サラリスト さん プロフィール

  •  
サラリストさん: 職場をさまようサラリーマン
ハンドル名サラリスト さん
ブログタイトル職場をさまようサラリーマン
ブログURLhttp://www.goodjob17.xyz/
サイト紹介文新卒での就職や第2新卒での転職、日雇い勤務から契約社員まで色々な環境で働いてきたことを書きます
自由文首都圏在住、30歳現在フリーターです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 22日(平均8.3回/週) - 参加 2017/01/30 23:12

サラリスト さんのブログ記事

  • 仕事と私生活両方のストレスとうまく付き合おう
  • ★ストレスが減らない?★☆ハラハラ☆まずハラハラしたことから・・・クリスマスイブは出勤でしたが、年内最後のフロアリーダーの日でした。午前中はいつも通り自分が考えたレクを行い、昼食まで何事もなく過ぎました。ところが私が休憩室で遅番で昼食をとっていて、午後に予定されている職員の出し物のクリスマス会のスケジュール表を見ながら段取りを頭に入れてカップラーメンをすすっているとフロアにいたスタッフの人が飛び込 [続きを読む]
  • 介護現場こんな兆候が表れたら要注意?
  • ★外国人の採用?★さて今回は職場で発覚したある事実から職場内で不協和音が聞こえ始めたことを書きたことを書きます。私の職場であるデイサービスでは看護師がいない曜日が出てきたり、要介護5クラスの人も普通に入ってきたり、40人超の利用者を介護士5人くらいで見なければいけないなどハードになってきたと以前お伝えしましたが、それ以上にショッキングな出来事もありました。それは年末に職場で互助会に入っている人だけ参 [続きを読む]
  • より良い職場環境を目指せ!!
  • ★現場の不満★今回は私の職場のデイサービスであった出来事を記事にします。職員不足のためしばらく新規の利用者の受け入れはしないと先日申し送りがあったにも関わらず、一日体験の利用者がたくさん入ってきました(汗)そんなことしたら契約したいといわれたら断れないのではと思いましたが・・・そのうえ以前記事にも書きましたが、施設のトップの理事長が新潟から1匹5万円もする鯉を購入して何十匹と中庭の池に放っていた件 [続きを読む]
  • 介護の仕事は攻めと受けのバランスが大事
  • ★バランスを取って仕事しよう★今回のタイトルの意味は仕事においての「攻めの姿勢と受け身の姿勢のどちらが良いか心の葛藤」が今私の中で起きているということです!!この介護という仕事は当然ながら安全第一の仕事なので動き方としては事故が起きないように受け身・守りの慎重の姿勢で仕事をしなければいけない部分が多いのですが、それでは忙しい現場では乗り切れないということが最近特に実感しています。前回までの記事にも [続きを読む]
  • 人手不足の介護現場にご注意
  • ☆常に人手不足の介護現場☆デイサービスでは場所にもよりますがローテーションで色々な仕事をします。その中で一番一日中責任が重いのはフロアリーダーの仕事です。その日は私はフロアリーダーの役目で特に土曜日は職員も少なく、利用者は40人近くいる中、半数は車イス使用のほぼ全介助が必要な人がいるある意味素晴らしい曜日なのですが、いざ出勤したら介護士が急きょ2人欠員な上に、看護師もシフト上誰もいないという状態で [続きを読む]
  • ひやりはっと報告書とは?
