バズーカおやじ さん プロフィール

  •  
バズーカおやじさん: タイで七転び七起き
ハンドル名バズーカおやじ さん
ブログタイトルタイで七転び七起き
ブログURLhttp://bazookaoyaji.blog.fc2.com/
サイト紹介文タイを中心に東南アジア経済支援に奮闘する健気なおっちゃんの記録
自由文タイの田舎町を旅してみたい、タイで暮らしたい、タイの女と仲良くなりたいという人のために、(なるべく)ガイドブックには書いていない情報をお届けする。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 87日(平均6.9回/週) - 参加 2017/02/01 01:26

バズーカおやじ さんのブログ記事

  • タイの美人県はどこですか その2(北部後編)
  • プレーは思ひ出の町。夜行寝台列車で17歳のかわいい少女と知り合って、まだ30そこそこやったおっちゃんの胸が少年のようにときめいたもんで。その話はこのブログを始めた頃書いた。↓http://bazookaoyaji.blog.fc2.com/blog-entry-7.html妻にプレー出身の友人がいて、目のクリッと大きい色白美人やった。スコータイやカンペーンペッまで下ってくると、急に色黒になる感じ。カンペーンペッはバナナの産地だけあって、どえらい暑いの [続きを読む]
  • タイの美人県はどこですか その1(北部前編)
  • タイに初めて遊びに来てから23年になろうとしてて、その集大成として全力を挙げて美人の多い県ランキングを作ることにした。おっちゃんは76県+バンコクすべてに行ったことはあるにしても、それぞれの県でゆっくり腰落ち着けてオナゴを観察したわけではないし、女の美醜ちゅうもんは人それぞれで受け取り方違うし、ここは単なる暇つぶしと捉えてちょうだい。そしてこの記事は是非ともテレサ・テンの「ふるさとはどこですか」をかけ [続きを読む]
  • 出稼ぎ初日嬢の決心
  • パタヤーのソーイ6で不思議なのは、入った店の名前を全く覚えてないこと。なんでかと徹夜で考えてみたところ、あそこは女の入れ替わりがあまりに激しくて、行ってみないことにはどこに上玉がいるか見当つかん。たとえばナーナーならツイスターバーやマンダリンにおっちゃん好みの踊り子の一人や二人は必ずいる。ソーイ6はそういう過去のデータが全くあてにならんのだ。もしかするとおばはんやブスは同じ店にずっとしがみ付いてるの [続きを読む]
  • 理解不能按摩女を返品
  • かつて頻繁に通った一発按摩屋ヴィーナスマッサージ。グランドタワーイントンローの細い出口のとこにあった。今はプリティに店名変わってるけど、なんかやばいことでもやらかしたんやろか。ロリータ系を揃えてて、かわいい感度良好のチェンマイ娘と何遍も対戦したわ。残念なことにその娘は胸にシリコン入れてしもうて、それからしばらくして辞めていった。当時のホームページには英語版もあって、日本語から切り替えるボタンのとこ [続きを読む]
  • 虹1ハデ娘の不審な無視
  • 90年代半ばのナーナーパーザーはゴーゴーバー街ではパッポン、ソーイカウボーイに次ぐ三番手(と言うかビリ)の位置付けで、それはそれは胡散臭いとこだった。地球の歩き方バンコク編には「日本人の感覚に合わない」とまで書かれてた。ところが99年には既に今のような感じになってて、ゴーゴーバー業界の主役に躍り出てた。当時の虹1ではすっぽんぽんで踊ってる姉ちゃんいてたなあ。虹1は虹グループの中ではわてにとって二番目に相 [続きを読む]
  • 氾濫するニッポン
