ryoji さん プロフィール

  •  
ryojiさん: 福岡・北九州食べ飲み歩き(Bring Luck)
ハンドル名ryoji さん
ブログタイトル福岡・北九州食べ飲み歩き(Bring Luck)
ブログURLhttp://ameblo.jp/miswakirascal/
サイト紹介文福岡・北九州を中心に、素敵なお店(グルメ)を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 167日(平均1.4回/週) - 参加 2017/02/03 12:26

ryoji さんのブログ記事

  • 福ひろ
  • うどんのお店が連投。朝早く、大手門にある「福ひろ」へ。ここは、奥が広く製麺所らしき雰囲気。店内は、わずか10席しかありません。看板には、「製麺食堂」の文字。どこかに卸しているのでしょうか。謎です。 (全部で10席)で、朝からうどん。通称「あさうどん」。前回忘れた財布もしっかり持っています。 (卵は、生卵と温玉が選べます。)前夜、都城の先輩・後輩と「プーラビータ」で「なんこ」をしながら痛飲。「プーラ [続きを読む]
  • 讃岐うどん 志成 (シナリ)
  • 昔、江川卓氏は、カープの小早川に渾身の一球を打たれて、引退を決意したと言います。僕も歳を重ねるにつれて、能力の衰えは否めない。ITでカバーしてなんとかです。。梅雨も開けて?本格的な夏の到来。暑い中、振込処理で銀行へ。順に振り込んでいくと、1枚の請求書がないことに気が付きます。「あ、スキャニングしたまま、プリンターの中だ。」仕方なく、自宅兼オフィスへ戻ります。とぼとぼ。再度銀行へ。暑い。帰りにお昼 [続きを読む]
  • 博多寿司処 尾之上 (ハカタスシドコロ オノウエ)
  • 今日は、証券Kさんと博多駅の近くでお店を物色。昨日は、小倉で肉食ワインだったので、魚の選択。お席の空きを確認し、博多駅前の「尾ノ上」に伺いました。到着すると、人生の先輩10人くらいが大騒ぎ。少し煩いと思いながらも、気取らないお店の雰囲気はGOOD我々も途中から、すとーかーTさんが加わり、盛り上がったのでした。鹿児島出身の大将の口癖は、「昨日の夜は、3名で暇だった。。。」や「来週の○曜日は、予約ゼロ [続きを読む]
  • 西中洲 つわぶき(2度目)
  • 遅ればせながら、孤高のグルメにハマっています。酒を飲みながらのネットはあれほど危険と言っていたのに、気がつけばAmazonのプライム会員。いつ登録したのか思い出せません。潜在意識の中で、入りたいと思っていたのでしょう。まあいいか。とクレジットカードの請求をみて、諦めました。プライム会員特典で「孤高のグルメ」が観れるのです。僕も、ふらふらとお店に入りますが、主人公の井之頭五郎の行動力と食欲は気持ちいい。 [続きを読む]
  • 釜あげうどん 中州川端店
  • 「姉さん事件です!」と言うくらい、劇的な変化でした。月曜日は、川端商店街でのランチが多い。お昼前に「どさんこ」に向かうとなぜか休み。何気なく、近くの「釜揚げうどん」を覗くといつもになく満席。「?」と思い入店したのでした。もともと、宮崎の釜揚げうどんの有名店「戸隠」があった場所。どのような経過は分かりませんが、今のお店の名前に。宮崎の戸隠とは違い、あまり繁盛していなかった印象でした。うどん美味し [続きを読む]
  • 魚バカ一代 大漁旗 天神店
  • 「たまには魚も食べたほうがいいよ」と、Y社長。Y社長から「ウインディーの隣」というキーワードで覚えていたお店です。 (生もずくです。)切っただけの生の魚が苦手な僕ですが、「うにしゃぶ」があると聞いて、アンテナがぴんこぴんこ。日曜日の夜9時に屍になりながら、福岡競艇場からぶ〜ちゃんと向かったのでした。とは言え、夕方に一杯引っ掛けていたため、軽めの注文。「うにしゃぶ」は、もずくの付き出しのことでした。 [続きを読む]
  • あっちゃん亭
  • お一人様で飲むのも悪くありません。街の喧騒をかき分けながら、適当に飛び込むのは楽しい。この日は、旅の疲れを癒やすため、足つぼマッサージを目指して地下鉄西新駅へ。その前に、腹ごしらえです。以前、長崎のちゃんぽんが西新で食べれるとの情報を得て、ちゃんぽん好きの僕は、チャンスを狙っていまいた。待望の来店。皿うどんもあるため、迷いましたが、オーソドックスにちゃんぽん。プラス餃子。プラス瓶ビール。王道の [続きを読む]
  • 大福うどん えきちか店