  • ☆ひやりとした時には☆色々な職場に特に設備管理・建築系の職業では何か事故につながりそうな事が起きたときにはひやりはっと報告書と言うモノを作成した方もいるかと思います。医療・介護職でも「ひやりはっと報告書」と言うモノは必ず存在します。特にこれらの業界では相手の命にすぐ直結してしまうモノもあるのでなるべくなら作成せず済むようにしっかり技術を身に着けて危険を防ぐに越したことはありません。でも職員も人間で [続きを読む]
  • 無茶ぶりの仕事は無理せずに
  • ☆無茶ぶりのサービスに注意☆前回に引き続きデイサービスの午後でレクをするときに無茶ぶりされたお話です。デイサービスのホールでのサブリーダーとして仕事をしていた日。午後のレクが始まる寸前、見慣れないスカート1着がぽつんとイスにかかっていました。季節は夏ごろ、アロハ気分をということでカラフルなひらひらした女性ダンサーが履くようなロングスカートが用意されていました。最初それに気づいたもののスルーし、途中 [続きを読む]
  • 新しい仕事は介護
  • ☆介護職☆前回の公共施設での仕事を終え、新天地は介護職。就いてみて実感するのですが仕事はきついというのと給料が安いのは事実です。時給は50円くらいアップ?給料という点では未経験・無資格と言うのは相当安いです。早い段階で「介護職員初任者研修」を習得することをオススメします。介護の仕事は体で覚えなければいけないことが多いのでそれを早めに習得してあとは現場のやり方を覚えるのが良いと思います。期間は詰め込め [続きを読む]
  • 最後の仕事は完璧に
  • ☆最後の大仕事☆前回は現場長に引導を渡され介護業界に進むことと退職が年明け1月末になることが決まった後、「お前が主導で行う仕事はこれで最後だ!!しっかりやってみせろ!!」といわれ実質秋のイベント終了の11月末まで毎週のように3つほど大きい仕事をこなすことになりました。新しい取り組みも多かったのですが・・・①秋のコンサート開催②市民参加型バス旅行③他の施設でのイベント①は今まで行っていたコンサートと [続きを読む]
  • 他人に決められた進路
  • 最後の一言今回の記事は今の介護の仕事に就いた経緯を記す大事なものになっています。ブラック企業の定義として挙げた5つが順調に(?)繰り返され、⑤退職届受取拒否→①みんなの前で恫喝→②パワハラ→③早朝出勤と来ていよいよ最後の④給与カットに差し掛かりました。今回の④に関して言えば正社員時代の不動産会社の時のように翌日分からいきなり給与カットされたわけではなく、正確に言えば未遂で終わっています。前々から少 [続きを読む]
  • 早朝出勤の始まり
  • パワハラが始まってしばらく経ち次は11月〜12月私は現場長から通常より早くの出社を命じられました。もちろんそれまでも大方一番早く出勤はしていたのですが、現場長と一緒に今でいう朝活をすることになり、朝の過ごし方を見て来年の人事評価の最終的な判断材料にするとのことが理由でした。ブラック企業の定義③まで来てあとは④を残すのみですがやはり来たなというのが正直な感想でした。表向きは公共施設なので日中はなんだかん [続きを読む]
  • 徐々にエスカレートしてきた職場の対処法
  • ギアチェンジブラック企業の基準の①である社員の前で恫喝については日常茶飯事だったのでここでは詳細は省略します。さて去年の11月くらいになり秋のイベントももう少しで終わりというころ、現場長が今までの職場環境から厳しく「ギアチェンジ」すると言い出しました。理由としては私たちの雇用契約が3月末締めの1年更新なのですが実質は前年の12月までに本人の意思・会社の評価をすり合わせ4月からの人事の新年スタートに備 [続きを読む]
  • 退職届受理されない
  • 届出拒否入社から丸2ヶ月経ったとき、みんなが出社する前に現場長に退職届を提出しました。当然ながら現場長も雇われの身であるためあくまで最終的な人事権は本社の人にあるわけなのですが、それまで散々提出を催促されたわけですから早く受け取って本社に送ってほしいなと思っていましたがイヤな予感もあり、それが的中してしまいました。現場長:「何を言っているんだ?退職届受け取るわけないだろう!これから地獄を見せてやる [続きを読む]
  • 早々の戦力外通告
  • 公共施設で働くことになった私ですが、当時のメンバーは現場長含め、契約社員が5人、受付のパートさんが10人ちょっとの構成で始まりました。あとは別会社で設備管理やら清掃、レストランのスタッフがおりますがキーマンになる現場長は関西方面出身で定年間近くらいの年齢、高卒で工場勤務に入り、色々な企業で働き30歳前に個人経営で会社を立ち上げるほどのポテンシャルの持ち主でした。今回いつもの取引先であるこの公共施設が民 [続きを読む]
  • 注意すべきだった採用面接
  • 順調すぎた採用面接前回で多少なりとも自信をつけた私は広告で偶然見つけた地元の公共施設の求人を見て、私自身、既に自分の選択に自信がない状態だったのでかなり慎重になっていましたが思い切って応募しました。書類選考は通過し、いよいよ面接。面接官は本社の社員で営業担当であり実質の窓口の男性と、実際働く現場の現場長の男性2人でした。面接自体はとても感触が良く、相性もよさそうかなと思い私の選択に久々に自信が持て [続きを読む]
  • 活用しよう国の就労支援施設
