カプラス! さん プロフィール

  •  
カプラス!さん: I.I.F. WeekEnd Blog 株+
ハンドル名カプラス! さん
ブログタイトルI.I.F. WeekEnd Blog 株+
ブログURLhttps://investgtsr.blogspot.jp/
サイト紹介文株式やFX、金や銀投資など貴金属、デイトレなどなど、総合的に投資してるI.I.F.の公式ブログです。
自由文基本的に土曜日を中心に、毎日更新しています。
日曜日はリクエスト系にお答えするので、気軽にご質問ください。
平日はそこそこ役立つ雑多な話をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 69日(平均9.5回/週) - 参加 2017/02/04 10:26

カプラス! さんのブログ記事

  • 関税0%でもアメリカが日本に不満な理由
  • 知っている人は知っていると思いますが、アメリカは自動車へは2.5%しか関税をかけていません。これはEUの10%や中国の25%を考えると非常に低い数値で、自動車を生産できる所でこれより低い関税をかけている国はごく僅かです。当然ながらこれだけ関税が低いと色んな国がアメリカを狙ってくるわけで、トランプ大統領が貿易不均衡を訴えるのも仕方のないことでしょう。しかし、このアメリカよりも関税が低い国があり、一つはシンガポー [続きを読む]
  • 北朝鮮より10倍ヤバいメランション氏
  • 市場は相変わらずよく分からない動きが続いていますが、米国債が原因であるということ以外に、欧州勢が原因ということも分かってきました。欧州系のヘッジファンドなどの大口投資機関がアメリカ国債を買ったり、日本株や日本円を手仕舞いしてきているようです。それに比べると日本やアメリカの方は、シリアや北朝鮮というまさに爆弾級の案件があるにも関わらず、むしろ買いが厚いという状況です。じゃあ欧州で一体何が起こっている [続きを読む]
  • ビットコイン投資は現状でアリか?
  • 日本でも7月からビットコインの取引の消費税が非課税になるそうですね。非課税であって「不」課税でないのはミソですが、消費税がかからないのは一緒です。ついでにビットコインへの投資が現状でアリかナシかについてですが、現状だと取り扱いの出来るサービスが少なすぎてナシですね。一般的なFX銘柄と同じようにFXできるようになれば話は別ですが、現状だとデータが少なすぎてリスクの程度を計算できないのもアウトですね。判断 [続きを読む]
  • 後ろ向き思考人間ほど投資すべき理由
  • 前向き思考やポジティブシンキングといった性格は、世間一般では好ましいとされていますが、投資の世界ではあまり好ましいものではありません。何故ならば、投資というもの自体が後ろ向き思考一直線で成り立っているからです。投資においては「現在価値」という言葉が重要な意味を持ちます。計算式うんぬんもありますが、ざっくばらんに言えば、「今ある100万円と10年後の100万円では価値が違う」ということです。現金では [続きを読む]
  • もしトヨタ株を1億円分もらったら
  • 例えばトヨタ株1億円分を誰から貰ったと仮定します。贈与税等は考慮せず、純粋に運用だけの話で考えてください。その場合どうすればいいか、まずは半年かけて全株を売り飛ばします。1株も残す必要はありません。理由としては、偏ったポートフォリオは危険だからです。全て同じ銘柄の株で持っていては、売るタイミングを見つけることは至難の業ですし、上場廃止や倒産のリスクもバカにできません。一旦は全て現金化し、しかるべき [続きを読む]
  • 「個人向け国債」は個人向けではない
  • 勘違いしがちですが、「個人向け国債」というものは、個人しか買えない、あるいは個人に買ってほしいというだけで、金融商品としては全く個人向けではありません。まず、1年経過するまでは原則として売却(解約)できないのが致命的です。このような拘束期間は定期預金などでもあることですが、法人などに比べて資金が少なめな個人にとっては1年というのは長すぎです。さらに金利は変動10年タイプでも0.05%が保証されていますが [続きを読む]
  • 習近平を人質に取られた憐れな習近平
  • 一昨日の記事で「もしトランプが習近平をぶん殴ったら」…という話をしましたが、事実は小説より奇なりといった感じで、現実はもっと面白いことになりました。習近平の前でミサイルの発射ボタンを押すなんて、誰も予想できなかったことでしょう。まあ実際に目の前でボタンを押したわけではありませんが、似たようなものです。さすがに国家主席がアメリカにいる状況では、中国もいつものビッグマウスは叩けず、借りてきた猫のような [続きを読む]
  • 中国が原因か?安易なショートメイクは危険!
