Deep寿 さん プロフィール

  •  
Deep寿さん: 今夜もほろ酔い 時々音楽
ハンドル名Deep寿 さん
ブログタイトル今夜もほろ酔い 時々音楽
ブログURLhttp://deep4kotobuki.blog.fc2.com/
サイト紹介文作編曲家Deep寿の「だからどうした」的なグダグダ話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 227日(平均0.5回/週) - 参加 2017/01/29 22:21

Deep寿 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • いい仕事して美味い酒を飲むこと
  • 最近、ちょっと反省していることがある。僕は1日の多くの時間、コンピュータを使用して仕事をしている。なので、コンピュータに強いと思いこんでいた。メモリーやHDD、SSDの増設や、インターフェースのセッティングなどのハード面も、多少は解っているつもりだ。使用する主なソフトは、ProToolsHDか、Sibeliusか、ときどきsoundBladeSEだ。書類を作るのに、Pagesか、Wordくらいは使う。しかし、音楽制作以外の効率化については何 [続きを読む]
  • 演歌に使われる意外な楽器(その2)
  • 打ち込みにつきもののプレイバック。1曲仕上げるのに、何度プレイバックして聴き直すことか。真剣に集中してプレイバックを聴くと、細かいところが気になり過ぎて、全体の印象とか感情の抑揚とか見えなくなることもある。俗にいう「木を見て森を見ず」というやつだ。ということで、運動不足の解消を兼ねて、最近はストレッチしながらプレイバックしている。頭の位置が変わるので、音の定位とか音量のバランスとかあまり気にならな [続きを読む]
  • 演歌に使われる意外な楽器(その1)
  • 何度も書いて恐縮だが、真夏の夜に飲む沖縄の酒は最高だ。梅雨があったかどうかよくわからない梅雨であったが、とりあえず公式の梅雨明けということだ。眠れぬ熱帯夜には、暑さが感じられなくなるまで深酒して眠りにつくのが、自分的に正しい夏の夜の過ごし方だ。今のお気に入りは「古酒琉球クラシック(新里酒造)」だ。新里酒造はなんでも、沖縄最古の蔵元とのこと。それだけで、なんかありがたい気持ちになるのは単純すぎるかも [続きを読む]
  • 抗生物質起因性急性出血性大腸炎(長い!)に罹った。
  • 抗生物質起因性急性出血性大腸炎、または偽膜性大腸炎というらしいが、そんなご大層な病気に、今月の上旬頃に罹ってしまった。名前こそ立派だが、生死に関わることは滅多にない病気とのことだ。しかし、のたうち回る程の強烈な腹痛と、いつ果てることのないトイレ通いと、腸管出血が3日続き、見事に3kg痩せていいダイエットになった・・・そんな訳ないが、せめてそう思うとしよう。痩せた以外、ただただ苦しいだけの病気だったが [続きを読む]
  • イリアン・パイプスの陥穽
  • 毎年書いているような気がするが、暑くなってくると何故か、沖縄の酒が美味い。昼間の気温を25度越えると「夏日」と言うらしいが、そんな日が続くようになってきた。そんな訳で、最近の晩酌は「琉球泡盛 残波ブラック」。それと、奄美の黒糖焼酎も美味い。サトウキビで作る焼酎だが、Wikiの引用で恐縮だが、「酒税法に関連した国税庁の通達によって、含糖物質(砂糖、蜂蜜、メープルシロップなど)を使って「焼酎」が作れるのは熊 [続きを読む]
  • 演歌歌謡曲業界の界隈がザワついている。
  • なぜ、演歌歌謡曲業界の界隈がザワついているかというと・・・今年、日本作曲家協会と日本作詩家協会の共催で行われる「ソングコンテストグランプリ・2017」において、グランプリ曲が「鳥羽一郎」さんの新曲として日本クラウンより発売されることが決定しているからだ。演歌歌謡曲業界において、作詩と作曲が分業化されている関係で、作詩部門の募集で2編の最優秀詩を選び、それを課題詩にして作曲部門の募集を行い、最終的に2曲 [続きを読む]
  • 「過圧縮ポップ」と「圧縮歌謡曲」
