宮毬紗 さん プロフィール

  •  
宮毬紗さん: 愛される画家になるための絵画教室
ハンドル名宮毬紗 さん
ブログタイトル愛される画家になるための絵画教室
ブログURLhttp://miyamarisa.hatenablog.com/
サイト紹介文画家になりたい人必見!京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年、一晴画廊オーナー)の絵画指導
自由文画廊での経験を踏まえた、画家として成功するための総合的な教育ブログ。人の心に響く絵を描くための心構えをネットで学べます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 84日(平均11.1回/週) - 参加 2017/02/04 15:26

宮毬紗 さんのブログ記事

  • 優れた才能は、すでにあなたの中にある。
  • こんにちは。宮毬紗です。このブログも、読んでくださる方が増えてきました。これからも、あなたの制作活動に役立ち記事をどんどん書いていきたいと思っています。あなたが幸せになるよう、全力で応援しますね(*^▽^*)さて、今日のテーマです。タイトルは長いですが、要するに「あなたがすでに持っている才能の見つけ方」をお伝えします。才能は人に見つけてもらうものでありません。勘違いしている人も多いですが、才 [続きを読む]
  • 絵の上に物を置いていませんか?
  • こんにちは。宮毬紗です。京都は新緑が美しいです。庭のツツジが花開いてきました。小鳥が来ていないかなと庭を眺めるのが日課です。よくメジロが庭の手水で水浴びしています(*^。^*)さてさて。ちょっとですね・・・ギョッとしたことがあったので、書いておきます。先日、ある絵画研究室の見学に行きました。趣味で楽しんでいる人から、プロを目指す人まで、レベルはそれぞれです。皆さん自由に制作されていました [続きを読む]
  • 無理に売り込まなくていいんです
  • こんばんは。宮毬紗です。グループ展をする画家さんから、こんな悩みを聞きました。「押せ押せで売り込める人が羨ましいです・・・私はあそこまで押し売り出来ません」気持ちはよく分かります(*^。^*)男性のお客様に、ちょっと強引な感じで作品を買ってもらう女性がいると、まだ自分が1点も売れていない場合は焦りますよね。展覧会の最終日で、周りの作品に赤シールがついているのに、自分の作品にだけは何もついて [続きを読む]
  • 好きだけれど下手ということについて30年以上考えてきた(2)
  • こんにちは。宮毬紗です。やっとこの記事の続きを書きます(^▽^;)大変お待たせしました・・・。miyamarisa.hatenablog.com美術高校の受験には水彩画とデッサンが必要だったのです。そこで受験準備ために、有名な美術予備校へ行くことになります。案の定、受講生には、すでに上手い子がたくさんいるのです。児童絵画教室から絵を習っているような子が。道具からして「描き込んでいます!」という感じの(笑)。・・ [続きを読む]
  • 大勢の声援ではなくて、たった1人の声援でいい
  • こんにちは。宮毬紗です。古い資料を整理していました。ふと、私を褒めてくれた記事を見つけました。「多くの絵を見たなかでも、宮毬紗の絵が良かった」見ず知らずの人からの絶賛が、私の心を長く支えてくれました。何を伝えたいかというとですね・・・最初は大勢の人に褒められなくていいのです。最初は1人でも、ぜんぜんいいのです。ただし。ただしですよ。その1人の思いを、しっかりと胸に抱えるのです。感 [続きを読む]
  • 絵の才能以前に大事なこと
  • こんにちは。宮毬紗です。伝えたいことがあるので連投します。絵画教師歴四半世紀を越えそうな私は、絵が好きなあなたが大好きです。心から応援したいと思っています。だからこうして、ブログを書いています。なのに!なのにですよ!!!こんな泣き言が聞こえます。「自分には絵の才能がないんです」・・・。・・・はい?それがなにか???っていうくらいにしか、私は思っていません!「才能」って言葉は [続きを読む]
  • 自分を知ろう、それはあなたの絵に表れるから。
  • こんにちは。宮毬紗です。私は絵を描く人が大好きです。あなたの想像を越えるくらい、かなり好きです(笑)。この記事も早く続きを書こうと思いながら、何を書けば力になれるのかを考え続けています。miyamarisa.hatenablog.comちょっと待っててくださいね(*^▼^*)続きものの記事は、必ず書いていきますから。ちょっとシビアな話になりますが・・・才能の有無というのは、あると思います。造形力とか、色彩感覚と [続きを読む]
  • 気持ち良い絵を描く
  • こんにちは。宮毬紗です。先日、知っている画家さんの展覧会に行きました。透明感のある緑色が美しい秀作を描かれていて、思わずため息をついてしまいました・・・。私は美を感じる絵が大好きです。色彩であったり、構成であったり。心に響く色は、深い色もありますし、軽やかな色もあります。画面のなかで美しい使われ方をしていると、ハッと心が動きます。私自身も、美しさを感じてもらえる絵を描きたいと願っています。 [続きを読む]
  • 公募展であと一押しするタイトルのつけ方
  • こんにちは。宮毬紗です。京都は雨です。ソメイヨシノの桜は、これで散ってしまいそうです・・・。あ、でも八重桜はまだ綺麗に咲いていますよ(*^▽^*)円山公園の有名な枝垂れ桜は、今が満開です!さてさて。今日はのテーマは「作品のタイトル」についてです。画題ですね。プレゼントにする絵のタイトルのつけ方は、この記事に書きました。miyamarisa.hatenablog.com人に物をプレゼントするときに気遣わなければい [続きを読む]
  • 出品作家さん用記事:我が身を守るために画廊で何を話すか
