みもざ さん プロフィール

  •  
みもざさん: ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供たちとの生活〜
ハンドル名みもざ さん
ブログタイトルハナヒラのあたまの中〜少数派の子供たちとの生活〜
ブログURLhttp://www.hanahira.net/
サイト紹介文重症心身障害児と発達障害児のこども達。ママは知識と知恵と度胸がどんどんついてくるこの頃です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 150日(平均3.9回/週) - 参加 2017/01/29 23:44

みもざ さんのブログ記事

  • 読みたいけれど読めてない。チェックしても忘れてしまう。
  • こんにちは。只今、梅雨バテ。暑いですね。先日、久々に本屋さんに入りました。なんだか気分が落ち気味で引きこもりがちだったのがやっと回復しつつあります。そして、「読んで見たいなー」という本がチラホラ・・・。ただ、購入となると書籍はめっぽう高い。図書館には最新刊はない。となると、チェックしつつ「いつか読もう」と忘れ去ってしまうのです。新聞で見かけた場合は写メで残しているのですが、埋もれてしまってますし [続きを読む]
  • 自転車の補助輪いつとれた?気長に待ってみました。
  • 子供の自転車に乗る練習にお付き合いされている方、おつかれさまです。どんどん暑くなってきて、付いて回る親も疲れますね。さて、自転車の補助輪はいつ頃とれました?早いと年中でとれていますよね。我が子は小学三年生でやっととれました。焦る必要はないのですが、子供は祖父母からの半端ないプレッシャーで結構大変そうでした。 子供の「乗りたい」気持ちが大事 気持ちがのらない時はひたすら放置 突然「自転車の練 [続きを読む]
  • 私と先生方と向かっている方向は同じ。でも着地地点はちょっと違う。
  • またもや、悶々とした日々を過ごしていました。資料づくりの季節なので資料を作るためにパソコンを開くのですが、どうも吐き出すことができない日々でした。日頃「部屋の乱れは心の乱れ」を実感しています。まさに、昨日までの部屋は乱れに乱れていました。それが少し片付いたのは「子供が友達を連れてくると言ったから・・・」めっっったに子供が人を連れてくることなんかないので、いい親に見られたい私は掃除機をかけ、ゴミを捨 [続きを読む]
  • 子供の「イヤ」には理由がある。ただ、それが中々わからない。   
  • 子供が「もう、イヤだからやめる」と言うことをいうと「そんなこと言わないで」と言いたくなります。特に、どうしてもいってもらわないと困る場合など・・・。幼児期は「イヤ」と言っても、何が嫌なのか、パニックなだけなのか、ただ叫びたいだけなのか全くわかりませんでしたが、小学校にも慣れてきてようやく「嫌の理由」がわかる時がでてきました。(たまにわかる程度です) 「やめとく」「めんどくさい」簡単な言葉の裏に [続きを読む]
  • 子供が疲れて帰ってくると意思疎通が難しくなる
  • 6月に入り、祝日もなく週末のみの休みになりますね。カレンダーを見るだけでなんだか重苦しくなります。いえ、私は子供らが学校や園に行ってくれる方がとっても嬉しいですが、子供は「あーしんどい」となっています。もうすぐ、プールも始まりますしお疲れモードで帰宅することがさらに増えそうです。 疲れの原因として考えられること 天候 連休がない 交流学級での授業が増えた [続きを読む]
  • 子供のミスは親のミスと追い込まれてしまうこの頃。
  • こんにちは。暑くなったり涼しくなったりで心も体も調子が乱高下。この頃、今まであまり気にしていなかった人の目を気にするようになってきてイライラしたり疲れたりしています。「そんなん気にしなくていい」と言われても、「当事者じゃないやん」と捻くれるいやな自分です。 親がどこまで子供を管理するのか 「子供に任せる」ことと「責任のとりかた」 まとめ親がどこまで子供を管理するのか小学校生活もだいぶん慣 [続きを読む]
  • 家庭学習が時々できるようになってきました。
  • こんにちは。家庭学習ってどれくらいされていますか?宿題をするだけで精一杯だったのですが、最近少し家庭学習ができるようになってきました。一年生の時は少しずつしていたのですが、その後学校がしんどくなってきたこともあり宿題だけになっていました。 一年生の時にやっていた家庭学習 過去にやったことや検討したもの スマイルゼミ ポピー 進研ゼミ 学研(通塾) [続きを読む]
  • 学校のことを知って、うまく乗っかる利用する。
  • 就学活動もスタートして、迷いも悩みもてんこ盛り。さて、就学活動をするにあたって見落としがちなこと、というか私は見落としていたことがあってので紹介します。情報って全てにおいて大切です。 学校のことを知る 学校の情報はほとんどが口コミ 学校と子供がどちらもWin-Winになる方法をさがす まとめ学校のことを知る当たり前のことかもしれませんが、入学予定の学校のことを知っていますか?場所、クラス数、 [続きを読む]
