バズーカおやじ さん プロフィール

  •  
バズーカおやじさん: タイで七転び七起き
ハンドル名バズーカおやじ さん
ブログタイトルタイで七転び七起き
ブログURLhttp://bazookaoyaji.blog.fc2.com/
サイト紹介文タイを中心に東南アジア経済支援に奮闘する健気なおっちゃんの記録
自由文タイの田舎町を旅してみたい、タイで暮らしたい、タイの女と仲良くなりたいという人のために、(なるべく)ガイドブックには書いていない情報をお届けする。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 146日(平均7.0回/週) - 参加 2017/02/01 01:26

バズーカおやじ さんのブログ記事

  • 性格優良嬢にがっくり
  • 2012年から13年にかけて次々にイサーンのニュースターをデビューさせておっちゃんを喜ばせてたマーキュリーも、14年には勢いに翳りが見えてきてた。ちょうどその頃他店から馴染み嬢ペームがマーキュリーに移籍してきて、それまで美形新人を総なめにしてたのに、そんなことできんようになってしもうたかわいそうなおっちゃん。ペームを恨みましたで。下り坂のマーキュリーに現れたのがエーム、19歳やったかな。生まれはスリンやった [続きを読む]
  • まだあったかカンガルークラブ
  • 韓国料理屋のかたまってるスクムウィットソーイ12、スクムウィットプラザ右奥にカンガルークラブというカラオケ屋があった。てっきりもうないもんと思ってたら、まだしぶとくやってるそうで。もうおっちゃんは10年以上行ってないなあ。なぜ行かなくなったのか。ゴーゴーバーやら風呂屋やらで忙しかったし、カラオケはおのれの金では入らないということ、それから連れ出しでけへんから。すぐにやれんとこに時間と金を投入するほど、 [続きを読む]
  • 古銭に運託すマーキュリー新人1*歳
  • 2階右手マーキュリーにまだ勢いあった頃、十代のニュースターを次から次へと援助してたおっちゃん。せっかく助けてやってもあっという間に消えていく娘っ子がほとんどで、一体どこへ行ってしもうたのやら。ゴーゴーバーからカラオケ屋は考えにくいし、風呂屋もあり得ん。雛壇でじっと座ってたら、元ゴーゴー嬢は発狂してまうやろ。タイの貧乏あほ男相手の飲み屋では稼ぎにならんし、高級クラブで品よく接待する柄でもない。ちょっ [続きを読む]
  • 処◆の値段
  • 以前書いた右マンダリンの双子についておもろい話を思い出した。2人が初めて登場したのはもう2年以上も前のことで、最初におっちゃんに近づいてきたのは妹ミアオの方。タイ人らしうない高い鼻が気に入らんが、ぱっちりお目々でなかなかかわいい。日本人好みの顔と自覚してるようで、カモにできそうなおっさん入ってきたら、よう2人で一直線に近づいていってるわ。タイ人にしては顔がでかいのと、寸胴体形がちょっとな。いろいろ尋 [続きを読む]
  • 虹1小生意気娘に一撃
  • 虹1に初めて入ったのは1999年やったか。当時ナーナーパーザーは沈没ファラン相手のうさん臭い一画から既に卒業して、日本人の選べる踊り子も揃えてる健全な遊び場に変身してた。虹1ではすっぽんぽん組と水着組に分かれてたなあ。タイではゴーゴーバーに限らず、規制厳しくなった後だんだん緩んできて、数か月後には結局元に戻ってるということようあるけど、すっぽんぽんもおんなじ。モロ出し禁止されてはいつの間にかモイまでポロ [続きを読む]
  • 夜のアユタヤー総力特集 その4最終回(カラオケ編)
