パスドリード さん プロフィール

  •  
パスドリードさん: FP技能士ドリード
ハンドル名パスドリード さん
ブログタイトルFP技能士ドリード
ブログURLhttp://fp-passdread.sakuratan.com/
サイト紹介文FP技能士試験独学合格を目指す方をサポートします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 173日(平均8.2回/週) - 参加 2017/02/01 10:25

パスドリード さんのブログ記事

  • 財産評価一問一答【2級FP試験】
  • 財産評価問題2級FP技能検定試験の試験範囲である相続・事業承継対策の「財産評価」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 小規模宅地等の特例相続人が相続により取得した宅地が特定事業用等宅地等および貸付事業用宅地等に該当する場合、調整計算をすることなくそれぞれの適用対象面積まで「小規模宅地等につ [続きを読む]
  • 贈与税一問一答【2級FP試験】
  • 贈与税問題2級FP技能検定試験の試験範囲である相続・事業承継対策の「贈与税」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 贈与税の配偶者控除贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が10年以上である配偶者から居住用不動産の贈与または居住用不動産を取得するための金銭の贈与を受け、一定の要件を満たす場合、贈与税 [続きを読む]
  • 相続税一問一答【2級FP試験】
  • 相続税問題2級FP技能検定試験の試験範囲である相続・事業承継対策の「相続税」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 配偶者に対する相続税額の軽減「配偶者に対する相続税額の軽減」の規定の適用を受けることにより、納付すべき相続税額が0(ゼロ)になる場合、相続税の申告書の提出は、不要である。 【解 [続きを読む]
  • 不動産に関する法令一問一答【2級FP試験】
  • 不動産に関する法令問題2級FP技能検定試験の試験範囲である不動産の「不動産に関する法令」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 借地借家法(NO1)定期建物賃貸借契約では、床面積が200平方メートル未満である居住用建物の賃借人が、転勤によりその建物を自己の生活の本拠として使用することが困難とな [続きを読む]
  • 不動産取引等一問一答【2級FP技能検定試験】
  • 不動産取引等問題2級FP技能検定試験の試験範囲である不動産の「不動産取引等」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 瑕疵担保責任不動産の売買契約において、瑕疵担保責任に関する特約が締結されていない場合、買主が瑕疵担保責任に基づく権利を行使するためには、民法上、買主は、瑕疵がある事実を知った時 [続きを読む]
  • 不動産登記一問一答【2級FP技能検定試験】
  • 不動産登記問題2級FP技能検定試験の試験範囲である不動産の「登記関係」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 二重譲渡対抗力不動産売買契約により所有権移転登記をする前に、売主が当該不動産を第三者に譲渡し、第三者に所有権移転登記をした場合、当初の買主(所有権移転登記をしていない買主)は、その第 [続きを読む]
  • 消費税一問一答【2級FP試験】
  • 消費税問題2級FPの試験範囲であるタックスプランニングの「消費税」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 消費税課税事業者選択届出書「消費税課税事業者選択届出書」を提出して消費税の課税事業者となった法人は、事業を廃止した場合を除き、原則として3年間は消費税の免税事業者となることができない。 [続きを読む]
  • 法人税一問一答【2級FP試験】
  • 法人税問題2級FPの試験範囲であるタックスプランニングの「法人税」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 定期同額給与法人が役員に対して支給する給与のうち、定期同額給与(不相当に高額な部分の金額など一定のものを除く)に該当するものは、法人税における各事業年度の所得の金額の計算上、損金の額に算 [続きを読む]
  • その他の金融商品等一問一答【2級FP試験】
  • 金融商品等問題2級FPの試験範囲である金融資産運用の「その他の金融商品等」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 スーパー定期預金スーパー定期預金は、預入期間にかかわらず、単利型または半年複利型のいずれかを預金者が選択することができる。 【解答・解説】1ヵ月以上3年未満のものは、単利型のみと [続きを読む]
  • 投資信託・外貨建て商品一問一答【2級FP試験】
  • 投資信託・外貨建て商品問題2級FPの試験範囲である金融資産運用の「投資信託・外貨建て商品」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 信託報酬一般的な公募投資信託の運用管理費用(信託報酬)は、受託会社(信託銀行)と投資信託委託会社に対する報酬であり、証券会社や銀行等の販売会社には運用管理費用から [続きを読む]
  • 株式・債券一問一答【2級FP技能検定試験】
  • 株式・債券問題2級FPの試験範囲である金融資産運用の「株式・債券」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 個人向け国債個人向け国債(変動金利型10年満期)を購入した場合、その適用利率は、半年ごとに見直され、基準金利に0.66を乗じて算出される。ただし、最低金利が保証されており、適用利率は0.1 [続きを読む]
  • マーケット指標・変動要因等一問一答【2級FP試験】
  • マーケット指標・変動要因等問題2級FPの試験範囲である金融資産運用の「マーケット指標・変動要因等」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 全国企業短期経済観測調査全国企業短期経済観測調査は、内閣府が毎年5月と11月に実施する民間企業への業況調査である。 【解答・解説】日銀短観は、日本銀行が年 [続きを読む]
