みーとすぱ さん プロフィール

  •  
みーとすぱさん: 鉄道模型 けんさくブログ
ハンドル名みーとすぱ さん
ブログタイトル鉄道模型 けんさくブログ
ブログURLhttp://tetudoumokei.gjgd.net/
サイト紹介文製品情報など、鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 142日(平均12.5回/週) - 参加 2017/02/04 00:42

みーとすぱ さんのブログ記事

  • 【トミックス】「JR 165系電車(モントレー・シールドビーム)セット」
  • ★ <92774> JR 165系電車(モントレー・シールドビーム)セット  AD Yahoo   <実車ガイド>  直流電化区間の山岳路線向け急行形車両として、1963年に登場した165系。  新前橋電車区所属車は、1988年頃に青とピンクの塗色に変更されました。  1993年頃には前面強化工事(踏切事故対策)とヘッドライトのシールドビーム化が実施  されました。  1994年頃に、前面強化部の未塗装部分も車体色に塗装変更されました。 < [続きを読む]
  • 【カトー】「JR ホキ5700 秩父セメント 2両入」,
  • ★ <8071> ホキ5700 秩父セメント 2両入  AD Yahoo   <実車ガイド>  ホキ5700は初の40t積セメント専用ホッパー車として登場しました。  1965〜1973年に626両が製造されましたが、東洋工機製と日本車輌製造製では形態  が違います。  東洋工機製はホキ3500形と同様の箱型車体で、各部の軽量化を図って40t積を確保  しています。  日本車輌製造製は台枠中梁とホッパ体を一体化させたホームベース形車体となっ [続きを読む]
  • 【マイクロエース】「JR EF58-35・7つ窓・青・お召予備車」
  • ★ <A1711> EF58-35・7つ窓・青・お召予備  AD Yahoo   <実車ガイド>  EF58は戦後初の旅客用電気機関車として1946〜1948年に計31両が製造されました。  この初期型は箱型車体となっています。  1952〜1958年には流線型車体の改良型が登場し、141両が製造されました。  35号機は1949年に初期型で製造開始されましたが、途中で製造休止となりました。  1951年に製造再開しましたが、初期型の箱型車体に流線型の前 [続きを読む]
  • 【トミックス】「国鉄 12-1000系 客車セット」
  • ★ <92303> 国鉄 12-1000系 客車セット  AD Yahoo   <実車ガイド>  1984〜86年に製造された12系1000番台は、団体臨時用の12系を普通列車用に改造  した車両です。  スハフとオハフは、乗務員ドアを追加しており、白い2本帯が無い外観が特徴です。  山陰本線・福知山線・播但線・伯備線・芸備線・阪和線・紀勢本線・七尾線などで、  DD51やDE10等に牽引されていました。 <製品特徴>  普通列車用の12系を、鉄 [続きを読む]
  • 【カトー】「国鉄・JR 蒸気機関車 D51 498」,
  • ★ <2016-7> D51 498  AD Yahoo   <実車ガイド>  1940年に神戸の鷹取工場で製造されたD51-498号機。  岡山機関区に配置された後、全国各地を転々とし、1972年12月に廃車となりました。  その後、上越線後閑駅前で保存されていましたが、1988年11月に動態復活し、高崎  運転所に配属されました。  「オリエントエクスプレス’88」の牽引を皮切りに、JR東日本管内で活躍を続け、現  在も「SLみなかみ」や [続きを読む]
  • 【トミックス】「2017年11月発売予定の新製品情報を発表!」その2
  • トミックス(TOMIX) から新製品の発表がありました。★ <98266> JR 115-2000系近郊電車(瀬戸内色)セット  AD Yahoo   <実車ガイド>  113系をベースに勾配線区向け近郊電車として登場した115系。  115系2000番台は、80系等の旧形電車の置き換え用として1977年に登場。  115系300番台車のシートピッチ改善車とも言われています。  広島・下関地区の車両は最初、湘南色で導入されましたが、のちにクリーム車体に青帯  [続きを読む]
  • 【マイクロエース】「JR DD51-1059・貨物試験色Ⅲ」