  • 日本人向けカラオケはグランド・ホテル向かい側にスナックと合わせて今は6軒あんのかな。それとロジャナ通りから入って左手2本目の通りに3軒か。ということは全部でひぃ、ふぅ、みぃ・・・、9軒。ありゃあ、えらい減ってしもて。深夜のメイン・ストリートはゴースト・タウンみたいになってるもんな。2012年前半洪水特需に涌いてた頃、この界隈にカラオケ屋が次々に開店して、覚えてる限りでは6軒できたか。それも企業の復興支援短 [続きを読む]
  • 夜のアユタヤー総力特集 その3(置屋後編)
  • カラオケ置屋から姉ちゃん連れ帰って一発お見舞いしたはいいが、母親に会いにいくと言いだしたんで、バッグを部屋に置いていけと命令したのがちょうど0時頃。0:40電話かかってきて、「今から戻る」ホテルはウィチャイプレイスのさらに先、暗闇に佇む山田屋。外壁変な色なんで、周囲の住人からは連れ込み宿と思われてるらしい。宿泊客はほぼ100%日本人で、部屋はべらぼうに広い。相当無理すればバドミントンでもやれそうなほど。 [続きを読む]
  • 夜のアユタヤー総力特集 その2(置屋前編)
  • グランド・ホテルの手前にファミリーマートがあって、そのまた手前にカウボーイという生バンド付しょぼい飲み屋兼レストランがある。その脇を入っていった先に置屋が数軒並んでる。<カウボーイバー>何年か前までは店先に姉ちゃんたんと座ってたのに、手入れのせいか今は激減してしもてる。一応カラオケ屋かマッサージ屋を装うてて、カラオケの設備もあるけど、実態は置屋でんな。若いのが多くて、おっちゃんの年齢ストライクゾー [続きを読む]
  • 夜のアユタヤー総力特集 その1(導入編)
  • アユタヤーに初めて行ったのは1994年やったな。初タイ旅行で、あのどんくさいおんぼろ列車に揺られてのんびり向かったのはええけど、着いたらもうお日さん傾いてきてるやないか。同行者Oがなかなか起きてこんから、午後出発になってしもたせいで。いいかげんな奴と旅したら、ほんまかなわんわ。その後友人やお客さん、母親連れていって、合計四回も遺跡巡りしたわいな。世界記録ちゃうか。おまけにアユタヤーマラソン10km2回走っ [続きを読む]
  • 特級少女の特上サービス 〜ノーンカーイ〜
  • その昔取引先の兄ちゃんとビエンチャンに行った帰り、ノーンカーイに寄った。田舎に来たら、地方発展のために金を落とさなければならん。そんで我々はトゥクトゥクオヤジに、援助を必要としてる貧しい少女を集めた保護施設に案内しんしゃいと命令したもんで。場所は?そんなもん分かるかいな。昔のジー・ダイアリーに載ってた地図引っ張り出してくるとやな、大雑把には黄丸、ラオス人置屋と書いた辺りと思ふ。寄付金は800バーツと [続きを読む]
  • LINE攻撃後突如消えたビルボード嬢
  • 3階ビルボードの円形回転ステージはどうもくろうてよう見えん。特に入り口左手の壁を背にする席からは視界も悪いし、絶望的や。まっ暗闇でも目ぇ見えるようにならはった巌窟王モンテ・クリスト伯のように、薄暗いゴーゴーバーでも暗視ゴーグルを着けたような奇跡の視力へと鍛え抜いたおっちゃんやけど、この頃は老眼進んであかんわ。ステージと浴槽との間のテーブル席からぐらいか、踊り子どもをちゃんと識別できるのは。柱脇左端 [続きを読む]
  • 雑草に交じって輝く1*歳中国娘 〜バンコクコージー〜
  • 閉めてしもうた風呂屋の思ひ出をもう一丁。ペッブリー界隈で一番人気あったのはバンコクコージー。おっちゃんはタイに住み始めてからここには何年も入らんかった。なんとなく相性悪そうやったのと、エビータに通うのに忙しかったからで。コージーは「子供部屋」があることで有名やったけど、おっちゃんは残念ながらそれを見たことなし。今あるなら目ぇ血走らせながら駆けつけるけどな。初めて入った時かどうか、雛壇の一番手前右端 [続きを読む]
