チェスプレイヤー さん プロフィール

  •  
チェスプレイヤーさん: チェスやりますか
ハンドル名チェスプレイヤー さん
ブログタイトルチェスやりますか
ブログURLhttp://japanchess.com/
サイト紹介文チェスを始めたい方、愛好者向けの情報サイトです。試合の振り返りや大会、イベント情報なども載せます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 141日(平均2.0回/週) - 参加 2017/01/31 12:51

チェスプレイヤー さんのブログ記事

  • エンドゲームの参考書
  • 今回は、今更聞けないシリーズではなく、エンドゲームの参考書を少し紹介しようと思います。将棋とチェスが一番違うところを挙げるとしたら、やはりエンドゲーム、終盤だと思います。将棋の解説などでも終盤という言い方はすると思いますが、将棋で言う終盤は、相手の王様への直接的な攻撃、つまり寄せですが、チェスの終盤は、「ポーンをいかに昇格させるか」に重点が置かれ、ちょっとパズルのような感じです。相手との棋力差があ [続きを読む]
  • ルセナポジション〜今更聞けないチェス用語〜
  • 先日はフィリドールポジションについて書きました。そうしたら、もう一つ言及しないといけないものがありまして、今日のお題は「ルセナポジション」といたします。これもルークエンディングでは重要な話で、これも前回同様、K+R+P対K+Rのエンディングですが、今回は、ポーンを持っている側が原則勝てるポジションです。具体的には以下のようなポジションですが、ポーンは7段目に達し、キングが8段目にいて、ルークは1段目にいます [続きを読む]
  • フィリドールポジションとは〜今更聞けないチェス用語〜
  • さて、今日は第3弾でフィリドールポジション(Philidor’s position)のお話です。今回は終盤の話になりますが、これは非常に大事なテクニックで、中級者でも、このことをきちんと理解できていない人もいますので、知っておくと非常に有益です。ちなみにPhilidorは1700年代の有名なチェスプレイヤーでもあり音楽家でもあります。下図が典型的なフィリドールポジションです。K+R対K+R+Pで、白はワンポーンダウンで不利な状況であり [続きを読む]
  • グッドビショップとバッドビショップ〜今更聞けないチェス用語〜
  • さて、今更聞けないチェス用語第2弾、今日はグッドビショップとバッドビショップについて説明します。ビショップは、斜め4方向に動ける駒で、開始時はそれぞれの陣営に2個ずつあります。ナイトとビショップはほぼ同じ価値があるとされ、マイナーピースと表現されることもあります。ビショップの大きな特徴は、機動力があるが、行けないマスがあることでしょう。チェス盤は白黒の格子模様になっていますが、たとえば、初期状態に白 [続きを読む]
  • アウトポストとは〜今更聞けないチェス用語〜
  • 今日は、初〜中級者の方向けに、「アウトポスト」について説明いたします。ちなみに私はチェスを30年やっていますが、アウトポストについて説明を聞いたのは数年前のことです。なんとなーくは理解していたのですが、重視はしていませんでした。それでもなんとかレイティング2000位まではいけますので、ご安心ください笑さてアウトポスト(outpost)は英語の単語ですが、辞書で調べると、植民地、居留地、前哨地、前哨部隊と言う意味 [続きを読む]
  • 全日本チェス選手権全国大会から1局
  • さて、全日本が終わって、まだ疲れがとれない状態ですが、自分のベストゲームと思われる試合を紹介します。第10局、格上のMitsuya選手とあたりました。ここでポイントを取ると勝ち越しになる大事な試合で、地味に戦略が功を奏し、勝てるか!?と思ったんですけどねえ…。□Mitsuya Naoto (2102) ■Higashishiba Teruomi (1977) 2017 All Japan (10), 05.05.20171.e4 Nf6 2.e5 Nd5 3.d4 d6 4.Nf3 dxe5[Alekhine Defenceですが、 [続きを読む]
  • 全日本チェス選手権全国大会6日目最終日
  • さて、ついに、全日本チェス選手権全国大会が終了しました。最終結果ですが、Noguchi選手がそのまま勝って10勝1敗の驚異的な成績で優勝しました!おめでとうございます。IM Kojima選手も勝利して追いかけたのですが、0.5ポイントの差で準優勝。3位はFM Yamada選手、4位はAoshima選手でした。4選手とも、優勝でもおかしくないようなポイント数でしたね。ソフトのバグか何かで、順位が入れ替わって表示されていますが、実際の順位は [続きを読む]
  • 全日本チェス選手権全国大会5日目
