神無月 さん プロフィール

  •  
神無月さん: 窓の外には・・・
ハンドル名神無月 さん
ブログタイトル窓の外には・・・
ブログURLhttp://ameblo.jp/miracle-will-happen/
サイト紹介文間質性肺炎になった夫と共に闘病生活をより豊かに、 穏やかに暮らす為に模索中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 47日(平均3.3回/週) - 参加 2017/02/04 12:12

神無月 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ええーーっ!!メンソレータム?
  • 昨日は昼過ぎから雨が降り、風も静かだった神無月地方、花粉症による目の痒みも頭痛も和らぎ過ごしやすい一日だった♪っで、何時もだったら目が痒みと涙でしょぼしょぼしちゃうからPCを使うのも1時間程度なのだが、ブログを書いた後、「花粉症・目の痒み」でネット検索していたら・・・ 辛い花粉症 目薬要らずで目の痒みを和らげる方法。ってサイトが有ったので覗いてみると ・アロマオイルを使う。          [続きを読む]
  • 何とかしたい目の痒みと頭痛。
  • 今年も又、2月の中旬頃から花粉症の症状が出てきた。私の場合、最も酷い症状は目の痒みとそれに伴う充血、そして頭痛と肩こり、鼻づまり。くしゃみ、鼻水も当然あるが、それは偶に現れるだけで毎日ではない。くしゃみが出る時は連発して出る、その後鼻水がドバーって感じ。 なのでこの時期、外出はしたくない。それでも外出の必要がある時はそんな事も言ってられず出掛けるのだが、帰宅してからが大変だ。  半端ない目の痒 [続きを読む]
  • ⑪2台目のパルスオキシメーター。
  • 在宅酸素療法患者である夫にとってパルスオキシメーターは動作時の酸素吸入量を決める目安にしたり状態の悪化等を知るうえで大事な測定器だ。2回の入退院を繰り返し、在宅酸素療法患者となった夫は、退院後、パルスオキシメーターが欲しい。というので私はネットで購入した。↓の左、「 PULSOX-1 コニカミノルタ」指をフィンガーホルダーに入れて測定するタイプだ。 っが・・・夫は右の歩行時測定に便利な [続きを読む]
  • 咲いてくれるだけで嬉しい!♪
  • 2013年の春に購入した君子蘭、今年も花が咲きました。根元から子株が2株出て、そのまま放ってあるから養分を摂られ花芽は付かないかも?と、思っていたので嬉しい♪(;≧∇≦) =3 ホッでも・・・何故か花茎があまり伸びず葉からやっと首を出し、何だか苦し気に見えるでしょ。(´・艸・`;)ぁぁぁ花の塊を見ると、花が何本か折れた後が有る。いつ折れたのだろう?(*´д`)?? そして、一昨年姉に貰ったアンスリウム [続きを読む]
  • お部屋で再生栽培。
  • 先日買ったクレソン1束、料理に使った後、折った茎を捨てずに再生栽培してみた。 何時もは①瓶に水を入れ、挿して置く。②土に挿して置く。のどちらかの方法でしか試した事はないが、①の場合は新芽は早く伸びるものの、水を変えても根腐りし易い。②の場合は結構長生きしてくれたけど、うっかり水を忘れて枯らした。 クレソンは川や湿地に生息するから・・・やっぱり水耕栽培の方が良いかも。でも、茎が腐り易いから・ [続きを読む]
  • 嬉しくも有り、切なくも有り。
  • 夫は音楽が好きで、若い頃バンドを組んでいた。ハワイアンバンドの頃はスチールギター担当。エレキバンドの頃はドラム担当。どちらも楽器が大きいので、老後には持ち歩きが楽で何時でも何処でも楽しめる楽器を習おうかな。と・・・ 夫はハーモニカが良い。と言っていたが、私がオカリナも良いんじゃない。と提案すると「オカリナ奏者・宗次郎」のCDを図書館から借り、何曲も聴いてオカリナを習い始めた。 病気発症後、Dr [続きを読む]
  • 春一番と体調不良。
  • 今日は特定検診とがん検診を受けてきました。(夫は外来時のレントゲンと血液検査で十分だと受けてません。) 9時半受付で終わったのは12時チョイ過ぎ。心電図と腹部エコー検査の待ち時間が長〜〜い!!疲れました。 春一番が吹いた後、体調不良が続いています。軽い眩暈だったり頭痛、怠さで色々やる気が起こらないのです。なので、今回の検診結果が少し心配です。 あっ、でもよくよく考えてみたら、毎年春は調子 [続きを読む]
