chintamani さん プロフィール

  •  
chintamaniさん: 願いが叶う黄金の如意宝珠を探して!
ハンドル名chintamani さん
ブログタイトル願いが叶う黄金の如意宝珠を探して!
ブログURLhttps://ameblo.jp/chintamani/
サイト紹介文原因不明の病で死んでしまうのではないかという体験から治癒のためのお薬の紹介をしていきます。
自由文3年前に原因不明の病に冒され、このまま死んでしまうのではないかという体験をしました。今に至るまでの私の経験から学んだことを赤裸々に綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 235日(平均2.7回/週) - 参加 2017/02/04 13:48

chintamani さんのブログ記事

  • ”塩分不足で○○が腐る?人間も同じ”+コメ
  • こんにちは、チンター マニです。 塩は天然の防腐剤ですね。 塩を控えて腐ったものを食べるのか。 塩を上手に使って、 食材の旨味を引き出して、 良い塩梅のお料理を食べるのか、2択ですね。 塩分が少ない環境をもっとも好むのは 細菌やバクテリアと水虫をはじめとしたカビ、真菌群。 塩分控えめで脳にカビ(カンジダ)が生えたら、 カンジタ菌自体を取り除く困難さにプラスして 脳に抗菌剤、滅菌剤を入れるのに 血液脳関門の障 [続きを読む]
  • ガンがはびこるわけ、そしてミラクル
  • こんにちは、にょいほうじゅ、です。前回の続きを書こうとしていますがその前に過去のことを再び書くことにしました。私は、母と父を癌で亡くしましたのでそのときからずっと、ミラクリッドのことを考えていました。最初は、母の子宮がんのときに、子宮が悪性腫瘍で完全にふさがれてしまっていましたので子宮を取り除くしか手がなかった状態でした。子宮を取り除いたあとは、抗がん剤を行なうという予定になっていました。そこで [続きを読む]
  • ミラクリッド(ウリナスタチン)の効果
  • こんにちは、チンター マニです。 ちょっと、前回の記事は はめをはずしすぎたかな と反省しています。 私は、前々回、炎症と免疫の関係という記事で炎症と免疫の関係 炎症を改善することで免疫を回復できる可能性について 指摘できたと思っています。 また、癌による腫瘍等も炎症反応と考えると 炎症を改善すれば腫瘍も、もしかしたら 小さくなるのではないかと 仮定しました。 この仮定は、大したことがないように 思えるかもし [続きを読む]
  • Dr.STAP! みぞれちゃん(素案)
  • こんにちは、如意宝珠を知らないか?です。 仕事が忙しくて、更新があいてしまいました。 昨日の台風は凄かったですね。 さすが、18号(6+6+6号)です。 私は、今年、2017年、2つの目標を立てていました。 1.如意宝珠をこの手にいれること 2.物語を一つ書こうと思っていました。 物語は、パロディを考えていて 画期的な論文を発表して一躍脚光を浴びた 天才美人科学者、リケ女の星! ドクター Mizore O が主人公 [続きを読む]
  • 炎症と免疫の関係
  • こんにちは、如意宝珠を見つけよ、さすれば、 願いが叶う道は拓けるのです、です。 最近、気付いたこと、 アルファベットの「K」 は、 11番目の文字なんですね。(Kは圭や圭与に通じるのかな) 11は、ソロモン神殿の「ヤキン・ボアズ」を 意味するそうです。 ヤキン・ボアズとは何かというと 安定を意味するみたいで、 あのときの11はツインタワーを意味していたようですが なぜ、やつらが、11に拘るのかは、 まだ正しく理 [続きを読む]
  • イタリア国内でマラリア感染
  • こんにちは、チンター マニです。 怖いニュースが矢継ぎ早に出てきますね。 「イタリア国内でマラリア感染? 4歳少女死亡で医療界は当惑」 当惑している暇があったら マラリアと診断する前に抗生物質を投与してほしかったですね。 そうすれば、命は助かったかも。 マラリア (Wikiより)(麻剌利亜、「悪い空気」という意味の古いイタリア語: mal aria 、ドイツ語: Malaria、英語: malaria)は、熱帯から亜熱帯に広く分布する原 [続きを読む]
  • ”ファブリーズの毒性”
  • こんにちは、にょいほうじゅを探して、そして奴らを早く倒して、です。 タバコより危険な物質を発見したので リブログしました。 「ファブリーズは、CMで『トウモロコシ由来消臭成分』配合と謳っていますが、実際に除菌作用をしているのは、天然成分ではなく、化学物質です。」ファブリーズには、 第四級アンモニウム塩が含まれていて 経口致死量は1〜3グラム。 まさに猛毒なのです/煙草は、 ナス科タバコ属の熱帯地方原産の [続きを読む]