  • 全日本チェス選手権全国大会5日目が終わりました。いよいよ後1試合になってしまいました。さて、昨日の記事で書いたとおり、今日はIM Kojima、Aoshima両選手の対戦があり、なんと、Aoshima選手が勝利し、1位と2位が入れ替わって、Noguchi選手がトップを走っております。それにしても、Noguchi選手はIM Kojima選手に敗れた以外は全勝で、ちょっと驚きの展開です。ちなみに2014年に行われた全日本選手権でもNanjo選手が10.5ポイント [続きを読む]
  • 全日本チェス選手権全国大会4日目
  • 全日本チェス選手権全国大会4日目が終了しました。いよいよ明日から終盤戦となります。今日もIM Kojima選手が連勝し、7.5ポイントと伸ばして、独走しております。2位がNoguchi選手で7ポイント。3位がFM Yamada選手で6ポイント。ただ、両選手はすでにIM Kojima選手と対戦して負けておりますので、自力優勝は今のところない状態で、残り3試合、誰かがKojima選手からポイントを取れるのかが注目されます。明日はその第一候補であるAos [続きを読む]
  • 全日本チェス選手権全国大会3日目
  • 全日本チェス選手権も3日目になりました、半分以上進んだことになります。優勝争いも、ここでIM Kojima選手が地力を発揮し、無敗の5.5ポイントで単独トップに立ちました。後を追うのがFM Yamada選手とNoguchi選手の5.0ポイントで、明日Kojima選手とYamada選手の直接対決となります。IMがこのまま独走するのか、誰かがストップさせるのか、注目ですね。あと5試合となり、上位陣同士があたって、大分ペアリングが難しくなってくるは [続きを読む]
  • 全日本チェス選手権全国大会2日目
  • さて、全日本チェス選手権2日目、早くも上位陣でだんだんポイントの削り合いが始まりました。今日も連勝し、唯一4ポイントなのは、Noguchi選手。それを3.5ポイントで追うのが、IM Kojima、Nakamuraの両選手です。今日ちょっと注目したのは、私が昨日敗れたShiomi選手とNakamura選手の試合で、Nakamura選手が間違いなく優勢だったのですが、Shiomi選手の粘りがすごく、最後の最後はドローになっていました。ああいう粘りを見習って [続きを読む]
  • 全日本チェス選手権全国大会1日目
  • ついに全日本チェス選手権が始まりました。まず、今年は事前にエントリーリストや規約が発表され、試合の開始もスムーズで、さすがだなあと感心しておりました。また、せっかくなのでいろんな方と時間があればお話ししたいと思いつつ、やはり試合が始まるとなかなか、という感じで。さて初日ですが、ぼちぼちアップセットもあり、2連勝した選手はYamada、Shiomi、Mitsuya、Noguchi、Nakamura、Higashinoの6選手でした。今年はタイ [続きを読む]
  • 全日本チェス選手権全国大会の展望(3)
  • Facebookを見ていたら、全日本チェス選手権全国大会のエントリーリストが公開されていたので、ちょっと見てみました。画像はChess-Results.comからの抜粋です(エントリーリスト)エントリーはすでに締め切っているので、以上39名の参加でしょうか。例年に比べると、やや寂しい感じ、ですね。ちなみにこのリストはFIDEのレーティングを採用しているので、JCAのレーティングとは大分乖離がある方もいらっしゃいます。ちなみに、事前 [続きを読む]
  • IVLに参加しました
  • 少し前の話になってしまいますが、IVL(アイヴィー・リーグ)という集まりに参加してきました。今回で3回目となりますが、日本のトップクラスの面々が集い、1日で4〜5試合ほどの快速戦を行うもので、大会と言うよりはトレーニングの意味合いが強いものとなります。今回は小島先生が午前で上がると言うので、午後の分の試合を私が担当することとなりました。ちなみに自分のレイティングで順番をつけると、下から3番目になります…。 [続きを読む]
  • 初心者が学ぶべき定跡③ーカロカンディフェンスー
  • e4を指すものにとって、ルイロペス、シシリアンディフェンスへの対策は白番でも不可欠なのですが、黒番のレパートリーとして勧める定跡というのは、ちょっと迷う感じです。イタリアンゲーム(1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.Bc4)なども、黒番でe5を指す場合は否応なしに対策が必要ですし、そもそも最近はd4を指す人が多いですから、結構大変で。黒番のレパートリーとして、私がおすすめかつ長年愛用してきたのがカロカン・ディフェンス [続きを読む]
  • 全日本チェス選手権全国大会の展望(2)
  • さて、前回の記事では、展望と言いながら、大会要項とシード選手のみの記載でした。もう少し追記したいと思います。全日本チェス選手権全国大会は6日間、11試合で行われます。1試合ごとの時間も長いですし、長丁場なので、スタミナも要求されます。ちなみに私が高校生の時に参加したときは13試合で行われていて、持ち時間などの設定にも全くなれていなかったので、調子も出ず、つらい思いをしたのを覚えてます。全日本チェス選手権 [続きを読む]
  • FIDE Online Arenaを使ってみた…大変不便!