  • 免疫力を高める為の我が家の作り置き食品。
  • 免疫力を高める為にも栄養の有るものをしっかり摂って下さい。と、退院後、夫は主治医に言われていた。 私は夫の免疫力を少しでも上げる為、否、これ以上下げない為に続けられることは無いか?考えてみた。 免疫力とは、体内に入ったウィルスや細菌等から自分自身の体を守る力。 免疫細胞が体の異常を防いでくれている。その免疫細胞の7割は「腸」でつくられ、3割は「心」でつくられる。「心」というのは自律神経の [続きを読む]
  • ⑩夫の布団はやっとこ制菌防ダニの医療用掛け布団にかわった。
  • 間質性肺炎患者の生活での注意点として医師より言われたことは・・・ ・過労・睡眠不足など体への負担を減らすような生活を心がける事。・過食・体重増加は呼吸困難が増強する可能性があるので適正体重を保つこと。・逆に体重が減少すると経過が不良となるので栄養のあるバランスの取れた 食事で体重を維持すること。・感染予防の為、外出時のマスク着用や手洗い・うがいの励行をすること。等と合わせ、生活上での粉塵(埃)や [続きを読む]
  • 桜香に包まれて・・・。
  • 今日は浜松の奥座敷(浜松市北区滝沢町)に河津桜を見に行きました。 さくら祭りの開催日は日時:3月4日(土曜日)、5日(日曜日) 少雨決行両日共、午前10時から午後3時まで地元地域農産物販売、焼きそば、焼き鳥、五平餅などの販売。更に甘酒の無料サービス(限定)が有るそうですよ。お近くの方は是非お出かけしてみては如何ですか。(*^▽^*) 桜の花は丁度見頃の8部咲きでとっても綺麗でした。ヾ(o´∀`o)ノワァ [続きを読む]
  • ⑨主治医のT先生が転勤されるが・・・。
  • 一昨日は夫の通院日でした。 最近では5週間毎の通院となりました。2度目の入院以降主治医となったT先生が3月を以って名古屋の病院に転院されるのでT先生の診察は今回が最後だそうです。 気になる診察結果は・・・レントゲンで見る限りは変化なし。 血液検査の気になる数値は・・・ここ半年間検査日・・・20160909・・・20161014・・・2016111・・・*20161216・・・20170120・・・20170224KL−6・・・944.6・・・ [続きを読む]
  • 予定変更、動物病院へGo。
  • 昨日は夫の通院日でした。 最近では病院の駐車場がめちゃ混みなので行きはタクシーを利用し、帰りは私が車で迎えに行き、丁度時間的に昼頃になるのでランチして帰宅するのが常となっています。 昨日もそのつもりで出掛ける準備をしていると、飼い犬の舞ちゃんが狂う様に脇腹を掻き毟っていて、その勢いに心配になり脇腹をみたら・・・え━━━(゚o゚〃)━━━!!!掻き毟った範囲もさることながら、皮膚が真っ赤に炎症を起こ [続きを読む]
  • ⑧酸素ボンベの事。
  • 在宅酸素療法取り入れが決まり退院10日前頃に酸素の業者さんが説明に来るので○日○時に病院に来て下さい。と言われ、指定された日時に病室で待っていると、在宅医療用酸素濃縮装置と、携帯用酸素ボンベを抱えて現れた二人の名刺には帝人ファーマ株式会社の社名が有った。 彼等は自宅に据え置く在宅医療用酸素濃縮装置並びに携帯用酸素ボンベの取り扱い説明をし、携帯用酸素ボンベは置いていきますので今日から使ってくださ [続きを読む]
  • 食事会に招かれて・・・
  • 日曜日の夕食は家族でお食事会をやるから来てね。と、甥から招かれ、行ってきました。 私の姉家族、甥家族、姪家族そして私と夫の11名が集い、甥の嫁が用意してくれたタイ料理を美味しく頂きました。 主食はタイカレーなのに皆、↓の料理ばかり食べて・・・(エビフライ、焼き肉、パパイヤサラダ、根菜の煮物、タイ焼きそば、海鮮と野菜とナッツを炒めてナンプラー等で味付けしたもの。)お腹いっぱい!! [続きを読む]
  • ⑦二度目の退院後・・・そして病気への覚悟。
