ペキタリン さん プロフィール

  •  
ペキタリンさん: 野球の記録がここにある
ハンドル名ペキタリン さん
ブログタイトル野球の記録がここにある
ブログURLhttp://www.pekitarin.com
サイト紹介文他所にはない独自集計した「知られざる野球の記録」を中心に紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 198日(平均9.3回/週) - 参加 2017/02/01 09:14

ペキタリン さんのブログ記事

  • 名球会に僅かに届かなかった名投手たち③
  • 投手に課された名球会への入会条件の一つ「200勝」。その条件には僅かに届かなかったものの、150勝を達成し、球史に名を残すには十分すぎる活躍を見せた選手たちを紹介します。(※2016年終了時点で現役引退選手のみ)目次 佐藤義則(オリックス・ブルーウェーブ) 土橋正幸(東映フライヤーズ) 槙原寛己(読売ジャイアンツ) 現役選手勝利数トップ5 石川雅規(東京ヤクルトスワロ [続きを読む]
  • 【年間記録】打率トップ20
  • 日本野球界の年間打率数トップ20を紹介します。(※2016年終了時点) 1位:.389 ランディ・バース(阪神タイガース) 2位:.387 イチロー(オリックス・ブルーウェーブ) 3位:.385 イチロー(オリックス・ブルーウェーブ) 4位:.3834 張本勲(東映フライヤーズ) 5位:.3831 大下弘(東急フライヤーズ) 6位:.3781 ウォーレン・クロマティ(読売ジャイアンツ) 7位:.3780 内川聖一(横浜ベ [続きを読む]
  • 【球団の歴史】読売ジャイアンツ
  • プロ野球各球団の歴史を紹介していきます。本記事では読売ジャイアンツの歴史を振り返ります。目次 球団プロフィール 球団名の変遷 獲得タイトル 成績 本拠地の変遷 マスコット その他の記録球団プロフィール会社名:株式会社読売巨人軍創設年度:1934年本拠地:東京ドーム球団名の変遷大日本東京野球倶楽部(1934年)東京巨人軍(1935年〜1946年)読売ジャイアンツ(1947年〜現在)獲得タイトル [続きを読む]
  • 歴代月間MVP 〜4月度④〜
  • 1975年にセ・リーグで始まった月間MVP制度。1979年からはパ・リーグでも開始されました。当初はリーグごとに月間一人を受賞していましたが、1989年からは投手、野手からそれぞれ一人ずつを受賞しています。この記事では4月度の歴代月間MVP受賞者を紹介していきます。 2010年 セ・リーグ 投手部門 野手部門 パ・リーグ [続きを読む]
  • 【年間記録】奪三振数トップ20
  • 日本野球界の年間奪三振数数トップ20を紹介します。(※2016年終了時点) 1位:401奪三振 江夏豊(阪神タイガース) 2位:353奪三振 稲尾和久(西鉄ライオンズ) 3位:350奪三振 金田正一(国鉄スワローズ) 4位:340奪三振 江夏豊(阪神タイガース) 5位:336奪三振 杉浦忠(南海ホークス) 6位:334奪三振 稲尾和久(西鉄ライオンズ) 7位:327奪三振 梶本隆夫(阪急ブレーブス) 8位:321 [続きを読む]
  • 名球会に僅かに届かなかった名投手たち②
  • 投手に課された名球会への入会条件の一つ「200勝」。その条件には僅かに届かなかったものの、150勝を達成し、球史に名を残すには十分すぎる活躍を見せた選手たちを紹介します。(※2016年終了時点で現役引退選手のみ)目次 真田重蔵(松竹ロビンスほか) 星野伸之(オリックス・ブルーウェーブほか) 成田文男(ロッテオリオンズほか) 桑田真澄(読売ジャイアンツ) 荒巻淳(毎日オリオンズほか) 三浦大 [続きを読む]
  • 100本以上のアーチをかけた男たち⑯
  • 長い歴史を持つプロ野球で100本打以上を放った選手は276人(※2016年終了時点)。一つの大きな節目となる"100"という数字に到達するまでの年数や過程は選手それぞれですが、一朝一夕で達成できることではなく偉大な記録であることは間違いありません。その偉大な記録を讃えてこれまでの達成者を紹介していきます。目次 ウォーレン・クロマティ(読売ジャイアンツ) 中畑清(読売ジャイアンツ) 大田卓司(西鉄ライ [続きを読む]
  • 【年間記録】打点数トップ20
