ゴエティ さん プロフィール

  •  
ゴエティさん: 性愛と無性愛のあいだを彷徨う
ハンドル名ゴエティ さん
ブログタイトル性愛と無性愛のあいだを彷徨う
ブログURLhttp://ameblo.jp/ytpmmh84/
サイト紹介文性愛と無性愛のあいだ。他者に性的関心を持たない人間はどうあれば幸せなんだろうかを考えていく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 78日(平均3.9回/週) - 参加 2017/02/02 10:23

ゴエティ さんのブログ記事

  • 新たな旅を計画中。
  • 2017年「第二弾」として、6月に「北海道(道東方面)」に出掛ける計画を練っています。「第三弾」が8月に「関西・南紀」に内定しているので、同じ西日本は避けて北海道にしようかと考えています。 道東方面に行くのは2010年以来なので約7年ぶりのことです。行程は女満別イン、屈斜路湖・摩周湖、根釧台地、野付半島、根室、納沙布岬、北太平洋シーサイドラインを巡って釧路アウト。 北海道らしい景観の中を [続きを読む]
  • これまでの10年、これからの10年。
  • ここ最近は考えること自体に何だか疲れていて、日常をただただ「消化」しています。別に消極的になっている訳でもなく、かといって積極的になっているわけでもなく。 考えるとキリがないものです。独身を想定した未来予想図も、(友情)結婚を想定した未来予想図、それらはどちらも問題山積み。 いずれにせよ、どちらの道にも必ず「他者」が関わってきます。良くも悪くも、自分の人生に肯定的になれるか否かは「他者」 [続きを読む]
  • 鶴見線(沿線)をぶらり途中下車の旅③「南武支線」
  • 鶴見線の旅の「続き」です。 弁天橋駅から4駅目の浜川崎駅まで足を延ばしました。鶴見線はこの先「扇町駅」までの路線ですが、時間帯にもよりけりですが浜川崎より先はさらに本数が減ります。まぁ、工業地帯に向かう路線なので朝夕さえそれなりの本数があれば役割は十分というこよでしょう。地方都市に住んでいると分かりますが、鉄道が日常の足として機能するのは30分に1本列車があるかどうかが境目になります。ちなみに、 [続きを読む]
  • 「それ」に興味が無くて何かいけまんせんか?
  • 比較的近い距離(でもないか…笑)にいる仙台にいる前職の時の同期(♀)と飲んできました。業界や仕事の話がメインでしたが、恋愛や結婚の「ネタ探り」も当然のように行われます。 さらっと「そういうの全然興味がないんだよね。」って言ってみたら、「もしかして…そっち?」との返しが来る。 恋愛至上主義な彼女の世界では、人間は誰か(異性)と恋愛をすることが基本になっていて、「そうじゃない」ってことは差別の [続きを読む]
  • ○○を目指して(?)
  • 恋愛でも、仕事でも、何かを目指して頑張っている人たちがいる。 仕事はさておき、僕は「恋愛」というものについて、目指すべきものがない。 日々ツイッタ―やブログを通じて、自分から発信したり、発信されたものを閲覧していて、最終的に目指すところは何なのだろうか?と最近よく考えます。 今のところ僕が生きていて一番「楽しい」と感じる時は、親しい仲の友達とお酒を飲んでいるとき。ここからは僕の勝手な [続きを読む]
  • フェティシズムと性的欲求の関係性
  • 「フェティシズム」ってありますよね。何でもいいんですが、いわゆる「性的嗜好」というもの。 https://oshiete.goo.ne.jp/qa/6419571.html?check_ok=1※ちなみに、僕は水着フェチではありませんし、画像や情報の交換などはしていません。 最近、フェチと(他者への)性的欲求との関係性について考えます。プロフィールに書いてあるとおり、僕自身もたまに性処理の欲求に応じて自分で処理はしています。ここで問題になる [続きを読む]
  • 性教育の問題…背景にあるものはいったい何なのか?
