hana さん プロフィール

  •  
hanaさん: 祈りの国ミャンマーで暮らす
ハンドル名hana さん
ブログタイトル祈りの国ミャンマーで暮らす
ブログURLhttps://ameblo.jp/myanmar-inle/
サイト紹介文仏のような心のミャンマー人と国際結婚してミャンマーへ移住。アメブロ公式トップブロガー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 232日(平均4.8回/週) - 参加 2017/02/04 00:58

hana さんのブログ記事

  • 家族になってもシェアハウス
  • やっぱり思い出すと、ちょっとミャンマーが恋しいなぁ。私はミャンマーでは、ミャンマー人スタッフ3人と旦那と娘、大家さんのおじいさんとお姉さんと合計8人でひとつ屋根の下に暮らしています。以前はお姉さんの姪っ子ふたりも一緒に住んでいたので、その時は10人。多すぎるとトイレが混んだり、シャワー室が混んだり、困っちゃうこともあるけど人数が多いって、色々シェアできるのがなんといってもイイ!関連記事:一つ屋根の下 [続きを読む]
  • ミャンマーで起こっている問題。誰が悪いと思いますか?
  • 私はミャンマーという国が好きで、そこに住んでいるミャンマーの人々が好きで移住しました。このブログでも私が思っているミャンマーの良いところ、ミャンマー人から学んだことなどを忘れたくないことをたくさん書いています。 「ミャンマーに住んでいてどう?」って知り合いに聞かれる度に「最高です!ミャンマー人から学ぶことばかりです!」って胸張って言うんです。それは今でも変わりません。ミャンマーが大好きで、ミャンマ [続きを読む]
  • 自分たちの住まいを作っていく
  • 私が日本一時帰国中に、家の準備が少しずつ始まっているみたいです。10月までは雨安居といって、引越しや建物を建てたり、結婚などもよくないとされる時期。関連記事:雨季に家にこもる、雨安居。10月が始まってから、家を本格的に建て始めます。写真は家じゃなくて、竹で作っている一時的な簡易物置場。知り合いの大工さんはするする竹に登って、命綱なしに作業しています。 家は竹じゃなくて、今のところ木と赤レンガを主に使う [続きを読む]
  • 日本のママさんあっぱれ
  • この間、妹と娘と一緒に、ショッピングモールへお出かけしました。1歳児を連れながらのショッピングモールはバッタバタ。でも時間もあったし、妹も手伝ってくれたから娘を代わりばんこに見てなんとか過ごせました。私の実家のある町は子どもが多くて、ショッピングモールにもたくさんの子ども達。そこで、ひとりで子どもと一緒に買い物しているママがたくさんいて、すごいな!って感心しまくりでした。 平日のお昼頃、普通のサラ [続きを読む]
  • 天国へ旅立つ赤ちゃんへ
  • SNSで見かけて、思わず涙してしまいました。昨年、私の歳の離れたいとこも早産で生まれました。体重は1000gちょっとしかなく、長い間保育器に入っていました。お母さんとお父さんはどれだけ辛かっただろうな、といくら私が想像しても足りないくらいだと思います。私は娘を2600gで産んで、ちっちゃいなぁ。と思っていたのに。 もっと小さく生まれて、天国へ旅立たなければならない赤ちゃん達もいます。 佐賀県内にあるボランティア [続きを読む]
  • ミャンマーの民族問題について
  • たまたま今、仕事の都合で一時帰国中なのですが、日本でもこんなにミャンマーの問題が報道されているなんて思いませんでした。(こういうことを書かないべきなのか書くべきなのか、個人として発信する意味は何なのかとモヤモヤしていたわけですが、今思うありのままを記しておきます) 大量虐殺や民族浄化といった過激な言葉がニュースで使われていて、「ミャンマー大丈夫なの?」とよく聞かれます。多くの人がすでに知っているか [続きを読む]
  • ミャンマーの民族問題について
  • たまたま今、仕事の都合で一時帰国中なのですが、日本でもこんなにミャンマーの問題が報道されているなんて思いませんでした。(こういうことを書かないべきなのか書くべきなのか、個人として発信する意味は何なのかとモヤモヤしていたわけですが、今思うありのままを記しておきます) 大量虐殺や民族浄化といった過激な言葉がニュースで使われていて、「ミャンマー大丈夫なの?」とよく聞かれます。多くの人がすでに知っているか [続きを読む]
  • 娘と日本に一時帰国中に思うあれこれ
  • 日本に一時帰国中です! 娘は日本まで6時間のフライト中、何だかそわそわしてよく寝ていてくれましたが私は眠れませんでした。でも娘とのふたり旅は、娘があっちこっち行って体力的に負けちゃいますが笑、ニコニコニコニコしている娘と一緒にあそぶのは本当に楽しい〜!さて成田空港に着いて、高いビルが立ち並び、たくさんの人がせわしなく歩く東京の街へ。ミャンマーとは違う、久しぶりに感じる日本の空気や時間の流れに、そわ [続きを読む]
  • 日本に帰りたくない。。駄々こねる。
