たかし さん プロフィール

  •  
たかしさん: 筋トレダイエット!
ハンドル名たかし さん
ブログタイトル筋トレダイエット!
ブログURLhttp://liftweight.seesaa.net/
サイト紹介文アラフォー過ぎてから筋トレでダイエットを始めたブログです。
自由文単純にカロリー制限で痩せるのではなく、筋肉をつけて基礎代謝を増やして脂肪を落としていく予定。使用したサプリや筋トレグッズなどの効果や感想なども書いていこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 114日(平均4.2回/週) - 参加 2017/01/30 20:29

たかし さんのブログ記事

  • 食事の消化時間
  •  食事で摂ったタンパク質が身体に吸収するまでの時間はどれくらいなのか。 プロテインで摂っても消化・吸収までに2時間近くかかることから、間違いなくそれ以上の時間がかかるわけだ。 消化の良い炭水化物とタンパク質中心の食事であれば3〜4時間で空腹を感じることだろう。それぐらいの時間があればすでに胃の中には食べ物が入っていないということだ。 しかし、脂質の多い食事を摂った場合は相当に消化・吸収に時間がかか [続きを読む]
  • 筋トレで肉体改造する意味
  •  筋トレで肉体改造をするのはもちろんカッコいい身体になるとか、強くなりたいとか、健康になりたいなどの理由があると思います。 しかし、筋トレで肉体改造をする意味はそれだけではありません。 男性でも女性でも、努力をして結果を手に入れるという経験は非常に自信になり、精神衛生上プラスの効果があります。 また、成功体験により自信を付けることは若い人たちの自尊心を高めるとても良いきっかけにもなります。 グレて [続きを読む]
  • 腹筋の筋トレ クランチ
  •  腹筋を鍛えたいのだけれど、腰が痛くて筋トレが出来ないという人も結構いる。 そういう人におススメなのがクランチという腹筋の筋トレだ。普通腹筋と言えば、足を誰かに持ってもらうか足先をどこかに引っ掛けて固定し、上半身を起こすというエクササイズをイメージすると思う。 クランチは、まず床に横になり(マットか何かがあった方が痛くない)、足を固定せずに身体を丸めるようなイメージ。腹筋を意識して身体を丸め、限界 [続きを読む]
  • 筋トレの筋肉痛の治し方
  •  筋トレをして筋肉痛になった時の最も有効な対処法は食って寝る。以上。ふざけるなと言われそうだけど、それしか方法はない。 もう少しきちんと説明するとすれば、充分なタンパク質を摂り、なるべく筋肉痛になっている部分の筋肉を使わずに休め、アルコールは飲まずに可能な限りたくさん寝て休養する。 これが出来れば筋肉痛の治りは非常に早い。筋肉痛の治りが早いということは筋肉の増加にもとても効果があるということ。 で [続きを読む]
  • インクラインダンベルカール
  •  私はインクラインダンベルカールが好きである。しかし、自宅にインクラインベンチがない人も多いだろう。 基本的にインクラインベンチがなければ、インクラインダンベルカールは出来ないが、奥さんがバランスボールを持っている人も結構いるのではないかと思う。 その場合、奥さんのバランスボールを使ってインクラインダンベルカールを行うことが可能だ。 まずはバランスボールを壁にぴったりと寄せて後ろいかないように固定 [続きを読む]
  • 筋トレと焼き鳥
  •  焼き鳥と筋トレは相性が良い。 そもそも鳥は脂質が少なくタンパク質の含有量が多い。筋トレが終わった後にステーキを食べたり、とんかつを食べるよりも焼き鳥のが遥かに良いのは自明だろう。 さらにとんかつやステーキなどを食べる時はどうしてもご飯が欲しくなってしまう人は多いと思う。私だって絶対ご飯が食べたい。 しかし、焼き鳥はそれのみで完成された料理なので、ご飯のおかずという位置付けではない(もtちろん、ご [続きを読む]
  • 筋トレの間のインターバル
  •  筋トレのメニューをやっている時のインターバルの話をしたい。 インターバルは30秒程度、60〜90秒程度、3分以上というような形がある。筋肉を大きくしたいのであれば、セットとセットの間のインターバルは30秒程度しか空けないでメニューをこなしていく必要がある。 逆に筋パワーを上げていきたいのならば、数分のインターバルがあれば筋肉の疲労が回復してより重い重量を扱えるようになる。しかし、休み時間を空けす [続きを読む]
  • 肉体改造の結果