  • チェンラーイ娘続く 最後のナタリー
  • ロリコンオヤジに人気のあったナタリーを実は長い間避けてた。初めて行った時嫌な目に会ったのと、日本人の多いとこは嫌いやったんで。何年ぶりかで覗いてみると、う〜ん、たいしたもんやんか。おっちゃん好みの童顔をようこんだけ揃えたもんや。その時対戦したのが以前記事に書いたアイちゃん、18歳、チェンラーイ出身の美乳。ちょっと喋り方おかしかったんで、山岳民族かも。腹回りちいとたるんでたけど、かわいらしさは一級品で [続きを読む]
  • クイーンズパークプラザバービア嬢との激怒一発
  • スクムウィットソーイ22インペリアルなんとかかんとかホテル(今はマリオットなんとかかんとか?)斜向かいに、バービアのかたまってるクイーンズパークプラザという一画がある。たまには雰囲気の違うとこをと時々行ってた時期があるけど、もう3年ほどご無沙汰してますわ。寂しいファラン向けの、哀愁漂うビリヤードバーばっかの割には、たまに若くてかわいいのが交じってたなあ。ソーイ22側から見て右手一番奥の正面向いてる店と [続きを読む]
  • ホーチミンぬき按摩デビュー戦
  • 初めてホーチミンに行ったのは1995年。それからおよそ10年後二度目に訪ねた時にはその変わりようにたまげ、さらにそれから10年の間にまた激しく発展して、今や中心部はバンコク都心の端っこほどの規模に。95年当時はホンダガール全盛で、ベンタン市場のロータリー辺りをうろついてたら声かかったもんで。おっちゃんはシクロ兄ちゃんに貧しい少女の紹介を頼んで、現れたのがえっと息を呑むほどかわいい娘。その後なんかの雑誌に「こ [続きを読む]
  • 虹3マグロ18歳のタブーなひと言
  • 虹グループで一番評価の低い虹3は、何度か書いてる通りおっちゃんにとっては虹グループでは最も相性のええ店。もう2年ぐらい入ってないんで今はどうか分からんけど、かつて踊り子の年齢層は一番低かったし、ちょいちょいかわいいのを揃えてた。ナーナーパーザーではNO.1ちゃうかちゅう娘もいてたぐらい。それは同僚のSが味見して、意外に悪くはなかったらしい。ま、奴の評価は甘いからな。なんで虹3は評判悪いんかのう。ま、好みの [続きを読む]
  • 早くも帰ってきた女子大生F 後編
  • Fが大化けしたんは去年の10月頃やったかな。おっちゃんも現役女子大生ということで多少遠慮してたけど、ある夜攻撃ギアを2段階ほど上げてみた。すると・・・、えらい濡れまんがな。あんだけ喘いでたのに、終わった後しらっとスマホいじりだすそのギャップがまた乙なもんで。その後マンダリンに1,500バーツもの連れ出し料払うんあほくさなったんで、外で会い始めた。そういう関係が半年ほど続き、看護の勉強するためにプレーという [続きを読む]
  • 早くも帰ってきた女子大生F 中編
  • Fを初めて見たのは2015年9月。左マンダリンでおお、なかなかやんけと視姦してて、帰り際「お前はペイバーできるんかい」と聞くとダーイとのこと。この店ではペイバーに応じんふざけたやつもいてるんで、事前に確かめとかなムダ金使うことになる。当時19歳で、ごく普通の学生ちゅう感じ。その頃の写真見ても素朴で清潔、ゴーゴーバーには珍しいタイプやったわ。あっちの具合もプロに徹するつもりはないらしく淡白。はよう部屋出よう [続きを読む]
  • 早くも帰ってきた女子大生F 前編
