たかし さん プロフィール

  •  
たかしさん: 筋トレダイエット!
ハンドル名たかし さん
ブログタイトル筋トレダイエット!
ブログURLhttp://liftweight.seesaa.net/
サイト紹介文アラフォー過ぎてから筋トレでダイエットを始めたブログです。
自由文単純にカロリー制限で痩せるのではなく、筋肉をつけて基礎代謝を増やして脂肪を落としていく予定。使用したサプリや筋トレグッズなどの効果や感想なども書いていこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 194日(平均3.6回/週) - 参加 2017/01/30 20:29

たかし さんのブログ記事

  • 筋トレと食事と糖尿病と
  •  知り合いの糖尿病持ちから、筋トレを行うことによって糖尿病が改善されたという話を聞いた。 私は糖尿病ではないので、筋トレの糖尿病への有効性については全くの無知だが本当のことらしい。 ずっと筋トレは行っておらず、糖質制限をした食事で糖尿病をコントロールしようとしていたらしいがうまくいかず、筋トレで糖尿病が改善するという話を聞いて試してみたそうだ。 そうしたらなんと効果があったそう。この筋トレと糖尿病 [続きを読む]
  • 発酵食品
  •  筋トレの食事で私が気を付けていることに発酵食品を多く摂るということは書いた。 筋トレで筋肉を付けるためにタンパク質を大量に摂っているとどうしても腸内環境は悪化しやすい。そのために納豆や味噌、漬物などを積極的に摂ることとビオフェルミンなどで乳酸菌を摂ったりすることをしている。 納豆や味噌を手作りするのは難しいが、ぬか漬けの場合は比較的手作りが簡単に出来る。そしてぬか漬けは植物性乳酸菌の宝庫なのだ。 [続きを読む]
  • 筋トレの頻度
  •  筋トレの頻度はどれぐらいが最適かと言えば、筋肉の部位によるということになる。 基本的には大きな筋肉は回復が遅く、小さな筋肉は回復が早いので、大胸筋と前腕部の筋肉ではおのずと筋トレの頻度は変わってくる。 例外は腹筋で、腹直筋などのお腹回りの筋肉は回復が非常に早く24時間程度でも回復する(もちろん、限界まで追い込めばもっと回復に時間がかかることもある)ので、毎日トレーニングを行ってもOKだ。 筋肉の [続きを読む]
  • 炭水化物ダイエットはダメ
  •  筋トレで身体を大きくしようとしている時に炭水化物ダイエットはしてはいけない。身体が大きくなることが出来なくなるからだ。 また、パワーが出ない、筋肉の疲労の回復が遅い、だるさが抜けない等の弊害がある。 もちろん、大会前の減量期であれば話は別だ。当然炭水化物はカットした食事をする。しかし、その際には脂肪も落ちるが筋肉もどんどん落ちていくことになる。炭水化物をカットして脂肪を落としていく中で、どれだけ [続きを読む]
  • 腹筋を割るには
  •  腹筋を割るにはまず何よりも最初に腹筋の上に乗っている分厚い脂肪を落とさなくてはならない。いくら筋トレで腹筋を鍛えたとしてもそのシックスパックの上の脂肪を落とさないことには中のシックスパックは出てこないのだ。 だから、腹筋を割ろうと思ったらまず有酸素運動だ。もちろん、同時進行で腹筋の筋トレはやるべきである。 しかし、どちらを優先させるかと言えば、それはもちろん有酸素運動だ。食事制限も必要かも知れな [続きを読む]
  • 筋トレで肉体改造すると自信がつくのだ
  •  筋トレをして肉体改造をすると、体力がつくのはもちろんだが、精神的に非常に良い影響がある。自分に自信が持てるようになるのだ。特に若い子には本当にお勧めである。 今まで、細くて自信のなさそうな男の子が本気で筋トレをして肉体改造に取り組み、非常に積極的な人間になっていったのをたくさん見てきた。 つらいことを苦しいことをやり遂げることによる効果ももちろんだが、他に大きな原因があると思う。分厚い胸板、丸太 [続きを読む]
  • 筋トレをすると幸せになる効果がある
  •  筋トレをすると幸せになる効果があると言ったら信じられるだろうか。何をバカなことをと思うかも知れないが事実である。 実は筋トレをするとドーパミンやエンドルフィンといった物質が脳内で分泌される。このドーパミンなどが分泌されると人は多幸感を得る(幸せを感じる)ことが出来るのだ。 筋トレをしたからといって別にお金が入ってくるわけではない。しかし、お金がなくとも筋トレをすることによって幸せになれるのだ。  [続きを読む]
  • 腹筋を鍛えてもお腹は割れない
