みのり さん プロフィール

  •  
みのりさん: 花咲くまえ
ハンドル名みのり さん
ブログタイトル花咲くまえ
ブログURLhttp://ameblo.jp/k-ai24/
サイト紹介文モンテッソーリアンを目指す未熟な母の軌跡です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 25日(平均8.4回/週) - 参加 2017/02/01 11:41

みのり さんのブログ記事

  • 英語育児を諦めきれない、でも…
  • 帰宅後、母が食事準備をする間、花はTVタイム。本当なら一緒に食事の準備をできたらいいのでしょうが、余裕のない母は、お手伝いはとりあえず週末で平日はTV頼み。 TVだったりDVDだったりと、花が希望する番組を流していますが、最近はもっぱらこどもチャレンジを流しています。 こどもチャレンジEnglishも受講しているので、できたら英語のDVDをかけたいのですが、花の希望は英語より日本語。すぐにおぼえた「も [続きを読む]
  • エンジェルハウス研究所 てんしのおうち
  • モンテッソーリ通信講座として言わずと知れた「てんしのおうち」。 私がてんしのおうちを初めて見つけたのは、モンテッソーリを知って割とすぐ、2015年の秋頃だった気がします。 ワーキングマザーの私には、スクーリングと言う選択肢が難しく、かといってスクーリングが全くないNAMCは、英語がからっきしダメな母にはハードルが高すぎました。そんな時に見つけたのが「てんしのおうち」です。これはまさに [続きを読む]
  • 一人で寝起きも自立への一歩??
  • 寝かしつけ備忘録 我が家の寝かしつけスタイルを簡単にまとめると、 1歳5ヶ月の断乳までベッドに座りながら授乳して寝かしつけ。添い乳は花も母も苦手のため、そのちょっと変わったスタイルに。1歳過ぎた頃から就寝時間は22時〜23時。一時間おきの授乳で、授乳時間は各10分程度。 断乳〜1歳8ヵ月まで寝る時間になると抱っこ紐で外を散歩。夜中に起きたときも同じく外を散歩。夜3回は起きていたので、その都度30分 [続きを読む]
  • 朝から反省
  • 昨日、花が寝たのは23時過ぎ。最近は遅くとも21時半にはベッドに入り、22時過ぎまでには寝ていましたので、久しぶりの夜更かしでした。「あれもやりたいのに、これもやりたいのに、とにかく早く寝て!」と21時過ぎあたりからイライラが止められない母。「どうして寝ないの?」と詰問調に何度も聞いたり、「一人で遊んでて」と花を冷たくあしらったりと、本当に散々な夜でした。 母に怒られ悲しい気持ちのまま寝た花は、その [続きを読む]
  • こどもチャレンジ!
  • 満を持して?というよりかなり出遅れ気味で、我が家にも、ようやくこどもチャレンジがやってきました。 Benneseさんから定期的に送られてくるパンフレット+サンプルDVD。そのパンフレットに書いてあった「しまじろうパペットは今月最後!」の文字。 実はこのパペット、姪っ子が持っているのパペットを見て、その可愛さにおおいに心を揺さぶられていましたが、これ以上玩具が増えても…とずっと入会を [続きを読む]
  • 玩具投げは、負の注目?
  • 最近の花のブームは、「おもちゃを投げること」。玩具投げが始まったのは、ここ2週間くらいのことで、投げる度に色々声掛けをしていたのですが、一向に収まりません。 昨日もお風呂を入る前に玩具をぽいっとした花。 「なんで投げるの?玩具さん可哀想だよ、お母さんは投げないでほしい」とアドラーを意識して努めて落ち着いた声掛けを何度か繰り返したところ、「玩具さん、ごめんね、よしよし」と自ら玩具 [続きを読む]
  • 飽きないこと
  • 我が家にある玩具の代表格は、アンパンマンのパン工場、メルちゃん人形、LEGOデュプロの三つです。 家にやってきた順番は、11月の誕生日=LEGO12月のクリスマス=アンパンマン月お正月=メルちゃんという順番です。こう見ると一カ月おきになにかしらの玩具を手に入れている…(^_^;) 直後はやっぱりそれぞれ玩具の出番が多かったのですが、未だに使用頻度が高いのは断トツでLEGO。家に着た順を考えるとレゴは最古参なの [続きを読む]
  • 早く!を卒業するために
  • 相変わらずアドラーやコーチング系の本を読む毎日。 着替えてくれたら、お母さん嬉しいなご飯たくさん食べれたね、お母さん嬉しい! なんて言葉を駆使してますが、相手は2歳児、暖簾に腕押しヌカに釘状態。全く手ごたえがありません。今朝もこちらの焦る気持ちなんてなんておかまいなしで、着替えをすっぽかしひたすらブロック。 結局一番即効性があるのは「早く!」。効き目が早くて強い薬と同じで、副作用たっ [続きを読む]
  • 子どもはみんな宇宙飛行士
  • (画像はお借りしました) 日本科学未来館の続きです。 宇宙飛行士という職業について、どういうイメージを持ってらっしゃいますか?私は知力・気力・体力すべてが揃った「選ばれた人間」が就く職業といったイメージを抱いています。 今までの自分の夢を思い出してみると、たいてい「自分でもなれそうなもの」が前提。挑戦や困難よりも、常に選択するのは手軽な道。そんな私の夢に宇宙飛行士が入ってくることは、 [続きを読む]
  • 科学未来館とモンテッソーリ
  • 先週末、お台場にある「日本科学未来館」へ初めて行ってきました。 館内に入ると、まず目に入ってきたのは、宙に浮かぶ大きな球体のビジョン、ジオ・コスモス。地球を表現していて、衛星を通してみたような地球の映像が流れていました。巨大な動く地球儀とでもいいましょうか。(相変わらずの表現力乏しさ…) 他にもASIMOの実演や、スーパーカミオカンデの縮小版、ISSなどがbずらりと勢揃い。「ロボットしゃん [続きを読む]
  • イヤイヤ期。応援して欲しい!