  • ★ <A8505> DD51-1059・貨物試験色Ⅲ  AD Yahoo   <実車ガイド>  1962年から1978年まで、16年間にわたり649両が製造されたDD51形。  DD51-1号機はヘッドライトが丸型で茶色・白帯塗装で登場しました。  その後、いくつかの形式が製造され、非重連形の基本番台、重連総括制御可能な500  番台、蒸気発生装置がない800番台が活躍しています。 <製品特徴>  北海道で活躍したDD51形500番台を、鉄道模型Nゲージに [続きを読む]
  • 【トミックス】「2017年11月発売予定の新製品情報を発表!」その1
  • トミックス(TOMIX) さんから新製品の発表がありました。★ <92777> 国鉄 183-0系特急電車(6両編成)セット  AD Yahoo   <実車ガイド>  総武本線の東京駅地下乗り入れと内房・外房線電化に対応する為に、1972年に登場し  た183系。  冬期の山岳線区での波動輸送対応も考慮し、耐寒耐雪構造で製造されました。  0番台の先頭車は貫通型ですが、1000番台の先頭車は非貫通型となっています。 <製品特徴>  183系0番 [続きを読む]
  • 【トミックス】「2017年9月発売予定の新製品情報を発表!」その2
  • トミックス(TOMIX) から新製品の発表がありました。★ <98035> JR キハ120-300形ディーゼルカー(大糸線)セット  AD Yahoo   <実車ガイド>  キハ120形はJR西日本のローカル線用小型ディーゼルカーとして1991年に登場しま  した。  1次車の200番台は、普通鋼製のセミクロスシート車で1991年製造。  2次車の0番台は、ステンレス製のロングシート車で1992年製造。  3次車の300番台は、ステンレス製のセミクロスシー [続きを読む]
  • 【カトー】「JR (HO) キハ58(M)&キロ28&キハ58&キハ28&キハ65」,
  • ★ <1-601> (HO)キハ58(M)★ <1-602> (HO)キロ28★ <1-603> (HO)キハ58★ <1-604> (HO)キハ28★ <1-605> (HO)キハ65  AD Yahoo   <実車ガイド>  1961〜1969年に製造されたキハ58系は急行形気動車(ディーゼル動車)で、非電化区  間の急行用車両の車内環境の向上に大きく貢献しました。  2基エンジン搭載のキハ58のほか、1基エンジンのキハ28、グリーン車のキロ28等が  あり、出力強化されたキハ65等と連結 [続きを読む]
  • 【トミックス】「JR 313-2600系近郊電車セット」
  • ★ <98256> JR 313-2600系近郊電車セット  AD Yahoo   <実車ガイド>  名古屋・静岡地区向け近郊電車として1998年に登場した313系。  2600番代は3両編成のロングシート車で2006年に登場しました。  主に熱海〜浜松間や御殿場線・身延線で、近郊輸送からローカル輸送まで幅広く  活躍しています。 <製品特徴>  静岡地区の313系を鉄道模型Nゲージにて製品化。  車内はロングシートを再現しています。  前面 [続きを読む]
  • 【カトー】「JR タキ25000+ホキ5700 飯田線貨物列車 4両セット」
  • ★ <10-1426> タキ25000+ホキ5700 飯田線貨物列車 4両セット  AD Yahoo   <実車ガイド>  タキ25000はLPガス専用25t積タンク車で、1966〜82年に310両が製造されました。  自重を軽減する為に、高圧ガスタンク車で初めて断熱材と波除板を廃止し、25t積を  達成しました。  ホキ5700は初の40t積セメント専用ホッパー車として登場しました。  1965〜1973年に626両が製造されましたが、東洋工機製と日本車輌製造製 [続きを読む]
  • 【カトー】「JR ED62 電気機関車」
  • ★ <3084> ED62  AD Yahoo   <実車ガイド>  ED62は、全車がED61形電気機関車からの改造車となっています。  線路規格の低い飯田線に対応する為に、回生ブレーキ等を撤去。空いた床下スペース  に1軸の中間台車を配置し、軸重軽減を図りました。  飯田線で活躍した後、大糸線等でも使用されていましたが、2002年に全廃されました。 <製品特徴>  KATO初のED級直流新形電気機関車となるED62を、鉄道模型Nゲージ [続きを読む]