  • ペッブリー通りからスクムウィットのソーイ39に入ると、腐痔スーパー2号店に行き着く手前左右にレストラン街ができてる。右手はTAKATOWNという名称で、「高」という字がやけに歪。タイ人経営だからか、それともわざとか。中華系でも若い世代は漢字を全く書けないらしいし。それより度肝抜かれたのは・・・鳥居の下に巨大提灯がぶら下がってるのもシュールだが、そこになんと、え・・・、栄光意味分かってんのかねえ。次はペッブリ [続きを読む]
  • シャーク貧乳嬢を偲ぶ
  • バカラの隣、シャークはそんなにひどいのは見当たらんけど、連れ出したいというとこまではいかない、微妙なレベルの踊り子の多い店やったな、今はどうか知らんけど。特別若いのもほとんどいてなかったし。何軒も回った後、ストライクゾーンに入らんでも今日はここで決めると決心しながら結局肩を落として出てしまう、そんなことが続いた。ナーナーパーザーで言えば、今のビルボードや虹1に近い感じか。呼ぼうとしてるのに目ぇ合わ [続きを読む]
  • 流れ流れてイサーン三姉妹
  • かつて一瞬上司だったしょうもないおっさんは、当時トンローソーイ2にあった「和子」というカラオケ屋の女に貢いでた。おっさん同様しょうもない女で、取引先の社長は寺にタンブンしに行くんで500バーツ寄越せとか日本からブドウ持ってこいとかそいつに言われて激怒してたなあ。その和子はバンプーにある某社社長の店だということは知れ渡ってた。ま、オーナー社長やから何やってもかまわんわな。5年ほど前同僚達と仕方なく入った [続きを読む]
  • 垢すり按摩で無法の一発
  • バンコクに垢すり屋が登場したのは21世紀初めで、そのさきがけはさざんかだった。最初スクムウィットソーイ22と24の間にあったけど、今は16辺りのややこしいとこでニューさざんかになってるそうで。そこから垢すりとファッションマッサージ(日本では死語?)とを合わせた茜や胡蝶蘭、JJなんかが派生してできてきた。スウィートマンゴーもソーイ31と33の間にあった頃はそういう店だった。いずれも本番なしで手●きのみ。当時いろん [続きを読む]
  • ソムオー級巨乳に感動
  • 以前書いたけど、2階右手マーキュリーは2012年前後イサーンから若くてかわいい娘っ子が次から次へと供給されてきて、おっちゃんはち◆ぽがいくつあっても足りないほど忙しかった。その最盛期に登場したのがソム、出身はスリンやったか。年は18かな。顔がちょっとあれなんで躊躇してたけど、ムチムチボデ〜に誘惑されて、ある日隣の一発部屋に招待しましたわい。胸がソムオーのようにパンパン。いくらわてが貧乳好きでも、これだけ [続きを読む]
  • 気品あふれる風呂屋嬢に無防備突撃 〜コパカバーナ〜
  • バンコクの風呂屋をすべて制覇しようと壮大な計画持ってた頃のおっちゃん、ある日ポセイドンの北側にあるコパカバーナに入った。当時ラチャダーの高級店と言えば、この2店とシーザーぐらいだったか。これより格式高い店はまだない時代だった。ポセイドンでは入った途端デジカメ持ってるかと聞かれ、カバン預けろと失礼なこと言われたんで、嫌じゃ、あほと怒鳴って回れ右して帰ったことあったな。そんなふざけたことぬかすのはそこ [続きを読む]
  • ピサヌローク18歳トリオを探せ
  • アユタヤー夜の経済発展に貢献する前、いつも腹ごしらえするのは「笑い屋」というふざけた店名の一応日本料理屋。グランドホテル手前ファミリーマート向かいの筋を入ると右手にある。贅沢言わなければ十分な味で、バンコクに比べると格段に安い。お勧めはイカの天ぷら、麻婆豆腐は注文してはいかん。ポテトサラダは腐ってたことがあって要注意。いつ入っても客少なかったから、今頃つぶれてるかも。<定規使って手書きで追加した笑 [続きを読む]