  • 就学にむけての活動がスタートしました。
  • 昨年から少しずつ進めていましたが、来年入学ということで就学活動スタートです。すでに、関係者とはほぼ顔見知りなので資料さえしっかりと作成していれば大丈夫ではないかと思っています。ただ、以前の就園活動のような何をしているのかわからない無駄な会議はなくしたい。ただ、顔を合わせるためだけに時間をとるのもやめてほしい。そうならないために初回の会議を内容のあるものにしたいと思っています。 毎年変わる就学 [続きを読む]
  • 気温の上昇によるイライラ指数高止まり。
  • こんにちは。最近毎日暑いですね。体調はいかがですか?体調よりも精神的にいかがお過ごしでしょうか?私はもう、気温の上昇とともにイライラ指数も一気に上昇。現在高止まりであります。暑くなると子供達も疲れるからかイライラ。夫も疲れるからかイライラ。みんな、母へ丸投げしてくるので母イライラ。もう、イライラスパイラルです。で、一番貧乏くじを引くのがどうかんがえても母な訳ですよね。 イライラ指数上昇の発端 [続きを読む]
  • おむつで検尿どうする!?採尿パックがない時の方法。
  • オムツがとれていない場合、検尿の時どうされますか?病院で採尿するときはいつも採尿パックをもらっていたのでなんとかなっていました。ただ、男の子は比較的成功率は高いのですが、女の子は結構失敗も・・・。でもでも、園での検尿は採尿パックがもらえませんでした。その時に教えてもらった方法が・・・。初めて聞いたときは衝撃的でした。 園で教えてもらった採尿方法 園で教えてもらった方法でやってみた 何年 [続きを読む]
  • パシフィックサプライのパッとレンタルでVOCAセットAを借りました。
  • 爽やかな五月晴れと言いたいところですが、真夏のような暑さに体がついていきません。暑いですよね。さて、4月末からパシフィックサプライという会社の「パッとレンタル」というサービスを利用してVOCAセットAという機器を借りています。私の住んでいる田舎では医療機関や療育機関でもVOCAは普及していません。実物を見たり、手に取ったりできるところはありません。そんな事情から有料でもレンタルできるこのサービスに感謝し [続きを読む]
  • ムーニーのCMを見て気持ちが切れそうになって中々回復に至らない
  • 話題になったムーニーのCM。軽い気持ちで見始めて、さらっと見終わったけど、あとからじわじわダメージを受けています。新生児から乳幼児期を思い出したことと、これからも続く終わりの見えない介護生活という現実に「目をそらしちゃダメ」と言われたようでした。 【新生児・乳幼児期】 【幼児・学童期】 【現実はまだまだ厳しい。でも私の終活だと思って色んな制度や支援を頼ります】 【数日経って・・・】 [続きを読む]
  • 療育が終了して2年。今感じていること。
  • 3歳児健診が終了し、保健師さんと話をしたり診断が出たりしつつ近隣で唯一の療育へいっていました。田舎なので選択肢はなくここのみです。ですので、流れ作業のように行き着きました。「療育とはなんぞや?」「目的はなんだ?」など疑問を感じることもなく「ここに行けば何か教えてもらえるんだ」という希望のみ。小学校入学までの3年間通い、未就学児対象の療育だったので卒業となりました。卒業してからの今の思いを紹介します [続きを読む]
  • 入学して色々悶々とされている頃でしょうか。
  • 長〜い入学のための話し合いも終わり、ドキドキの入学式が終わりましたね。なんとか学校に行き始めると、色々と気になることが出てきているのでしょうか?私も数年前はそうでしたー。で、後になって「あ、そんなに気にしなくてよかったのかな」と思うこともあったので紹介したいと思います。 給食が遅い。食べられない。 身支度が自分でできない 他の子に迷惑をかけているかも・・・ 帰宅後友達と遊ばない まと [続きを読む]
  • 「ママのスマホになりたい」という絵本を読んで。
  • 体調もだいぶん回復したので、絵本でもめくってみる気になりました。子供ができてからはあまりゆっくりと本が読めませんが、私は本が好きです。絵本も漫画も漫画も漫画も・・・大好きです。で、心に刺さる刺激的なタイトルの絵本を見つけました。 ママのスマホになりたい 電話はよくてスマホはダメ!? どうしてママばっかり?ママのスマホになりたいどんな絵本かと言いますと・・・。といっても、タイトルをみると [続きを読む]
  • 母ダウンで一家離散の危機。
  • 進級、入園にむけてがんばっていて、無事に日々が過ぎていくのを確認できたと同時に、今までに感じたことのない体調不良に見舞われました。救急車!?でも、子供の前でよんだらパニックになっちゃう!?と思い、子供が 登校してから病院へ連れて行ってもらいました。そして、自分で登校できない子供は・・・。 母の体調不良 母が朝動けないと困ること 日頃から想定していたこと 実際に母ダウンでどう機能したのか [続きを読む]