円  前年比 7,244円(48.0 [続きを読む]
  • 2月の家計簿より(保健衛生費) 妻の美容費は無駄遣い!?
  • 2月の保健衛生費を、昨年との比較、1月との比較で考察してみます。保健衛生費合計2016年2月 34,050円 / 2017年2月 40,226円  前年比 6,176円(15.4%)の増2017年1月 49,088円 / 2017年2月 40,226円  前月比 8,862円(18.1%)の減内訳医療費 2016年2月 6,370円 / 2017年2月 20,680円  前年比 14,310円(69.2%)の増2017年1月 26,990円 / 2017年2月 20,680円  前月比  6,310円(23.4%)の減2016年 [続きを読む]
  • 2月の家計簿より(食費) 嗜好品費の5%減は達成!?
  • 2月分の食費を、昨年との比較、1月との比較をして、考察してみます。果たして、先月宣言した嗜好品費の5%減少は、達成できたでしょうか!?食費合計2016年2月 107,241円 / 2017年2月 70,535円  前年比 36,706円(34.2%)の減2017年1月  61,106円 / 2017年2月 70,535円  前月比  9,429円(13.4%)の増 今年も昨年も、1月より2月が短いのに、1月より2月の方が食費が高くついています。(しかも昨年の2月は、1ケ [続きを読む]
  • 確定申告
  • 3月8日(水)、確定申告に行ってきました。夫は基本勤め人なので、勤務先で年末調整の事務手続きは済んでいるのですが、夫には、わずかな不動産所得があるのです。夫の父が高齢化に伴い稲作ができなくなって以来、近所の人に農地を委託し、耕作してもらうという契約を結んでいます。その賃借料が不動産所得に分類されるのです。土地の名義は義父のままなのですが、義父が年金生活に入り、各種支払いが困難になった時、その支払い [続きを読む]
  • 12年かかって完成!?
  • 12年前、1つ目の職場を退職した時に、その時は、迷わず (1年限定で) パッチワーク教室に通いました。最初に作ったのが、タペストリー (50?×50?)次がポーチ (18?×12?:半月形)次がクッション (40?×40?)これらは、昨年迷った末に、手放してしまいました。今手元に残っているのは、4つ目に作った、これだけです。(持ち手の部分を除いて、35?×30?)そして、5つ目の、作りかけのものがあ [続きを読む]
  • 啓蟄(けいちつ)の頃
  • 二十四節気の一つ、啓蟄冬眠していた虫が、春の気配を感じ、土から出てくる頃今年は、3月5日のようですが、調べてみると、「太陽暦の3月5日または6日から始まり、春分(3月20日あるいは21日)までの15日間であるが、現行歴では、その初日を言う。」とありました。3月6日は、次男の誕生日です。次男は、3人の中で1番安産でした。23時頃陣痛が始まり、翌3:16に、誕生しています。そしてよく眠る子でした。長男 [続きを読む]
  • 新たなステージのために
  • いろいろなことが一段落して、いよいよ 「さあ、やりたいことをやるぞ〜!」 となった時、自分でも意外だったんですけど、何をやったらいいのか、わからなかったんです。若い頃に、時間ができたらやろうと思っていたあれやこれやが山ほどあり、素材には事欠かないというのに…。「生きているうちにどうしてもこれだけはやっておきたい!」という熱い思いも湧いてこなかったんです。ここまで来るのに大変すぎて、疲れ果ててしまって [続きを読む]
  • 好きなものは先に食べる派?最後まで残す派?
  • 分かりやすい例えで、お寿司を食べる時、あなたは好きなネタを最初に食べる派でしょうか、それとも最後までとっておく派でしょうか?私は、以前はとっておく派でした。最後の最後で、喜びをクライマックスにして食べ終える!(笑)けれども、いつのことだったかは覚えていませんが、こんな考え方を知りました。「まず、1番好きなものを食べる。次に、残っているものの中で1番好きなものを食べる。これを繰り返していけば、最初か [続きを読む]
  • 身の丈を知る
  • ブログの記事上で何度も言っているように、私の身長は152?(笑)人間的な器も決して大きいとは言えません。金子みすずの詩に、ちょうど言い得ているものがあります。こころおかあさまは おとなで大きいけれど、おかあさまの おこころはちいさい。だって、おかあさまはいいました、ちいさいわたしでいっぱいだって。わたしは子どもで ちいさいけれど、ちいさいわたしの こころは大きい。だって、大きいおかあさまで、まだいっぱ [続きを読む]