  • 花はお風呂が大好きで、一度入ったらなかなか出たがりません。対して母は根っからのカラスの行水派。しかもお風呂後にやることを考えると、本音を言えば湯船につからず、身体を洗うだけでもいいでは!?と思ってしまっているくらいです。なので母にとってはやや厄介なバスタイム。毎晩ある程度遊びに付き合ってから「そろそろ出ようよ〜」と促すも「ヤダ!」で一蹴され一悶着が起っています。 一回イヤイヤモードに入ると、大 [続きを読む]
  • 育児の軸
  • どういう子どもになってほしいか明確なビジョンを持つ、という言葉を度々本で見かけますが、やはり育児にも目標はつきものです。ですが、それがいまいちピンとこない母。相手は自分ではなく子ども。なのでどういう風に育ってほしいかと聞かれても、いまいち思い浮かびません。花が花の持っている力を十二分に引き出せるように、母はサポートしたいというだけです。やりたいことやって、なりたいようになってほしいです。 と [続きを読む]
  • 我が家の英語事情②
  • 昨日に続き、また我が家の英語事情ならぬ、母の英語事情を少々。 英語オンチを痛い程自覚している母ですが、花への英語の取り組みを意識し始めた頃、唯一買ったのがこちらのCD。 Wee Sing Children’s Songs and Fingerplays1,207円Amazon こんな初歩的なCDでさえ聞き取れない&CDブックを読めなかった母は、さらに英語育児からは足が遠のきましたが、このCDだけは気が付くとかけていました。おそらく花が産まれて [続きを読む]
  • 我が家の英語事情
  • 幼児教育という言葉を意識したほとんどのご家庭で検討されると思わる、早期英語教育。もちろん我が家も等しく、モンテッソーリに関しては何ぞや?なお父さんも、英語教育には前のめりという状態です。お父さんに関しては海外出張などである程度の英語力はあるのかもしれませんが(ボディランゲージ6割かと思われますが。汗)、私に関してはほぼゼロ。おそらく中学一年生以下かと思われます…。 プリスクールやインターに通わ [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして。ご訪問いただきありがとうございます。ブログをはじめて半月あまり。遅れてしまいましたが、自己紹介を。 2014年11月生まれの娘の母、実と申します。会社員です。娘の花が産まれるまでは子どもと関わることもなく過ごしてきたため、花が生まれてからというものの初めての育児に毎日右往左往。39度越えの知恵熱を産後数ヶ月で幾度となく出す有様でした。 そんな中、すがるように読んでいた育児本やネット [続きを読む]
  • ただいま、イヤイヤ炸裂中
  • もうすぐ2歳3ヶ月になる花。ご多分漏れずイヤイヤ期真っ最中です。 保育園遅刻する!と焦る母の気持ちを知ってか知らずか、先日も朝から「着替えない!おもちゃで遊ぶ〜〜〜!!!!」と大炸裂。 いい加減にしなさーーーーーい!!!! と言いたい気持ちをぐっとこらえ(態度にダダ漏れでしたが)、努めて優しい言葉を心がけるも「嫌!!」。そうでなくとも導火線の短い母は、もうこの時点で沸点ぎりぎりです。一体どうれす [続きを読む]
  • 幼児食から感じるモンテッソーリ
  • 食育本の中でも、特に共感したのがこちらの一冊。 うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本 Amazon はじめはKindle Unlimitedの読み放題プランで読みましたが、まさに目から鱗状態だったため思わず単行本版を購入したという経緯があります。 特に手帳に大きく書き込んだのがこの言葉。 ワイワイいいながら、出したものをみんなできれいに平らげる家笑ってごちそうさまがいえればい [続きを読む]
  • 幼児食失敗の原因は私
