souzanのブログ さん プロフィール

  •  
souzanのブログさん: souzanのブログ
ハンドル名souzanのブログ さん
ブログタイトルsouzanのブログ
ブログURLhttp://souzan.muragon.com/
サイト紹介文私の書道教室
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 142日(平均3.8回/週) - 参加 2017/02/02 04:31

souzanのブログ さんのブログ記事

  • 他人
  •  小野寺幹雄は四郎丸生まれで戸籍は次男でアイヌの声紋、小野寺四男でアイヌの声紋、本所計子も長女でアイヌの声紋。長男太郎と次女良子の戸籍はないか。村上正敏が戸籍操作か。親父が天皇をやりたい為か。小野寺幹雄は洞爺湖町にいるか。アイヌの声紋である以上は日本人ではない。佐々木が四郎丸が狙ってきているか。  小野寺均は三男で日本人の声紋。小野寺広子も三女で日本人の声紋か。出生届けは二人か。  渡辺麻衣子は卒 [続きを読む]
  • 領土
  •  北方4島、千島列島からカムチャッカ半島北極海までとアリューシャン列島が天皇の国の領土。徳川の古文書にはカムチャッカ半島から北極海までとアリューシャン列島も領土だと書いてあるようだ。当時の丸太小屋がある。北方4島には当時の日本人が今もいると言っている。南樺太も天皇の国の領土。朝鮮半島も天皇の国の領土。 [続きを読む]
  • 書道教室
  •  北海道はろくに生徒が入らない。東京なら一年以上いると入るかも知れない。私の書道教室は、今まで一人も生徒はいなかった。  金になるならタイルしかない。 [続きを読む]
  •  特別に出している画像のコピー等は禁止している。セミの形(殻)をしたものの殻を縦に上半分ほど割ってでてくる。殻から頭が90度ぐらいにでて、丸まっている羽がだんだん生えてきて(伸びてきて)蝉になっていく、成蝉と同じ成り殻と同じ方向になり殻にしがみつく。そのときの写真が他に28枚ある。見たときに何かなと思ったが蝉になったので蝉だろうなと思った。 [続きを読む]
  • 天皇
  •  中国の文献に天皇は小野寺しかないと言う文献がある。国の天皇は小野寺しかない。国の国政とか国の統治を辞めてしていないだけだ。天皇の家系は神武天皇の家系、天皇の家系はひとつしかない。 [続きを読む]
  • 妨害
  •  高橋雪秀が来て「使わないでくれと言うから使わない」と互助交通南砂営業所、宮内庁も来たといっている。配達証明が戻った郵便物をもらって帰って来た。  泰進交通も高橋雪秀が「使わないでくれと言うから使わない」使わない。  日興自動車にも行っている。  角七窯業、阿部タイル工業、クワザワも同じだ。  アイヌの実数は一万人だといっている。  小野寺智、小野寺幹雄、本所計子はあいぬで高橋の手下だと言っている [続きを読む]
  • オノデラタイル
  •  高橋雪秀が来て「使わないでくれと言うから使わない」と互助交通南砂営業所、宮内庁も来たといっている。配達証明が戻った郵便物をもらって帰って来た。  泰進交通も高橋雪秀が「使わないでくれと言うから使わない」使わない。  日興自動車にも行っている。  角七窯業、阿部タイル工業、クワザワも同じだ。  アイヌの実数は一万人だといっている。  小野寺智、小野寺幹雄、本所計子はあいぬで高橋の手下だと言っている [続きを読む]
  • 壮山書道教室
  •  高橋雪秀が来て「使わないでくれと言うから使わない」と互助交通南砂営業所、宮内庁も来たといっている。配達証明が戻った郵便物をもらって帰って来た。  泰進交通も高橋雪秀が「使わないでくれと言うから使わない」使わない。  日興自動車にも行っている。  角七窯業、阿部タイル工業、クワザワも同じだ。  アイヌの実数は一万人だといっている。  小野寺智、小野寺幹雄、本所計子はあいぬで高橋の手下だと言っている [続きを読む]
  • 息子
  •  小野寺幹雄は、アイヌで小野寺寅松の息子と言っている。小野寺寅松が育てられなくて小野寺秋治に預けた小野寺寅松の次男の息子だと言っている。小野寺幹雄は1歳半の時にもらわれてきて、中学の時に「本当の子供じゃないから就職してくれ」と言っても全く信じず高校へ行った。本所計子は三歳の時に、青野が育てられないから青野からもらわれてきた。  又は小学校六年の卒業式前日終了時に来て卒業をして中学へ、青野計子は中学 [続きを読む]
  • 精神異常
  •  日本書道協会連鎖教室の生徒がケタケタ笑い出す(きちがいの命をもつ)。白痴(くるくるパー)が塗って書いたのを見て書いたせいだといったりしている。「書道でメシが食える」という売りのせいか。あいぬはきちがいだ。精神錯乱。なぜ書道とついている。  日本書道協会連鎖教室小野寺壮山は、毛筆は自分で手本を書くしかないだろう!または違う教材。昨日もぬっていると精神分裂病ではないだった。硬筆は基礎編、教えるのに徹 [続きを読む]
