暢法 さん プロフィール

  •  
暢法さん: 物のちから
ハンドル名暢法 さん
ブログタイトル物のちから
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/phytoncidmiyama/
サイト紹介文福祉用具ってどんな物? カタログ通りにできない事が在宅現場でいっぱい・・・ 用具屋のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 200日(平均5.7回/週) - 参加 2017/01/30 23:28

暢法 さんのブログ記事

  • ハイピアーの在庫をきらし、バタバタ
  • 天候不順が続く。でも、毎朝夏野菜や果物の収穫も続き、朝は忙しい。いつも上手に収穫できた時は母に見せて、手に持たせてあげる。目は閉じていても、感触を確かめるようにニギニギする仕草。オヤ?左の手首の外側に4つの凹み。どうやら、右手で左手首を握り続けていたよう... [続きを読む]
  • 歩んできた日々を楽しむ
  • 毎日母の顔をのぞきこんでいる。体重が増えてきたせいか、昔の面影を感じてきて、いろんな事が思い出されるのだ。これは母が80歳の時に東北最高峰「燧が岳」に兄弟と登った時のもの。翌年3.11震災が発生するなど知る由もない・・・母は趣味の舞踊や畑も一生懸命で健脚ではあ... [続きを読む]
  • 指の拘縮と水虫
  • いつも両手をきつく握ったままで、指の爪で自分の手を傷付けてしまうので、左右それぞれにぬいぐるみを握らせていたのだった。昨日の訪問看護師が特に右手の拘縮が強くなってきていて、指の間に水虫が発生しているのを発見。塗り薬を塗布して指の間にガーゼを挟めてくれた。... [続きを読む]
  • 四点杖の破損
  • 長く利用いただいていた方の四点杖。壊してしまってから時間が経過していて使えない状態だった。レンタル品(借り物)だったので、どうしたら良いか悩んでいたそうだ。家族が運転する車に乗る時に杖を車外に置いたままドアを閉めてしまい、車が動き出して車輪で踏んでしまい... [続きを読む]
  • 義歯のこと
  • 毎週1回の訪問リハビリ。ベッドに端座位をとると、母がいろいろ話し出したそうだ。ただ、何を話しているのか聴き取れないので、家内が入歯を入れればもっとしっかり発音ができるのではないかと思ってずうっと外したままだった入れ歯を装着した。でも以前にようには装着でき... [続きを読む]
  • たちあっぷ540の変則活用
  • 勝手口のドアを開けると15cmの段差がある土間で更に地面まで30cmの段差。U字溝をひっくり返して踏み台に工夫されていた。ドアのレバーハンドル錠を手すり変わりにして出入りしていたのだったが、ドアを開けた瞬間に前面に転倒(転げ落ちた)を繰り返したというので、レン... [続きを読む]
  • 住宅改修工事のはしご
  • 今年度も、住宅改修工事の依頼が多い。でも、レンタルの新規依頼も多く、書類作成や工事に時間拘束される住宅改修が遅れ遅れになってしまい、この日は一気に2件こなすしかなかった。遠方の場所なので忘れ物がないように入念にチェックして出発。今年は、屋外の段差解消や手... [続きを読む]
  • 悩みは聴いていただくだけでも前進できる
  • 職場の仲間が富良野に行ってきて、おみやげを持ってきてくれた。富良野のラベンダ−の種だった。どんなお土産よりも嬉しくて、希望が産まれてくるように感じてしまう。その瞬間、この人ならば聴いてくれるかな?と心が動き、昨今の出来事を話す。勿論だが、相手も突然の話な... [続きを読む]
  • 木製スプーンの威力 食事介助
  • 好物のバナナをスプーンでペースト状に潰して食べさせたが、一口食べただけで口を開けてくれない。ハッと思い出す。昨日、同僚のISHI君がレンタル品の点検にきてくれて、ついでに食事介助をしてくれたのだったが、同様に口を閉じてしまって食べてくれなかった。「・・・利用... [続きを読む]