  •  1月から始めた肉体改造も3か月半も経つ。効果はかなり出ていて、挙げられる重さも体形も相当変わってきた。 現在、筋量を増やす方向でトレーニングをしているため、体脂肪は少し上がっているがそれを凌駕する筋量の増え方で結構良い身体と言える感じ。 胸板、肩幅、腕の太さ、筋肉が増えたことによってだいぶ男らしいシェイプになったので、そろそろまた写真を撮ってこのブログにアップしようと思っている。 3か月前と比べ [続きを読む]
  • 二頭筋などの小さな筋肉
  •  最近、だいぶ筋肉が負荷に慣れてきて中々筋肉痛にならなくなってきた。ハムストリングスとか大胸筋とか大きな筋肉は嫌ってほど筋肉痛になるのだが、二頭筋などの小さな筋肉は中々筋肉痛にならなくなってきてしまった。 前腕部なんて相当に追い込んでもまず筋肉痛にならない。 筋肉痛にならないなら良いことじゃないかと、筋肉痛になりなたいなんてお前はドMかと言われそうだが、もちろん筋肉痛が気持ち良いわけでは決してない [続きを読む]
  • 夏に向けて腕を鍛える
  •  夏はTシャツになる機会が多い。隆々とした筋肉の太い腕半袖から突き出ているのがかっこいいと思うのは男の性だ。 筋トレの鉄則として、大きな筋肉を最初に鍛えてその後小さな筋肉に移っていくというものがある。 しかし、筋トレの最初に大きな筋肉を鍛えるとすぐに疲れてしまって、小さな筋肉を鍛える頃にはすっかりやる気が失せて、小さな筋肉の鍛え方がおざなりになってしまうことが多い。 腕の筋肉である二頭筋や三頭筋な [続きを読む]
  • ランニング
  •  風邪を引きずってしまい、最近筋トレが出来ていなかったのだが、やっと完全に復活したのでそろそろまた筋トレを始めようと思う。 ただし、いきなりがっちりと筋トレをやってしまうと大変なことになってしまうので、まずはランニングから始めようと思う。体力がかなり落ちているからね。 ランニングの後は、ダンベルやバーベルを使わず、自重だけで腕立て伏せや腹筋などをして徐々に筋肉を筋トレに慣らしていきたいと思う。 軽 [続きを読む]
  • BCAA
  •  筋トレで最も基本的なサプリメントはプロテインだ。プロテインなしで筋トレをするのはかなり厳しい。厳しいというか食事でタンパク質を摂り切るのが難しくなるので、筋肉の成長のスピードが落ちる可能性がある。 そして、プロテインの次に何を選ぶかと言えば、クレアチンと悩むところだがBCAAと答える人が多いと思う。BCAAは筋肉の分解を防いでくれる。なので減量中は必須のサプリメントとなる。 お勧めのBCAAはM [続きを読む]
  • グリシン
  •  筋肉を付けるのに重要なことは、適切な量の筋トレ、適切な栄養、十分な睡眠の三つである。 このうちの睡眠については中々充分に取れていない人も多いだろう。忙しくて睡眠時間が短いという人もいるし、中々寝付けなかったり、寝れても睡眠が浅かったりということも多い。  グリシンは睡眠の質を上げる効果があるので、筋トレの成果を充分に発揮したいのであればグリシンを摂ってしっかり寝るということも重要だ。 もちろん、 [続きを読む]
  • コンセントレーションカール
  •  筋トレを始めたきっかけがぶっとい腕、それも上腕二頭筋(いわゆる力こぶね)に憧れてという人はとても多い。 上腕二頭筋の運動としてすぐに思い浮かぶのはスタンディングのダンベルカールやバーベルカールだと思う。しかし、結構ストリクトにやるのが難しいというかつい勢いがついてしまって二頭筋を集中して追い込めない感は否めない。 上腕二頭筋だけを徹底的に追い込みたい時はコンセントレーションカールが良い。 ベンチ [続きを読む]
  • ダンベルだって錆びる
  •  筋トレをすると当然だが汗をかく。その汗や汚れがついたダンベルを放っておけば錆びてしまうこともある。 なので、筋トレの後は出来るだけシャフトやプレートについた汗や汚れは雑巾などで拭きとっておこう。その手間は、錆びてから落とそうとする手間よりも遥かに楽だからだ。 もしも錆びてしまっても金属ブラシなどでこするのはやめておいた方が良い。表面にメッキや塗装がしてあるダンベルだとサビだけでなくそれも全部削れ [続きを読む]
  • 筋トレとストレッチ
  •  ストレッチは筋トレの前にやった方が良いのかそれとも筋トレの後にやった方が良いのかという問題がある。 これ困ったことにトレ前が良いという説と筋トレの後が良いという説が両方あるのだ。 運動前にストレッチをすることによって筋肉の緊張を緩めて柔軟性を高めて怪我を予防するという観点から筋トレ前にストレッチをした方が良いという説がある。 そして、筋トレによって疲労して縮こまった筋肉を伸ばして回復を図るには筋 [続きを読む]
  • ダンベルの種類
  •  ダンベルを購入する際にどんなダンベルを選べば良いかわからない人も多いだろう。 まず、鉄アレイとダンベルの違いから説明しよう。一般的に鉄アレイと言ったら重さを変えられない鉄の塊を指す。 こんな感じ。 それに対してダンベルとはシャフトにプレートの脱着をすることによって重さを変えられるものを指す。 こんな感じ。 でも、実は鉄アレイはダンベルの日本語訳なのでどちらも同じ。重さの変えられないダンベル(鉄ア [続きを読む]
  • ワンアーム・ダンベルロウ
  •  ダンベルロウにもたくさんのバリエーションがあるが、ダンベルロウと言って普通イメージするのがこのワンアームダンベルロウ。背中を鍛える代表的な種目だ。 普段、背中を鍛えても中々効いてない感じがすることって多いと思う。背中よりも先に腕に効いてしまって疲れちゃう感じで。チンニングなんかやってても先に腕が馬鹿になっちゃう時も結構ある。 ワンアーム・ダンベルロウは上体と床を平行に保ち、ダンベルをアメリカの鋸 [続きを読む]
  • 卵かけごはん
  •  筋トレに勤しんでいる人にとっては卵かけごはんは結構理想的な食べ物なのではないだろうか。米で炭水化物、卵でタンパク質と脂質をバランス良く摂れるからだ。 タンパク質は一回に20g程度しか吸収できないとされている。中くらいの卵一個に含まれるたんぱく質は7g前後。ご飯一膳に含まれるたんぱく質は6gぐらい。合わせて13g。これではタンパク質が足りないので、もう一つ卵を足すと計20gとなり一食あたりのタンパ [続きを読む]
  • 最近の休日のトレーニング
  •  最近の私の休日のトレーニング法を紹介したい。現在私は筋肥大よりも体脂肪を落とすことを目的にトレーニングしている。筋肥大と体脂肪減を同時に達成するのは普通は難しいからだ。ましてや私はもう40代。20代とは成長ホルモンの分泌量も違う。 私は戸建てに住んでいる。そして2階には余っている部屋を改造したトレーニング部屋があり、サンバッグも置いてある。 そこで、1時間に一回、階段で一階と二階を10往復する。 [続きを読む]
  • カプサイシンは脂肪を燃やす
  •  カプサイシンという言葉は聞いたことがあるだろう。唐辛子に含まれる成分だ。唐辛子の入った辛味の強い食べ物を食べると汗をかく。当然どこからか熱が発生していなくては暑くなって汗をかくということはない。 通常であれば、運動をするとグリコーゲンなり体脂肪なりをエネルギーとして使用し、その結果として水と二酸化炭素と熱が得られるわけだ。そして体重が落ちるということになる。 しかし、カプサイシンを摂取すると、運 [続きを読む]
  • 腕のトレーニング
  •  筋トレを始めた理由が太い腕の憧れてという人は多いと思う。しかし、ある程度まで筋肉が発達してくると、その発達に腕の太さが見合っていないのではないか、もっと腕を太くしたいと思うものである。 私も筋トレを本気でやっていた時に同じように思ったことがある。でも、全て限界まで鍛えてるしこれ以上はきつくて出来ないと思ったのも事実である。そこで私は少しやり方を変えることにした。ベンチプレスが好きだったこともあっ [続きを読む]
  • 私の苦手なメニュー
  •  私が苦手な筋トレメニューがある。それはスクワットだ。そもそも下半身は弱かった。分厚い胸板、ぶっとい腕に憧れて筋トレを始めただけあって、上半身の筋トレは限界までやれたが下半身の筋トレはすぐに言い訳をしてサボっていた。曰く、あんまり追い込むと次の日歩けなくなって他のトレーニングが出来ない、走ることはおろか歩くことさえつらいのだから学校にも行けなくなるなどだ。 そんな私の言い訳筋トレ人生に拍車をかける [続きを読む]
  • 三大筋トレメニュー
  •  筋トレメニューのスーパースターと言えば、ベンチプレス、デッドリフト、それにスクワットだ。この三つさえやれば初心者は充分であると言っても過言でなない。 ベンチプレスは大胸筋と上腕三頭筋を、デッドリフトは背中とお尻や脚などの筋肉全体、もちろん上腕二頭筋も鍛えられ、スクワットは大腿四頭筋とハムストリングスをきっちりと追い込める。 この三つでほぼ全身の筋肉は鍛えることができるわけだ。 筋トレを始めて数か [続きを読む]
  • 筋肥大しない筋トレ
  •  筋肥大をしないよう筋トレをするということもあり得る。筋肥大しないなら筋トレする意味ないだろうと突っ込まれるかも知れないが、例えば女性の場合は筋肥大したくないという人は多いのではないだろうか。男性だってマラソン選手が筋肥大してしまったらタイムが悪くなるわけで。 では筋肥大しないようなトレーニング方法というものはどういうものか。筋肥大の逆を考えてみれば良いわけだ。 筋肥大は主に速筋で起こる。速筋とは [続きを読む]