bishkek さん プロフィール

  •  
bishkekさん: パパはバレエダンサー
ハンドル名bishkek さん
ブログタイトルパパはバレエダンサー
ブログURLhttp://ameblo.jp/bishkek/
サイト紹介文ロシア人バレエダンサーの嫁になって辺境の地での海外生活。国際結婚と子育てと、てんこ盛りの日常ブログ。
自由文バレエ大好きが高じてバレエダンサーと結婚。しかもロシア人。しかも住んでるところがキルギスタン。4コマ漫画で気軽に読める日常をアップしています。中国での出稼ぎサーカス体験記を連載中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 145日(平均8.5回/週) - 参加 2017/01/29 22:15

bishkek さんのブログ記事

  • iPadProとWACOMの液タブどっちがいいか迷いたい…
  • Appleがものすごい好き、というわけではないですが、iPadproは専用ペンがあれば直にイラストが描ける、と以前ブログでお見かけしたブロガーさんが使って描いてらっしゃるのを知って興味がありました。 しかし、ここは異国の地。 アップル製品も偽物?が多く、今までロシア人が手にしたアイフォンも普通に作動するものは皆無でした(笑) それではペンタブはどうかというと「ペンタブって何?」という答えが返ってきてしまうほど [続きを読む]
  • 謎の日本語を話すハーフに親近感を覚える、昔だったらイラっとしてた
  • 「疲れたー」は文字にすると普通ですが、なぜか長女は外国人なまりで日本語をしゃべるので、「来日1年目」みたいな感覚で聞いてしまいます。 いちいち直さなきゃいけないのかもしれませんが、ロシア語も英語も混ざっちゃって手が付けられません。 「んで!」というのは「抱っこして」という意味なのですが、もはやどっからきた言葉なのかも不明です。 最終的に「泣いたった〜」といわれるので「そうかそうか」と冷たくあしらうの [続きを読む]
  • バレエダンサーが公務員でよかった
  • 幼稚園では8時半から朝ごはんが始まるので、起き抜けで行っても問題ありません。 食事はスープとパンなど簡単なものだと思いますが、おやつもでるし、ありがたいです。 持ち物も最初に着替えと上履きを持っていったら後はなんにもいりません。 そもそも制服という概念がないのかもです。 費用は最初はなかなか教えてもらえず、私が外国人なので月3万円と吹っ掛けられましたが、公立でそんな値段ありえないので(私立はそんなもん [続きを読む]
  • こんな幼稚園なら私も通いたい
  • 長女は3歳7か月。 やっと待ちに待った幼稚園に入園しました! 中途半端な時期に思えるかもしれませんが、年長さんが5月いっぱいで卒園するためこの時期に新しい園児が入るというわけです。 日本と同じように、幼稚園に入るのは結構大変らしく、長女も2年近くまえに申請を出してようやく入れました。 バレエダンサーは公務員なので、政府のオーダーで多少優位らしいですが、それでも色々探してやっとここに入れたという感じです。 [続きを読む]
  • 子猫はかわいいけれど、それだけで母にはできないのよ
  • 日本にいた時も何匹か猫を飼ったことがあり、避妊手術も去勢手術もやってきましたが、このキルギス式はちょっとドン引き(笑) 当日帰れるとは聞いていたけど、仮死状態で帰ってくるとは驚きを隠せませんよ。 伸びたエルザは半目だし、余り布で作ったと思われる手術着?入院着?を着たまま半分はみ出してキャリーに入れて帰りました。 しかもバス。 シュール! この言葉がしっくりきましたね。 しかも周りの人たち完全スルー。 [続きを読む]
  • おバカな猫ほどかわいいものはない