  • 最近、熱い日も多く、汗をかきながらフラフラなことも多い。この日も30℃を超える暑さ。地下に潜って、飲食店を探したのでした。昔から、この辺に大福うどんがあったよなあ。ほぼ満員の店内。相席覚悟で座ります。メニューがあり過ぎて迷います。ホント最近は、優柔不断です。なかなか決められない。お恥ずかしい限りですが、フラフラしていて、うどん屋に入ったのを忘却。うどんの予定が、冷たいお蕎麦になりました。注文を [続きを読む]
  • CHICKEN MEN (鶏麺)
  • 「白湯」の漢字読めますか僕が読めるようになったのは。福岡の鶏白湯ラーメンの有名店「はなもこし」からでしょうか。豚骨文化の福岡で、豚骨とは違う、濃厚なスープ。「好き!」と思いながらも「濃ゆ!」と思った覚えがあります。その日は、「痛風のお薬出しときますね。」的な診察も終わり、気分は、近くのチキン南蛮カレー。でも、定休日〜。残念。 (この麺!) (このつけダレ!) (とりぱいたんらーめん) [続きを読む]
  • 九州郷土料理わらび
  • お客様とのランチの時間は、新しいお店を発見できる良い機会です。撮るのを遠慮する時もありますが、「食べ物ブログを書いているんです。」とアピールするのもひとつ。ファンづくりに繋がることも多いのです。推奨の店は、情報収集としては、有り難い。最近の僕の口癖は「有り難い」「素敵ですね。」「有り難い。」「勉強になります。」簡単に使い過ぎて重みがなくなってます。似たような言葉に「なるほどですね。」もありますね [続きを読む]
  • 豚とろ 鹿児島中央駅前店
  • ゴールデンウィークの前半。私が顧問を務める会社の社員旅行。気候もよく、楽しい旅となりました。あれが発覚するまではね。。。9時半に博多駅に集合。さあ、鹿児島へ出発です。みずほで1時間20分。あっという間。鹿児島中央駅でバスに乗り換えて、知覧をまわり指宿へ。お昼ごはんは「鶏飯」。昼から芋焼酎を飲みまくり。。宿泊先は、白水館。指宿でナンバーワンの旅館。料理もお風呂もよかったよー。宴会。朝ごはん。食べ [続きを読む]
  • 井手ちゃんぽん 天神店
  • ラーメン二郎に馴染みのない福岡では、野菜多めと言えば、井手ちゃんぽん。普通でこの量!歌舞伎町で二郎に行きましたが、完全に超えてます。お腹がぐーぐー鳴っていたので、お昼に入店。すでに、お店は、男性で溢れていました。 聞きしに勝るこのボリューム。野菜から崩しにかかるも、悪戦苦闘。前知識があってよかった。知らないで、大盛り頼むひともいるだろうなあ。井手ちゃんぽんの本社は、佐賀県の武雄。   [続きを読む]
  • 塋ちゃん (えいちゃん)
  • 外国の方から学ぶ場面、ありますよね。海外の良いもの(サービス)を日本へ持ち込めば儲かるとか、日本独自のもの(サービス)を海外へ輸出すれば儲かるとか、妄想で考えることはありますが、一歩を踏み出すのは大変。 先日、ロータリークラブの卓話で聞きましたが、モスクワのような都市でさえ、日本人経営者には、風当たりが厳しい(らしい)。ハンデを背負って、努力している姿に感動するのです。 最近、色々 [続きを読む]
  • 鳥善 中洲店 (とりぜん)
  • 博多のソウルフードのひとつに「水炊き」があります。福岡民は、もつ鍋をわざわざ食べに行くことは少ないのですが、水炊きは、女性にも優しく会合で使われることも多いのです。(僕の周りだけ?) 今日は、管理部門のミーティングで初めて「鳥善 中洲店」にお伺いしました。早めに着いたので、先に入店すると、カンターの方々が一斉に私に注目。 なぜ?どうみても「同伴」の方々なのでした。そんなに気にしなくて [続きを読む]
  • らーめん二男坊 博多本店
  • ラーメン1杯のカロリーって知ってます?お店によっても差があるとは思いますが、おおよそ500kcal。醤油ラーメン、塩ラーメンがそれより低め。逆に、味噌ラーメンととんこつラーメンが高めです。 最近、株式上場した一風堂の白丸元味は、650kcal。食べる回数が多い、リンガーハットのちゃんぽんは、680kcal程度とのこと。更に、濃厚つけ麺になると、1,000kcalあたりまで跳ね上がるようです。覚えといて [続きを読む]
  • 筑前堀
  • 今年は、桜の開花が遅かった。日曜日は、「桜花賞」なのに、満開でないのは珍しい。的中率も気温よろしく、低下気味で駄目駄目ちゃんです。 この店に伺ったのは、極寒の中、3月24日。今期初めての花見。一度決めたら、どんな状況でも時間通りに実施するというのは、大切なこと。それが守れないなら、目標も達成できません。でも、室外でなくて良かったと安堵。IT企業の方々と温かいお部屋でお花見になりました。リスク [続きを読む]