  • 僕は、Kindle Paperwhiteというタブレット端末を持っているが、これは電子書籍を読むことに特化している。読書好きな僕としては、本の保管場所を考えなくて良くなり、若干は安く書籍が購入できるので非常に重宝している。今の季節は、晩酌の焼酎お湯割りをチビチビやりながら、Kindleでの読書が格別だ。それはさておき。自分で言うのも何だが、僕のアレンジの特徴は展開が多いことだと思う。1曲の中にいろいろな要素を入れて混ぜ [続きを読む]
  • 電気の質って大切かも。
  • 今回の記事は少々マニアックなので、ご覚悟のほどを。家のコンセントの電圧を毎日計る人はあまりいないと思うが、僕はほぼ毎日計っている。以前、仕事で使うアナログ系の録音機材のヒューズが飛んだことがあり、その時給電されている電圧が本来100Vのところ107Vだったことがあるからだ。早速、東電に連絡をとったところ、サービスの方が電力メータのところで計ったところ、電圧が214Vとのことだった。ほとんどの住宅では、メータか [続きを読む]
  • チャーハン恐るべし
  • 我が家は子供のいない共働き世帯だが、女房は通勤で僕は自宅スタジオでの仕事だ。夕食は女房の手料理が多いが、朝食と昼食は自炊することが多い。炭水化物を控えるために、ここのところ我が家ではご飯を炊くことは滅多にない。しかし、仕事で頭の燃料が切れると効率が悪いので、昼食は発芽玄米のパックご飯を食べたりしている。一応の栄養のバランスを考えて、野菜や、キノコや発酵食品などの菌類を多く摂るようにしている。が、正 [続きを読む]
  • ラテン音楽は体験型エンタテイメントだろうか?
  • 昨日は久しぶりに休肝日にした。休肝明けの今晩は何飲もうかと、今からちょっとワクワクしている。ウイスキーのロックもいいけど、赤ワインもいいなぁ・・・なんて、ああでもない、こうでもないと。ラテン音楽といえば、南米の陽気な音楽を思い浮かべる人も多いだろう。それは間違いではないが、アフリカからの奴隷貿易の中継点だったキューバから、北中米南米各地に奴隷と共に広まった、アフリカの主にバントゥー系民族の伝統音楽 [続きを読む]
  • 今更ながら「モノからコトへ」
  • ワインとか泡盛とかスコッチとか色々書いてきたが、最近は冷え込みが厳しせいか、歳のせいか、焼酎のお湯割りばかり飲んでいる。最近のお気に入りは「問わず語らず名も無き焼酎」。どんな料理にも合う、シンプルな味わいが気に入っている。ところで、時代は「モノからコトへ」と価値観が変わってきているそうだ。ざっくりと言えば、ブランド志向のモノを消費するライフスタイルから、体験する事の重きをおくライフスタイルに、現役 [続きを読む]
  • ノンアルコールビールをチェイサーに。
  • ノンアルコールビールのネタを引っ張ってしまって恐縮だが・・・今まで散々ワインのことを書いていながら、最近はシングルモルトのウイスキーに凝っている。本当はロックで飲みたいところだが、ついつい飲み過ぎるので、水割りやハイボールにして飲んでいた。ロックに水のチェイサーで飲めばいいのだが、水を飲むのに飽きてしまってロックの方を飲み過ぎるパターンが多かった。ふと気がついたのだが、チェイサーは別に水じゃなくて [続きを読む]
  • 豆腐ダイエット
  • ここのところ、1日の歩数が600歩程度の日が続いている。死ぬ程忙しい訳ではないが、そこそこ忙しい。僕の仕事は、忙しいと家に引きこもり状況になってしまう。それはそれで、ありがたいことなのだが、問題は運動不足になることだ。僕らの業界では、忙しくなって糖尿病を患う人が多い。運動不足で、制限無く飲んだり食べたら、確かに糖尿病リスクが高くなると思う。前回の記事にも書いたが、ビールなどを調子にのって飲むと大変なこ [続きを読む]
  • ノンアルコールビール導入(その2)
  • 前回に続き、ノンアルコールビールについてもう少し深堀りしてみる。予告通りに、キリンフリーを試してみた。最初の1本が美味いのと、飲み続けて飽きのこないはイコールではないので、ケース(24本)で買ってみた。もちろん、前回のサントリーオールフリーはケースで飲み切った訳だが、物足りないなりに飽きのこない味で、悪くないと思った。さて、そのキリンフリーだが、それをバージョンアップしたらしいパーフェクトフリーとい [続きを読む]
  • 過去の記事 …