  • 私の中の猫のイメージは人に媚びず、人に従わず、という感じだったのですが、エルザはことごとくそれを裏切ってくれて、子供が大好きで子供を叱る私のことを攻撃してくるほどです。 子供が泣く声で駆けつけて大人を落ち着かせようと周りをぐるぐる回ったり膝に乗ってこようともします。 子供のお風呂タイムの監視をしたりも。 名前を呼べば「ゴロニャーン!」と漫画みたいな鳴き声で走ってきます。 ドジなのか何なのか、ずっこけ [続きを読む]
  • 子猫がうちにやってきた!そしたら毛のない彼女が大激怒。
  • 子猫ってかわいいですよね〜 でもほんの数カ月の絶賛かわいい期を過ぎるとふてぶてしくなりますね。 エルサがうちに迷い込んできた時にはすでに生後3か月以上ではあったと思うのですが、それでもやっぱり成猫にはないかわいさがありました。 そんな彼女に骨抜きにされた私たちですが、その情景を見つめる光る眼が… それが義母が飼っていたスフィンクスのサンドラです。 あの毛のない。 義母 [続きを読む]
  • 新居の扉を1番最初に入るのが〇〇だと家主に幸運が訪れます
  • まぁ一番最初ではなかったので追い出してもよかったのかもしれませんが、ロシア人は猫が好きというのは本当です。 数年前に、住宅ローンを組むキャンペーンとして新居に猫を貸し出すというサービスがあったくらいです。 そう、2年前の春でしょうか。 朝、アパートの1階部分からものすごい猫のケンカする鳴き声が聞こえて心配していたのですが、うちのロシア人出勤のためドアを開けると1匹の子猫が飛び込んで [続きを読む]
  • おうちでパ・ド・ドゥしませんか?
  • 酔っぱらって普段はやらないことをやってしまうということはあると思いますが、うちのロシア人の場合はコレです。 普段なら絶対見ないバレエ動画を見ているうちに「お前立て!ポワント持ってこい!」となります。 私はこちらでポワントなんて使わないので、1足だけ持ってきた貴重な「カペジオ コンテンポラ」をこんなことに使いたくないのですが、せっかくなので…と思っていつも後悔します。 床はツルツル [続きを読む]
  • 自然に従い、そして自然に逆らうのが人間ってものだね
  • 冬の間は野菜がバカ高いので、サラダなどは一切食べないです。(あ、唯一ニンジンサラダは作れます) その代わり、夏真っ盛りはたたき売り状態なので、みんなでこぞって冬ごもり用の保存食作りが始まります。 トマトは1?20ソムという衝撃価格。 1ソムは1.5円から2円の間です。 1個ではありません、?です。 底値を狙って大量買いするので、一日がかりでピクルスやらソースやらを作ります。 [続きを読む]
  • 私がおいしいと思うものがみんなにおいしいとは限らない
  • 私の大好きな・・・というか唯一知っているおいしい焼き肉のお店が武蔵小杉の焼き肉「どうげん」というお店なのですが、若かりし頃、ここのタン塩がおいしくて衝撃を受けた記憶があります。 そのころタン塩って言ったらぺらっぺらで味気ないものでしたので… 食にあまりこだわりがなく、おいしいかおいしくないかもよく分からないまま成長しましたが、ここの焼き肉は美味しかった。…今でもあります、やってます [続きを読む]
  • おじさんのグランバットマン(アラセゴン)に敗北宣言
  • まぁ私もおばさんですが… 以前お話しした「グランバットマン」の件です。 イラスト、私のビジュアルはほぼウソですが、ロシア人ったら本当にこんなグランバットマンしやがってしてみせてくれました。 本当にお尻の抜けが一切ない。 横って言ったら横なのでした。 これはアンディオールのなせる業でしょうね・・・そして同時に足の裏が正面に向くわけです。 キーーーーーくやしい!! [続きを読む]
  • ロシア人は家庭菜園が大好き
  • ロシア人の夏の楽しみというか、使命がダーチャでの家庭菜園。 トマトやキュウリはもちろん、リンゴ、ラズベリー、カシスやクルミなど本当に色々なものが収穫できます。 ダーチャは別荘といういい方もできますが、私たちのダーチャは別荘というには質素すぎる手作りの掘っ立て小屋です。 それでも、ビシュケク内のダーチャ専用の区画にあるので、夏の間はたくさんの人が余暇を楽しみにやってきます。 6 [続きを読む]
