キンジ さん プロフィール

  •  
キンジさん: キンジの自分軸哲学(アメーバ)
ハンドル名キンジ さん
ブログタイトルキンジの自分軸哲学(アメーバ)
ブログURLhttp://ameblo.jp/tokunobu-k/
サイト紹介文〜自分軸を掘り下げて、リアリティに付加価値にデザインする為のブログ〜
自由文抽象度を高めて、基本的に、哲学的に、未来に申し送りをしているブログです。ワードプレス版もありますが、内容はまた別です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 143日(平均1.2回/週) - 参加 2017/02/03 00:55

キンジ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 知見を広げるって意味はコレ!!可能性を広げること!!
  • どもども。 キンジです。 知見を広げると、今までのパターンと、また違った展開でもあり、また違った結論に、たどり着くものでもありますよね〜。 だけど、今までの経験の中で、全く関連性の無い事柄ってものは、知見を広げるどころか、搾取の構造に、組み込まれてしまう恐れもあるものですよね・・・・。 全く同じことの繰り返しでもあり、全く同じ結論ばかりにたどり着いているだけだと、例え、新しいことに、取り組んでいた [続きを読む]
  • 起承転結の意味と、結論を出すといふこと。
  • どもども。 キンジです。 起承転結と言うと、僕自身の経験では、曲の構成の流れであったり、物語の大まかな構成のことを指すのですが、その意味ってものも、ちゃんと理解しておく方が、文章を構成したり、段取りを進めて行く上で、何かと役には立つことでしょう。 また、起承転結とは言いますが、要は、仮定であったとしても、結論を出すってことが、肝要にはなるのです。 そのような事柄について、アレコレ考察してみましたよ [続きを読む]
  • 信念を貫く意味を、ちゃんと知っていますか??
  • どもども。 キンジです。 信念と聞くと、物事をやり遂げる為には、必要不可欠な概念ではありますよね〜?? また、他人の助けってものが、何か、大きな物事を、やり遂げる為には、結果的には必要ともなりますが、はっきり言って、フワフワ、フラフラしている人って言うのは、はたから見ても、決して、自ら進んで助けようって言う風な、魅力に欠けるものでもありますよね・・・・。 そのような、人のモチベーションさえも巻き込 [続きを読む]
  • ゼロベース思考で、奴隷を解放しよう!!
  • どもども。 キンジです。 初めて新しいことに取り組む時って言うのは、中々、その真新しいことに慣れなくて、下手すると、苦手意識を、植えつけられたりもしますよね〜。 まぁ、ほとんどの人が、真新しいことに取り組むこと自体が、苦手なものだと思います。(小さい子供以外。) それを踏まえて、新しいチャレンジに取り組む為に、必要となる、心構えとして、ゼロベース思考ってものがありますが、それが一体、何なのか?ど [続きを読む]
  • オリジナリティの意味と、前例を踏まえるといふこと。
  • どもども。 キンジです。 オリジナルとか、オリジナリティとかって、コンテンツを作ったり、文章を書いたり、クリエイティブな活動をする上で、出てくる、ある意味、永遠のテーマとも言えるものでもありますよね〜。 だけど、オリジナル=真新しいこととも限らないし、オリジナリティの感じられないものって言うのは、なんか、面白みにも欠けてしまうものでもありますよね・・・・。 でも、お金がかかってくることや、シビアな [続きを読む]
  • コーチングとは、可能性を信じること!!
  • どもども。 キンジです。 一般的に、人に何かを教えるってことを、ティーチングと言いますが、コーチングって概念の方が、ただの勉強じゃあなくて、その身につける事柄や、取り入れる知識の先の、目標設定にも関わりが深いものでもありますよね〜。 僕自身、決して、人に直接、コーチングってものを、学んだ経験があるわけではありませんが、僕自身の経験に沿って、考察してみましたよ(^^)/ http://kinji1118.top/post-114/ [続きを読む]
  • プレゼンテーションの意味と、その強弱の大切さ。
  • どもども。 キンジです。 プレゼンテーションっていうと、セミナーや、発表会に行われる、セールスのクロージングとも、似たような概念ではありますが、それはある意味、限られた時間内での、どの部分のフィルターを強化するか?ってことや、または、コンテンツを作って行く上での、強弱ポイントが存在することとも、共通点が存在しますよね〜。 それを踏まえて、僕自身が経験した、プレゼンテーションの流れから、コンテンツを [続きを読む]
  • 感謝できる人が、自発的に行動できる人。
  • どもども。 キンジです。 自己啓発で、よく、感謝することが、大事とも言われていますよね〜。 また、上手く行かない要因ってものが、結局は、感謝すべきことに、感謝できていないって言われたりします。 だけど、感謝ってものは、結局は、勿論、美しい関係性を、創る為には、必要となるものでしょうが、言葉だけの感謝ってものも、世の中には、存在していますよね・・・・(^^;) まぁ、言葉には、言霊ってものが、存在しますか [続きを読む]
  • 情報リテラシーの意味と、その使い方とは??