  • 明日、日本に帰るのですが、全然帰りたくなくて子どもみたいに駄々をこねたい気分です。笑旦那も後から日本に来るので離れているのは、たった2週間ほどですが無性にさみしくなってふたりで泣いてます。笑 お手伝いさんも「仕事がないとさみしい。娘に会えないとさみしい。」って泣いちゃうし。大家さんも名残惜しそうにずっと娘を見ててくれてる。離れてるのは、1ヶ月もないくらいなんだけどね。 近所では、日本人が一旦帰るって [続きを読む]
  • 自分の未熟さ、スタッフ一人一人に頭下げました。
  • 誰かを不快にさせてしまうのは、自分が不快を感じるよりも辛い。自分だったらお得意のポジティブと自分のリラックス方法を知っているから、自分を救うのは簡単。でも、他人は他人。 っていうのも、今朝方スタッフ一人一人に頭を下げて謝った。「申し訳なかったです。私がわるかったです。」って謝った。スタッフたちは「大丈夫だよ〜!」って笑ってくれて、ざわざわしていた心がようやく落ち着きました。 仕事ですごく疲れている [続きを読む]
  • 仏みたいな旦那の教え【ブログ記事まとめ】
  • ブログ記事まとめ、第3弾です。①人に優しく、自然に優しく、いなか暮らし【ブログ記事まとめ】②違うって素晴らしい、国際結婚。【ブログ記事まとめ】 今回は「仏みたいな旦那の教え」のまとめです。私と結婚しなかったら、出家してお坊さんになろうとしていた仏教徒の旦那。○僧侶になりたい旦那さん国籍も習慣も宗教も違う彼から教わることが、人生に大切なことを気づかせてくれます。○何があっても信じ続けること1300以上 [続きを読む]
  • マイノリティーのカミングアウト(後編)
  • 前回記事の続きです。マイノリティーのカミングアウト(前編)「俺、女の人を好きにならないんだよね。いわゆるゲイってやつなんだけど。。」女の子が女の子を好きとか、男の子が男の子を好きとか、そういう人がいるって知っていたけど、直接カミングアウトされたのはこれが初めてでした。 でも、嬉しかった。きっと勇気のいる告白だったと思う。私にはカミングアウトしても大丈夫だろうって思ってくれたか、そういうこと気にしな [続きを読む]
  • マイノリティーのカミングアウト(前編)
  • みなさんいつも優しいコメントやご意見、ありがとうございます。これからもマイペースに書いていくのでよかったらみに来てください。さて先日バンコクのレディボーイに衝撃を受けたのですが、私の感性によるブログ。今日はアイデンディティについて。私がセクシャルマイノリティーを考えるようになったのは、高校生の時です。 私は小学生、中学生の頃から集団行動が苦手でした。だから不登校になったり、いじめられたこともあるの [続きを読む]
  • 私の感性によるブログ。今日はアイデンディティについて。
  • 先日の記事で、「感性を疑う 痛い人って感じ」とコメントをいただき、一瞬だけへこみました。感性なんて他人に迷惑をかけなければ違っていいはずだし、ほぼミャンマーに住んでいるから日本のマナーをちゃんと守ろうと思って、書いているつもりでした。もし、私のブログで不快な思いをさせたらごめんなさい。もし良ければ改善点など教えていただければできるだけ気をつけていきます! ですが、私は自分の考えや体験を文字にするこ [続きを読む]
  • オーガニック野菜を〇〇で作りたい。
  • 自宅でオーガニックの野菜を作っています。庭でつくった愛おしい野菜旦那に〇〇で野菜を作ろう!と言ったところ、大反対された話です。 そしてまたトイレの話です。すみません。和式トイレのススメ 私が住んでいるミャンマー田舎の家庭のトイレはほとんど簡易水洗式便所と呼ばれる、ボットン便所がちょっとレベルアップしたものです。 "排泄物を自由落下、残存物は少量の洗浄水にて洗い流し、便槽に貯留する構造となっている。便 [続きを読む]
  • 何があっても信じ続ける、その先に。
  • 以前、何があっても信じ続けることというブログを書きました。1300以上のいいね!をいただき、たくさんのコメントやリブログをしていただき嬉しかったです! その続きというか、うちのスタッフのことをまた書きたくなりました。本当にあの時、信じることを辞めなくてよかったなぁとつくづく思うことがあったのです。 ひとりで海外にやってきて、起業して、必死で仕事していた私。 やっと見つけて雇ったミャンマー人スタッフは、 [続きを読む]
  • ママの笑顔は最強
  • 「君が笑ってるだけで幸せだよ」「君が悲しいと、僕も悲しいよ」って仏のような眼差しで、旦那が言います。関連記事:僧侶になりたい旦那さんのろけじゃなくて、いやこれがのろけって言うんですかね?幸せは幸せなのですが、今日私が書きたいのは、私が幸せだって言う話じゃなくて!家族のなかでママが笑顔で幸せなら、家族も幸せっていうことです。 旦那がそういう風に言っていて、「ママである私がご機嫌でニコニコしているっ [続きを読む]
  • ミャンマーのお役所仕事
  • 最近、ミャンマーで有機農業を広めるために奮闘しています!有機肥料の販売ライセンスや諸々で、ヤンゴンの役所に行くことが多いのですが… 前から知っていたけど、とってもめんどう〜!笑日本の区役所は、行くのは面倒でも行ったら結構スムーズに手続きできるようになった気がします。 しかし、ミャンマー。役所に行っても、まず「わかる人がいないからまた明日来て」って言われるのが普通!一回じゃ自分のやりたいことを終わら [続きを読む]
  • 公共の場で授乳はNGですか?
