jlrsblog さん プロフィール

  •  
jlrsblogさん: アマチュア無線を楽しむ女性たちのグループJLRS
ハンドル名jlrsblog さん
ブログタイトルアマチュア無線を楽しむ女性たちのグループJLRS
ブログURLhttp://ameblo.jp/jlrsblog/
サイト紹介文アマチュア無線を楽しむ女性たちのグループJLRSの活動などについて書いています。
自由文JLRS(Japan Ladies Radio Society)は1957年に設立された、歴史のある女性アマチュア無線家(YL)のグループです。アマチュア無線のさまざまな活動をこのブログを通してお伝えしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 50日(平均3.8回/週) - 参加 2017/02/02 23:25

jlrsblog さんのブログ記事

  • JA1YWM運用
  • 私どもJapan Ladies Radio Society(JLRS)は、本年2017年7月をもって設立60周年を迎えますが、その記念として、来たる4月1日より特別局を開設し、全国各エリアからの運用を計画しております。その前哨戦、特別局のPRも兼ねて、3月24日〜4月2日まで、8エリアにてJLRSクラブ局JA1YWMの運用を行います運用者は以下2名です。JI8KXC・札幌市豊平区よりJM8CHD・江別市より運用バンド:3.5 MHz〜430MHz運用モード:CW・SSB・FM皆様、ぜひ [続きを読む]
  • 和文通信のお話・その5:受信ノウハウ
  • (文・JI8KXC)最初のうちは筆記受信を行うと思いますが、受信符号が頭の中で欧文に先に変換されることも多々あると思います。そんな時は改めて考え直していると、その次の符号が何個か抜けてしまうので、そのまま欧文で書き取り、気にせず次の受信に進みます。受信中にも、それまでの受信内容を見直す時間は必ずありますので(相手が段落を打っている時、訂正符号・hi hiなどの一瞬の隙に前に戻って見直して、「R」だから「ナ」だ [続きを読む]
  • 和文通信のお話・その4:送信ノウハウ
  • (文・JI8KXC)以前も書きましたが、速い符号は聞けるように頑張りましょうでもあなたが速く打つ必要はまったくありません。初心者のうちは、自分の受信可能な速度より、若干遅い速度で送信するのが良いと思いますお相手はあなたの速度に合わせて送信してくれるわけですが、決してイジワルでも悪気でも無いのですが、ベテランさんは速度にマヒしているところがあるようです。ご本人は合わせているつもりでも、2割増しくらいで打っ [続きを読む]
  • ICOMアマチュア無線フェスティバルに行ってきました
  • 今日、秋葉原で開催されていたICOMアマチュア無線フェスティバルに行ってきました。会場にはICOMの新製品IC-7610など無線機の数々が展示されていて、別の部屋ではそのIC-7610の説明、D-STARや新スプリアス対応についての講演が行われました。このIC-7610ですが、この日は実際に触って試聴することができたんですよ。2波同時受信機能、そしてスペクトラムスコープはとても魅力的でしたね。会場では、FMぱるるんの番組「CQ ham for g [続きを読む]
  • 雛コンテストのログ提出お願いいたします
  • 3月3日に実施したJLRS 3.3雛コンテストから約2週間が経ちましたが、ご参加くださった方でYL局と1局以上つながった方、どうぞログ提出をお忘れなくお願いいたします。提出期限は3月20日(祝)までで、当日消印有効です。電子メールでの提出もOKです。詳しくは、下記の規約ページをご覧になってください。http://www.jarl.com/jlrs/test/2017hina.pdf多くの方からのご提出をお待ちいたしております。コンテストの結果は今年の5月に、 [続きを読む]
  • IOTA 1,000局達成の道のり・その2
  • (文・7K3EOP)島からの運用はDXと違い、オペレーターが一人か二人で行き、小さなアンテナで運用する局は信号も弱く、また2〜3日で止めてしまう場合があります。コンディションが悪かったり、予定していた運用が中止になる時や、せっかく鹿嶋まで行ったのに空振りの時も多くありました。1000島との交信を根気よく続けられたのは、日本のIOTA愛好家との交流や海外の友人の励ましがあったからだと思っています。まだまだ新しい島との [続きを読む]
  • IOTA 1,000局達成の道のり・その1
  • (文・7K3EOP)IOTA(アイオタ)は世界中の島の局との交信をするアマチュア無線アワードのプログラムです。以前、三宅島に住んでいた主人の両親の看病に度々行くようになり、アンテナを建て、そこでも無線を始めました。ノイズの多い東京からの信号とは聞こえ方も電波の飛びも全く違い、一声出すと世界中からのドッグパイルに夢中になったものです。そのうちIOTAアワードがあることを知り、次々と増える交信数に笑いが止まらない状 [続きを読む]