  • 子どもは歯が生えそろっていないので、咀嚼することが出来ないということは知っていましたが、前歯が生えているし、歯茎でかめるんでは?と悠長に構えていました。料理は苦手ですが、一応食生活アドバイザーの資格も持っているし、栄養に関してはそれなりに自信がありました。 ですが、その妙な自信に完全に足元をすくわれていました。 保育園帰りにスーパーに行き、おなかが空いただろうと、お菓子を与えたり、食事を [続きを読む]
  • 朝から反省
  • 幼児食本を読み漁っていた昨晩。朝食中にご飯を食べずにごろごろし始めた花に、もう食べないならいい!と怒ってしまいました…。自分の興味の類に対し、花が積極的に対応してくれないと、すぐにイライラしてしまう本当に器の小さい母です。朝から猛省です。 ご飯の最中に寝転がるのはよくないです。ただ、まだ2歳。遊び食べは当たり前だし、きちんとしようと促すのはいいと思いますが、怒る必要性は全くなかったです。  [続きを読む]
  • 幼児食
  • 花は偏食家です。好きなものは浅利・海苔・きのこ。私からするとちょっと不思議なものばかり。子どもって芋やお握り、苺なんかを好むものかと思っていましたが、芋と米は苦手、見た目がかわいくて好きそうな苺も嫌。母は大好きなんですが…。 好きな物ならある程度食べてくれるので、家での食事は好きなものを散りばめつつ、食べさせてましたが、保育園ではそうもいきません。保育園の先生に給食を食べないことを何度も相談 [続きを読む]
  • お仕事は日常の中に
  • 花は保育園にリュックを背負っていきます。肩ひもがずれないように、パチンと胸の前でとめるタイプのものです。 花はこのリュックが大好き、何よりパチンととめる動作が楽しくて仕方がない様子です。ですが、このパチンが母からすると厄介で、花が自分でやると時間がとてもかかるのです。。リュックを背負う登下校時は、特に時間がないので「お母さんがやってあげる!」と、つい手を出してしまいがちです。 先週の金曜 [続きを読む]
  • 抱っこの大切さ
  • 最近、本吉圓子先生の「あふれるまで愛をそそぐ」を読んでいます。求められる限りの抱っこをしましょうと書かれている本書。読んでいてふと思い出したことがあります。 私には年下の従弟がいます。その子は小学生になってもよくお母さん(私から見ると叔母)に抱きついていました。その頃時代は冬彦さん(当時のマザコンの象徴です、歳がばれる笑)が残っていて、「男のくせに気持ち悪い〜マザコン!」とよく思っていました [続きを読む]
  • 外食と絵本
  • 今日は節分です。 花はまだ豆まきをやったことがないので「今日は保育園で豆まきだよ〜」と言っても、いまいちピンとこないようで「のり巻き?のり巻き?」とずっと言ってました。おしい!のり巻きも節分だから出てくるけども。 数日前「もう今日はご飯作りたくない、外食にする!」と保育園帰りに花と二人でファミレスに行ったら、花は大喜び!一緒にドリンクバーを取りに行ったりと、いつもと違う環境に大満足してい [続きを読む]
  • 自分のキャパを実感
  • ここ数日不調で、そのことが気がかりで憂鬱に過ごしていました。色々考えては不安を膨らませ、精神的にぐったりし、花に対しイライラしてしまう始末。。 診察結果は特に悪いところは見当たらず、とりあえずほっと胸をなでおろしましたが、本当に自分のキャパは少ないと実感した出来事でした。 本吉圓子先生の本を読み涙しながら、花に対し「早くして!」と言ってしまう矛盾。明日から頑張ればいいやと育児にたいしても [続きを読む]
  • 言葉の意味を知る
  • 「教育」という言葉を聞くと、私はつい「勉強」というイメージを連想しがちです。根っからの勉強嫌いでやってきた私は、どうもこの教育という言葉にやや抵抗感があります。笑モンテッソーリの知識を深めるほど、巷でよく言われている「モンテッソーリ教育」という言葉に妙に違和感を覚えていました。まだモンテッソーリについてかじった程度の知識しか持ち合わせていませんが、それでも「モンテッソーリとは人間としての基礎力 [続きを読む]