キバショー さん プロフィール

  •  
キバショーさん: キバスタ
ハンドル名キバショー さん
ブログタイトルキバスタ
ブログURLhttp://www.kibashowstyle.com
サイト紹介文投資や経済の話題を提供。読書日記なども公開予定。
自由文1970年生まれ。大学卒業後、金融機関に就職。その後、米国大学院留学を経て、30代前半でビジネス界から引退。以後、投資を中心に生活。今まで、言いたいことを言い、やりたいことをやり、わがままに生きてきた中で考えたことや感じたことを発信していきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 58日(平均8.9回/週) - 参加 2017/01/30 11:25

キバショー さんのブログ記事

  • 彼女とドライブに行った時のこと:不思議な体験
  • もう十数年前になるだろうか。当時付き合っていた女性が結構運転好きでして。これは、私だけの感覚なのかもしれないけれど。女性って、割と運転好きな人が多い、というか、運転がウマイ人が多いなあ、という感想を私は持っている。ちょうど、私の愛車が事故で入院していた頃なので、彼女が運転する車の助手席に乗って旅行に行っていた時の話。いつものように、彼女が運転する車の助手席に乗っていた。しかし、この軽自動車の乗り [続きを読む]
  • 私が3年で会社を辞めた理由:スタープレイヤーを育てない日本の金融機関
  • 二十数年前に、金融機関に就職した私は、3年後に辞めた。辞めた理由はいろいろあった。そもそも、入社式で「この会社はおかしい」と思ったこと。関連記事:入社式で「この会社はおかしい」と思った私は3年後に転職した。その入社式の話 - キバスタまた、新入職員の時、お世話になった先輩が人事部に異動になった途端、人が変わったように豹変した。そして、私は、大切な先輩を失った。もっとも、先輩は、私などよりもはるかに大き [続きを読む]
  • 秘書室に行くのが楽しみだったあの頃:社内美術鑑賞の思い出
  • これは、二十数年前、私が大手金融機関で働いていたころの話だから、今は状況が変わっているかもしれない。当時、私は、秘書室に行くのが何よりも楽しみだった。このように書くと、「秘書室に、とびきりの美人でもいたのか?」などと、早合点する人もいるかもしれないが。今日の話は、そんな色気のある話ではない。申し訳ない。絵の話ですよ。絵。エレベーターを降りて、秘書室に行くまでに、数点の油絵とブロンズ彫刻があったん [続きを読む]
  • 人事部がエリートコースなんて会社は、もう終わってると思う
  • 前回は、大手金融機関に就職した私が、人事部のせいで大切な人間関係を失ったことをご紹介した。関連記事:人事部のせいで人間関係が崩壊:お世話になった先輩との決別 - キバスタ上記の記事は、今から二十数年前の話だけれど、今でもまだ、人事部がエリートコースだなんて時代錯誤の会社があるのではないかと思う。例えば、金融機関や、重厚長大産業の一部なんかは、いまだに人事部といえば、社内でも誰もがうらやむエリートコ [続きを読む]
  • 人事部のせいで人間関係が崩壊:お世話になった先輩との決別
  • 私の場合、30歳代そこそこで引退してしまったため、サラリーマン生活は10年ほどだ。そんな短いサラリーマン生活だったが、それでも、今振り返ってみると、いろいろなことがあった。まず、入社式で「この会社は、オカシイ」と思った、その体験談は、以前ご紹介した。関連記事:入社式で「この会社はおかしい」と思った私は3年後に転職した。その入社式の話 - キバスタこんなおかしな会社に入社してしまったのも、もとはと言えば、 [続きを読む]
  • 屋内禁煙に反対する自民党「たばこ議員連盟」をブッツブせ!!
  • 喫煙者は閲覧禁止喫煙者は、以下の記事を見るなよ。喫煙者をかな〜りディスってるから。イラっときて、マウスを壊しても、俺は知らねえよ。2020年の東京オリンピックに向けて、やっと、屋内禁煙が進むかと思っていたのだが。自民党のクソ集団「たばこ議員連盟」が、最後の最後に、やってくれました。このクソ集団は、「飲食店は、そのオーナーの判断で禁煙・分煙・喫煙から自由に選ぶことができるが、喫煙の有無については表示を [続きを読む]
  • まだ不動産投資なんてやってるの? 株式投資がおすすめだよ
  • 不動産投資なんて、デメリットばかりだからおすすめしないよ。デメリットばかりなのに、不動産投資の利回りは恐ろしく低い。せいぜい、数パーセントでしょ。不動産投資にかかる手間、リスクなどデメリットを考えたら、数パーセントの利回りなんて、バカらしくてやってられないと、私などは思うんだが。そもそも、なんで、不動産に投資しようと思うんだろ?私のように、株式投資を二十数年続けている人間にとっては、絶対に不動産投 [続きを読む]