ゴエティ さん プロフィール

  •  
ゴエティさん: 性愛と無性愛のあいだを彷徨う
ハンドル名ゴエティ さん
ブログタイトル性愛と無性愛のあいだを彷徨う
ブログURLhttp://ameblo.jp/ytpmmh84/
サイト紹介文性愛と無性愛のあいだ。他者に性的関心を持たない人間はどうあれば幸せなんだろうかを考えていく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 51日(平均4.8回/週) - 参加 2017/02/02 10:23

ゴエティ さんのブログ記事

  • 【完結】~AROUND THE KYUSHU~振り返り⑫「薩摩半島をゆく②」
  • 今回の投稿で完結します。最後に宿泊したホテルは「指宿ロイヤルホテル」です。指宿駅や名物「砂蒸し風呂」があるエリアから少し遠いものの、海辺の高台にあるので客室からの眺望はそこそこ良いホテルです。「古さ」は否めませんが、ひとり旅に宿泊するには十分です。客室はオーシャンビューで、火山地形で天然の良港である山川漁港やその奥に開聞岳、錦江湾をゆく船などのんびり眺めることができます。高台下、海辺はちょっとし [続きを読む]
  • 非性愛者(ノンセク・Aセク)当事者や理解のある方へ
  • 「性愛」を持っていることが当たり前とされる世の中で、「そうじゃない」人たちとの繋がりを創っていこうという思いを持っていますノンセクシャルあるいはアセクシャルなど「非性愛」という共通点を持った方々と積極的に出会い、ともにライフスタイルを模索したいのです。欲をいえば、趣味の部分が合う方だとなお嬉しいですね(笑)ブログ記事やツイッタ―の投稿を読んでいただき、絡んでみたいと思われた方はお気軽にコンタクト [続きを読む]
  • 街ゆく「カップル」に思うこと
  • 今日、街ゆく人々を見ていて、手を繋いでいるカップルって思いのほかそこらじゅうにいるんだなと思いました。 その姿を見ていて、「何のためにそうしているんだろうか?」って内心考えている自分がいます。単純に自分にそういう欲求が全く無いので、不思議に思うのです。する必要性…分からない…。 最近、そういうのを見ていると少し嫌悪感を感じている自分がいます。嫉妬ではありません。恋愛至上主義にNO!って過 [続きを読む]
  • ~AROUND THE KYUSHU~振り返り⑪「薩摩半島をゆく」その①
  • 残り2回で「完結」します(笑)これまでは鉄道旅でしたが、ここからはこの旅初めてのレンタカーを使って薩摩半島を周遊します。まずは鹿児島から知覧へ。 知覧は薩摩の小京都と呼ばれるだけあって、整然とした佇まいの街でした。「麓」という武家集落の景観が残っています。薩摩藩は領地を「外城」という細かい地区に分け、武士団を終結させることなく分散して統治させました。知覧もその一つで、鹿児島では他に出水にも武家 [続きを読む]
  • 最近の友情結婚掲示板を覗いていて思うこと。
  • 新しいカゴテリーに「友情結婚に関する話題・考え」を追加しました。 かつて浅はかな考えから友情結婚という言葉に可能性を感じ、実際に活動したことがあります。地方は出会いは少ないとはいえ、数名の方とお会いしました。そのうち、1名の方とは約半年のあいだ交際(?)を経験しました。 でも、その交際にはいつも「違和感」があった。異性愛の「モノマネ」をしようと必死になっていて、いつも楽しいというよりも気 [続きを読む]
  • ひとり温泉旅〜会津・東山温泉・瀧の湯編〜
  • 3日前の晩、予定がトケになった穴埋めに何をしようか…と考えていたところ、ふと温泉宿に泊まりにいきたいと思いたちました。 候補は以下のお宿。 ①群馬・四万温泉「四万やまぐち館」…渓流沿いのお風呂が素晴らしい②群馬・薬師温泉「かやぶきの郷旅籠」…昔から良い評判のお宿③福島・東山温泉「庄助の宿瀧の湯」…瀧見露天と適度な湯温④宮城・作並温泉「作並一の坊」…渓流沿い、適度な湯温、寛げるラウンジ⑤岩 [続きを読む]
  • 突然ですが、明日は会津地方へ。
  • 突然ですが、明日会津地方に出向きます。 連休なんですが、予定がなくなったので暇を持て余すということで、久々に温泉ひとり宿泊にチャレンジします 宿泊はこちらへ。■東山温泉「庄助の宿瀧の湯」http://shousuke.com/ 東山温泉はシングルユースが結構いるので、おひとり様でも敷居が低いです 以前から泊まってみたいと思っていたお宿です。東山では個人的にはナンバーワンの良宿と思っています。明日確か [続きを読む]
  • 友愛感情と恋愛感情の違い。
  • 友愛感情と恋愛感情の違い。アセクシャルとノンセクシャルを語るうえで、線引きがとても難しい部分と感じます。「性愛者ではない」という共通項はありますが、どちらに属するのかについて最近よく考えます。 一応、僕自身は好意を持った相手に対して抱く感情は「友愛」としていますが、実際は「恋愛」なのかもしれない。それでかつ情緒的に強い結びつきを感じないと…っていう点にすっぽり当てはまるから「デミロマンティッ [続きを読む]
  • 一歩「前進」したのだろうか?
