ペキタリン さん プロフィール

  •  
ペキタリンさん: 野球の記録がここにある
ハンドル名ペキタリン さん
ブログタイトル野球の記録がここにある
ブログURLhttp://www.pekitarin.com
サイト紹介文他所にはない独自集計した「知られざる野球の記録」を中心に紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 145日(平均9.4回/週) - 参加 2017/02/01 09:14

ペキタリン さんのブログ記事

  • 夏の甲子園優勝校⑩ 〜2010年代〜
  • 2015年に記念すべき開催100年を迎えた全国高等学校野球選手権大会、通称「夏の甲子園」。この歴史ある大会の歴代優勝校を紹介していきます。 第92回(2010年) 第93回(2011年) 第94回(2012年) 第95回(2013年) 第96回(2014年) 第97回(2015年) 第98回(2016年)第92回(2010年)優勝校:興南(沖縄)○優勝校出身の有名人・島袋洋奨(プロ野球選手:ソフトバンク)・友利結(元プロ野球選 [続きを読む]
  • 名球会へ僅かに届かなかった名打者たち④
  • 打者に課された名球会への入会条件「2000本安打」。その条件には僅かに届かなかったものの、1500本安打を達成し、球史に名を残すには十分すぎる活躍を見せた選手たちを紹介します。(※2016年終了時点で現役引退選手のみ)目次 小鶴誠(松竹ロビンス) 高木豊(横浜大洋ホエールズほか) 豊田泰光(西鉄ライオンズほか) 篠塚和典(読売ジャイアンツ) 藤村富美男(大阪タイガース) 原辰徳(読売ジャイア [続きを読む]
  • 【緊急分析】山田哲人は自分の打撃を取り戻せるのか?
  • 日本人右打者最多安打、史上初の複数回&2年連続トリプルスリー、史上初の同一シーズン本塁打王&盗塁王など、若くして数々の大記録を残してきた若きレジェンド・山田哲人。しかし、2017年、恐らくは山田自身も野球人生で初めてかもしれない極度の大不振に陥り、もがき苦しんでいます。山田哲人はなぜここまでの大スランプに陥ってしまったのか。過去の打撃を取り戻すことはできるのか。打撃の傾向から緊急分析します。目次 [続きを読む]
  • 歴代ノーヒットノーラン達成者④
  • 一試合でヒットを一本も打たれずに0点に抑え込む。プロ野球の歴史上でも数少ないノーヒットノーランを達成した投手達を紹介します。(※完全試合達成者は除いています。)目次 石井一久(ヤクルトスワローズ) 川尻哲郎(阪神タイガース) 佐々岡真司(広島東洋カープ) メルビン・バンチ(中日ドラゴンズ) ナルシソ・エルビラ(近鉄バファローズ) 川上憲伸(中日ドラゴンズ) 井川慶(阪神タイガース [続きを読む]
  • 【タイトルホルダー】歴代本塁打王①
  • その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。本記事では本塁打王を獲得した選手達を紹介していきます。 1936年秋 藤村富美男(大阪タイガース) 山下実(阪急軍) 古谷倉之助(名古屋金鯱軍) 1937年春 中島治康(東京巨人軍) 松木謙治郎(大阪タイガース) [続きを読む]
  • 【通算記録】与四球数トップ20
  • 日本プロ野球界の通算与四球数トップ20を紹介します。(※2016年終了時点) 1位:1808四球 金田正一(国鉄スワローズほか) 2位:1480四球 米田哲也(阪急ブレーブスほか) 3位:1436四球 中尾碩志(読売ジャイアンツ) 4位:1244四球 梶本隆夫(阪急ブレーブス) 5位:1221四球 ヴィクトル・スタルヒン(東京巨人軍ほか) 6位:1206四球 別所毅彦(南海ホークスほか) 7位:1163四球 松 [続きを読む]
  • 100回以上の勝利をもたらした男たち⑤
