captain-mambo さん プロフィール

  •  
captain-mamboさん: ニューヨーク・ラテンの名盤
ハンドル名captain-mambo さん
ブログタイトルニューヨーク・ラテンの名盤
ブログURLhttp://captain-mambo.biz/ny_latin/
サイト紹介文サルサ、ブーガルー、マンボ。ニューヨークで花開いた、ホット&クールな名盤を紹介。
自由文キューバやプエルト・リコとは異なる、ニューヨークならではの、粋でシャープでダンサブルなテイストを有する数々の名盤。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 192日(平均0.3回/週) - 参加 2017/02/01 10:27

captain-mambo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Mongo’s Way / Mongo Santamaría
  • 【タイトル】Mongo’s Way【アーティスト】Mongo Santamaría(モンゴ・サンタマリア)【リリース】1971年【レーベル】Atlantic【収録曲】①Tell It②The Letter③Listen Here④Sometimes Bread⑤Geechee Girl⑥Hippo Walk⑦Featherbed Lane⑧Saoco⑨Afro Walk⑩Congo Blue峰不二子が聴いていたメロウ&ワイルドクール。オシャレ。ちょっと淫靡。昭和46年。峰不二子はこのアルバムを聴き、そして踊っていた。(想像)象徴的に言う [続きを読む]
  • Acid / Ray Barretto
  • 【アルバムタイトル】Acid【アーティスト】Ray Barretto(レイ・バレット)【リリース】1967年【レーベル】Fania【収録曲】①El Nuevo Barretto②Mercy, Mercy, Baby③Acid④A Deeper Shade Of Soul⑤The Soul Drummers⑥Sola Te Dejare⑦Teacher Of Love⑧Espiritu Libreラテン・ブーガルーの一級品ラテンやらブーガルーやらと言われると、誰しもアタマの片隅に「お間抜け」とか「脱力」という言葉を思い浮かべないだろうか。この [続きを読む]
  • 本日はキャロル・キングの日となっておりますよ。
  • It Might As Well Rain Until September [Analog] [Import] [LP Record]Carole KingNot Now Music2016-08-27そうです。キングです。キャロル・キング(Carole King)です。本日は、キャロル・キングの生誕を祝う一日となっているんです。そして、そうだ、あの曲を聴こう。まだ、自身がシンガーとして本格的に前面に出て活動する以前の1962年。職業作曲家として、若くして大成功を治めていた頃のウルトラ名曲兼スーパー名曲。「It m [続きを読む]
  • フックは無いけど気にするな。
  • ロングブランチ/ペニーホイッスル [CD]ロングブランチ/ペニーホイッスルヴィヴィド・サウンド2017-01-31グレン・フライ(Glenn Frey)とJDサウザー(J. D. Souther)のデュオですね。イーグルス(Eagles)結成前に組んでたっつーヤツですね。1970年のリリースだそうですよ。いかにもなウエストコースト・サウンドですよ。ロックンロール、フォーク、カントリーがベースとなって、そこに激動の60年代を越えた、新しい時代のエッセン [続きを読む]
  • マイルス先生を松葉ガニとして扱う
  • エヴリシングス・ビューティフル [CD]マイルス・デイビス&ロバート・グラスパーSMJ2016-05-25「マイルス・デイビス&ロバート・グラスパー」(Miles Davis & Robert Glasper)の名義ですが、コレはマイルス先生の音楽ではありませんね。ココでは、先生は素材として料理されています。あくまでも、素材です。ただ、ブランドとしては一流の素材です。つまり、このアルバムにおける先生は、イベリコ豚とか松葉ガニのようなもんです。 [続きを読む]
  • 土岐さん、カッコ良すぎます。
  • PINK(DVD付) [CD]土岐麻子rhythm zone2017-01-25カッコいいぞ、コレ。クールが浮遊してグルーヴしている。グルーヴの芯には熱。リズムも音色もエッジは鋭く。視界には透明感と質感。現れては瞬時に切り替わる。少しだけの近未来が現在から透けて見える感覚。モードとコンサバが渾然となったサウンドは、都会的、というか、明確に東京的。繰り返し言います。カッコいいぞ、コレ、最高に。 音楽(ロック・ポップス) ブログ [続きを読む]
  • 姉妹じゃなくてロマンティクス。
  • 街の色 [CD]阿佐ヶ谷ロマンティクスPヴァイン・レコード2017-01-25むかーし、シティポップスというコトバがありましたが、ソイツには、70年代系統と80年代系統がありましたね。前者だと、ティンパンアレー、荒井由実、後者だと、稲垣潤一、杉山清貴あたりが、代表的なヒトタチでしょうが、この、阿佐ヶ谷ロマンティクスさんは、ソレで言うところの、70年代系統シティ・ポップスの正統なる後継者って感じがします。シュガーベイブを [続きを読む]
  • 過去の記事 …