  • 4月末最後の濃厚な一発かました後、1年半つき合ったからには別れの挨拶もせえへんのはさすがに冷たいと思って、チェンマイに行ってしもた頃を見計らってLINE送ると・・・、うわあ、しもた〜っ。明日バンコクに戻ってくるやとお。聞かんかったら良かったあ。お前が遠くにいって残念や、キットゥンやでえとでも書いて締めくくろうとしたのに、とんだ誤算やわ。Fはバンコクに2日間いてるらしいんで、その間首引っ込めてると・・・、あ [続きを読む]
  • 金持ち専用クラブシャーベットのおっとりど根性娘 後編
  • シャーベットのムアイちゃん、ピサヌロークの生まれで20歳。おっとりというか抜けてるというか、なかなかおもろいお嬢さんやわ。バンコクに何年住んでるのかと聞くと、指折って数えてる。日本人なら暗算できる程度のことでも、タイ人はよくヌン、ソーン、サームとやるけど、だいたい住んでる年数ぐらい覚えてないんかよ。どんな仕事してるのかと聞かれて、タイ人風にディにアクセント付けてトレーディングと答えると、へっ?という [続きを読む]
  • 金持ち専用クラブシャーベットのおっとりど根性娘 前編
  • あれから2週間後、つき合いでまた仕方なくエーカマイのシャーベットに向かう。こんなできんとこわてには興味ないちゅうのに。若くて貧乳ということで選んだモイ・・・、ムアイちゃん、すれてのうて、おっとりした好感の持てる娘やんか。ただ、客の酒を減らしたろという根性は見上げたもんで、強くもないのに、顔しかめながらグラス空けてる。客の横にケツ据えてるだけの、生まれてこの方努力したことのない、脳みそすってんてんカ [続きを読む]
  • エーカマイ高級クラブで不完全燃焼
  • 金持ちタイ人の遊び場クラブはトンローやエーカマイにいくつかあって、日本人のよく行くとこはソーイ23右に折れたとこにある老舗ペガサスか。ここは姉ちゃんを連れ出すことも可能。一発代はえらい高いこと言うてたなあ。相手にもよるやろうけど、最低4千バーツ(除連れ出し料)は覚悟すべきか。3年ぐらい前仙台出身のお姉ちゃんいてたなあ。中にはプールで水着姉ちゃんとまったりできるとこもあるらしいけど、さっさとオメコオナゴ [続きを読む]
  • 触り放題半昇天エロカラオケ
  • 取引先とのつき合いで昔何度か入ったのが、過激サービスを売りもんにしてたリリー。スクムウィットソーイ23、カウボーイの先を右折し、さらに左折して少々行った左手にあった。今は店の名前変わってしもてんのかな。ここは相方の衣装を選べるという、和製エロオヤジの琴線に触れるサービスしてた。客の要求に応じて着替えるのはリリーぐらいではなかったかな。一番風情あったのは浴衣。前や脇から薄汚れた手ぇ突っ込んで、ナマ乳も [続きを読む]
  • 母親28歳のアイドル系に驚愕
  • またまたファンタシア。昔こんな顔の芸能人いてたけど、誰やったかいな。菊池桃子にちょっと似てるかなあ。それとも有森也実かあ?3日間記憶を辿り続けたが、結局よう分からん。ま、アイドル並みにかわいいということで。オーン、1#歳、お乳全然なし。おっちゃんは貧乳ファンではあるけど、無乳はちと困る。少しはあってほしい。それから・・・、最中にケラケラ笑うなよ。おっちゃんが書道の練習中みたいに集中してるちゅうのに。 [続きを読む]
  • デビュー前のテレサ・テン現る
  • 過去の写真を改めて見つめてみると、2階ダイヤモンズバンコクの昔の店ファンタシア嬢がやたら多い。そんなに頻繁に暖簾(カーテン?)潜ったわけではないのになあ。たまに覗くとあっと息を呑む美少女が踊ってて、当たり率高かったんやな。ただおっちゃんの好みは崩れかけの童顔で、なんじゃこれは、ただのブスやんけとぬかす失礼な輩もいるはずだが、世の中そんだけ人の趣味が違うからこそ需給うまい具合に均衡してるわけで。おっ [続きを読む]