  • 2月ももうおしまいですね。今日の盛岡は文句ナシの快晴で、気温もそこそこあがったので、「手袋なし」で散歩ができました。少しづつ「春」が近づいているんだと実感します。 その前に「花粉」がやってきますけどね。 街に用事があったので、散歩途中に橋の上から岩手山を撮影してみました この1ヶ月のあいだ、相次いでセクシャルマイノリティの当事者の方々との出会いを経験しました。月に一度くらいのペ [続きを読む]
  • その認識は間違っている
  • 30を過ぎて未婚、合コンや紹介を何度してもかすりもしない。「外」から見た自分の存在は特異に映るのかもしれない。 もしかして…「そっちの世界」の人なんじゃないか? 先日、お酒の席で、その辺のことを詮索されました。 どうやら僕の知らないところではあらぬ「噂」が少なからずあるようです。 仕方ないですね、こればかりは。 問題なのはその認識が限りなく「間違っている」ことです。 そもそ [続きを読む]
  • あらためて整理する自分の説明書
  • 性的指向というのは連続性を持ったグラデーションのようなもの。だから、無理にカゴテライズしなくても良いのかもしれないけど、ツイッタ―で見つけたasexual.jpというサイトにAセクシャルというセクシャリティについて詳しく書いてあったので、現状を整理してみようと思いました。 そこでのAセクシャルの説明として、「他人に対して性的魅力を感じないこと」とあります。ここでは恋愛感情を持つかどうかは関係 [続きを読む]
  • その「パートナー」という言葉の意味
  • よくある「彼女はいないの?」という質問。それはダメな聞き方で、「パートナーはいないの?」が正解。 いまの時代はセクシャリティに限らず、様々な多様性を認めようとする風潮なのか、会社でもそういう研修や講話があって、それに参加してきた同僚が、「その人が同性愛者かもしれないんだから「彼女」は「パートナー」に置き換えるのが正解なんだって。」 そんな話をしてました。 「パートナーはいないの?」は [続きを読む]
  • ブログタイトル変更&ツイッター開設
  • ブログタイトルを変えました。頻繁に変えてるのは自認するセクシャリティがなかなか定まらない感が否めないので(^-^;以前はノンセクを前面に出してましたけど、他者に性欲欲望を抱かない意味では確かにノンセクだけれども、僕が持つ感情は恋愛願望を伴ってると自分でも不明な部分があるので、彷徨ってます的な表記にしました。あと、ツイッターのアカウントを開設してみました。どう使うかはこれからの試行錯誤ですが…人に会って [続きを読む]
  • 素直な感情をここに。
  • 無意識のうちに「他者に性愛を抱かない人たち」…俗にいう無性愛者に「冷たい」イメージを持っているような気がする。まるで感情がないロボットみたいなイメージ。 セクシャリティは様々だとしても、世の中が性愛を持って他者に愛情表現をするのが普通とされているから、そういうイメージを持ってしまうのかな。 でも、違うと思う。僕自身が感情がないロボットなんかじゃない。 ノンセクシャルと自認する方でも、 [続きを読む]
  • ~AROUND THE KYUSHU~振り返り⑧「おれんじ食堂」【水俣・出水編】
  • 少しづつ「南下」してます。八代、芦北、津奈木ときて熊本県最後の街、水俣へ。車内では水俣駅到着の直前に「日本一長い運動場」の紹介。廃線になった線路の跡地に整備された約14?の遊歩道らしいが、そこ紹介するとこなのかw水俣といえば「公害」の歴史が暗い影を落とす…そんなイメージしか持ち合わせていないのだけれども、その素顔は「地中海のような温暖な気候、海山2つの温泉が湧くいで湯の里。」らしい。海の温泉は「湯の [続きを読む]
  • 売れ筋商品