  • ロリータ系按摩屋NO.1従順娘
  • 昨日のフォーム嬢はスウィートマンゴーでNO.3と書いたけど、総合点で歴代トップはナームちゃん。ちなみに第2位は以前記事に書いたアンちゃん。↓http://bazookaoyaji.blog.fc2.com/blog-entry-22.htmlナームは店では違うチューレンを使ってて、十代だったはず。出身地もなぜか忘れてしもて、多分イサーン。スリン辺りかも。その割には色が白くて童顔で、いつもはにかんだような笑顔でかわいかったのなんの。おとなしくて、全くすれ [続きを読む]
  • むらっ気ペッチャブーン娘の本気
  • スクムウィットソーイ33にあるスウィートマンゴーにはロリータ系が昔から多い。多分あの店長の趣味なんやろな。カウボーイでもその手の姉ちゃん漁ってるようやし。何年か前入ったら奥の部屋で奴がシャワー浴びてた。あーあ、汚いケツ見てしもたわ。ドアぐらい閉めとけよ、おっさん。さて、この店には思ひ出に残るかわいい娘っ子が何人かいるけど、おっちゃんにとって歴代NO.3のピンク嬢。これは源氏名で、ほんまのチューレンはフォ [続きを読む]
  • 一括前払い強要のペパーミントに激怒
  • 連れ出し料に一発代を含めた一括前払いを要求してくる店が増えだしたのは2〜3年ぐらい前からか。去年の初めあたりはパタヤーではそれがもう主流になってて、たいていの店で要求されるようになったもんで。その後ナーナーでもそんなふざけたことぬかす店(左マンダリン)が現れてたまげたぞなもし。あそこに銅像建ってもおかしないほど金つこたわてに対してほんま失礼やわ。前払いはもちろん約束した金を払ってもらえないことを防ぐ [続きを読む]
  • ソンクラーン前のひと暴れ 後編(バタフライズ編)
  • さあ、次は久しぶりにアウンサンスーチー+バードママさんをからかいに行くか。バタフライズに入るのは二度目かな。ここはジェイルバーズ末期に一人がけソファ席に模様替えしたけど、効率悪いのう。たいして客入ってないのに、座るとこないやないか。仕方なく左端浴槽かぶりつき席に腰下ろす。コーラ一杯150バーツとはふざけてるな。虹グループ並みのぼったくり料金やないか。その割には不細工ばっか。そのうえ体形も崩れ果ててて [続きを読む]
  • ソンクラーン前のひと暴れ 中編(バンコクバニーズ編)
  • 今日も天気悪ぅおますわ。PBホテルを出るとポツポツ雨落ちてて、ナーナーパーザーまで急ぐ。この辺歩道の屋台なくなって歩きやすなったけど、寂しいもんでんな。おかげでカマグラどえらい値上がりしてるがな。物乞いオヤジはじっとしてればええもんの、匍匐して根性見せつけようとする姿にちょっくら感動してしもた。もしかしてオリンピック選手級の体力あったりして。今宵はふと気ぃ向いてバンコクバニーズに入ることに。放出済な [続きを読む]
  • ソンクラーン前のひと暴れ 前編(女子大生編)
  • 1年で一番暑い季節を迎えてるけど、バンコクはうっとうしい天気が続いてて、おかげさんで例年に比べて大分涼しい。ソンクラーン中は夜遊びに行けなくなるし、行けたとしてもペイバーがぼったくり金額にはね上がったり、水かけられたりしてかなわんので、家でじっとしてるに限る。そんでソンクラーンに入る前に、ちょっくらあほママどもを指導しに行くことにした。その前に現役女子大生Fの催促がまた厳しくなったんで、学資を援助し [続きを読む]
  • ロデオならぬアイドル系小娘に乗って完敗