  •  腹筋を一生懸命鍛えてもお腹が割れるわけではない。もちろん、体脂肪が非常に少ない人間であれば腹筋を鍛えることによって腹直筋が成長し、シックスパックがしっかりと見えるようになるだろう。そもそも腹直筋の量がなければお腹は割れないからだ。 しかし、腹直筋がしっかりと鍛えられていたとしても、その上に脂肪ががっちりと乗っていたらお腹が割れて見えないのは当然だ。 この分厚い脂肪の層を取り去るには腹筋運動では効 [続きを読む]
  • 食事の代わり
  •  食事の代わりにMRP(Meal Replacement Power)というものがある。直訳すると食事の代わりのパウダーだ。 食事をしている時間がない人や、ダイエット中に飲んでいる人も最近は結構増えている。 これ、プロテインパウダーと何が違うかと言えば、プロテインはタンパク質のみ(ウエイトゲインプロテインなどを除く)が配合され、MRPは食事の代わりなのでタンパク質だけでなく炭水化物も脂質も食物繊維もビタミンやミネラル等 [続きを読む]
  • 自宅で肉体改造
  •  肉体改造にはジムに行くのが近道だが、スポーツクラブに通うのに毎月1万円を払うのは厳しいという人もいると思う。 しかし、ダンベルとベンチがあればある程度の肉体改造は可能だ。 確かにジムには様々な器具があり、またトレーナーや他の人の目もあるのでサボらずにしっかりとトレーニングできるのだが、そもそもスポーツクラブに行くのが面倒になってしまうという問題がある。 仕事で疲れて自宅に帰ってくると、そこから着 [続きを読む]
  • ダイヤル可変式ダンベル
  •  ダンベルで面倒なのはプレートの付け替えだ。1セット終えて重量を変える度にカチャカチャとプレートを外して付けるを繰り返す。 さらにスペースの問題もあるし、一か所にまとめて置くのが面倒だということもある。ただ、片づけないと躓いて怪我してしまうこともあるし、とにかく色んなことが面倒なのだ。 ジムみたいに大きなスペースがあるのならば、色んな重さのダンベルを用意してそれをラックに乗せればいいのだが、コスト [続きを読む]
  • パワーボール
  •  握力を鍛えるのに便利な筋トレグッズがパワーボールだ。パワーボールは商品名だから一般的にはリストボールという言い方のが普及しているかも知れない。 多分、誰でも一度は目にしたことがあると思う。ケースの中のボールが非常に速い回転をし、前腕部の筋肉に集中的に負荷をかけることができるものだ。 パワーボールは一般的なリストボールよりも遥かに滑らかに回転し、手にフィットする。また、普通はヒモを挿して巻き付け、 [続きを読む]
  • 筋トレの効果が出るまでの期間
  •  筋トレの効果が出るまでの期間はどれぐらいかということはよく聞かれる。 中々難しい質問なのだが私は3か月ぐらいと答えることにしている。なぜか。筋トレの効果という意味で言えば、1週間2週間ですぐに持ち上げられる重さは変わるので効果は出ていると言えるのだが、普通は筋トレの効果というと見た目の話をしていることが多いと思う。 見た目という点で言えば、本気でがっちりトレーニングをしたとしても一か月に増やせる [続きを読む]
  • バランスボール
  •  あると便利な筋トレグッズがバランスボール。体幹トレーニングだけでなく、筋トレの様々なメニューにも使えるのだ。 例えばフラットベンチの代わりにバランスボールを使ってダンベルフライをしてみたり、角度を付けてインクラインダンベルプレスやインクラインカールなどのメニューも可能になる。 バランスボールのプッシュアップなんかも不安定な分、体幹が鍛えられて非常に有効なエクササイズとなる。 安いものなので、スペ [続きを読む]
  • ハンドグリップ
  •  握力を鍛える筋トレグッズで最もポピュラーなものはハンドグリップだ。私も何個も持っている。 しかし、気を付けなくてはいけないのは、あまりに安いものは危険ということ。ハンドグリップの取っ手の部分の中に金属のバネの延長がきちんと入っておらず、壊れて怪我をすることがあるからだ。安価な中国製で使って怪我をしてはたまらない。 ハンドグリップの場合、元々が高価ではないので1000円前後でしっかりしたものが買え [続きを読む]
  • 筋肉痛が治まっていない時
  •  筋肉痛が長引く時ももちろんある。筋肉のかなりの負荷をかけた場合などは特にそうだ。 48時間以上経っていても筋肉痛がある場合はまだトレーニングはしない方が良い。そもそも筋肉痛は筋肉が回復する時に出る痛みだからだ。回復している途中でまたトレーニングをし続けてしてしまうと筋肉の成長が妨げられるだけでなく、オーバートレーニング症候群になることがあるので注意が必要だ。 私はサボり魔なので、ちょっとでも筋肉 [続きを読む]
  • 食事で気を付けていること
