ケツアール さん プロフィール

  •  
ケツアールさん: ケツアールの時々日記
ハンドル名ケツアール さん
ブログタイトルケツアールの時々日記
ブログURLhttp://quetzal2013.hatenablog.com/
サイト紹介文高齢の母とふたり暮らしのシニア女性です。これからの生き方を考えつつ、日々の徒然を綴っています。
自由文母の胃癌看病記からスタートしたブログでしたが、一区切りついたので、新たな挑戦をしようと登録しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 117日(平均5.9回/週) - 参加 2017/02/02 16:08

ケツアール さんのブログ記事

  • 旅2日目  鎌倉アルプス?鎌倉見物
  • 鎌倉アルプスは首都圏のハイキングの候補のひとつだったが、もう暑いかな?とか、天気がどうかな?で決めかねていた。都内の「駅からハイキング」のどれかとも考えた。結局山にした。山と言うほどのコースではないが、森の中のハイキングはとても気持ちが良かった。さすが日曜、多くのハイカー、トレイルランナーと会った。残念ながら富士山は見えなかった。北鎌倉から鎌倉宮まで標高159.4mをピークになだらかな尾根歩き。鎌倉駅ま [続きを読む]
  • ただ今休暇中?? と言ってもいつも休日ですが・・
  • しばらく前、弟から帰省の連絡。息抜きに出掛けるなら計画したら?とのありがたい提案があり、お言葉に甘え出掛けてきた。彼は上野から下り、私は東京へ上り、10時頃線路ですれ違ったらしい。ラインでリアルタイムでやりとりできるって面白い。当初は尾瀬へ水芭蕉を見に行こうかと思ったが、雪が残っていて木道歩きが自信がないので止めた。濡れた木道はとてもとても苦手だ。以前転んで膝を痛めて以来古傷となって悩まされている。 [続きを読む]
  • テッセン(クレマチス)の話
  • テッセンつながりでお花の話以前濃い紫のクレマチスもあったのだが、草取りをしていて枯れ枝と勘違いして抜いてしまった。「あぁ〜〜」あとの祭り。山に行くとクレマチスの仲間のお花がある。先日の里山歩きで見つけたのはハンショウヅル。紫がかったのもあった。高山だと、ミヤマハンショウヅル。お花の時期に山に行くと登山道の両側に途切れるとなく咲いていて感激する。この時は早かったか遅かったか忘れたが、少なかった。こ [続きを読む]
  • 家庭菜園仲間にズッキーニの苗を届けた
  • また昔話から(笑)昔アメリカ人の宣教師の知人がいて(日本語ペラペラの方)何度か食事に招かれた。その時にズッキーニのソテーとかルバーブジャムとかターキー(七面鳥)等初めて食べたのだった。外国人の別荘村的な所の周辺の農家は、私達には馴染みのない野菜も需要があるので栽培していたそうだ。その後産直市場等で時々ズッキーニを見かけるようになり、買っては食べていた。自分で野菜を作るようになり、「そうだズッキーニを作ろ [続きを読む]
  • 八重のテッセン 昔のパートのおばさん時代の記念
  • 何輪も咲いたので、母が一輪挿しに活けた。20年以上前、退職して1年位経った頃、やりたい事をだいたいして、でも次のしたい仕事が絞れない時期、無職である事がいやになって、新聞の求人広告を見て大学生協の食堂のパートに応募した。午后6時間?閉店までの勤務だったと思う。責任者はそれなりの人だったが、その下の正職の調理師がパート職を人間扱いしないような人だったっけ。午前中がフリーなのがよくて、したい仕事が見つか [続きを読む]
  • 日本百名山のひとつへ
  • 快晴の中、山歩きを楽しんだ。道は所々雪があって、また雪解け水で川になっていて、気が疲れたが、こける事もなく(笑)、無事下りて来られてホッ。標高差登り約350m下り約750m、距離約9km。ツァーはゆっくりお花の写真を撮る時間がない事、自分のペースで歩けない事、参加費が高額な事(アミューズトラベルや高速バスの事故の後3割位高くなった感じ)が難点だが、個人では行けない道なき道を歩く里山に行ける事、遠方の山に行ける事 [続きを読む]
  • 外は快晴!家事の一日
  • 大物の洗濯と念入り掃除は終了、現在昼食休憩中。午后はクリーニングを取りに行って、習い事の練習、夕方日が陰ったら庭仕事の予定。明日はまた山に行くので(今月2回目のツァー)明日の分までおかずを作らねば。遊んでばかりですねぇ。老後の計画をたてた時、母が留守番できる間は、可能な範囲で出かけよう思ったのがひとつ。母も私もいつ何があるかわからない。ならば今できる事を色々をしようと思ったわけです。今ある程度歩け [続きを読む]
  • 5月17日 今年の目標達成できるかな?体力チェック登山?? 