  • オンラインでチェスの対局ができるサイトは多数ありますけど、FIDE公認でレイティングも付くというのがあると言うことで早速試してみました。まず、FIDE Online Arenaでアカウントを作る必要があります。で、そのためには、元々FIDEのレイティングがついている(FIDE IDをもっている)必要があるかもしれません。メールアドレス、住所、電話番号、パスポートか運転免許証の番号(えーって感じですが)の入力を求められ、アカウント [続きを読む]
  • 初心者が学ぶべき定跡②ーシシリアンディフェンスー
  • 1手目e4に対しての応手として、おそらく一番多く見られるのが、1. … c5、シシリアンディフェンスです。いろいろなバリエーションがありますが、白はセンター、キングサイドでの優位性を主張しようとするのに対し、黒はクイーンサイドからのカウンターを狙います。大きく分けると、白が3手目でd4とつくオープンシシリアンとつかないクローズドシシリアンがあり、基本的にはオープンシシリアンの方が主流でしたが、最近はクローズド [続きを読む]
  • 全日本百傑戦の結果、全日本選手権の展望
  • 全日本百傑戦について・上記の結果はhttp://www.chess-results.com/より抜粋先週末、3/18~20に行われた全日本百傑戦は混戦模様で終了し、山田弘平選手と小林厚彦選手が5.5ポイントの同率で優勝しました。4ラウンドまで連勝して独走していたIM小島慎也選手は最終日に小林選手に負けて、入賞を逃しました。4ポイント以上の選手を見ると、常連の強豪以外も多数入っており、アップセットが結構あったことがうかがえます。また、上位5人 [続きを読む]
  • ギャンビット(Gambit)とは
  • チェスで、序盤にわざとポーンを(1個もしくは複数個)相手にとらせ、代わりに展開やテンポを得ることをギャンビット(Gambit)といいます。将棋でいうと「突き捨ての歩」が一番近いでしょうか。将棋の場合は、駒が循環するので、1歩では優劣がつきにくいかもしれませんが、チェスの場合は、ポーン1個でも捨てたら戻ってきませんので(必然的に取り戻せるような手筋もありますが)、それによる代償がないと、最悪そのまま負け一直線 [続きを読む]
  • 初心者が学ぶべき定跡①ールイロペスー
  • チェスを始めてしばらくすると、必ず突き当たる問題としては、「定跡は何を覚えるか」です。以前の記事で、おおざっぱに5手くらい覚えればいい、と説明しましたが、やはりそれでは、対応しきれないわけで、一つは中盤くらいまで並べて勉強して、ある程度理解できている定跡が欲しいものです。私は1手目、ほとんどe4(ポーンをe4へ進める)しか指しませんので、どうしてもe4がらみの解説が多くなってしまうと思います。まず、おすす [続きを読む]
  • 世界女性選手権から1局
  • つい先ごろ行われた世界女性選手権の決勝戦、第3局。負け越しているMuzychukはこの局白番。ここで勝っておかないと苦しくなりますが、見事勝利を収めました。今日はこの対局を見てみようと思います。□Muzychuk Anna(2558) ■Tan Zhongyi(2502) FIDE Women’s World Championship 3.2.20171. e4 e6 2. d4 d5 3. Nc3 Nf6 4. e5 Nfd7 5. f4 c5 6. Nf3 Nc6 7. Be3[French defenceの Steinitz, Boleslavsky variationという変化になり [続きを読む]
  • FIDE Women’s World Championship 続報
  • 以前、女性世界選手権についてはお知らせしましたが、現在、決勝戦まで進行したので、続報です。決勝に残ったのは、Tan Zhongyi(2502, 中国)とAnna Muzychuk(2558, ウクライナ)のお二人で、レイティングトップだったJu Wenjun(2583, 中国)は準々決勝でTan Zhongyiに敗れています。Tan Zhongyiは25歳でWGM(女性限定、レイティング2300以上)のタイトルは保持していますが、まだGMのタイトルは持っていません。2008年に一度女 [続きを読む]
  • Blindfold chess(目隠しチェス)
  • Blindfold chess(目隠しチェス)は私はやったことはありませんが、興味のある方もいらっしゃるようなので、少しご紹介しようと思います。Blindfold chess(以下目隠しチェス)は言葉通り、盤面を見ず、目隠しでチェスをするということで、対局者の両者とも目隠しで行う場合や、強者がハンデとして行う場合、余興見世物として、多数を相手に行う場合(この場合は相手は盤面を見て指す)などがありますが、記録として残るのは、同時 [続きを読む]
  • チェスとコンピューター
  • 今日は、チェスコンピューター(ソフト)について簡単にお話しします。将棋や囲碁でもコンピューターソフトはありますが、最近になって、やっとプロと対戦して勝利をあげるようになった、というくらいでしたか。ただ、この手のことというのは暗黙の了解というか、プライドというか、世界一(チャンピオン)がコンピューターに負けたとあっては、沽券に関わる訳で、なかなか対戦が実現しないものと思います。チェスはいち早くコンピ [続きを読む]