  • ネットのニュースを閲覧していてたまたま見つけた記事です。 ■ 中学武道に銃剣道を追加 体育で「異性への関心」は残るhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000013-asahi-soci この記事をお読み頂いてどのように感じるでしょうか? 小学校体育の指導要領で「異性への関心が芽生える」とした記述をめぐって、この記述をなくし、新たにLGBTなど性的少数者について盛り込むよう求める意見があったが [続きを読む]
  • 「差別」されるものは逆に「差別」している
  • 「性的マイノリティ」は僕が言うまでもなく「差別」の対象とされてきた。「カミングアウト」や「アウティング」という言葉が差別が確かに存在することを示している。セクシャリティをオープンにすることで日常生活に支障がないのであれば、みんなやっているだろうし、もっと生きやすくなるのだろう。 自分はそんな「差別」の対象になり得る存在なわけであるが、一方で自分も無意識のうちに「差別」している気がしてならない [続きを読む]
  • 【完結】~AROUND THE KYUSHU~振り返り⑫「薩摩半島をゆく②」
  • 今回の投稿で完結します。最後に宿泊したホテルは「指宿ロイヤルホテル」です。指宿駅や名物「砂蒸し風呂」があるエリアから少し遠いものの、海辺の高台にあるので客室からの眺望はそこそこ良いホテルです。「古さ」は否めませんが、ひとり旅に宿泊するには十分です。客室はオーシャンビューで、火山地形で天然の良港である山川漁港やその奥に開聞岳、錦江湾をゆく船などのんびり眺めることができます。高台下、海辺はちょっとし [続きを読む]
  • 非性愛者(ノンセク・Aセク)当事者や理解のある方へ
  • 「性愛」を持っていることが当たり前とされる世の中で、「そうじゃない」人たちとの繋がりを創っていこうという思いを持っていますノンセクシャルあるいはアセクシャルなど「非性愛」という共通点を持った方々と積極的に出会い、ともにライフスタイルを模索したいのです。欲をいえば、趣味の部分が合う方だとなお嬉しいですね(笑)ブログ記事やツイッタ―の投稿を読んでいただき、絡んでみたいと思われた方はお気軽にコンタクト [続きを読む]
  • 街ゆく「カップル」に思うこと
  • 今日、街ゆく人々を見ていて、手を繋いでいるカップルって思いのほかそこらじゅうにいるんだなと思いました。 その姿を見ていて、「何のためにそうしているんだろうか?」って内心考えている自分がいます。単純に自分にそういう欲求が全く無いので、不思議に思うのです。する必要性…分からない…。 最近、そういうのを見ていると少し嫌悪感を感じている自分がいます。嫉妬ではありません。恋愛至上主義にNO!って過 [続きを読む]
  • ~AROUND THE KYUSHU~振り返り⑪「薩摩半島をゆく」その①
  • 残り2回で「完結」します(笑)これまでは鉄道旅でしたが、ここからはこの旅初めてのレンタカーを使って薩摩半島を周遊します。まずは鹿児島から知覧へ。 知覧は薩摩の小京都と呼ばれるだけあって、整然とした佇まいの街でした。「麓」という武家集落の景観が残っています。薩摩藩は領地を「外城」という細かい地区に分け、武士団を終結させることなく分散して統治させました。知覧もその一つで、鹿児島では他に出水にも武家 [続きを読む]
  • 最近の友情結婚掲示板を覗いていて思うこと。
  • 新しいカゴテリーに「友情結婚に関する話題・考え」を追加しました。 かつて浅はかな考えから友情結婚という言葉に可能性を感じ、実際に活動したことがあります。地方は出会いは少ないとはいえ、数名の方とお会いしました。そのうち、1名の方とは約半年のあいだ交際(?)を経験しました。 でも、その交際にはいつも「違和感」があった。異性愛の「モノマネ」をしようと必死になっていて、いつも楽しいというよりも気 [続きを読む]
  • ひとり温泉旅〜会津・東山温泉・瀧の湯編〜
  • 3日前の晩、予定がトケになった穴埋めに何をしようか…と考えていたところ、ふと温泉宿に泊まりにいきたいと思いたちました。 候補は以下のお宿。 ①群馬・四万温泉「四万やまぐち館」…渓流沿いのお風呂が素晴らしい②群馬・薬師温泉「かやぶきの郷旅籠」…昔から良い評判のお宿③福島・東山温泉「庄助の宿瀧の湯」…瀧見露天と適度な湯温④宮城・作並温泉「作並一の坊」…渓流沿い、適度な湯温、寛げるラウンジ⑤岩 [続きを読む]
  • 突然ですが、明日は会津地方へ。
  • 突然ですが、明日会津地方に出向きます。 連休なんですが、予定がなくなったので暇を持て余すということで、久々に温泉ひとり宿泊にチャレンジします 宿泊はこちらへ。■東山温泉「庄助の宿瀧の湯」http://shousuke.com/ 東山温泉はシングルユースが結構いるので、おひとり様でも敷居が低いです 以前から泊まってみたいと思っていたお宿です。東山では個人的にはナンバーワンの良宿と思っています。明日確か [続きを読む]
  • 友愛感情と恋愛感情の違い。
  • 友愛感情と恋愛感情の違い。アセクシャルとノンセクシャルを語るうえで、線引きがとても難しい部分と感じます。「性愛者ではない」という共通項はありますが、どちらに属するのかについて最近よく考えます。 一応、僕自身は好意を持った相手に対して抱く感情は「友愛」としていますが、実際は「恋愛」なのかもしれない。それでかつ情緒的に強い結びつきを感じないと…っていう点にすっぽり当てはまるから「デミロマンティッ [続きを読む]
  • 一歩「前進」したのだろうか?
  • 2月ももうおしまいですね。今日の盛岡は文句ナシの快晴で、気温もそこそこあがったので、「手袋なし」で散歩ができました。少しづつ「春」が近づいているんだと実感します。 その前に「花粉」がやってきますけどね。 街に用事があったので、散歩途中に橋の上から岩手山を撮影してみました この1ヶ月のあいだ、相次いでセクシャルマイノリティの当事者の方々との出会いを経験しました。月に一度くらいのペ [続きを読む]
  • その認識は間違っている
  • 30を過ぎて未婚、合コンや紹介を何度してもかすりもしない。「外」から見た自分の存在は特異に映るのかもしれない。 もしかして…「そっちの世界」の人なんじゃないか? 先日、お酒の席で、その辺のことを詮索されました。 どうやら僕の知らないところではあらぬ「噂」が少なからずあるようです。 仕方ないですね、こればかりは。 問題なのはその認識が限りなく「間違っている」ことです。 そもそ [続きを読む]
  • あらためて整理する自分の説明書
  • 性的指向というのは連続性を持ったグラデーションのようなもの。だから、無理にカゴテライズしなくても良いのかもしれないけど、ツイッタ―で見つけたasexual.jpというサイトにAセクシャルというセクシャリティについて詳しく書いてあったので、現状を整理してみようと思いました。 そこでのAセクシャルの説明として、「他人に対して性的魅力を感じないこと」とあります。ここでは恋愛感情を持つかどうかは関係 [続きを読む]
  • その「パートナー」という言葉の意味
  • よくある「彼女はいないの?」という質問。それはダメな聞き方で、「パートナーはいないの?」が正解。 いまの時代はセクシャリティに限らず、様々な多様性を認めようとする風潮なのか、会社でもそういう研修や講話があって、それに参加してきた同僚が、「その人が同性愛者かもしれないんだから「彼女」は「パートナー」に置き換えるのが正解なんだって。」 そんな話をしてました。 「パートナーはいないの?」は [続きを読む]
  • ブログタイトル変更&ツイッター開設
  • ブログタイトルを変えました。頻繁に変えてるのは自認するセクシャリティがなかなか定まらない感が否めないので(^-^;以前はノンセクを前面に出してましたけど、他者に性欲欲望を抱かない意味では確かにノンセクだけれども、僕が持つ感情は恋愛願望を伴ってると自分でも不明な部分があるので、彷徨ってます的な表記にしました。あと、ツイッターのアカウントを開設してみました。どう使うかはこれからの試行錯誤ですが…人に会って [続きを読む]