tadasi331 さん プロフィール

  •  
tadasi331さん: tadasi331岡ちゃんの菊の世界
ハンドル名tadasi331 さん
ブログタイトルtadasi331岡ちゃんの菊の世界
ブログURLhttp://ameblo.jp/tadasi331/
サイト紹介文巨大輪の菊を咲かせるために毎年試行錯誤してきた。これからも,より長く菊作りを続けていきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 110日(平均7.6回/週) - 参加 2017/02/03 01:51

tadasi331 さんのブログ記事

  • 5号鉢への鉢上げ
  •  いよいよ鉢上げでありますが,根がどうなっているか毎年どきどきします。菊の苗は,さし芽の根が2cmに伸びたときが適期であります。  午前中の直射日光に5〜6時間当てても,さし芽がほとんどしおれなくなれば,完全に発根していますので,多少根が短くても1日も早く植えつける方が良いようです。  また,菊の根は至って好気性で加湿な土を嫌いますから,水はけと通気性をよくするために鉢底に赤玉土の中粒を [続きを読む]
  • 1年生が今,一番おもしろい
  •  先日,久しぶりに学校に行き子ども達と関わって懐かしい思いがした。というのも,4年前に小学校を退職してから学校にほとんど行ってないからである。  6年生のゲストティーチャーの授業が終わり,グランドを見ると低学年が運動会の練習をしていた。それを眺めながら思い出した。実を言うと,この時期の1年生はすごくおもしろいのである。  それは,どの1年生を見ても,毎日学校に来るのが楽しくてしかたがない [続きを読む]
  • ハオルチア
  •  「日々のんびりと〜のんきにお花のお世話?〜」のきさめさんが栽培されているハオルチア希望の応募があり,申し込んだところ,運よく希望に叶うことになりました。  そのハオルチアが昨日届きましたが,想像していた通り,可憐でとても素敵な苗でした。お忙しい中,ありがとうございました。  この植物を育てるのは初めてですが,栽培されておられる多くのブログの記事を読んでいますと,関心がわいてきて,自分も [続きを読む]
  • 久しぶりです
  •  一昨日,呉市立昭和北小学校6年生の総合的な学習の時間にゲストティーチャーとして,菊友会のメンバーとして参加しました。  校長先生の明るい対応,先生方の機敏な動きに素晴らしい学校だと感じました。菊作りは6年生の伝統行事とのこと。  昭和北小学校では1年生から6年生まで,それぞれの学年に応じた栽培活動を行っているそうです。ですから,子どもたちは手馴れたものです。  145人の6年生でし [続きを読む]
  • ビニールポットへの鉢上げ
  •  4月28日にさし芽をした予備の苗60本である。これは,さし芽箱にさしたのであるが,発根の早い品種や箱の中央部の苗は,2週間くらいで2cmくらい発根して鉢上げの適期を迎える。  しかし,発根の遅い品種や箱の周辺部は発根が数日遅れるので,約3週間を目安として鉢上げをする。  一昨日鉢上げをしたので,今年のさし芽箱にさした苗は19日で2.5号のビニールポットへの鉢上げである。  このとき, [続きを読む]
  • 負けました
  •   古くからの友人からカープのチケットが手に入ったので行かないかとのお誘い,二つ返事でOK,菊作業もそこそこで切り上げ球場にいった。  昨年の8月以来で今年初めての観戦である。昼過ぎ頃から天候も曇り,夜も冷えてきて寒い観戦であったが,試合はそれ以上に寒い内容であった。 今の時期,DeNA辺りに負けて一喜一憂するわけではないが,あまりにもおそまつな試合内容で,今シーズンはこういった負け方が何度か [続きを読む]
  • 来年もよろしく
  •  さし芽が終わったら一安心という訳にはいかないのであります。当たり前のことですが,毎日ご機嫌を伺わなくてはなりません。お陰で今年の苗も良く出来たと思っています。  温度,湿度,苗の様子を見ますが,これらの管理をしてくれるのが,二重ハウス,電子サーモ,電気園芸マット,健苗シートであります。  苗の出来の良し悪しが開花に大きく影響しますので,それだけにさし芽の失敗は絶対に許されず,この2週間 [続きを読む]
  • ビーナイン散布
  •  3日ほど長く育苗シートのハウスに入れており,直射日光に当てるのが遅くなったので,長幹系によっては少し徒長が気になります。  この程度の徒長は5号鉢上げの段階,さらに定植の段階で深植えすれば何の問題もないのですが,成長調整剤のビーナイン800倍を散布しました。  気になったら何かしたくなる性格が災いするのか,動かずにじっと事の成り行きを見ることができません。  これまで,何度失敗した [続きを読む]
  • 母の日
  •  実家の母から時々電話があるのだが,内容は頂き物をしたから取りに帰れというのが,よくあるパターンである。今回は何本も筍を頂いたそうだが,採ったのが遅く固いから先のほうだけ処理をしているということである。  この時期の筍は年中行事あるのでイヤな予感がした。というよりも確信である。案の定帰ってみると大量の筍であり,自分一人では食べれないので全て持って帰れとのこと。  こちらも三人家族こんなに [続きを読む]
  • さし芽17日目
  •  一昨日は直射日光に当てるため,4月26日にさし芽をした350本を育苗シートのハウスから出しました。  昨日は4月28日に2回目のさし芽をした苗60本を出しました。この2回目の大菊はスリットポットが足りなくなったので,鹿沼土のさし芽箱に挿したのですが350本の予備として作りました。  しかし,先日も書きましたように,うまくいかなかった苗が10本くらいだったので,あまり必要はないのでありま [続きを読む]
  • シクラメンその後
  •  遊び心で植えたシクラメン,発芽するまで2ヶ月余りと随分時間がかかり,3月12日には発芽したので,なんとかなりそうであるとUPした。  3月28日にはそんなに進展していないので,なんとかなりそうもない気がしてきたとUPしている。しかし,これからは適温になってくるので,ダメもとでしつこく様子を見てみようと結んでいる。  その後,4月に入り菊の方に何かと世話をするようになり,シクラメンについ [続きを読む]
  • さし芽16日目
  •  昨日から直射日光に当てるため,4月26日にさし芽をした350本を育苗シートのハウスから出しました。  さし芽して10日ほど経過すると,しおれが少なくなるので,この頃から直射日光をあてはじめます。しかし,西日のよく当たる,西側の端の苗が元気がなかったので出すのをためらっていました。  当初は,50〜60本は使えないと思っていましたが,出さずに様子を見たので使えないのは10本くらいになった [続きを読む]
  • 視察研修
  •  一昨日,愛媛県新居浜市在住の篠原先生の栽培場に視察研修に行きました。日ごろの行いが悪いのか,あいにくの朝から雨でございました。  3時間余りの車中,これまでも集まれば菊の話をしているのに,あきもせず菊の話が大半であります。そんな好き勝手な話をしていますと,あっという間に到着です。  栽培場に入りますと,3000本以上はあろうかという苗の数の多さに圧倒されました。2時間ばかり話を聞きまし [続きを読む]
  • 次の準備
  •  本日,5月10日をもちまして,ブログ開設1周年を迎える事が出来ました。これもひとえに皆様のお陰と深く感謝を申し上げます。この1年を振り返ってみればあっという間で,反省すること多くありますが,引き続き,多くの皆様に訪問していただけるよう,精進して参りますので,今後とも,どうぞよろしくお願いいたします。  先月の26日にさし芽をして2週間経過しましたが,苗の出来はまあまあといったところで [続きを読む]
  • 千輪菊
  •  訪問された皆様,千輪菊,覚えておられますでしょか。無謀にも,上級者にしかできない千輪菊に今回初めて挑戦するということを。  それに,ドーム菊とか,スプレー菊とか,盆栽菊とか,これまであまり栽培してこなかったことに,今年は手掛けているということを。  それは,菊を栽培するといいましても,大菊だけではなく,色々なジャンルがあり,それを紹介することで,一人でも多くの方々に興味を持って頂きたい [続きを読む]
  • さし芽12日目
  •  さし芽後1週間にさし穂が倒れるほどしおらせると,発根が大幅に遅れるので論外であるが,10日目に用土がかなり乾いていており,さし穂もしおれていたので少しだけ水をやった。  そして,12日目になったので液肥のみらいを軽くかけようと思ったが,湿っていたのでやめることにした。  例年のことであるが,中央部分は2週間が来なくても完全に発根はしてると思う。元気のよさそうなのをサンプルとして取り出し [続きを読む]
  • 気まま旅
  •  年に2〜3回出かける恒例の気まま旅である。ホテルと行きたい場所を大まかに決め,後は気分次第なので、るるぶだけは必需品となる。  京都に行きたいというので,こちらは特に希望もあるわけでもなし即決である。それに長年連れ添っていれば,現地でどこに行くかはほぼ一致する。  大体が神社・仏閣,城,水族館,動物園,植物公園等で決まる。行く期日はGW・SW・3連休のある週しか行けないので,渋滞を避け [続きを読む]
  • 盆栽菊
  •  一応基本型があり,自然樹形を小型にして観賞することが,盆栽菊の価値観でありますが,そんなことはお構いなしに,好きに仕上げていくのが我が盆栽菊であります。  しかし,将来の樹形を考えて順次芸術的に仕上げていこうと思いますが,このあたりがとても難関であり,逆に楽しみもあるのです。  普通,松のような盆栽で失敗して枯らすとその時点でアウトですが,盆栽菊の一番良いところは,失敗しても次の年に一 [続きを読む]
  • ポット挿し
  •  さし芽の最終的な目標はいかに成長力の強い苗を育てるかでありますが,強い苗とは,太く多くの根を作るかであります。  そういったことから,昨年からさし芽の方法として育苗箱から6cmのポット挿しに変えました。  それは,育苗箱から発根状況を見て,適期になった苗をポット上げをしますが,その際に叩いて土を落としたり,水で根を洗ったりし,水や栄養分を吸い上げる大事な根毛に傷をつけダメにします。  [続きを読む]
  • GWは実家で(part2)
  •  昨日・一昨日に続き,これも3月20日にUPしたイチジクであります。今は亡き父が世話をしていたので剪定の仕方が全く分からず,見よう見まねで4本の木を適当に剪定をしたのであります。  なんと,よく見ると剪定をした切り口や枝から,至るところに新芽や実がなっているのではありませんか。  イチジクは特に剪定をしなくても,実をつけることはできます。しかし,剪定をしないと枝が伸びっぱなしになったり, [続きを読む]
  • GWは実家で(part1)
  •  昨日に続き,これも4月5日にUPした牡丹,そんな早い時期に咲くのかと思いましたが,その牡丹が見頃だろうと思い楽しみに帰りましたが,何ていうことはない,満開は過ぎており残念でした。  少し前なら30位咲いており,そんなに見たいのなら度々帰れとの事,相変わらずの切り返し,返す言葉がありません。  さらに,この鉢はここに,あそこの鉢はここにと指示を出し,挙句の果て,何でもブログをしていること [続きを読む]
  • 薫風緑樹をわたる5月(皐月)
  •  若葉を渡ってくる緑の風をいっぱいに吸い込んで,悠然と鯉のぼりが泳いでいます。現役の頃は鯉のぼりを見ると,子どもたちも鯉のぼりのように,元気に悠々と育ってほしいと思っていたものです。  そのためには周りの大人が風になり,あたたかい風,きびしい風を絶えず送ってあげなくてはと,子どもたちがいつも元気いっぱい泳げるように。 さて,今月は発根した苗の鉢上げなど,翌日送りにできない大事な作業が続きます [続きを読む]
  • さし芽後の管理
  •  さし芽が終わったら一安心という訳には中々いかないのが菊栽培なのであります。当たり前のことですが,毎日ご機嫌を伺わなくてはならないのです。  温度,湿度,苗の様子を見ますが3日目で異常をきたしたら大変なので,特段問題はないと思った矢先,葉にゴミの様なものが付いているではありませんか。  取り除こうとして指先で摘んだらグニャッと何やらおかしな感触,瞬時にナメクジと分かり,慌てて薬をまいた次 [続きを読む]
  • さし芽2日目
  •  昨日,予定の400本に50本足らず,さし芽2日目です。比較のために今回は専用のさし芽用土を使わず,細粒鹿沼土とクンタンで用土を作り,発砲スチロールの箱に大菊を60本さし芽をトレー挿しで盆咲き小菊70本さし芽をしました。  菊のさし芽は,だれがやってもほぼ100%に近い発根が見られます。極端に言いますと,水の入ったコップにさし穂を入れても1ヶ月くらいはかかりますが発根はします。  よって [続きを読む]