lands_end’s blog さん プロフィール

  •  
lands_end’s blogさん: ランズエンド
ハンドル名lands_end’s blog さん
ブログタイトルランズエンド
ブログURLhttp://www.road-to-landsend.net/
サイト紹介文未破裂脳動脈瘤と闘う、アントラーズと巨人ファンで、読書と城巡りが趣味の、コーギーと暮らす中年の日記。
自由文読んだ本と漫画の備忘録として始めたブログですが、2016年に未破裂脳動脈瘤の手術・入院・休職を経験してからは、その経験もまとめています。
また、リーグ元年にジーコのプレーに魅せられて以来の鹿島アントラーズファンです。それから、最近は球場に行く回数は減りましたが、クロマティが居た頃からジャイアンツのファンでもあります。
飼っているコーギーのことを紹介するなど、40代の中年が書くゆるゆる日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 29日(平均12.8回/週) - 参加 2017/01/31 16:54

lands_end’s blog さんのブログ記事

  • 『ゼロの迎撃』を読んだ!
  • ゼロの迎撃(著:安生正)を読んだ!安生さんの前作、『このミス』で大賞に輝いた『生存者ゼロ』は、文章のテンポや言葉遣いが私的にはかなりツボにはまり楽しめました。『生存者ゼロ』を読んだ! - lands_end’s blogその後、古本屋さんで第2作目を見つけたので購入し、期待しながら読み始めました。結構ボリュームがありましたが、無事に読み終えましたので感想をまとめます。 『ゼロの迎撃』のあらすじ 『ゼロの迎撃』 [続きを読む]
  • ジーコと共に〜2017年Jリーグ開幕戦 鹿島 VS FC東京〜
  • 都内から車を飛ばすこと2時間半。昨年末からの鹿島の快進撃がもたらしたのは、チケット販売枚数26,000枚超、久々の東関東道出口大渋滞、、、多くの人が集まってきていた。いつもなら、2時間前には着き、のんびりとモツ煮込みを楽しむところが、着くのが1時間前だと既に大混雑で、のん気に飯を食ってる暇はありませんでした。私は、昨年末からの勝負強さと、的確な補強に胸を躍らせながら、開幕戦のスタンドに臨みました。今回は、 [続きを読む]
  • ジーコと共に〜 ACLグループステージ初戦 鹿島 VS 蔚山
  • 2年ぶりのACL参戦である。昨年末のCWCでの快進撃が幻だったと言われないように、今年は是が非でもアジアを獲ってカタールに乗り込みたい!そのためにも、このホームで迎える初戦はとても大事なのですが・・・鹿島が苦手にしている韓国勢というのが気になっていました。試合前のスタメンを見た時試合を観戦している時試合後の印象この3点を自分目線で恐縮ですがまとめてみます。尚、平日の夜は鹿島まで行けません!絶対に無理だよ・ [続きを読む]
  • 『春から夏、やがて冬』を読んだ!
  • 春から夏、やがて冬(著:歌野晶午)を読んだ!歌野さんの作品は、どうしても『葉桜の季節に〜』の衝撃が強すぎて、読む前から読み手が作品のハードルを上げてしまうために、中々満足感を得られず、読後の評価も辛いものに成りがちです。まあ、あれだけの名作を作ってしまった宿命として、歌野さんには我慢して頂くしかありません。今回の作品は、その葉桜〜のあとに作られた作品です。葉桜で得た評価に惑わされること無く、どんな [続きを読む]
  • 『風よ、万里を翔けよ』を読んだ!
  • 風よ、万里を翔けよ(著:田中芳樹)を読んだ!最近読んでいる本の傾向が、ミステリーやエッセイなどが多くなっていたので、ちょっと固目の文章を読みたくなってこの本を選びました。90年代に購入して以来、何度も読んでいますが、再び読んでしまいました。読後の感想をまとめてみます。 『風よ、万里を翔けよ』のあらすじ 『風よ、万里を翔けよ』のおススメ度はいくつ? 『風よ、万里を翔けよ』をおススメしたい人 『風 [続きを読む]
  • 『YOU!』を読んだ!
  • YOU!(著:五十嵐貴久)を読んだ!近所の古本屋さんに、ポップつきでこの本が置かれていた。曰く『SM●Pの真実を知るのに最適な一冊!』『ジャ●ーズ事務所とはこんな場所です!』私は、昨年日本を騒がせたアイドルグループのファンではありません。彼らとは同世代なので、解散と聞いてそれなりに感慨深いものはありましたが、どちらかと言えば、芸能ニュースは不得手です。ですが、煽られると弱い性格で・・・ポップに引かれてつ [続きを読む]
  • 『真夏の方程式』を読んだ!
  • 真夏の方程式(著:東野圭吾)を読んだ!本書はガリレオシリーズの第5弾作品です。前回までの4作品も、なかなか面白かったので期待しつつ古本屋で購入しました。読後の感想日記です。 『真夏の方程式』のあらすじ 『真夏の方程式』のおススメ度はいくつ? 読書後の感想 おススメしたい人 おススメしない人 最後の結末良かったです! 『真夏の方程式』で個人的に気に入った3 [続きを読む]
  • WEBの素人 〜はてなブログにfeedlyのボタンを設置してみた〜