  • 長い歴史を持つプロ野球で100勝以上を記録した投手は134人(※2016年終了時点)。一つの大きな節目となる"100"という数字に到達するまでの年数や過程は選手それぞれですが、一朝一夕で達成できることではなく偉大な記録であることは間違いありません。その偉大な記録を讃えてこれまでの達成者を紹介していきます。目次 郭泰源(西武ライオンズ) 小宮山悟(千葉ロッテマリーンズほか) 川上憲伸(中日ドラゴンズ) [続きを読む]
  • 歴代オールスターMVP⑦ 〜2010年代〜
  • プロ野球における一流選手共演の舞台「オールスター」。ペナントレースの狭間に行われるこのイベントでは普段と違った独特の雰囲気が楽しまれています。「球宴」とも呼ばれるこの舞台でお祭り男の称号を手にした選手達を紹介します。目次 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年2010年第1戦セ・リーグ 4ー1 パ・リーグMVP:阿部慎之助(巨人)※2度目第2戦セ・リーグ 5ー5 パ・リー [続きを読む]
  • 100本以上のアーチをかけた男たち⑪
  • 長い歴史を持つプロ野球で100本塁打以上を放った選手は276人(※2016年終了時点)。一つの大きな節目となる"100"という数字に到達するまでの年数や過程は選手それぞれですが、一朝一夕で達成できることではなく偉大な記録であることは間違いありません。その偉大な記録を讃えてこれまでの達成者を紹介していきます。目次 遠井吾郎(大阪タイガース) 高田繁(読売ジャイアンツ) 中暁生(中日ドラゴンズ) 佐野 [続きを読む]
  • 名球会へ僅かに届かなかった名打者たち③
  • 打者に課された名球会への入会条件「2000本安打」。その条件には僅かに届かなかったものの、1500本安打を達成し、球史に名を残すには十分すぎる活躍を見せた選手たちを紹介します。(※2016年終了時点で現役引退選手のみ)目次 村田修一(読売ジャイアンツ) 高橋由伸(読売ジャイアンツ) 葛城隆雄(毎日オリオンズほか) 和田豊(阪神タイガース) 伊東勤(西武ライオンズ) 近藤和彦(大洋ホエールズほ [続きを読む]
  • 歴代サイクルヒット達成者③
  • 本塁打、三塁打、二塁打、単打。全ての種類の安打を1試合で記録するサイクルヒットは、運と実力を兼ね備えてなければ達成することはできません。プロ野球の歴史上でも達成回数は僅か69回(※2016年終了時点)。希少な記録・サイクルヒットの達成者を紹介します。目次 近藤和彦(大洋ホエールズ) 前田益穂(中日ドラゴンズ) 王貞治(読売ジャイアンツ) ダリル・スペンサー(阪急ブレーブス) 和田博実(西鉄 [続きを読む]
  • 歴代ノーヒットノーラン達成者③
  • 一試合でヒットを一本も打たれずに0点に抑え込む。プロ野球の歴史上でも数少ないノーヒットノーランを達成した投手達を紹介します。(※完全試合達成者は除いています。)目次 渡辺秀武(読売ジャイアンツ) 鬼頭洋(大洋ホエールズ) 藤本和宏(広島東洋カープ) 鈴木啓示(近鉄バファローズ)※2度目 外木場義郎(広島東洋カープ)※2度目 高橋直樹(日拓ホームフライヤーズ) 江夏豊(阪神タイガース [続きを読む]
  • 【通算記録】長打数トップ20
  • 日本プロ野球界の通算長打数トップ20を紹介します。(※2016年終了時点、日米通算含む) 1位:1315本 王貞治(読売ジャイアンツ) 2位:1077本 野村克也(南海ホークスほか) 3位:1029本 松井秀喜(ニューヨーク・ヤンキースほか) 4位:996本 張本勲(東映フライヤーズほか) 5位:969本 門田博光(南海ホークスほか) 6位:953本 金本知憲(阪神タイガースほか) 7位:936本 長嶋茂雄 [続きを読む]
  • 【通算記録】三振数トップ20
  • 日本プロ野球界の通算三振数トップ20を紹介します。(※2016年終了時点) 1位:1955三振 清原和博(西武ライオンズほか) 2位:1838三振 谷繁元信(中日ドラゴンズほか) 3位:1715三振 山?武司(東北楽天ゴールデンイーグルスほか) 4位:1712三振 秋山幸二(西武ライオンズほか) 5位:1703三振 金本知憲(阪神タイガースほか) 6位:1691三振 中村紀洋(近鉄バファローズほか) 7位:16 [続きを読む]