  • 前日の晴れで道が良くなっただろうと今年初めて1000m越えの山に。去年は4月初め、母の入院前に予定のない一日を利用して登ったっけ。上の方はまだ雪だった。今年は1ヶ月以上過ぎているので、お花を楽しみに。ところがカメラを忘れた。仕方がないので、携帯とタブレットで間に合わせたが、景色もお花も綺麗だったのでとても残念だった。中腹まで登ってきた。目指す頂上は標高約1200m。あと450m位。頂上からは隣の県の山々ま [続きを読む]
  • 腰が痛い(´;ω;`)ウゥゥ 草取りを頑張り過ぎた・・
  • 雑草が元気に成長している(笑)。雨が降って、一段と元気になっている。地面が柔らかいうちに草取りをしようと、今日は一日草取りに励んだ。半日位のつもりだったのに、やりだしたら止まらなくなった。本当は一日間を空けた位が土が付いてこなくて良いのだが、明日は予定があるので今日。畑を耕すには土が濡れて重いので、雨の次の日はパス。私が庭仕事をするようになったのは、母が大腿骨を骨折した9年前から。それまでは、蚊に刺 [続きを読む]
  • 曲いろいろ
  • 私が楽しみに読んでいるブログの記事に「雨の物語」の話が出てきて、嬉しくなった。(kureyonnobasannさんありがとうございます)大好きな曲だったのに忘れていた。記憶がさだかではないのだが、日曜日の午前中のテレビ番組のエンディングに使われていたような気がする。良い曲だったので耳に残って後にイルカが歌っている事を知った。・・と思う。(全然違っていたりして‥)さっきBSNHKでさだまさしの無縁坂が歌われていた。無縁 [続きを読む]
  • 母の日 我家の場合
  • 毎年弟夫婦が花キューピットというのかな?寄せ鉢植えを送ってくれる。姉は先日の滞在中初夏のカットソーをプレゼントしていた。私?プレゼントをする事もあるし、しない事もある。内心、いえ口に出して、「私は毎日が母の日だよ」と言う。誕生日と母の日、盆暮れの年何回かだけことさらにプレゼント!という事に少々反発がある。でも世の中の動きに合わせるとやはり母が喜ぶので、金曜日に(週末だと混むので)いつもの日帰り温泉 [続きを読む]
  • マイブームいろいろ ポピュラー音楽?歌謡曲?フォーク?
  • 今日は音楽の話をグレープからさだまさし (LP何枚か)精霊流し 縁切寺 案山子 道化師のソネット 雨やどり 関白宣言・・LP(懐かしい!)がいまだにある。レコードプレイヤーはないのに‥ちょうど関東に就職して初めてひとり暮らしをしていた頃、案山子 を聴いた。故郷の家族が家を離れた子供を気遣う内容で、立場が逆だったのだが、心に沁みた。元気でいるか?街には慣れたか?友達できたか?寂しかないか?お金はある [続きを読む]
  • マイブームいろいろ
  • ドリームハイをはじめ最近のマイブームの話を姉にしたら、「あんたは、子供の頃から、その時その時、何かに夢中になる人だったよね」と言われた。そうだった。「赤毛のアン」を全部読みその世界に夢中になった時期「風と共に去りぬ」の本と映画に夢中になった時期オリビアハッセー、レナードホワイティングの「ロミオとジュリエット」に夢中になった時期 (姪っ子はディカプリオだった(笑))「ベルサイユのばら」のコミックに夢 [続きを読む]
  • また里山へ 遊んでばかりいてすみません 姉に感謝!(5月5日)
  • 姉が運転免許証を忘れたおかげで、私は自由に車を使える。この日は里山の麓の森のガイドツアーにひとりで参加した。不便な所なので車が必要だった。いつもは日曜日にガイドツアーがあるのだが、私は日曜は基本教会へ、どうしても行きたい山のツアーがある時はツアーへという過ごし方なので、このガイドツアーに参加できずにいた。GW期間は特別開催という事で参加することにした。1時間以上早く着いたのでツアー前にひとりで森を [続きを読む]
  • 植物園の日(5月4日) 
  • 5月4日は「植物園の日」だそうで、近くの植物園の無料開放と共に、園内のガイドツアーがあった。自然の森林を植物園にしている所。どこもそうかな?友人に誘われ参加。事前申し込み不要の催しだったので、私達のコースは数十人になった。時間のロスがあるし、よく聴き取れない時もあったが、面白かった。写真は人工的に作っている花壇の花で、解散後見学して綺麗だったのでアップ。ツアーの間は、ゆっくり撮影している時間はない [続きを読む]
  • 快晴のドライブ
  • 3日からの祝日に遠出はやめた方がよいだろうと、2日にドライブを計画。快晴の中、約250kmのドライブに出掛けた。姉はなんとまた運転免許証を忘れたそうで、1日私が運転。若い時はともかく、今は1日の運転距離はこれ位が限度かな?そこそこ観光客は出ていたが、さほどではなく、天気に恵まれ、楽しい1日だった。2人より3人の方が、楽しさも増した感じ。そして高齢者を連れての外出は、気も使うので介助者は多いにこした事はな [続きを読む]
  • ドリームハイ  K−POPは嫌い!だった