  • 分かる人には分かると思いますが、株と為替の動きがかなーりおかしいです。トランプ・リスクだのAbexitだのそれっぽい理由は色々ありますが、どれも規模がおかしかったり、時期がズレてたりで、なかなかスッキリする理由がありません。まあ原因が分からなくても、どこがおかしいかくらいは分かります。私の見立てではアメリカの長期金利(10年国債利回り)が変な動きをしています。思い返せばトランプ相場も急な金利の上昇から始ま [続きを読む]
  • もしトランプが習近平をぶん殴ったら
  • 今週の6-7日にトランプ政権で初めての米中首脳会談があるということで、市場はいつもの手控えムードといった感じです。会談自体はただの顔合わせ程度で込み入った話はしないと予想されています。ともあれ、投資家としては常に最悪の事態を想定していなければいけません。トランプ大統領の会談で一番気をつけなければいけないのは破談リスクです。オーストラリアのターンブル首相との電話会談を切ったり、メルケル首相との握手を拒 [続きを読む]
  • テレビや新聞は簡易メディアなので見なくても良い
  • 特に、新社会人の人は「新聞を読め」だとか「テレビをチェックしとけ」だとか、言われがちな季節になりましたが、テレビや新聞にはある重大な欠点があります。それは「文字数や放送時間が制限されていること」です。「えっ?そんなの当たり前でしょ?」と思った方はだいぶテレビや新聞に毒されてます。例えば書籍なんかの場合は、値段や区切りの関係で制限されることはありますが、(一)(ニ)といったようにナンバリングを付けて [続きを読む]
  • 亜流バフェット式投資術講座 第1回 + 今月の運用実績
  • バフェット流投資術と言えば個人投資家には、なかなか人気の言葉で、解説しているサイトや紹介しているブログはかなり多くありますね。ただバフェットの投資はアメリカ株しか購入しないので、実は日本株でやろうとすると国の違いで問題が発生します。バフェット流で成功している方のブログでも、その点は以外とスルーされていたりします。このコーナーではバフェット式はバフェット式でもその辺りをピックアップして解説していきま [続きを読む]
  • ◯◯スポーツやスポーツ◯◯に誤報が多い理由
  • "◯◯スポーツやスポーツ◯◯に誤報が多い理由"今日は諸事情によりちょっと短めです。別に特定のメディアを叩くわけではないのですが、◯◯スポーツやらスポーツ◯◯というような名前のメディアは、誤報や飛ばし記事が非常に多いです。いわゆる大手新聞社よりも規模が小さいから…とも言われますが、それだと人数が同じ程度の地方の新聞社も同じくらい間違いが多くないといけないわけで、感触としてとてもそうとは思えないのでこの [続きを読む]
  • あなたが貯蓄できない理由
  • 初詣に行くだけなのに20万円持っていく人はいますか?しかし、熊手を買う為ならば20万円持っていく人もいるでしょう。両者の行為に大した違いはありませんが、前者は愚者と罵られ後者は意気と呼ばれます。あなたが貯蓄できないのは、貯蓄したところで「使い道が無い」からです。はっきりした使い道も無いのに貯蓄する行為は、上に挙げた初詣に数十万円持っていく行為と同じです。仮に何らかの犯罪で失ったとしても自業自得と言われ [続きを読む]
  • 50%の確率で3倍になるギャンブルはするべきか?
  • 答えは"△"です。基本としてはするべきですが、全額ベットすべきではないという意味です。50%の確率で3倍または0になるギャンブルを考えると、まず所持金0円になることは絶対に避けるべきです。この控除率-50%のとても美味しいギャンブルに参加できなくなるためです。所持金0になることを避ける最も簡単な方法は「全額賭けないこと」です。これならば仮に16連続で負けたとしても所持金0円にはなりません。(ちなみに16連 [続きを読む]
  • 1円に執着するのは病気
  • 株の話ではありません、一般的な話です。考えてもみてください、数千万円の家や数億の土地ならば、再入手のしづらさや希少性などで確かに悩む余地はありますが、それでもある程度妥協した価格で購入or売却することになります。それに引き換え、肉や野菜の数円数十円はいくらでも替えが効く上に、そもそも買わなければいいだけの話です。ましてや1円など取るに足らない価値しかありません。「1円を笑う者は1円に泣く」という言葉 [続きを読む]
  • もし世界が100人の投資家だったら!