  • 保険税金一問一答【2級FP試験】
  • 保険にかかる税金問題2級FPの試験範囲であるリスク管理の「税金」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 個人年金保険契約者(=保険料負担者)が法人、被保険者がすべての役員・従業員、死亡給付金受取人が役員・従業員の遺族、年金受取人が法人である個人年金保険の保険料は、10分の8の金額を資産に計上 [続きを読む]
  • 損害保険一問一答【2級FP試験】
  • 損害保険問題2級FPの試験範囲であるリスク管理の「損害保険」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 生産物賠償責任保険スーパーマーケットを経営する企業が、店舗内で調理・販売した食品が原因で食中毒が発生し、顧客に対して法律上の損害賠償を負う場合に備えて、生産物賠償責任保険への加入が適している。 [続きを読む]
  • テキスト目次【FP2級試験】
  • めざがく広場では、2級ファイナンシャルプランナー(FP)試験対策用のテキストを無料で掲載しています。法改正にも対応していますので、是非、独学合格に向けてご利用ください。2級テキスト目次ライフプランニングと資金計画第1章:基礎等1−1:職業倫理と関連法規1−2:ライフプラン手法等1−3:住宅資金設計1−4:教育資金設計1−5:ローンとカード1−6:中小企業の資金計画第2章:社会保険2−1:国民健康保険等2−2:健康保険2 [続きを読む]
  • 生命保険等一問一答【2級FP対策】
  • 生命保険等問題2級FP試験の範囲であるリスク管理の「生命保険等」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 保証期間付終身年金定額個人年金保険(保証期間付終身年金)では、保証期間中については被保険者が生存している限り年金を受け取ることができる。 【解答・解説】定額個人年金保険(保証期間付終身年金 [続きを読む]
  • 企業年金等一問一答【2級FP試験】
  • 企業年金等問題2級FPの試験範囲であるライフプランニングの「企業年金等」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 中小企業退職金共済制度中小企業退職金共済制度の加入企業の被共済者(従業員)が退職し、他の中退共の加入企業に雇用されて再び被共済者となった場合、前の企業での掛金納付月数を通算すること [続きを読む]
  • 公的年金一問一答【2級FP試験】
  • 社会保険問題2級FPの試験範囲であるライフプランニングの「公的年金」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 国民年金の第1号被保険者国民年金の第1号被保険者とは、日本国内に住所を有する20歳以上70歳未満の者であって、国民年金の第2号被保険者および第3号被保険者のいずれにも該当しないものをい [続きを読む]
  • 社会保険一問一答【2級FP試験】
  • 社会保険問題2級FPの試験範囲であるライフプランニングの「社会保険」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 国民健康保険の被保険者の資格取得の届出国民健康保険の被保険者の資格取得の届出は、資格を取得した日から7日以内に行うものとされている。 【解答・解説】国民健康保険の被保険者の資格取得の届出 [続きを読む]
  • 中小企業の資金計画等一問一答【2級FP試験】
  • 中小企業の資金計画問題2級FPの試験範囲であるライフプランニングの「中小企業の資金計画等」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 損益計算書売上高が400,000円、売上原価が280,000円、販売費及び一般管理費が80,000円の場合、営業利益が、120,000円で、売上総利益が40,000円である。 【解答・解説】売上総 [続きを読む]
  • ライフプラン策定上の資金計画等一問一答【2級FP試験】
  • ライフプラン策定上の資金計画問題2級FPの試験範囲であるライフプランニングの「ライフプラン策定上の資金計画等」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 日本政策金融公庫の教育一般貸付日本政策金融公庫の教育一般貸付の融資限度額は、所定の海外留学資金として利用する場合を除き、進学・在学する子1人に [続きを読む]
  • ライフプランニングの手順と手法一問一答【2級FP試験】
  • FPの職業倫理と関連法規問題2級FPの試験範囲であるライフプランニングの「ライフプランニングの手順と手法」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 可処分所得Aの収入が、700万円で、Aの支出が、「所得税:60万円、住民税:40万円、社会保険料:120万円、生命保険料:30万円、火災保険料:9万 [続きを読む]
  • 相続等一問一答【2級FP試験】
  • 相続等問題2級FP試験の範囲である相続・事業承継の「相続等」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 自筆証書遺言自筆証書遺言の保管者や自筆証書遺言を発見した相続人は、相続の開始を知った後、遅滞なく、その遺言書を法務局に提出して、その検認を請求しなければならない。 【解答・解説】自筆証書遺言の [続きを読む]
  • 不動産登記一問一答【2級FP試験】
  • 不動産登記問題不動産の「不動産登記」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 登記事項証明書不動産の登記事項証明書の交付請求ができる者は、対象不動産の所有者に限られる。 【解答・解説】誰でも、登記官に対し、手数料を納付して、登記記録に記録されている事項の全部又は一部を証明した書面(登記事項証 [続きを読む]
  • 所得税一問一答【2級FP】
  • 所得税問題2級FP技能検定試験の試験範囲であるタックスプランニングの「所得税」から出題します。次の記述が、正しければ〇を、誤っていれば×をつけてください。※間違えた問題については、直ぐに復習し、正確に暗記していきましょう。問題1 非課税所得所得税において、自己の生活の用に供する家具や衣服(骨とうや美術工芸品等には該当しない)を譲渡したことによる所得は、非課税所得とされる。 【解答・解説】生活用動産を譲 [続きを読む]