  • どもども。 キンジです。 個人から、情報発信が出来る時代になったことで、昔に比べて、情報ってものの、得ることの出来る量ってものが、半端ない時代になりましたよね〜。 だけど、それゆえに、釣られやすい時代になったとも言えますし、また、一つの軸ってものを、そのままでは、深めていくこと自体も、困難な時代とはなりました・・・・。 それを踏まえて、情報リテラシーの意味とは??どのように使うことに、意義や価値を [続きを読む]
  • 自分軸で生きる為に必須!?いまここと言う概念理解!!
  • どもども。 キンジです。 自分軸と、他人軸って概念の関連性って大事ですよね〜。 また、そもそもとして、自分軸ってものを理解する為には、いまここって概念の、理解も必要でもありますし、そもそもとして、経験として、腑に落とす必要もあります。 そのあたりのことを、まとめて、考察してみましたよ(^^) http://kinji1118.top/post-58/ 応援、宜しくお願い致します(^^)また違うんだけど、解るわぁ〜(共感)ってなっちゃ [続きを読む]
  • 自分軸哲学リライトのお知らせ。
  • どもども。 キンジです。 ここ最近、別サイトにて、自分軸哲学を、再編集して、リライトした記事を、アップしています。 こちらの方が、最新の考察の元に、まとめてありますので、内容的にも、楽しめるものかと・・・・(^^) また、メディアの立ち位置的には、どちらと言えば、こちらのアメブロの方は、半試作段階でもあり、実験的な部分も、多分にあるものではありますが、新サ [続きを読む]
  • 自慢の勉強をする人と、新しいことを勉強する人の違い。
  • どもども。 キンジです。 勉強というと、所謂、インプット重視の、学校の生徒の、勉強のイメージが付きまといますが、今回の勉強っていうのは、教える側、提供側にとっての、勉強視点ではあります。 その視点に立つと、教える側、提供側っていうのも、大きく分けて、自慢の勉強をする人と、新しいことを勉強する人の、二種類の概念で、区別出来るものでもあるでしょう。※一概に、誰がとい [続きを読む]
  • 自分のメンタルブロックを愛せるのは、自分だけ。
  • どもども。 キンジです。 巷では、自分のメンタルブロックを解消する為には、そもそも、「気にしないこと。」や、誰かに補填してもらったり、フォローしてもらうことで、あまり、意識させないことに、フォーカスが当たりがちではありますが、それだと、いつまでたっても、メンタルブロックに対する恐れを、克服出来ないどころか、無闇やたらに、その無知に対する恐れを増幅してしまい、メンタル [続きを読む]
  • 自由よりも大切なのは、主観的な変化。
  • どもども。 キンジです。 自由というと、 英語では、フリーダムとか、 リバティーとか言われるものではありますが、 自由というのは、ある意味、KYとか、社会不適合者とかと、 隣り合わせにある概念だと、見る事も出来ますね?? まぁ、だけど、 人の心っていうのは、厄介なものでもあり、 自分自身で、決定するという風な、 裁量性の部分 [続きを読む]
  • クオリアと機能性と、使用禁止事項。
  • どもども。 キンジです。 でわ、本日は、 『クオリアと機能性と、使用禁止事項。』 ってテーマに沿って、ゲシュタルトを構築して行きましょう!! 張り切って!!申し送りましょう!! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「便利なもの=クオリアを踏まえた、機能性の集大成。」 便利なものっていうのは、 クオリア [続きを読む]
  • 綺麗事は、想定時間を短くする。
  • どもども。 キンジです。 でわ、本日は、 『綺麗事は、想定時間を短くする。』 ってテーマに沿って、ゲシュタルトを構築して行きましょう。 張り切って!!申し送りましょう!! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「綺麗事は、想定時間を短くする。」 これを、簡単 [続きを読む]
  • 伝統を育てて行く。
  • どもども。 キンジです。 本日のお題目は、 『伝統を育てて行く。』 っていう題名になっております。 でわでわ、 張り切って!!申し送りましょう!! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「伝統を育てて行く。」 育てて行くっていうのは、かなり語弊があるのだけれど、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …