ぶんすけ さん プロフィール

  •  
ぶんすけさん: 文書き屋日碌
ハンドル名ぶんすけ さん
ブログタイトル文書き屋日碌
ブログURLhttp://fumigakiya.blog.fc2.com/
サイト紹介文作家きどりのオッサンがエッセイなど好き勝手に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 142日(平均6.5回/週) - 参加 2017/02/03 10:50

ぶんすけ さんのブログ記事

  • 2017年6月24日(土) 雑記
  • ◆今日の備忘録っぽい雑記2017年6月24日(土)◆今日は朝から色々なことをした。 ワンコの散歩をはじめとする、いつものお勤めは午前中に完了。 その後、一人黙々と新しい目論見のための作業をする。 夕方、もちろんワンコの散歩などのお勤めをする。そしてまたもや新しい目論見の作業の続きをする。 夕食を食べてからもやっぱりその作業を続け、何とか大まかな作業は終えた。後は今後の日々の定期作業かしらね。 これはこれか [続きを読む]
  • 第96話 いい加減なもの、それは星占い……
  • ◆以前も書いたと思うが、今朝もウンザリしてしまったので再び書く。 何にウンザリしてしまったか? それは星占いにだ。例の朝の情報番組の類が番組の最後の方で無理やり流す、あのでたらめな星占いのことだ。 そんなにウンザリするのなら観なければいいと以前から自分でもずっと思っているが、生活パターンを変えることが難しいから、どうしてもタイミング的に目にしてしまうのだ。しかも前回も書いたかも知れないが二つの番組 [続きを読む]
  • 第95話 初めてのオートバイのこと(2)
  •  それは「タウニー」という原チャリで当時ヤマハ発動機が製造販売していたものだ。 色は緑。当時ジャズ演奏家の渡辺貞夫が工事現場近くで作業員のおっちゃんに「いいなーこれ」と言われて「いいでしょ、これ」と受け答えしていたCM(確か「男のソフトバイク」っていうキャッチフレーズだったと思う)が流れていたから僕もこの原チャリのことは知っていた。ちょうど母親が最初に乗っていたホンダのロードパルを思い起こさせるよ [続きを読む]
  • 第94話 初めてのオートバイのこと(1)
  • ◆前回、最初に僕が憧れたオートバイのことを書いた。今回は僕が初めて自分の乗用として所有したオートバイのことを書こう。 それは大学に入って2年目のことだった。僕はそれまでほとんど毎日、自宅近所にあったコンビニエンスストアで夕方から夜の11時過ぎまでアルバイトをしていた。別にコンビニエンスストアでアルバイトをしたかったわけではなかったのだけれど、このアルバイトを見つける直前に、近所に住んでいた高校時代 [続きを読む]
  • 第93話 最初に憧れたオートバイ(2)
  •  当時のロード・パルのエンジンのかけ方は以下のとおりだ。たぶん僕の記憶は間違っていないと思う。 キーをイグニッションに差し込んで回してメインスイッチを入れる。 エンジン後部にあったペダルが固く感じるまで足で何度か踏み込む。(踏み込む度に「ガチャガチャ」とか「カチカチ」とも聞こえるような音がした。たぶん中のゼンマイが巻かれていたのだろう。) そしてハンドル左のレバー(後輪ブレーキ・レバー)を握ると巻 [続きを読む]
  • 第92話 最初に憧れたオートバイ(1)
  • ◆僕が最初に憧れたオートバイは何だったのだろうか? そもそも自分がいつからオートバイというものに興味を持ち始めたのかを思い出してみる。 僕が初めてオートバイというものに興味を持ったのは、確か高校生になった頃だったと記憶している。それまでは、はっきり言って全然興味がなかった。親が某有名自動車会社に勤めていたこともあって、僕の家ではオートバイなんてものは、この世に存在していないかのような扱いで、自動車 [続きを読む]
  • 2017年6月18日(日) 雑記 (20時半頃追記)
  • ◆今日の備忘録っぽい雑記2017年6月18日(日)◆日曜日。家人が午前7時半頃起床し、僕もその15分後に起床。本当は僕も同じくらいに目覚めていたのだけれど、家人は女性なので朝の洗面所は忙しい。同じ時間に起きても洗面所が空くのを待つことになるから時間をずらすのだ。まあどうでもいいことだけど。 今日は午前中に二つの仕事をこなした。 ワンコの散歩、エサやり、掃除機掛けはいつものことであって、それに追加して二つの [続きを読む]
  • 2017年6月17日(土) 雑記
  • ◆今日の備忘録っぽい雑記2017年6月17日(土)◆平日と変わらぬ時間に起床。今日は家人がパートなのだ。だから家人は既に起きている。 服を着替え、朝食を摂り、洗顔した後、ワンコの朝の散歩。。 散歩から戻ってとエサをやった後、一階の掃除機掛け。 そうこうしているうちに家人の出勤時間。車でパート先まで送る。 自宅に戻ってからは、もっぱら家人との共用の、いや今となってはほぼ家人専用となったノートパソコンのメンテ [続きを読む]
  • 第91話 アンケートで郵便番号を入力するか?
  • ◆僕はネットのいくつかのアンケートサイトに登録している。そういったサイトに登録されている方々ならご存知かと思うが、それらからは毎日のように多種多様なアンケートの回答依頼が来る。それらに答えるとアンケートの内容によってポイントが付与され、それが一定数貯まると現金をはじめとする様々な特典に交換することができるのだ。 僕もこれまでにアンケートに回答したことによって得たポイントで様々な特典を得た。もちろん [続きを読む]
  • 第90話 雷舞
  • ◆6月になったばかりのある夜のこと。テレビを観ていたら画面の上辺りに気象情報に関するテロップが流れた。何でも急に激しい雨が降ったり竜巻の類が発生する可能性があるから注意が必要だと訴えている。 部屋に二つある窓は少々の蒸し暑さを感じていたものだから、いずれも開け放たれていた。そこに掛けられているレースのカーテンは微動だにしていない。本当に雨が降るのだろうか? そんなふうに思いつつもテレビを観ていたら [続きを読む]
  • 第89話 杞憂か? プログラミング教育
  • ◆先月末頃だったと記憶しているが、新聞にプログラミング教育に関する記事があった。何でも2020年に「プログラミング教育」なるものが小学校で必修化されるそうだ。記事には「これを前に、小学生がプログラミングに親しむ場が急速に広がっている」と書き添えられ、更には小学生たちがプログラミングをしてロボットを動かしたりゲーム製作をしている等の写真が何枚か載せられていた。写真に写っている小学生たちの顔は、どの子 [続きを読む]
  • 第88話 中途半端な制度
  • ◆先月のある日の雑記だったかと思うのだけれど、久しぶりにスーツを買った話を書いた。それは夏用のスーツで、クールビズという制度が浸透してきた昨今であるのに、それでもやっぱりこの時期でも依然としてスーツを着用することが必要なシーンがあるということをも書いたような記憶がある。 6月から例年どおり、たいていの企業でクールビズが始まったと思うが、だからと言ってやっぱりスーツ姿が皆無にはなっていない。クールビ [続きを読む]
  • 第87話 耐久性に発したある疑惑の件(2)
  •  ある疑惑。それはプリンタが一定時間稼働後に無条件に故障するようになっているのではないかというものだ。これは経験的にそう思わざるを得ないのだ。 例えば僕は(今は使っていないが)15年近く某メーカーのプリンタを使い続けた。台数にして5台だ。そのどれもに言えることなのだが、故障はどの台も「プリンタヘッダ」が使い物にならなくなるというもので、それは交換以外に対処のしようがなかった。 しかし、新しいそれの [続きを読む]
  • 2017年6月11日(日) 雑記 (18時半追記)
  • ◆今日の備忘録っぽい雑記2017年6月11日(日)◆昨夜遅くから酷い下痢に見舞われ、それが今朝まで続いた。 変なものを食べたのだろうかと思った。僕とまったく同じものを食べている家人は何ともない。違いと言えば家人は風呂上りにヨーグルトを食べ、僕はチョコレートのアイスクリームバーを一つ食べたというくらいだ。となるとそのアイスクリームバーが良くなかったのか? いいや、それは箱に5本だか6本だか入ったもので一昨日 [続きを読む]
  • 2017年6月10日(土) 雑記   (20時追記)
  • ◆今日の備忘録っぽい雑記2017年6月10日(土)◆早くも6月の三分の一が過ぎた。早すぎるよ、本当に……。 娘がまたまた昨夜からお出かけした。家人は今日は仕事が休み。つまり今朝は寝坊しても大丈夫な日。だからというわけではなかったのだけど昨夜は家人ともども夜中の1時近くまで起きていた。例によって「探偵ナイトスクープ」を二人そろって観ていたのだけど、それが終わると僕は最近の金曜日の深夜に恒例となっている「前略 [続きを読む]
  • 第86話 耐久性に発したある疑惑の件(1)
  • (今回はいつも以上に、まとまりのない話になってしまった。それを先にお断りしておく。)◆前回僕はマウスの調子が悪くて新しいものに買い替えたことを書いた。そして今やマウスも使い捨ての消耗品と考えた方が良いとも書いた。たかだか1〜2年ほどでダメになってしまう現実に、そう思わざるを得ないと思ったのだ。 今の電化製品は耐久性がない。いや、そう書いてしまうと語弊がある。正確には「昔の電化製品と比べると、今の電 [続きを読む]
  • 第85話 マウス(2)