  • ーーー1日目ーーー投資家100人全員が食料確保の為に開拓を考える。労働を担保にした穀物先物市場が発生。この日は全員野宿。ーーー2日目ーーー全員の資本が集中したことにより穀物先物市場が暴騰。これにより100人のうち1割の10人が大儲けし、事業として農場経営を開始。残る90人は負け組となり、残り10人の農場に従業員として雇われる。この日も全員野宿。ーーー3日目ーーー農場間での従業員の奪い合いが激化。3 [続きを読む]
  • "Googleニュースを活用して投資情報を得よう!" OPA vo.17
  • 投資における合法的な情報を調べるには、Googleニュースを活用するのが最も効率的です。ブルームバーグや日本経済新聞の他、地方の○○新聞や公売情報まで、大小含めて様々な情報を入手することが出来ます。ただし、一般的な情報を調べる上で気をつけることがあります。大体のところはいいのですが、一部明らかに格落ちする情報源があるためです。日刊ゲンダイ、東洋経済新聞、あとはニフティニュースなどは、比較してもらえば分か [続きを読む]
  • 株で成功したいなら東京、FXで成功したいなら海外
  • 東京で消耗するより田舎へ…とおっしゃる方もいるようですが、基本的に株で成功したいなら東京に住むのが一番です。銘柄による部分もありますが、札幌証券取引所専門の株式投資家の方を知らないので、ほぼ東京で間違いないでしょう。株というのは情報が全てです。そして情報というのは人から伝わります。地方で東証の上場株を買ったとしても、地方では株仲間がおらず、一人で悶々と数字とにらめっこするハメになる(実話)ので、向 [続きを読む]
  • 認定こども園"EU"と迷走するロンドンの後釜
  • 先日、劣悪な環境により初の取り消しとなった認定こども園のニュースがありましたが、同じようなことを国単位でやってしまっている組織があります。それが"EU(欧州連合)"です。加盟国という園児が財政緊縮という給食カットによる低成長と栄養失調に苦しむ中、欲に走って外からさらに難民という園児を規定以上に流入した結果、10分の1の園児(イギリス)は退園し、こども園自体も認定取消(EU崩壊)の危機にあります。上の場合と [続きを読む]
  • 池上彰の情報源はネット!?盗用の可能性も!
  • そうかもしれないし、そうでなくてはならないのがこの問題。ネットから情報を得る上での問題点というとは、"正確性"ではありません。何故ならば、他のメディア(新聞やテレビ)も現代ではネット上に情報を上げているためです。もはやインターネットにわざわざ情報を上げないメディアは無く、国会議員のスキャンダルから地方の公共工事の入札情報まで大小様々なニュースがネット上で調べられます。特に新聞の社説などは、同じ社説で [続きを読む]
  • スコットランドの独立は前回より望み薄
  • イギリス全体のEU離脱のための明確な動きに合わせて、スコットランド自治政府も独立に向けた動きを見せているようですが、仮に2度目の住民投票を行ったとしても、前回よりも厳しい結果が予想されます。その一番の理由はイングランドから独立した場合のEUとの関係の不安定さです。EU規定では、域内で新たに独立国が発生した場合、EU加盟国とは見なさないという、明確な規定があるために、イギリスから離脱してもEUに残れないことに [続きを読む]
  • "気配値の読み取り方について" OPA vol.16
  • 新米投資家へのワンポイントアドバイス!『気配値の見方について』株価の過去の動きはチャートを見れば分かりますが、チャートでは今現在の株の需要を見ることは出来ません。そのため、チャートとは別に気配値という表が存在します。気配値は別名:板とも呼ばれ、株においては結構な重要ワードです。「板寄せ」だの「見せ板」だの関連は色々とありますが、まずはその"板"の見方からです。証券会社によってレイアウトは多少違います [続きを読む]
  • ゴシップを通り越してオカルトと化した籠池発言とその信者
  • 政治ブログじゃないんで、普段は政治ネタは書かないんですが、あまりに面白い状況なので書きます。政治ネタとゴシップ記事は相性?が良く、週刊文春などに代表されるゴシップ雑誌は、一般新聞なんか目じゃないくらいに政治の話を載せまくっています。(もちろん内容の精度には差がありますが)籠池関連なんてまさに政治とゴシップネタが融合した理想の飯のタネなので、底辺雑誌のみならず、新聞やテレビが食いつくのも無理はないよ [続きを読む]