  • JLRS 60周年記念総会に向けての準備
  • 今年の7月でJLRSは60周年を迎えます。その記念総会&懇親会に向けての準備が着々と進んでいます。毎年、各エリアのメンバーが持ち回りで総会&懇親会の計画を立てますが、今年は1エリアがその当番です。さっそく今日、メンバーが集まって懇親会の段取りなどを話し合ってきました。抽選会の賞品もほぼ決定です。当日、楽しい懇親会になるように、あと3カ月ちょっと、頑張って計画を練り上げます!ホームページも見てくださいね。ht [続きを読む]
  • 雛コンテストでQRV
  • 今さらながらですが、私(7K4TKB)の雛コンテスト参加を振り返ってみます。日付が変わったころから3.5MHzをワッチするとYL局を発見。でも、アンテナがないので交信できません。朝食が終わった午前8時半ごろ、7MHz(SSB)に出ているYL局数局を呼んでから自分でもCQを出しました。お昼すぎの12時半まで、休憩を入れて約3時間半で午前の部終了です。子供が帰宅し、昼食準備などで離れていたので、午後の部は14時すぎから開始。移動局 [続きを読む]
  • 雛コンテスト参加ありがとうございました
  • 一昨日のJLRS雛コンテストにご参加くださいました皆さま、どうもありがとうございました。YL局とつながりましたでしょうか。パイルアップがすごくてダメだったとか? どうぞがっかりなさらず、また秋にパーティーコンテスト(YLコンテスト)を実施しますので、その時に再トライをお願いいたします。1局以上のYL局とQSOされた方はログの提出をどうぞお願いいたしますね。締め切りは3月20日(当日消印有効)です。提出先等は下記を [続きを読む]
  • 明日の雛コンテストに向け7MHzワッチ
  • 明日はいよいよJLRSの雛コンテストです。日付が変わったらすぐQRVするYL局もおられると思いますよ。昨日、今日と7MHzの様子をワッチしましたが、コンディションはまずまずのようですね。今日もいくつか遠くの局とつながりました。でも明日はどうなるかわかりません。コンディションが良いことを祈ります。では、明日コンテストでお会いしましょう!ホームページも見てくださいね。http://www.jarl.com/jlrs/JLRSメンバー募集中!( [続きを読む]
  • 3月3日はJLRSの雛コンテスト
  • いよいよ明後日の3月3日、雛まつりの日がやってきます。この日はJLRSの雛コンテストの日でもあります。時計が午前0時を回った時から24時までの丸1日、JLRSのメンバーをはじめYL局がCQを出しますので、どうぞ皆さん、ご参加ください。すべてのモードが有効です。男性ハム同士の交信もポイントになります。ただ、ログ提出の際はYL局1局以上の交信が条件になっています。詳しくは下記をご覧ください。http://www.jarl.com/jlrs/test/2 [続きを読む]
  • 和文通信のお話・その3
  • (文・JI8KXC)3回目は、最近和文を始められたばかりの方によく質問されることを、Q&Aの形でご紹介いたします。Q :和文の中に欧文を入れたい時にはどうすればいいのでしょう?A :平素の日常会話の中にアルファベットは普通に組み込まれますので、和文通信の中にも結構頻繁に入ります。あえて決まりは無いようですが、慣例として欧文を( )で括ります。*今夜は(QSB)が激しいですね。*最近(JI8KXC)の信号が聞こえませんね [続きを読む]
  • 海外のYLグループとの交流
  • 海外にはJLRSのようなYLグループがいくつかあります。JLRSはそのような海外のグループと長く交流を続けています。一番著名なYLグループは、アメリカのYoung Ladies’ Radio League(YLRL)。設立は1939年ですから、78年もの歴史があります。創設するきっかけは、アメリカのアマチュア無線連盟American Radio Relay League(ARRL)が発行する会員誌『QST』に掲載された、「Dear YL」で始まる告知だったそうです。その呼びかけに応え [続きを読む]
  • 和文通信のお話・その2
  • (文・JI8KXC)2回目は、”和文電信通信を目指しましょう!”  です。 普段よく「符号を覚える早道は?」と、質問されますが、答えは一言、「無いです」地道に「あ」「― ―・― ―」「い」「・−」と、覚えていくしかないんですね。覚える順番は好みでかまいません。覚える方法も、どんな形でもかまいません。個々に覚えやすい、自分に合った方法で覚えましょう。意外と符号を覚えるところまでは、皆さん、簡単にたどり着くよう [続きを読む]
  • 和文通信のお話・その1