  • ”宮崎県 マダニの、注意喚起の為に”+コメ
  • こんにちは、如意宝珠です。 恐ろしいニュースがあったのでリブログ。 ちなみにマダニは、人間に取り付いたら 体の目立たないところに移動します。 だから、みつからないのです。 おそらく、テーブルに座っていたいた人に 取り付いたと思うのですが。 みつからない理由は 髪の中に もぐりこんだからだと思います。 人間に取り付いているとしたら 部屋をいくら燻蒸処理しても無駄です。 ちなみにSFTS(重症熱性血小板減少症候群) [続きを読む]
  • インフルエンザのような症状 その2
  • こんにちは、如意宝珠をさがして、です。 昨日の夜までものすごい頭痛で ものすごく苦しくて 寝ることもできなければ 起きることも出来ない状態、 頭痛が痛すぎて、吐き気も もよおすほどだったのですが、 結局、インフルエンザライクの症状から 今は脱してます。 それは、病院で正しいお薬の処方を得たからです。 やはり、良く勉強している臨床医のところには ちまたで流行っている病気に対する 症状や対症療法的お薬の情報が 揃 [続きを読む]
  • インフルエンザのような症状
  • こんにちは、シンターマーニーです。 更新が相当、あいてしまいました。 先週、突然、会社で仕事をしていると 背中がぞくぞくしてきました。 なんだろうなーと思ったんですが 念のため、バンランコンを投入。 風邪にバンランコン(板藍根) しかし、翌日朝には、 鼻水が止まらない、止まらない その日、1日は、 滝のような鼻水をティッシュでふきながら なんとか耐えましたが。 翌日には、滝のような鼻水+発熱37度5分+頭痛 [続きを読む]
  • ノニジュースのイリドイドの効果
  • こんにちは 黄金の如意宝珠を探して、です。 夏バテで更新をサボってしまいました。 前回の投稿から、 いろんなことが頭をかけめぐって成人T細胞白血病(ATL)の謎 の補足も書きたかったり、 朱郷 慶彦と検索すると、 死亡と検索候補がでる 小説家、朱郷 慶彦氏のブログについて などなど、 書きたいことが山ほどあったんですが 今は、さくっと白紙の状態。 書けないじゃん。 と思ったのですが、 やはり、朱郷 慶彦氏が気になった [続きを読む]
  • ”この世は幻影” + Fata Morgana
  • こんにちは、にょいほうじゅをさがして、です。 大いなる空への案内人 大空さまの 「この世は幻影」のエピソードが秀逸でしたので リブログさせていただきました。 私はコメントにも有るとおり、 映画マトリックスの有名なシーン「There is no spoon(スプーンなんてない)」を思い出しました。救世主候補者が集う中、1人の子ども(Spoon boy)が、主人公のネオに「スプーンなんて本当はないんだよ」という、たった一言の真実の [続きを読む]
  • 成人T細胞白血病(ATL)の謎
  • こんにちは、願いが叶う如意宝珠を探して、です。 昨日の都内はものすごい大雨で すごかったです。 空はフラッシュをたき続けたように ずっと雷が光っていました。 自然の力は偉大ですね。 さて、今日は、ATLについて書きたいと思いました。 私は以前から、このATLという病気は 免疫不全と大いに関係していることから 気になっていました。 私は以前、免疫不全になる原因として 細菌感染について書いたかと思います。 免疫システ [続きを読む]
  • ”日本はなぜ技術が流出したのか?”
  • こんにちは、にょいほうじゅを信じますか、です。 karajanopoulos1908さまが、 とても良い記事をあげておりましたので リブログさせて頂きました。 私も、以前は最先端企業で、 ロボットビジョン技術、宇宙工学、通信技術、 人工知能研究等をやっていましたが、 まさに技術者冷遇の時代の真っ只中、 もう、研究開発、設計職には二度とつくまいと 決意して、今は事務職で、 兼務でコンピュータのサポート。 製造業の研究開発職より [続きを読む]
  • ”意識と身体を分断するハサミ”+思い込みと刷り込み
  • こんにちは、シンター マーニーです。 お休みなのでリブログ&軽い話題を/ 勝手に引用、編纂シリーズ!? 思い込みと刷り込みについて:「たばこ=体に悪い」って疑う余地もなく思っている人が圧倒的に多い世の中。私もそう思い込んでいました。この病になって試しに吸ってみるまでは! 周知の事実って感じになっているものほど怪しくて疑ってみたほうがいいかもしれませんね。情報は鵜呑みにしないこと。 真実は多数決ではない [続きを読む]
  • 抗がん剤を断る勇気