  • 和風かうんたーばー新田
  • 渡瀬恒彦さんが亡くなられました。渡哲也さんの弟。世代が違う僕は、似ている二人を混乱したものです。日本の映画界を盛り上げられた渡瀬さんのご冥福をお祈りいたします。 最初に、渡瀬さんをはっきり認識したのは、高校時代に友人と見た「マルサの女」の同時上映。「首都消失」という小松左京原作の映画でした。あれ、小松左京だけ「さん」をつけていない。」ツツイストの僕は、小松左京も大好き。どちらかというとこちら [続きを読む]
  • にくまる 平和通り店
  • 小倉の街に最近できたニューカマー。その名も「にくまる」。表には「肉寿司」の提灯。お寿司?中を除くとカウンターが5席。否応にも期待してしまいます。 前から、気にはなっていたのですが、なかなか一人では恥ずかしい。怖い恥ずかしいが、適切な表現か。初めての店に飛び込む時の、あの感覚です。 (名物大トロタン)この日は、証券K氏と急遽飲むことに。小倉の鰻屋「田舎庵」を目指しながら、「肉寿 [続きを読む]
  • 仁伊島 総本店
  • 毎週第1土曜日は、クライアントの会議と勉強会。その日は、時間がなくて、Y社長と気分はお蕎麦。 結局違う店に行ったワケですが、その時教えてもらったのがこの店。後日、ひとりで行ってみました。 お店に入ってびっくり。創業明治44年(1911年)。今年で、106年目なのです。 (入り口にお得なランチも書いてありました。) 僕は昭和45年生まれ。それは、関係ないか。 短い時間で最善の選 [続きを読む]
  • 肉屋うたがわ
  • 「好き・嫌い・好き・嫌い。」昔、花びらを千切りながら、唱えていた呪文。「花びら」や「がく」は、科目によって枚数が決まっているので、実は、高確率で結果を操作できたのです。人によってスタートを変える方法もありますし、アブラナ科やヒルガオ科などを揃えて使い分けることも可能。乙女心びっくり。イカサマ上等だったのです。 今日は、お店の選択。「肉・魚・肉・魚。」と呪文を唱えながら、僕の「行きたい店リスト [続きを読む]
  • 三宜楼茶寮 春帆楼 (サンキロウサリョウ)
  • 北九州での生活?が長くなると、危険な街との認識がなくなり、いつしか、懐の深さを感じる街へと変わりました。歴史のようなものに触れると一層感じますね。 今回は、私の所属する小倉南ロータリークラブの例会で、オリックスが経営されている、三宜楼茶寮 春帆楼へ伺いました。 (先輩のご厚意で、二皿頂きました!)福岡市内ではなく、自宅から離れた小倉南RC(ロータリークラブ)へ入会しています。小倉南R [続きを読む]
  • 鮨割烹やま中 (スシカッポウヤマナカ)
  • 食事をしていて不思議な光景に出会うことがあります。今回は、小倉の帰りに、クライアント様の要望で、やま中へお邪魔しました。福岡の有名店のなかでも、良心的なイメージ。素敵な店構えで、雰囲気も楽しませてくれます。17時とは言え、飛び込みでしたので、カウンターは全滅。でも、全体が見渡せる場所から、素敵な人間模様を観察できたのでした。一人目は、同時に入店した夫婦?とお一人様。夫婦は、至って普通。カウンター席 [続きを読む]
  • 飯家 くーた 西中洲店
  • 先日、株式会社ナムコの創立者、中村雅哉さんが逝去されました。私の価値観の形成に多大な影響を与えたと言っても過言ではありません。ちょうど、我々の年代。しかもゲーム好きにしかわからないと思いますが、誰がなんと言おうと「ゲームはナムコ」なんです。中村氏は、「パックマン」の生みの親と報道されていましたが、実はそうとは思いません。より理解者として、社員に好きなことをさせたというイメージがあります。当時のナ [続きを読む]
  • ニクヤキ極味や 本店 (きわみや)
  • 衝動買いの心理ってなんでしょう。昨年の秋、ファミコンミニ販売のニュースの瞬間にamazonでポチっと。先日は、酔いながら、amazonで「あぶない刑事 ORIGINAL ALBUM COMPLETE【完全生産限定盤】」をお買い上げ。ネット通販とお酒のタッグは、日本のIWGPならぬGDPを支えていると言っても過言ではありません。飲んだら見るな!見るなら飲むな!私からの忠告です。昔、Back to the future3部作(Blu-ray Disc)が発売された時。ええ [続きを読む]