  • 日本野球界の年間打点数トップ20を紹介します。(※2016年終了時点) 1位:161打点 小鶴誠(松竹ロビンス) 2位:153打点 ロバート・ローズ(横浜ベイスターズ) 3位:147打点 今岡誠(阪神タイガース) 4位タイ:146打点 藤村富美男(大阪タイガース) 4位タイ:146打点 落合博満(ロッテオリオンズ) 6位:144打点 タイロン・ウッズ(中日ドラゴンズ) 7位:142打点 藤村富美男(大阪タイガー [続きを読む]
  • 【タイトルホルダー】歴代本塁打王⑤
  • その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。本記事では本塁打王を獲得した選手達を紹介していきます。 1980年 山本浩二(広島東洋カープ)※2度目 チャーリー・マニエル(近鉄バファローズ)※2度目 1981年 山本浩二(広島東洋カープ)※3度目 トニー・ソレイタ(日本ハムファイタ [続きを読む]
  • 【夏の甲子園】個人記録まとめ
  • 2015年に開催100年を迎えた「夏の甲子園」。球児たちの熱い戦いの中で生まれた数々の個人記録を紹介します。目次 通算記録 勝利数 14(※2名) 本塁打 9 一大会における通算記録 奪三振 83 本塁打 5 打点 15 安打 19 一試合における記録 奪三振 22 連続奪三振 10 本塁打 3 [続きを読む]
  • 歴代月間MVP 〜4月度③〜
  • 1975年にセ・リーグで始まった月間MVP制度。1979年からはパ・リーグでも開始されました。当初はリーグごとに月間一人を受賞していましたが、1989年からは投手、野手からそれぞれ一人ずつを受賞しています。この記事では4月度の歴代月間MVP受賞者を紹介していきます。 2000年 セ・リーグ 投手部門 野手部門 パ・リーグ [続きを読む]
  • シーズン40本塁打達成者⑥
  • 長距離砲と称される打者の一つの基準30本塁打を更にもう一段階上回る「40本塁打」を放った選手は54名(※2016年終了時点)。40本塁打達成者の成績を紹介していきます。目次 エイドリアン・ギャレット(広島東洋カープ) リチャード・デービス(近鉄バファローズ) 金本知憲(阪神タイガースほか) グレッグ・ラロッカ(広島東洋カープほか)エイドリアン・ギャレット(広島東洋カープ)達成回数:1回本数・達 [続きを読む]
  • 【運営報告】2017年7月の記録
  • はてなブログでの運営5ヶ月目!2017年7月のサイト運営記録をまとめてみました。先月の運営報告はこちら!www.pekitarin.com目次 “野球の記録がここにある”とは これまでの歴史 2017年7月の記録 目標の達成は? 2017年7月にアクセスが多かった記事 2017年8月の目標 2017年中の目標 最後に“野球の記録がここにある”とは2016年11月16日から忍者ブログにて「野球の [続きを読む]
  • 【誕生月別】8月生まれの現役選手
  • 今日から8月に入りました。8月生まれの現役選手と昨年の誕生月別記録などを紹介していきます。目次 8月生まれ現役選手 8月生まれ選手の2016年成績8月生まれ現役選手○主な8月生まれ選手内川聖一(福岡ソフトバンクホークス)、中村剛也(埼玉西武ライオンズ)、鈴木誠也(広島東洋カープ)、梶谷隆幸(横浜DeNAベイスターズ)、ランディー・メッセンジャー(阪神タイガース)など。○8月生まれ現役選手一覧(※所 [続きを読む]
  • 【年間記録】防御率トップ20
  • 日本野球界の年間防御率トップ20を紹介します。(※2016年終了時点)目次 1位:0.73 藤本英雄(東京巨人軍) 2位:0.79 景浦将(大阪タイガース) 3位:0.81 沢村栄治(東京巨人軍) 4位:0.88 野口二郎(大洋軍) 5位:0.887 林安夫(朝日軍) 6位:0.889 森弘太郎(阪急軍) 7位:0.930 野口二郎(翼軍) 8位:0.931 景浦将(大阪タイガース) 9位:0.97 須田博(東京巨人軍) 10 [続きを読む]
  • 【タイトルホルダー】歴代本塁打王④
  • その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。本記事では本塁打王を獲得した選手達を紹介していきます。 1970年 王貞治(読売ジャイアンツ)※9度目 大杉勝男(東映フライヤーズ) 1971年 王貞治(読売ジャイアンツ)※10度目 大杉勝男(東映フライヤーズ)※2度目 19 [続きを読む]