  • 大学生だった頃、アルバイトをしていた書店のことをふと思い出しました 横浜にあるごくごく普通の新刊書店(普通じゃないところもあったんですが、それを書くと特定できるw)でしたが、いわゆる風俗雑誌のコーナーがあったんです。←この時点で普通じゃないか 今考えるとそういう土地柄だったんだと思います。 店長が笑顔で「これ、うちの売れ筋商品」って言ってたのをよく覚えています。 実際、レジ打ちをし [続きを読む]
  • ~AROUND THE KYUSHU~振り返り⑦「おれんじ食堂」【八代・芦北・津奈木編】
  • 熊本県南部から鹿児島県に至る九州西海岸ってどんなイメージがありますか?川内、出水、水俣…と地名こそ聞いたことはあるけどもやっとしたイメージしたなかった地域のことを知るきっかけとなった列車がこちらの「おれんじ食堂」です いわゆる動くレストランですねご当地食材を使った料理を楽しみつつ、九州西海岸の車窓や停車駅でその土地のお土産が貰えたり…とそんな観光列車です。 予約困難と聞いたので、発売と同時に [続きを読む]
  • 悩める性的少数者のカゴテライズ
  • ネットを閲覧しているだけなので、載っている情報が正しいとは限らないのだけれども、LGBTやノンセク・Aセクといったセクシャルマイノリティの分類について、当事者の自分も分からないことが多々ある。 そもそもですが、「性欲とは何か?」、「恋愛感情とはどういう感情なのか?」、「性欲と恋愛感情の関係性は?」とグレーゾーンすぎて頭の中が混乱してきます。 「性欲とは何か」で調べてみると、接近欲、交際欲 [続きを読む]
  • セクシャリティ「番外地」。
  • 年始から徐々にメッセージを様々な方から頂くことが多くなり、ここ最近自分の「セクシャリティ」について考える時間が多くなりました。今振り返ってみると、思春期から現在に至るまで、僕は世間一般でいう恋愛感情というのを持ったことがないのかもしれない。「性」に関する知識や経験も持つことなく大人になって、大人になっても周囲との齟齬を認識しつつずっと誤魔化してきた。「いつか恋愛して、普通に結婚して、子供ができて [続きを読む]
  • ~AROUND THE KYUSHU~振り返り⑥球磨川下りの鉄旅
  • 肥薩線という路線は、「田園線」(隼人〜吉松)、「山線」(吉松〜人吉)、「川線」(人吉〜八代)とそれぞれ性格の異なる3つの区間に分けられます。そのうち、今回は「川線」(人吉〜八代)に乗車します 「川線」の名の付くとおり、ほとんどの区間を球磨川と並行しています。リバービュートレインな訳ですが、それを意識してか人吉駅に停車していた普通列車はこんな造りなのでした。 ○1224D(人吉8:28発→八代9:51着 [続きを読む]
  • 不都合だらけの現実
  • 30過ぎのおひとりさま男性の「楽しみ」なんて限られている 自分の場合はどこかに「ひとり旅」で出かけるか、街に飲みにゆくか。 旅行はなかなか誰かと一緒というのは難しいし、ひとりの方が都合が良いこともあるのでいいんですが、お酒を飲むときには話し相手が欲しいものです。とはいっても、最近は時々ひとり飲みすることもありますが(苦笑) 飲み相手探しに最近はひと苦労してる現実。自分はお酒が飲めれば誰で [続きを読む]
  • ~AROUND THE KYUSHU~振り返り⑤九州の小京都「人吉」
  • 「人吉市」ってご存知でしょうか? 熊本南部、四方を山に囲まれた盆地にある静かな街です。小さな街ですが、城下町としての味わい深い独特の情緒があるように思います。 ○国宝指定の青井阿蘇神社○幽霊の掛け軸が残り、ゆうれい寺として知られる「永国寺」○城下町らしい昔ながらの町並みが残る「鍛冶屋町通り」○日本三大急流のひとつ「球磨川」の名物川下り○球磨川の流れを望む「人吉温泉」の湯○球磨川と胸川を外 [続きを読む]