  •  筋トレ中だけではないのだが、私が食事で気を付けていることは発酵食品を摂るということだ(タンパク質を充分に摂るのは当たり前なのでそれ以外でという意味)。 筋トレ中はどうしても肉や乳製品を摂ることが多くなり、腸内環境が悪くなりがちだ。そこで、野菜などを多く食べて食物繊維をしっかり摂るようにしているのだが、それだけでは腸内環境を良好にするには不十分だ。 そこで、納豆や日本の漬物や味噌、キムチなどの植物 [続きを読む]
  • ダイエットの英語の意味
  •  ダイエットと言うと日本語では痩せることを意味しますが、英語ではちょっと違います。 ダイエットとは基本的には食習慣とか食事、食事療法などという意味ですから、痩せることだけを意味しているわけではないんですね。なので、糖尿病ダイエットと言えば痩せることを意味するのではなく、糖尿病患者に対する食事を指すわけです。 ただ、このブログではダイエットを日本語の意味のダイエットとして使っているので、筋トレをして [続きを読む]
  • インターバル
  •  筋トレの効果が出ないと嘆いている人でよくいるのがセットとセットの間のインターバルが長すぎる人。 普通は1分前後で次のセットに取り掛かるのを5分も10分も休んでいる人がいるのだ。確かに挙げられる重さは重くなるけど、これでは筋肉に充分な負荷を与えることが出来ず、筋トレの効果が出づらいんだよね。 効果がないだけでなく、周りの人にとても迷惑ということもある。ベンチやマシンをトレーニングもしないのに離れる [続きを読む]
  • チーティング
  •  筋トレの効果が出ないという問題を抱えている人に多いのがチーティングだ。 ある程度筋トレをやっていると段々とフォームも自己流になってくる。そして、とにかく重い重量でトレーニングをしたくなり、例えばベンチプレスでもゆっくり下ろして早く上げるという基本を無視して、バーベルを胸の上に勢いよく下ろして、胸に打ち付けて反動を使い、自分が扱える以上の重さで行っている人をよくジムでも見かける。 これ、筋トレの効 [続きを読む]
  • L−グルタミン
  •  私が激しく筋トレをする際に必ず摂っているサプリメントがL−グルタミンです。 筋トレをしっかりやると免疫力が下がり風邪をひきやすくなります。トレーニングでいったん身体を壊すので負担がかかって免疫力が下がるのです。 その免疫力を落とさないようにするのがこのL−グルタミンです。もちろん、それだけではなく筋肉の回復を促し、筋肉の合成・筋肉の異化作用と抑制にも効果があります。 軽いトレーニングだけならば摂 [続きを読む]
  • ワンハンドダンベルロウ
  •  ワンハンドダンベルロウというトレーニングがある。片手にダンベルを持ち、逆の手と膝をフラットベンチなど(なければ椅子などでも良い。その場合は膝はつかない)について支えにして上半身を斜めにする。 肘を伸ばしてダンベルを持った後、肩甲骨を狭めるようなイメージでダンベルを上に引き上げていく。これ以上上がらないというところまで引ききったらゆっくりとダンベルを下ろして初めの姿勢に戻る。これの繰り返しだ。 背 [続きを読む]
  • 食事とプロテイン
  •  筋トレをやっていて、食事代わりにプロテインで済ませてしまうということもある。 でも、基本的にはそれはお勧めしない。やはりしっかり食事を摂って、そのうえで補助としてプロテインを飲むべきだというのが私の持論だ。 確かにプロテインで必要量のタンパク質は摂れるかも知れないが、筋肉を作るのはタンパク質だけはない。また、筋肉だけで身体が出来ているわけでもない。身体は様々な栄養素を必要としているのだ。 例えば [続きを読む]
  • 筋トレグッズ プッシュアップバー
  •  旅行などに行って筋トレが出来ない時に便利なグッズがプッシュアップバーだ。通常はベンチプレスやダンベルプレスを行っていても、旅行や出張などにバーベルやダンベルを持って行くことは不可能である。 かと言って旅行先や出張先でジムに行くことが出来るかと言えばそれも難しい。 そんな時にプッシュアップバーがあれば腕立て伏せよりも可動域を広く、そして可動域が広い分自重でも腕立て伏せよりも負荷が与えられるのが良い [続きを読む]
  • 腕だけを鍛える
  •  身体全体の肉体改造をしなくてはいけないのは当然なのだが、ここを集中的に鍛えたいということはあるだろう。 二か月ほど前に夏に向けて腕を集中的に鍛えるという話はしたが、だいぶ効果が出てきた。 どこかだけ集中して鍛えるということをやると(もちろん、他の部位もきちんと鍛えているが)、かなりその部位は追い込める。腕はいつもベンチプレスやローイングなどで大きな筋肉を鍛えた後、一番最後にカール等をやるわけだが [続きを読む]