  • また韓国ドラマの話です。興味のない方はスルーして下さい。以前土曜の朝NHKで「太陽を抱く月」を放送していて母と観ていた。可愛らしい王様だった。ケーブルテレビでは「星から来たあなた」を所々観た。キム・スヒョン君の他の作品を調べて、見つけたのがこれ。オンデマンドで何日かかけて観た。ストーリーは?‥‥良かったのかな?なんとなくすっきりしないような気もする。よくわからない。それはともかく、音楽、ダンスが良 [続きを読む]
  • ロビーコンサート
  • 最近2ヶ所ロビーコンサートに行きました。月1回定期的に催されていますが、年度初めなので特別バージョンで、プロのオーケストラの演奏でした。約30分、とても贅沢なひと時でした。指揮者がまたかっこよい!ああいう人を見ると、天は二物も三物も与えるのだなあと思います。話が逸れました(笑)30分位前に到着したのですが、かなりの人で、椅子席など早くに埋まっていたようです。杖歩行の母をどうしようかと思いましたが、ロビ [続きを読む]
  • 春の花を堪能〜里山歩き
  • ニリンソウ(この春見たかった一面のニリンソウ)ツクバキンモンソウ(だそうです)スミレいろいろ(アケボノスミレ、マキノスミレ、ナガハシスミレ、エイザンスミレ、タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、ニョイスミレ)次に見た時、特定できるかな?他花や木の名前をた〜くさん教えてもらった。覚えきれない‥山で見た、ヒトリシズカ、シュンランの清楚な美しさ!山野草はやはり野に置くべきだと実感した。庭で咲く山野草には [続きを読む]
  • NHK 週刊ニュース深読み を観て考えた
  • “生涯おひとりさま”社会到来!? どうなるニッポンの未来 タイトルに引かれて観た。連れ合いができて、子供ができて、次の世代へ繋いで行くというのがあるべき自然な姿なのだろうと思う。でも、そうしたくてもできなかった人、その気がなかった人、その他いろいろいるわけで、そのうちの誰かにしわ寄せが行かない社会であって欲しいと思う。子供がいる家族が社会の基本的な単位なのだろう。でもそれ以外の人も不公平感なく生き [続きを読む]
  • タラッポ収穫〜庭仕事日和??
  • 我家の庭にはタラの木がある。我家の敷地は昔宅地造成で開発された住宅地の境にあたり、境に山林が少し残ってしまった。そこにタラの木があって、地下茎で我家の敷地に進出し木になってしまったというわけ。おかげで毎年タラの芽の天ぷらを食べる事ができる。ただ、注意しないと、草取りの時に、タラの木の地下茎から顔を出してきたトゲトゲの枝で痛い思いをする。この木以外はひたすら撃退する(笑)今日はひとりで山に行こうかなと [続きを読む]
  • 認知症の勉強と音楽会〜お花見のおまけつき
  • 大学時代の友人2人と久しぶりにおしゃべりをした。友人のひとりの実母が入所している施設主催の音楽会付き勉強会に誘われた。施設の敷地には満開の桜並木があり、お花見までできて最高だった。勉強会は、改めて認知症の症状や家族の対応について確認でき、考えさせられた。いろいろ反省。もうひとりの友人もご実家の実母(要介護4)が別の施設に入所している。私の母について、ひとりで公共交通機関で外出し、携帯電話を持ち(使 [続きを読む]
  • 地域包括支援センター担当者来訪
  • 今までの担当者が定年退職したので、新しい担当者が挨拶に来た。聞くと、代わりの人が来たわけではなくて、退職した人の担当分を残りの人で分けたのだそうだ。更に仕事がハードになったという事だ。人柄はよさそう。前の人は相性が今ひとつだったので、期待しているのだが、気の毒で何かあっても相談しにくい感じ。今年度から介護保険の内容が変わって、要支援のサービスを、市町村が担うようになった?書類を読んでも今ひとつ理解 [続きを読む]
  • イースターおめでとうございます
  • イースターの礼拝とお祝い会に参加。イースター(1995年)に受洗したので、感慨深い。教会に通い始めたのはその何年か前のクリスマスイブ礼拝だった。年数は重ねていても中身はさっぱりの信者である。讃美歌21 484番主われを愛す 主は強ければ われ弱くても 恐れはあらじわが主イエス わが主イエス わが主イエス われを愛す礼拝に出た事がない人でも、なんとなく聞き覚えのあるメロディだと思う。去年の今頃は母が胃癌 [続きを読む]
  • 春のドライブ 
  • 友人と山に行くつもりだったが、天気が不安定なので変更。友人の提案で梅林へ。梅農家がこの時期開放している。見事な梅林だった。遠景も撮ればよかったな。美味しい梅干を買った。友人は梅エキスも買っていた。提携の酒屋に行くと梅酒も買えるとか。2日後母を連れて同じ梅林へ。快晴だったので、青空に映え輝いていた。移動したとある庭園に咲いていたエンレイソウキクザキチゲまた移動して咲き初めのミズバショウよろし [続きを読む]