  • こんにちは。宮毬紗です。今日は出品作家さん用の記事です。これから出品したいという方にも役立つと思いますので、ぜひ読んでくださいね。よくある質問に答えていきます。やはり多いのは、これ。「画廊やギャラリーでお客様に何を話せばいいですか」まったく知らないお客様には、何を話せばいいのか困りますよね。お客様の中にも、話しかけられたくない人もいます。そういうお客様には、声をかけないようにしまし [続きを読む]
  • 思いが伝わる構図の取り方/「好き」を伝える方法
  • こんにちは。宮毬紗です。しばらく出張中です。京都はもう、桜の満開は終わったのでしょうか。さて。今日のテーマは構図の取り方です。どれほど描きやすいモチーフやテーマを選んでも、構図次第で、描きやすさが変わってしまいます。これを最初に知ったのは美術高校生のデッサンの授業でした。皆で同じモチーフを描いているのに、描きやすそうな子と、四苦八苦している子がいるのですよね・・・。まったく同じ物を描い [続きを読む]
  • 描き続けるために、お金について考える。
  • こんにちは。宮毬紗です。絵を描き続けるには、お金が必要です。材料費がかかります。発表するためにも費用がかかりますね。多くの人が制作をやめてしまう契機が、結婚したとき、子供ができたときです。女性でしたら、親の介護が始まったときも含まれます。「あなたの趣味に使うお金があったら、子供の教育費に回してほしい」実際あった話ですが・・・「子供の将来とあなたの売れない作品、どちらが大事なの!」なんて [続きを読む]
  • やってしまいましたので、絵を無料で添削します。
  • こんにちは。宮毬紗です。さきほど、下書き保存したいのに、間違って記事を公開しました・・・。やっちまったーーー!!!更新のお知らせがいった皆様・・・こんな真夜中に本当に申し訳ありません!ということで、急遽なんか書かなきゃ!という情熱に突き動かされ書いてます。さらに更新のお知らせがいく迷惑を考えず!!!ということで。この記事を読んでくださった方限定で、絵の添削を無料でさせていただきます。 [続きを読む]
  • ちょっと強気はモテる/お客様との交渉のコツ
  • こんにちは。宮毬紗です。桜をスケッチしてきました。そのあと、京都高島屋で、高島屋にゆかりのある美術工芸の展覧会を拝見しました。遠縁の木島櫻谷の作品も発見。今日で最終日でしたので、鑑賞できてよかった!さて。今日は、個展を予定している人必見の記事です。特に作品の価格交渉の場では、力を発揮すると思います。恋愛でも、仕事でも、総じて言えることですが・・・。「自分に自信のある強気な人はモテる [続きを読む]
  • スケッチは「覚えるため」に描き、写真は「安心するため」に撮る。
  • こんにちは。宮毬紗です。京都は桜が満開です。今日はこのあと、お花見に行く予定です。京都の桜で有名なのは、八坂神社の垂れ桜です。巨木の桜と篝火の構図で、多くの画家が描いています。私もササッとスケッチしてきます。さて。今日は再び、「写真を使って絵を描く」という問題です。この記事にも書いています。miyamarisa.hatenablog.com今日行く予定の八坂神社もそうですが、桜が満開の時期はお花見客が押し寄せて [続きを読む]
  • 嫉妬したときこそ貪欲になれ!
  • こんにちは。宮毬紗です。人を批判するのは簡単です。楽なんです。「こんな絵のどこがいいのか分からない」「どうせ、コネか何か使っているんだろう」胸の中の黒いものに反応した、反射的な考えを吐き出すのはストレス発散にもなりますね。そういう時も、あっていいです。ですが。これは深い思考から出てくるものではありません。咄嗟に出てくる、つぶやきのようなものです。反射したままで終わっては、いつまでも、 [続きを読む]
  • 焦らないで明るくいきましょう
  • こんにちは。宮毬紗です。焦らないでいきましょう。深呼吸してください。あながた焦る必要は、まったくありません。未来を見る力は、心が明るくなるように使いましょう。今のあなたが足りないと感じるものは何かを、見極めてみましょう。搬入までの時間ですか?お金ですか?評価ですか?もしそれがあったら、あなたがどう感じて、描く絵が、どんな絵になるのかを考えてみましょう。今と大きく違いますか? [続きを読む]
  • 先生やファンを無理に追いかけない
  • こんにちは。宮毬紗です。人の気持ちには波があります。急激に接近したり、なんとなく離れたり。恋人や友達同士でもありますよね。嫌いになった訳ではないけれど、なんとなく、今は距離を置きたいという時期が。男性に多いかもしれません。男性が音信不通になる「穴ごもり」は、よくありますね(笑)。先生やファンの人が「最近、自分へ興味を向けてくれない」と感じたときは、まったく焦らなくていいです。相手が、 [続きを読む]
  • モテる画家になる(男性編)
  • こんにちは。宮毬紗です。今日の京都は雨です。雨のなかの桜も風情がありますなあ〜。って呑気に言いつつも、明日からこんな浮世絵を展示します。鈴木春信の春画です。よければお花見ついでに春画をどうぞ。さて。今日は、昨日書いた、この記事の続きのような話です。miyamarisa.hatenablog.comまあもう、至極当たり前のことを書きました。社会人なら、やって当然なことです。なので。「当然やん。今さらブログ [続きを読む]
  • 才能よりも大事な「共感力」にこだわる
  • こんにちは。宮毬紗です。早速ですが。こんなご指摘をいただきました。「最近さぁーブログが出品作家さんの教育ブログになってない?」・・・。・・・。・・・バレタか。はい、なってます。愛情を込めて思いっきり教育したろう!と目論んでます。もー作家さんが好きすぎて。・・・愛情を持っているのは、出品作家さんだけじゃないんですけどね。絵を描く人を愛してます。はい、あなたのことですよ。あなたの [続きを読む]