  •  この症状が出る度に「コントロールパネル」→「マウス」で「マウスのプロパティ」を表示させてはダブル の速度を調整してみたり、「コントロールパネル」→「デバイスマネージャー」でハードウェア変更のスキャンをかけて改めてマウスを認識させたりして誤魔化しながら使っていたのだけれど、先日、とうとうシングル も認識しないという症状が出始め、さらにはドラッグ中にそれが無効になってしまうという症状まで [続きを読む]
  • 第84話 マウス(1)
  • ◆「マウス」と書くと色々な意味が想像されるが、ここで書く「マウス」はパソコンで使用されるマウスのことである。こんなことは書かなくともたいていの方々の「マウス」に対する第一印象はそれであろう。「マウス」という文字を見て「ハツカネズミ」とか実験用のネズミがまず頭の中に浮かぶ人もいるとは思うが、今回はそれのことではなくて(しつこいが)パソコンで使用されるマウスのことだと念のため告げておく。 そのマウスな [続きを読む]
  • 第83話 写経(2)
  •  このままだといつか本当にペンの類で文字を書くことができなくなるんじゃないだろうかと思えたものだから僕は不安になった。状況を鑑みるに、キーボードを叩くことは今後もなくなることはないが、ペンの類で文字を書くような機会は減り続けるだろう。それが証拠に数年前までは手書きが当たり前であったお役所系の書類が今ではPCやネットで作るのが当たり前になってきている。春先に行った確定申告の書類もPC上でキーボードを [続きを読む]
  • 第82話 写経(1)
  • ◆最近の日課、いや日課とまでは言えないか、要は思い立った時にやっていることなのだけれど、表題にあるとおり僕は写経ということをやっている。写しているお経は世間でも馴染みのある「般若心経」だ。 数年前に写経に適したノートの類(と言うか本と言えばいいか?)が販売されていて、実はその際に少々興味を持った。しかし結局その時は、写経するのにお金を出してまでこういうものを手にする必要はないだろうという思いに至り [続きを読む]
  • 2017年6月4日(日) 雑記
  • ◆今日の備忘録っぽい雑記2017年6月4日(日)◆午前6時半頃に目が覚めた。昨夜同様、やはり何かしら訳の分からない夢を見ていた。ただ、怒鳴ったりはしなかったみたいだ。 横を見ると家人が寝ていた。さすがに日曜日の今日は、やっぱり仕事は休みということだ。 しばらく布団の中でウダウダしていたが、もう一度寝入ることは、やはり不可能のようなので起床。時間は午前7時20分。 静かに着替える。 顔を洗ってワンコの散歩 [続きを読む]
  • 2017年6月3日(土) 雑記
  • ◆今日の備忘録っぽい雑記2017年6月3日(土)◆何の夢を見たのかとんと覚えていない。でも夜中に自分の何かを叫ぶ大きな声で目が覚めた。その時は何の夢を見て何に対して叫んでいたのか覚えていた。感情もそれは「怒」の類であったことを覚えている。要は何か、もしくは誰かに対して怒鳴ったのだ。 ほんの数秒で再び僕は寝入ったと思う。目が覚めていた際の記憶もほとんど消えてしまったから、それは定かではないのだけれど、たぶ [続きを読む]
  • 第81話 ジャージ(2)
  •  ジャージの類の場合、そのスボンがずり落ちないようにするためにベルトのようなものが使われることは、まずないだろう。僕自身、そんなことはしたことがないし、そんなことをしている人を見たこともない。第一、ジャージのズボンにはジーパンやスラックスにあるようなベルトループが付いていない。付けようと思えば付けられるのであろうが、敢えてそこまでする人を僕はこれまでに見たことがない。 ジャージのズボンを穿いた場合 [続きを読む]
  • 第80話 ジャージ(1)
  • ◆「ジャージ」という言葉が今でも世間で通用するのか、いやもっと詳細に書くとすると、世の中の文化の中心となっている若い方々に通用する言葉なのか……? そういった一抹の不安が僕の頭を過ったのだけれど、きっと通用するだろうと勝手に思うことにして話を進めさせて頂くことにする。 とは言え、やはり何かしらの説明をしておいた方が中身に入りやすいのではないかと思うので「ジャージ」について簡単な定義付けをしておこう [続きを読む]
  • 第79話 縁のこと(2)
  •  ところが実際は必ずしもそうではない。 持っている人はいくつになっても持っているのだ。自分が大して何もしなくても周りが放っておかないのだ。じっとしていても縁が向こうからやってくる。もちろん自分から動けば、それが大きくて強い縁に変わっていく。持っている人はそういう機会がいくつになっても枯渇することがない。 例えば義父がそうだ。 今や86歳という御年だから世間との関りはかなり少なくなってはいるが、現役 [続きを読む]