  • 神の啓示
  •  かなり以前に、「ゴンドワナランドしか住めなくなる」と聞こえたことがある。これもかなり以前だが「日本の天皇だ誰にも言うな」と聞こえた事がある。天皇反重力説では「奇想天外の方法だ」と空耳かもしれないが聞こえた。「小野寺幹雄は小野寺寅松の息子だ」「生活保護になっていると裁判が不利になる」と聞こえた。  曹洞宗の言い伝えに「国が危なくなると必ず天皇が現れた」「神の子で現れた」と言う言い伝えがあるそうです [続きを読む]
  • 小学校
  •  成香小学校で、身長が大きいのは、横路喜代美(高橋)、小野寺幹雄、小野寺孝行、小野寺計子。飛びぬけて大きかったそうだ。 [続きを読む]
  • 若葉
  •  成香中学の体育と技術家庭の教師の合田静雄と、ナカジマペチカの宮平(みやしら)は若葉をすっていた。サッカーの好きな合田だ。合田は小学校の時に、田辺悦子の家に下宿していた。中学校の頃になると林の娘と結婚をしていた。  中根は書道は返す刀で塗っていた。おもちゃでもヤッパを持っているとヤクザだと言っていた。  これは本当か? 警察は化けれないと断定している。 [続きを読む]
  • タイル
  •  東京タイルでは、「100角ダンゴ張りで千枚張れなければ職人ではない」と言っている。現場によっては可能だ。道立の職業訓練校修了でなくたたきあげなら張れる。人にもよる。千枚張れなければハンスケだ。横須賀では東京タイルの工賃請けの社長は1,500枚張っている。9時から6時。 [続きを読む]
  • 兄弟
  •  幹雄は、札幌には多くても月に1回霊波之光札幌支部に来ているだけで、豊平区役所には来ていない。小野寺秋冶の次男だが長男が死亡しているので長男を装っている。日本人だがアイヌを装っている。昔は中学の頃は加藤茶と言われていた。小野寺秋治の農家を継いだ。豊浦農業高校中退。全部日本人。    四男、智は虻田商業高校を中退してマルイチ鋼管に入社。その後に札幌(みづほ荘)へきた。  三女、広子は、最近電話をした [続きを読む]
  • 断定1
  •   小野寺幹雄は、私が5歳の終わり頃に、小学校2年生で入ってきた。2年終わり頃から3年の終わり頃まで施設に入っていた。青野計子も同じ。幹雄は110歳で計子は100歳になる。四郎丸のアイヌの小野寺幹雄と成香のアイヌの青野計子だ。6歳の頃、小野寺寅松が来て、子供全部の写真を撮るといって撮っていった。子供は3人、小野寺均(長男)と小野寺広子(長女)と小野寺智(アイヌ)だ。写真は半ズボンだったので半ズボン [続きを読む]
  • 東北自動車道
  • 38 分(14.5 km) 国道122号線 経由 通常の交通量 このルートでは有料区間を通過します。 〒173-0003 東京都板橋区加賀2丁目18−15 北区 13 まで進む 2 分(600 m) 都道455号線 を進み、国道122号線、岩槻街道、県道34号線 に入って 川口市 神戸 の 東京外環自動車道 に向かう 36 分(13.9 km) 東北自動車道 出発地: 東北自動車道 目的地: 札幌 [続きを読む]
  • 日本人アイヌ
  •  精神分裂病は日本人でもアイヌと同じでハイエナだ。創価学会のコネが国の役人を占めている。元憲兵さんは創価学会は良くないと言っていた。国の役人は精神分裂病者が全部を占めている。日本人でも過半数は精神分裂病だと言われている。アイヌの実数は一万人だと言っている。三権分立でも司法が一番悪いと言っている。  国はハイエナだ。行政も司法も立法もハイエナだ。ハイエナはたかりだ。国はあたまがおかしい! 悪貨は良貨 [続きを読む]
  • 北海道
  • JR 7時30分札幌駅 札幌稚内 JR宗谷サロベツ 宗谷特急稚内行 5時間10分(16駅) 12時40分稚内駅 料金: 10,450円 バス 10時30分 大通りBC 札幌〜稚内稚内フェリーターミナル行 5 時間 43 分 (2 駅) 16時13分 北都観光前(バス) 徒歩 約 4 分 , 400 m 16時17分 稚内駅 料金: 6,410円 JR 10:53 札幌駅 電車千歳線各停苫小牧行 1 [続きを読む]
  • 精神病
  •  その人が、芸能人に似ていれば、化けてやっていると思うし、現実と非現実の区別がつかない頭になっている。東京では「高橋の頭のおかしさったらない」と言われいる。それで札幌にいる。幹雄は日本人だけど「子供の頃から精神病だ」言われていたし強欲だ。もしくは精神病と同じ状態。小学校3年生の時(昭和34年)に半年ぐらい姉と施設(のびろ学園)に入っていた。弟の智も精神病だ。出生届けは2人(均、広子)しかない。ほか [続きを読む]