  • 3階右手の店はその昔カーニバルと言った。二段の回転円形ステージが二つあったのかな。そのさらに左側にロデオマシーンがあって、時々デブファランが挑んで軽く振り落とされてた。カーニバルがつぶれて1年近く空いたままになってて、その後に開店したのがジェイルバーズ。これも客が集まらずにあっという間に閉めてしまい、今バタフライズになってる。ロデオマシーンはジェイルバーズに代わった時にはなくなってて、あの猛牛はナー [続きを読む]
  • ギンザ入れ墨娘の後悔
  • 店自体の良し悪しとは別に相性があって、おっちゃんの場合パタヤーではライトハウスが一番かな。パタヤーはバンコクのゴーゴーバーよりも姉ちゃんの入れ替わり激しいから、顔出す日によって踊り子のレベルが大きく変わるけど、ライトハウスは比較的安定してる方。姉ちゃん達もイケイケ風の割には大外れはこれまでなし。眼鏡かけたぽっちゃりママは女選べと強要してこないし、ドリンクもせがまない。そう言えば、ちいママは全体的に [続きを読む]
  • 無念の一回ぽっきり女子大生 〜エビータ〜
  • 何年も前に一度だけ対戦した姉ちゃんだと、さすがに名前も出身地も覚えてなくて、記事にするにもひと苦労するわい。2009年以降は名前をファイル名に残してるけど、店も具合もまるきり記憶から抜け落ちてるのが何人かいて、なんでこんなかわいいのを忘れてしまったのかなどと過去の思ひ出に耽るのが楽しみになってきてるとは、恥ずかしうて人には言えんぞなもし。暇なんで正体不明少女の写真を見つめながら推理し始めると、1)写真 [続きを読む]
  • 史上最高美少女に愕然
  • 左マンダリンは一時期踊り子のレベルNO.1を誇ってたけど、けしからんのはコヨーティーの連れ出し料が1,500バーツもすること。パタヤーのように23時や0時以降の割り引きもなし。ま、それでも客は出すという自信あるっちゅうことかねえ。ケチなわては馴染み嬢とは外で会うようにしてる。1年ちょっと前のこと、ステージにえっと目を剥くほどの上玉が。背が高くて細く、顔が小さいからまるでモデルのよう。同僚とバカ騒ぎしてたので呼 [続きを読む]
  • ねだり上手美脚娘に反撃
  • パタヤーソーイ15サファイアクラブはファラン向けの店。ただ踊り子は若いのが多くて、コテコテ南国顔を敬遠するわてから見てもきれいと思えるのを揃えてて、WSの中ではかなり繁盛してる方だと思う。1年ほど前好みの、ここでは珍しい童顔を発見。華奢で、ねぶりたいぐらいきれいな脚してる。カウンターから見上げた時目が合ったのに、ステージ降りた後遠慮してすぐには近づいてこんとこがよろしおすな。ワンちゃん、わてにとっては [続きを読む]
  • ノーンカーイの安ホテルとふざけた地下鉄
  • 暇に任せてアゴダでラオスとの国境の町ノーンカーイのホテルを眺めてたら、えっと息を呑む写真が。ノーンカーイ・フレンドシップ・ホテル。普通はホテルの建屋や部屋の写真を載せるのに、ここだけが平均年齢120歳の老人どもの在りし日の笑顔で、無気味と言うか参ったと言うか。確かにフレンドシップを強烈に感じさせるけど・・・アゴダもなんとか言うてやれよ。ある日地下鉄に乗ろうとしたら、切符売り場に長い列ができてる。3台あ [続きを読む]
  • 自己チューカラオケで虚しい散財
  • タイに17年住んでて、自らの意志かつ自腹で行ったカラオケはと記憶を辿ると、バンコクではわずか一度。やるだけしか興味のない小生にとって、カラオケは時間も金もかかり過ぎてかなわん。それにタニヤ嬢の味気ないこと。何か月か前連れ出したマーメイドの姉ちゃんは部屋入ったらすぐさまシャワー室に飛び込むは、ベッドでは上体をできるだけ離して顔も思いきり背けるはでおっちゃん呆然。カマグラ呑んでなかったら、絶対立たんかっ [続きを読む]