  • もう夏休み。みんな何してるんだろう…
  • 先日、今年度のバレエシーズンが終了し、全ての公演を終えました。 今月からはクラスレッスンのみの1時間だけ仕事に行けばいいロシア人です。 日本では3月に年度末を迎え、4月に新年度になりますが、こちらでは5月末に学校などは終業式を迎え、夏休み、新学期は9月から始まります。 一般企業はそんなに休むことはありませんが、バレエ団は特殊な職種なので、この通り、5月末で終わったら9月まで仕事がありま [続きを読む]
  • たまには私史上最高のタンジュでアイロンがけの修行
  • みなさんこんにちは。 今日もレッスン張り切っていきましょう。 これを読んで、そんなの当たり前じゃない!いつもやってる!全然違うじゃない!と思う人はそのままレッスン続けてください。 初心者バレエ、ちょっと上達したい人向けのレッスンです。 バレエは積み重ね、と私はよく言っておりますが、難しいことにもチャレンジしたいし、いつものレッスンでは個人個人のレベルに合わせることは不可能なので、 [続きを読む]
  • 胃腸炎からの乳糖不耐症と断乳
  • 便秘も胃腸炎も下痢も放っておいたら軽く6カ月以上経ってしまいました。 ただ、最後の方は次女も食欲までなくなってしまい、みるみるやせ細っていきました。 その前にも病院で検査をしてもらったのですが、ウイルスなども検出されず原因不明に。 ネットでいろいろ調べたら、胃腸炎から乳糖不耐症というものになることが分かりました。 ミルクアレルギーとも混ざってしまいそうですが、乳製品の中 [続きを読む]
  • 赤ちゃんに急性胃腸炎がうつってしまった
  • キルギスに来てから衛生的でないのか胃腸炎になることが多くなりました。 ただ年取っただけかもしれませんが。 しかし、いつもきまって私だけがなるのです。 私の体調が回復したころ、次女の便秘が解消。 快調、快調と思っていたら、あらなんかおかしい・・・ 1日1回どころか3回、5回、10回??とものすごい回数をするのですが、本人シレっと痛がるそぶりも見せなかったので、スルーしていました [続きを読む]
  • 赤ちゃんの便秘解消はやっぱコレだね
  • おかげさまで、この「焼き芋大作戦」により離乳食を始めてから10日に1回だったのが、数日に1回になり、焼き芋を食べた翌日には必ず出るようになりました。 ただ、やっぱり「羊のう〇こ」状態は変わらず、本人も出しにくそうにすることが多かったです。 焼き芋は、実家近所のスーパーで毎日のように売られているのを母がせっせと買いに行ってくれました。 ミルクで伸ばしたり、おかゆに混ぜたりしてたくさん [続きを読む]
  • 赤ちゃんが便秘で困ったな
  • 次女はきっかり生後2カ月目からものすごい便秘になってしまいました。 その頻度は10日に1回。 ミルクしか飲んでないというのに、これは一体どういうことか?? でも本人はいたって機嫌よく、お腹を痛がるそぶりも見せないので「それが彼女のペースならそれでいい」という小児科医の言葉を信じて、特に薬を飲ませることもしませんでした。 こちらでは、ママが便秘だと母乳を飲む乳児も便秘になると言わ [続きを読む]
  • 今からお前を○○しちゃうぞ
  • 「ヤー テビャ セイチャース」というロシア語ですが、口語的には「ヤー ティベ チャース」となって、この意味は「今からお前を・・・」となります。 悪いことをしている子供に向かって「そんなことをしていると今からどうなるか分かってるだろうね・・・」つまり、怒るとか怒鳴るとか、そういう感じです。 うちのロシア人が毎日のように子供に向かって発した結果、このフレーズを一番最初に覚えてしまいまし [続きを読む]