  • 退院後は・・・・シンクロファミドを4週間毎に一泊二日の入院で点滴投与2回。・在宅酸素療法・内服薬は 2015              2016                            入院中→  退院時→   1/29→     2/26 →    3/24→ 2017現在ブレドニン 30mg/日 20mg/日  17.5mg/日  15mg/日   12.5mg/日ダイフェン  1錠/日ネオーラル 50m [続きを読む]
  • ⑥夫は身体障害者3級となった。
  • 再入院してからは・・・ ・パルス療法(メチルプレゾニゾロン点滴3日間を3回。・シンクロファミド点滴を1回。・ステロイド内服30mg/日)・感染症予防として ダイフェン・胃潰瘍予防として ランソプラゾール・骨粗鬆症予防薬としてボナロン・不眠剤 等の治療を受け、入院3日目からは酸素療法も加わった。その後、肺気胸(左右)にもなった。 状態は再入院以降、更に怠さと息苦しさが増し、トイレの回数も増 [続きを読む]
  • ⑤急性増悪による再入院。
  • 11月4日、夫は呼吸リハを受ける為に1週間の入院予定で病院に行った。 なのに、夫からの電話で「又1ヶ月以上入院しなきゃいけなくなった。」と告げられた。自分の中で今の夫の状態は悪くなっている。と、確信していたので「やっぱりな。」という思いと、患者の言葉をきちんと受け止め、対応しない主治医の態度に改めて腹が立った。 主治医だったK医師はまだ4年目で経験も少なく、二言目には上の先生に相談して・・ [続きを読む]
  • ④退院、そして5ヶ月後に再入院。
  • 退院後の夫は入院前のそれとは違い体力の衰えは激しく、 ちょっとした荷物も持てない。歩くと足元がふらふらする。 まるで全身の筋肉が落ちてしまったのでは?と思える程の状態でした。6〜7kg減った体重は夫を一回り小さく見せていましたが、副作用で浮腫んだ顔は知らない人が見たら太った?と、感じさせるようです。 自宅に戻ってからはベッドで過ごす様な事は無かったものの、自らお散歩にも出かける気になる [続きを読む]
  • ③入院中の事。
  • 入院中の夫はトイレが近くなり、夜も眠れない。と嘆いていた。 食欲は有るのに体重は落ち、入院時61.5kg有った体重も退院時には55kgになっていた。 私は薬による血糖値上昇が少しでも抑えられるのでは?と、モズク酢や酢玉ねぎを作り、果物はリンゴ2切れと着替えをもって毎日病院に通った。 病院食は栄養配分も考えられているのだから余分なものは食べない方が良いのかもしれないが、体重はどんどん減っ [続きを読む]
  • ②入院45日間
  • 初診の翌日、入院のための荷物を持ち、夫に付き添い病院へ。その日から4日間、、夫は更に詳しい検査を受けた。間質性肺炎だが、その原因は?夫は6か月前の人間ドックでは、肺に異常なしの診断を受けていたので突発性なのか?でも、血液検査の中で膠原病に関する数値が少し高かった為、膠原病の検査も行われた。その検査はかなりきつかったようで、入院数日の内に夫の体力は目に見えて劣ろえていった。結局、膠原病は今のところ発 [続きを読む]
  • ①2015年4月25日、その日・・・。
  • 2015年4月25日、この日は忘れることが出来ない日となった。この日、私はボタニカルアート展を見に出掛け、夫は総合病院に検査の為出掛けた。夫は近所のクリニックで風邪の診断を受け、薬を飲んでいたが、1ヶ月以上続く咳は絶対風邪なんかじゃ無い筈、、総合病院で検査して貰った方が良いよ。と夫に言って紹介状を書いて貰い、総合病院へ検査を受けに出かけたのだった。お昼頃までかかるだろうからと、待ち合わせて外食を約 [続きを読む]
  • 初めまして・・・
  • 初めまして、神無月と申します。2015年4月、夫が間質性肺炎と告知されました。私にとって聞き覚えの無いその病名を、すぐさまネットで検索すると、受け入れ不能な言葉の数々、心臓は高鳴り、頭の中は真っ白な状態でした。どうしたらよいのか?も分からずまま、Drの言われるまま、気持ちが病気を受け入れることが出来ぬまま、まもなく2年を向かえようとしています。もう、何時までもうじゃうじゃしていてはいけない!!しっか [続きを読む]
  • 過去の記事 …