  • こんにちは、シン タマニです。 世の中は夏休みに入ったようですね。 しかも、都内は雨模様曇り模様で涼しいです。 私も先週の猛暑で、 かなりの夏ばてになってしまい このブログの更新もなかなかできず仕舞いでした。 今日はやっと少し元気になったので 更新を試みてみます。 前回、病気は自分で治すもの、 でもお薬の力にはすがってください。というような 矛盾に感じる方もいるかもしれないことを 書いたかと思います。 でも [続きを読む]
  • 病気は医者に治してもらうものではなく自分で治すもの
  • こんにちは、如意宝珠の力で願いを叶えます。です。前回、臨床医のことを散々に書いたような気がします。というか、散々に書きましたね。まじめにお仕事をされている臨床医の方には失礼致しました。でも、医師の資格さえ取ってしまえばある意味、継続して勉強しなくても、 余程のことがないと資格剥奪になんかならない特権階級のお仕事。吸血生物による血液感染症を診断できなかったり、癌が治せていない以上、これぐらい言われて [続きを読む]
  • 免疫システムが騙されるとは その3
  • こんにちは、如意宝珠を探して幸せを必ずやつかみとります、です。 前回、免疫システムが騙されるとは その2 で いかに、寄生虫どもが、人間の免疫を騙すかを 書いたつもりです。 さて、私は、この原因不明の病を発病して 病院の内科を通って 無駄な血液検査をしたりして 貴重な初期症状の発現のタイミングの 初動対応ができる貴重な時間を 無駄に過ごしてしまいました。 血液感染症の場合、 最初に有効な抗生物質を打てさえす [続きを読む]
  • 免疫システムが騙されるとは その2
  • こんにちは、黄金の如意宝珠を探して、です。 前々回、禁断の免疫について書いたかと思います。 これですね。免疫システムが騙されるとは その1 この続きを書いてみたいと思います。 まずは、やはり、 免疫システムが騙される? なんて、 恐らく、ほとんどの人が 自分の免疫が壊れるなんて そんなこと、 あるわけないと思っていると思うのです。 私自身、そうでしたから。。。 でも、免疫システムなど、悪魔の使者に狙われたら [続きを読む]
  • ”銀の殺菌作用(水の大量確保)” 銀のお力
  • こんにちは、にょいほうじゅはどこにあるのか、です。 銀は、本当にお力のある金属だと思っています。 吸血鬼を滅ぼすには 昔から、銀の十字架、銀の杭、銀の銃弾を 吸血鬼の心臓に 打ち込むのです。 銀の銃弾は狼男でしたかね。。。 どちらにしても、人類の敵である 吸血鬼は、すなわち、蚊、ノミ、ダニ、南京虫、 アニサキスなどの吸血線虫、住血吸虫です。 彼らを倒すには 銀のお力が必要なのです。 Wikiより、 銀(ぎん [続きを読む]
  • あやしいニュースが矢継ぎ早に出ていますね
  • こんにちは、如意宝珠の力を信じている、です。 昨日は、怪しいニュースが目白押しでした。 やはり、何か起きる前触れなんでしょうか。 1.癌の早期発見を増やす、というニュース血液1滴、がん13種早期発見…3年めど事業化国立がん研究センター(東京都)などは、血液1滴で乳がんなど13種類のがんを早期発見する新しい検査法を開発し、来月から臨床研究を始める。 異常細胞なんて、体の中で毎日できているものを 別に見つ [続きを読む]
  • 免疫システムが騙されるとは その1
  • こんにちは、黄金の如意宝珠を知らないか、です。 前回、簡単に免疫システムが騙される なんて書きましたが。 私が4年前に突然、原因不明の病に 襲われて、毎日、スマホでネット検索しながら 疲れたら眠り込む という日々をすごしたときに、 ネットで、 「あなたの免疫システムが騙される」 ために、このような症状になる、云々 という言葉を発見しました。 しかも英語で、でしたが。 そのとき、私が感じたことは 私の症状は、免 [続きを読む]
  • 酩酊成分には免疫調整作用があるのか(7/23修正)
  • こんにちは、如意宝珠です。二回目のスマホからの更新です。昨日の続きというか捕捉ですが植物由来の酩酊成分は、害虫やバクテリアを滅菌する作用があるのではないかと書きました。私は、この推測は結構、いいところを突いていると以前から思っていたのですが。酩酊作用というか麻酔作用にはそれ以外の何かがあるのではないか、と思ったのでした。これは、以前、耳たぶの化膿が治らないので様々な軟膏を使ってます、という記事に書 [続きを読む]
  • ”焚火の自由”+煙で邪気を払う
  • こんにちは、チンタ マーニーです。  ダイオキシンは有毒というのは誤りだった、 現在では言われています。 <出典>文春ダイオキシン虚構論近年では「人間にはそれほど害はない」という学説が主流になっています。(1)ダイオキシンは人々の生命を奪う史上最強の猛毒である、という誤解。(2)母乳の汚染もアトピーも少子化もダイオキシンのせいだ、という誤解。(3)ベトナム戦争の枯葉剤などで深刻な被害が実証されている [続きを読む]