  • (文・JI8KXC)「短点(・)」と「長音(ー)」この2つの「点」と「線」の組み合わせのみで会話が出来るという、非日常の世界観の中で日常会話を楽しむのが、和文通信の醍醐味であります。※欧文のラバースタンプには無い会話を楽しみたい!※さらに、女性同士で会話が出来たらもっと楽しいのではないか!と、いうことで、JLRSを介して出会った女性和文愛好家が、毎週火曜日21時〜1時間程、「7.020.50MHz」付近で「和文女子会」を [続きを読む]
  • 熊本市の道の駅で移動運用
  • (文・JQ6FQI)熊本市で2月19日(日)、「熊本城マラソン2017」が開催され、OMがフルマラソンにエントリーしましたので、一緒に出掛けてきました。前日は熊本城を柵外から見学、改めて地震被害の大きさを知りました。完走(予定)のOMを迎えに行く間、熊本市北区道の駅「すいかの里植木」の臨時駐車場で40分程(10MHz)波を出してきました。交信していただいた皆様、ありがとうございました。ホームページも見てくださいね。http:/ [続きを読む]
  • パラオで移動運用
  • (文・JQ6FQI)1月12日〜18日、パラオでコールサイン「T88WM」として移動運用をしてきました。運用地はコロール島VIP GUEST HOTELで、こちらはレンタルシャックではなく、パラオラジオクラブのメンバー各局によりアンテナと無線室は維持されています。今回は福岡チーム5名での参加でした。DX交信はほぼ未経験状態でしたが、たくさんのアドバイスをいただきながら楽しい時間を過ごしてきました。パイルも上手にさばけず、またPCトラ [続きを読む]
  • JLRS 3.3雛コンテストを今年も実施します
  • 今日から約2週間後の、3月3日は雛まつりです。その日、JLRSでは午前0時から24時までの丸1日、雛コンテストを実施します。今年で14回目です。周波数は1.9MHzから1200MHzまでで、WARCバンドは除きます。SSB、CW、RTTY、PSKなど、すべてのモードでの交信が有効です。通常の交信や男性ハム同士の交信もOKですが、各部門にエントリーされる際は、少なくともYL局1局との交信が必要です。詳しくは、JLRSの下記のホームページをご覧になっ [続きを読む]
  • グアムで移動運用
  • 昨年5月に私(7K4TKB)はグアム島(KH2)で初めて海外移動運用をしました。2013年にアメリカFCC試験のExtra級に合格し、コールサインAG6SLを取得しました。それ以来、アメリカで移動運用したいと思っていたところ、知り合いの方たちがグアムで運用される予定だと聞き、私もメンバーに加えていただいたのです。Danny (KH2JU)が運営するレンタルシャックから電波を出しましたが、残念ながらコンディションが良くなかったですね。それ [続きを読む]
  • 高層ビルから移動運用
  • 常置場所の自宅シャックを出て、時々屋外で運用するのは楽しいですね。車を運転しない私(7K4TKB)は、もっぱら自転車か電車で移動して、ハンディ機での運用です。これまでで運用した場所は高層ビル、海辺、見晴らしの良い公園などです。下の写真は東京湾を望む高層ビルからハンディ機でCQを出した時です。土曜日だったのでたくさんの局が出ていて、私のCQには横浜や千葉方面から応答がありました。海辺での運用は神奈川県の由比ヶ [続きを読む]
  • 日本で最初のYLは誰?
  • 北米で初めてYL(女性ハム)が開局してから19年が経った1933年(昭和8年)10月、日本で最初のYLが誕生しました。杉田千代乃さんです。コールサインは初めJ1DN、後にJ2IX、結婚されてからは鈴木姓になられ、JH1WKSに変わりました。YLの先駆者として歴史に名を刻まれた方ですが、1991年にお亡くなりになったとのことです。下記のホームページに杉田さんのことが紹介されています。http://www.jarl.org/jarl90th/https://www.icom.co. [続きを読む]
  • YLさん、この指とーまれ
  • JLRSは今年、60周年を迎えます。7月2日(日)、ホテルメルパルク東京でアイボール・ミーティング(懇親会)が開催されます。http://www.mielparque.jp/tokyo/コールサインをお持ちの方、無線に興味のあるYL局にたくさん参加していただきたいと思っています。下記ホームページにご連絡をお待ちしております!(HPの「ガイダンス」をご覧ください)http://www.jarl.com/jlrs/JLRSメンバー募集中!(文・JR0MAZ)にほんブログ村 [続きを読む]
  • YLって何?
  • アマチュア無線では、いろいろな専門の用語が使われます。でも、決して難しいものではなく、単に独特の言葉というだけのことです。もちろん、技術的な用語もよく使われます。初心者のために、少しここにリストアップしてみましょう。まず、アマチュア無線家のことを「ハム」と呼びます。そして、アマチュア無線を運用している場所は「シャック」、無線機は「リグ」です。ハムはそれぞれ「コールサイン」という呼出符号を持っていま [続きを読む]