  • 1歳3ヶ月の娘に、まだ授乳しています。「まだおっぱい飲んでるの?」と言われそうですが、 卒乳(乳離れ)の世界平均は、なんと4歳2ヶ月。 WHOとユニセフが公表している卒乳の世界平均だそう。以前紹介した、西原式育児でも2歳までは母乳を強くすすめています。関連記事:離乳食は1歳半を過ぎてから?子育てのウソホント?子どものイヤイヤ期はなぜ?子育てのウソホント? 私も、娘が自分から離れていくまで授乳したいなぁ [続きを読む]
  • 人のよくないところ、自分のよくないところ
  • ミャンマーの話ではないんですけど、仕事をしていると、ママ友のやりとりを見ていると、人のことをわるく言う人がいるんですよね。SNSこそ思いやりが必要じゃないかということは、以前記事にも書いたのですが☆顔が見えないからこそ思いやりを そういう話を聞いたり、見たりすると、人の悪口を言ったり、人をバカにする資格は誰にもないよ。と本気で思う。(私もそういう上司がいて、苦手だなぁとか思っちゃったのですが。。) [続きを読む]
  • 傷だらけのミャンマー旦那
  • 私の住む田舎町には野良犬がたくさんいて、家の周りにも野良犬がたくさんいます。普段は噛みついたりしないのだけど、昨日、噛まれそうになりました。 震えるほど怖かった!それは旦那の帰りが遅くなった夜。娘とふたりきり。ベッドの上で、娘とゴロゴロじゃれあってました。笑 するとドアの音が。え?旦那さん?思ったより早いな。娘をベッドに残し、恐る恐る玄関付近をのぞいてみると…犬がドア開けて入ってきてるーーー!!! [続きを読む]
  • 学校に行きたくなかったら。
  • インターネットでたまたま、不登校についての記事を見ました。そういえば今、日本は夏休みですね。もうすぐ夏休みが明けて、学校が始まりますね。 ミャンマーでは、家庭の事情などで学校に行けない子ども達も少なくありません。学校に行きたいのに、行けない。 でも、日本では死ぬほど学校に行きたくない子ども達がいることも事実。 “このたび、内閣府の発表により、「18歳以下の子どもの自殺がもっとも多かった日」が明らかにな [続きを読む]
  • 尽くしすぎミャンマー人
  • 出張で、ミャンマー最大都市のヤンゴンのホテルに3泊しました。1泊4000円程度で、ヤンゴンなら中の下くらいのホテル。 そこが、至れり尽くせりで、ミャンマー人のサービス精神におそれいった!日本でも「お客様は神様!」のおもてなし精神があって、ホテルや飲食店でのサービスのレベルは高いと思います。 ですが、私がいつもすごいなぁと思うのは、ミャンマー人の「自然な」優しさ。ホテル業というビジネスだけど、人の優しさを [続きを読む]
  • 優しい青空美容室
  • 時々、私たちの仕事の見学に来られる方がいて、案内することがあります。先日いらっしゃったのは、小学校の先生。ミャンマーの学校や授業の様子も見たいと言うことだったので、家の近くにある、孤児院が併設されている小学校の見学に行きました。 そこで、またミャンマーらしい光景に出会ったのです。 ここの学校に通う子ども達は、親がいないか経済的に厳しい家庭の子ども達で、学校のそばにある寮で暮らしています。みんな元気 [続きを読む]
  • 実は日本人ですって言えない。笑
  • 今、仕事とビザの用事で、ミャンマー最大都市ヤンゴンに来ています。 海外移住3年目、ミャンマーに住んでいる私の地味な悩みがあるんです。 私たちが住むインレー湖でもそうなのですが、ヤンゴンに行く時、帰る時。必ず観光客と出会います。空港に観光客がたくさんいるのは当たり前なのですが。私の悩みとは…観光客の方々に、私と娘の写真をよく撮られるのです。それはただ、娘がカワイイからだけでなく…完全にミャンマー人(現 [続きを読む]