  • 100回以上の勝利をもたらした男たち④
  • 長い歴史を持つプロ野球で100勝以上を記録した投手は134人(※2016年終了時点)。一つの大きな節目となる"100"という数字に到達するまでの年数や過程は選手それぞれですが、一朝一夕で達成できることではなく偉大な記録であることは間違いありません。その偉大な記録を讃えてこれまでの達成者を紹介していきます。目次 松沼博久(西武ライオンズ) 尾花高夫(ヤクルトスワローズ) 上原浩治(シカゴ・カブス) [続きを読む]
  • 歴代オールスターMVP⑥ 〜2000年代〜
  • プロ野球における一流選手共演の舞台「オールスター」。ペナントレースの狭間に行われるこのイベントでは普段と違った独特の雰囲気が楽しまれています。「球宴」とも呼ばれるこの舞台でお祭り男の称号を手にした選手達を紹介します。目次 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年2000年第1戦セ・リーグ 5ー4 パ・リーグMVP:ロベルト・ペタジーニ(ヤク [続きを読む]
  • 100本以上のアーチをかけた男たち⑩
  • 長い歴史を持つプロ野球で100本塁打以上を放った選手は276人(※2016年終了時点)。一つの大きな節目となる"100"という数字に到達するまでの年数や過程は選手それぞれですが、一朝一夕で達成できることではなく偉大な記録であることは間違いありません。その偉大な記録を讃えてこれまでの達成者を紹介していきます。目次 清水隆行(読売ジャイアンツほか) 吉岡雄二(近鉄バファローズほか) 広瀬叔功(南海ホークス [続きを読む]
  • 夏の甲子園優勝校⑧ 〜1990年代〜
  • 2015年に記念すべき開催100年を迎えた全国高等学校野球選手権大会、通称「夏の甲子園」。この歴史ある大会の歴代優勝校を紹介していきます。 第72回(1990年) 第73回(1991年) 第74回(1992年) 第75回(1993年) 第76回(1994年) 第77回(1995年) 第78回(1996年) 第79回(1997年) 第80回(1998年) 第81回(1999年)第72回(1990年)優勝校:天理(奈良)※2度目○優勝校出身の有名 [続きを読む]
  • 歴代サイクルヒット達成者②
  • 本塁打、三塁打、二塁打、単打。全ての種類の安打を1試合で記録するサイクルヒットは、運と実力を兼ね備えてなければ達成することはできません。プロ野球の歴史上でも達成回数は僅か69回(※2016年終了時点)。希少な記録・サイクルヒットの達成者を紹介します。目次 大下弘(西鉄ライオンズ) 川上哲治(読売ジャイアンツ) 飯田徳治(南海ホークス) 毒島章一(東映フライヤーズ) 渡辺清(阪急ブレーブス [続きを読む]
  • 歴代ノーヒットノーラン達成者②
  • 一試合でヒットを一本も打たれずに0点に抑え込む。プロ野球の歴史上でも数少ないノーヒットノーランを達成した投手達を紹介します。(※完全試合達成者は除いています。)目次 真田重男(大陽ロビンス) 金田正一(国鉄スワローズ) 林義一(大映スターズ) 真田重蔵(大阪タイガース)※2度目 大友工(読売ジャイアンツ) 山下登(近鉄パールス) 杉下茂(中日ドラゴンズ) 大津守(近鉄パールス) [続きを読む]
  • 【通算記録】安打数トップ20
  • 日本プロ野球界の通算安打数トップ20を紹介します。(※2016年終了時点) 1位:3085本 張本勲(東映フライヤーズほか) 2位:2901本 野村克也(南海ホークスほか) 3位:2786本 王貞治(読売ジャイアンツ) 4位:2566本 門田博光(南海ホークスほか) 5位タイ:2543本 衣笠祥雄(広島東洋カープ) 5位タイ:2543本 福本豊(阪急ブレーブス) 7位:2539本 金本知憲(阪神タイガースほか) [続きを読む]