  • サポステ前回まで工場勤務をしていたわけですが年齢も28くらいになり焦りは募るばかりでした。もちろんまだ正社員を目指していた時期です。次がすぐ決まったわけでもありません。ニート期間と日雇い時代が長かったので事務処理能力の低下が深刻だったのでハローワークでパソコン講座なるものを受けていました。その講座が終わったあと、他の講座の案内があり参加することにしました。主催者は全国で何箇所か運営しているNPO法人で [続きを読む]
  • 洗浄室内は水分補給は忘れずに
  • 灼熱の洗浄室今回はこの前のコンビニの下請けスイーツ工場とは別のコンビニの下請け工場で主に弁当を製造するところに派遣されたときのお話です。ポジションは1日中ラインで製造された弁当を積み込むときに使用されるパレットの洗浄ルームでした。スイーツ工場の時にも度々そのポジションで仕事してましたが、このポジションの大変なところはパレットを洗浄する機械にセットするのですがその機械が除菌洗浄のためすごい熱と蒸気を [続きを読む]
  • 冷蔵室内は防寒対策をしましょう
  • 冷蔵室の仕分け今回は某大手24時間営業スーパーマーケットの食品倉庫で仕分けをしていた時の仕事です。ここの勤務体系は完全に夜勤で少々寒いくらいの冷蔵室内で仕事をしておりました。時期は夏場だったので涼しいくらいに思えましたが冬場だったら過酷だったでしょうね(汗)最初は伝票を持ちながら弁当を発送先ごとに必要個数仕分けてコンテナに入れていく作業でしたが、そのうち別のポジションに飛ばされました。そこは漬物の [続きを読む]
  • 引っ越しは腰をお大事に
  • 引越作業今回は引っ越しの単発業務について記事にしていきたいと思います。引っ越しの仕事については大きく分けてビルのテナント移転による什器の搬出入をする法人系と、一般家庭の引っ越しでの家具の搬出入の一般家庭系の2つがあります。私はどちらも経験していますが、法人系は結構楽です!!勤務時間も3時間くらいで早く終わることが多いのですが日給制なので給料は全額出ます。時には1時間くらいで終わって3時間分の日給が [続きを読む]
  • 残業を頼まれたら要注意
  • 最後の残業今回でコンビニのスイーツ工場での記事も最終回。実を言うと私は辞めてから3年近く自分からコンビニの生菓子は1度も買ってません(汗)差し入れとかでもらっても食べませんでした。何か体に悪いモノが入っているわけではありませんが辛い思い出しか無い状態で作ったものを現場から離れても食べたいとは思わないからです。それまでアパート暮らしの時は毎日のようにたべていたのですが…かろうじてミニストップのハロハロ [続きを読む]
  • 気の合う同僚を見つけて乗り切るべし
  • 気の合う外国人今回はコンビニのスイーツ工場勤務全3回のうち2回目を記事にしていきたいと思います。勤務開始して2ヶ月を過ぎたころ仕事自体は相変わらず忙しく最初のころはあちこち人手が足りないラインに飛ばされていたのですがだんだん固定されてきました。午前中はロールケーキの製造で、既に出来上がっている円形のスポンジ生地がラインで3列くらいに並んで流れてくるので生クリームを絞って入れたり、ナッツや他の中身を [続きを読む]
  • 就業先の社名は要確認
  • 悪夢再び今回の話は中長期勤務専門の別の派遣会社を利用したときの話で半年近く働いていたので3回に分けて記事にします。最初は機械部品の検品の求人を見て登録会に行ったのですが、既に定員集まって募集してないといわれ代わりを提案されました。そこの派遣会社の求人は勤務先の会社名を載せておらず気になってたのですが社会保険に入らない程度の勤務ですむということで何もせず帰るのも嫌だったので承諾しました。いざ勤務初日 [続きを読む]
  • よくよく考えよう食品工場での働き方
  • 初めての食品工場今回からは工場勤務でも激務だったところ文字通り地獄が見えるところをお送りしていきたいと思います。最初に紹介するのはだれでも知っている某大手コンビニの下請け工場。主にポテチやキャンデーなどのお菓子ではなく、エクレアやロールケーキ、ミニパフェなどのいわゆる生菓子を製造する工場で働いた話です。食品系の工場勤務は商品単価が安いからなのか時給が今の介護職とほとんど変わらず800円台と安い所が多 [続きを読む]
  • 運送会社での仕分け
  • 寒い中での仕分け今回の勤務は前回に記事にあげたお歳暮の仕事と同じ派遣会社から紹介された仕事になります。ここで工場勤務するうえでの注意点をもう一つ。コミュ力が大事との話を以前したと思いますが何も現場に限った話ではなく派遣元の担当者との関係性も大事で、労働環境の不満など仕事をしていると言いたいことは色々出てくるのですが、ただわがままや文句だけ言っていると肝心の良い仕事現場で働ける機会が減ってきてしまい [続きを読む]
  • 徐々に見えてくる過酷さ
  • お歳暮の仕分けまだ天国といっても今回の記事から工場勤務の結構過酷さが見えてきます。このカテゴリーはいわゆる仕分け業務が多く、今回と次回はパチンコや洋服の品出しの派遣会社とは別の仕分け専門の派遣会社を使ったときの話です。元々は年末の時期にお金がなくなりお歳暮の仕事の求人が多かったためです。お中元も仕事は同じなのでお歳暮の話をします。1ヶ月くらいの短期の仕事ですね。最初は交通費が全額出る仕事内容もそこ [続きを読む]