  • 理数系の知識や発想が乏しい人間にとって、ブログを使い勝手が良くなるようにカスタマイズしたくても、多大なストレスと時間を労することになります。ネットを検索すると、多くの親切な人が、様々なカスタマイズ方法を詳細に渡って載せてくれています。大変有難いことです。ですが、私みたいな真の素人には、実はその親切なサイトでも不十分だったりします。なぜなら、基礎の基礎が判らないからです。今回、自分のブログのカスタマ [続きを読む]
  • 未破裂脳動脈瘤と闘う 〜手術後まで子供は考えないことに〜
  • 昨年の9月から書き始めたこの『未破裂脳動脈瘤と闘うブログ』ですが、始めて4ヶ月、なんとか脳動脈瘤発見から開頭クリッピング手術日の決定までを、29本の記事にまとめることが出来ました。29本の記事のまとめサイトはこちらです。未破裂脳動脈瘤と闘う 〜発見から手術日決定までの目次〜 - lands_end’s blog今回からは、手術日が決まってから入院するまでの4ヶ月の日々について、書きたいと思います。どんな事を考えていたのか [続きを読む]
  • 漫画『雪の峠 剣の舞』を読んだ!
  • 雪の峠 剣の舞(作:岩明均)を読んだ!『吉良忠臣蔵』を読んだら、なんだか無性にこの漫画が読みたくなってしまった。忠臣蔵の描かれた江戸時代とは時代が異なりますが、マニアックかも知れませんが、侍が描かれている作品です。 『雪の峠 剣の舞』のあらすじ 雪の峠のあらすじ 剣の舞のあらすじ 『雪の峠 剣の舞』のオススメ度はいくつ? オススメできる人 オ [続きを読む]
  • 『吉良忠臣蔵』を読んだ!
  • 吉良忠臣蔵(著:森村誠一)を読んだ!面白い本はないかなぁ・・・とブックオフを物色している時に見つけました。私の忠臣蔵の知識は乏しいです。年末になれば必ずドラマ放送がある日本人好みの話しであり、浅野の遺臣が主君の仇討ちを果たした事件である。という程度です。なにしろ、歴史は好きですが、もっとも興味の薄い日本近代史なので・・・。それでも、この本を手にして読んでみようと思ったのは、『世間では悪者である吉良 [続きを読む]
  • 未破裂脳動脈瘤と闘う 〜発見から手術日決定までの目次〜
  • 2015年春、たまたま受けたMRIで未破裂脳動脈瘤が見つかりました。その後半年ぐらいの間、悩み、試行錯誤し結果、最終的に開頭クリッピング手術を受けることを決意しました。手術を決意してから2ヶ月、脳血管撮影検査を経て、手術日が確定しました。手術は2016年春に行いました。術後、入院・自宅療養を経て、2016年夏に無事社会復帰出来ました。復帰して3ヶ月経ち、少しずつ身体が慣れてきた2016年秋、折角と言 [続きを読む]
  • 未破裂脳動脈瘤と闘う〜開頭クリッピング手術の手術日決定〜
  • たまたま受けたMRIで見つかった未破裂脳動脈瘤を、どうしたらいいのか数ヶ月に渡って悩んだ挙句、開頭クリッピング手術で処置することを決意しました。ですが、手術を決めても即手術が受けられる訳ではなく、担当医師からは、実際に手術を受けるまで半年程度待ってくださいと言われました。今回は、手術を決意してから実際に手術日が決まるまでをまとめてみます。 手術を決意してから手術日が決まるまで 手術を決意 [続きを読む]
  • 2017年の鹿島アントラーズ陣容が決まりました!
  • 2017年1月31日、夜7時過ぎ。スペインから日本に1つのニュースがもたらされました。アントラーズのサポーターにとっては鹿島10番の移籍ニュースの方が、某国の不思議な大統領の言動よりも、人生にとって重要なニュースでした。この日発表された、柴崎岳のテネリフェ移籍決定をもって、2017年の鹿島アントラーズの陣容が確定しました。今回の記事は、新しい陣容を振り返ってみることにします。 2017年の鹿島アントラーズ所属選手 [続きを読む]
  • 未破裂脳動脈瘤と闘う 〜脳血管撮影検査後、ひかない痛み〜
  • 未破裂脳動脈瘤の治療のために開頭クリッピング手術を受けることに決めたので、手術の下準備のために脳血管撮影検査を2泊3日の入院で受けました。検査当日、カテーテルを大腿動脈に差し込む際に、私の血管が通常よりも硬化していたことに加え、差し込むべき血管を医師が見誤ったため、何度も挿し直しと圧迫止血を受けることになりました。その時のことはこちらの記事にまとめています。未破裂脳動脈瘤と闘う 〜実際に脳血管撮 [続きを読む]
  • 『きらきらひかる』を読んだ!
  • きらきらひかる(著:江國香織)を読んだ!この本を読むのは初めてではありません。10代後半に始めて読んで以来、人生の節目節目に読み返している。10回は読んでないと思う。でも5回以上は読んでいる気がする。私が本を複数回読み返すのは、自分が年齢を重ねたり、色んな経験を得ると、本の読み方や感じ方が変わるのが楽しいからである。この本も、私にとってはそんな1冊です。 『きらきらひかる』のあらすじ 『きらきらひか [続きを読む]
  • 未破裂脳動脈瘤と闘う〜2泊3日入院では保険は出ない!?〜
  • 未破裂脳動脈瘤の治療を開頭クリッピング手術で行うと決断し、手術の準備のために脳血管撮影検査を受けました。脳血管撮影検査の入院は2泊3日で、費用は約55,000円でした。今回の記事は、退院後に保険会社に電話して判明したことを記載しておきます。まあ、私が甘かったのを晒すようなものなのですが・・・。ちなみに、以下の話は私の保険の契約での話です。全ての方が同じような結果になる訳ではありません。なお、入院か [続きを読む]