ぺーじいさん さん プロフィール

  •  
ぺーじいさんさん: ぺーじいさん
ハンドル名ぺーじいさん さん
ブログタイトルぺーじいさん
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/arakim_0826
サイト紹介文ぺーじいさんの『出雲ふるさと通信』
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 136日(平均5.4回/週) - 参加 2017/02/04 16:29

ぺーじいさん さんのブログ記事

  • 利休帽
  • 利休帽は茶人「千利休」がいつも被っていたと言われる特徴のある帽子で、最近では2015年のノーベル賞を受賞された大村教授が愛用されていることから有名になりました。私と友人ふたりを茶人とか、風流人とでも勘違いした、信州に住いする同級生の淑女から送られてきました。たぶん、これからの努力、節制により利休帽が似合う男になれよとの激励と受け止めてありがたくいただくことにしました。はははは!(^^)! [続きを読む]
  • お地蔵様
  • 先日、ご近所の皆さんとクリーン作戦と銘打った国道沿い等に投げ捨てらたジュース缶などのゴミ拾い活動が行われ地元町内を一周しました以前と比較すると缶、ゴミは運転マナーの向上で激減していますヽ(^。^)ノその時、お地蔵様3体を発見しましたいえいえ発見と言ったのは私ひとりでほとんどのみなさんはずーっと以前から子どもの頃からお地蔵様の存在をご存じでありました。お恥ずかしや何たる不覚でありましょうか(~_~;) 過って [続きを読む]
  • 出雲型狛犬
  • 狛犬は蹲踞の姿勢が一般的ですが腰を大きく浮かし前脚をかがめ躍動的な姿の狛犬を出雲型(かまえ型)というそうです。松江の三社に参拝した折すべての神社で狛犬に出会いました。同伴した近所の博学の方のお話ですどうぞ見比べてみてください。蹲踞型出雲型 [続きを読む]
  • 鳥居
  •  出雲大社の東方に位置し、正月三日には毎年、吉兆神事に参加するわたしの町内の氏神様、本郷荒神社の鳥居が三十年近く経過して劣化が見受けられるようになり、補修か建て替えを迫られて、氏子四人で松江にある神社の木製鳥居を参考にしてはと出かけることにました。 鳥居の件はともかく、久々の何れも意宇6社に数えられる由緒ある神社参拝で気持よい一日でした。最初に大社造り最古の国宝・神魂神社、田中を走るかっての圧倒的 [続きを読む]
  • 青梅収穫
  • 今年の青梅の出来具合は余り芳しくありませんでした。もっとも老木2本だけですから仕方ありませんが只今幼木育成中です。5キロにも届かないようです。 [続きを読む]
  • 剪定
  • 70歳を超えてなお今年も梯子、脚立、剪定ハサミ、電動バリカン等の用具を駆使して剪定作業頑張っています。ほぼ高木の剪定が終わり進捗率50パーセントほど。元々庭の真ん中には出雲地方では定番の黒松が鎮座しておりました。黒松の剪定だけは素人では全く歯が立たず、父の代からずーっと庭師さんに大枚叩いて雑木も含め全ての剪定を春秋の年2回お願いしていました。現役時代はともかく、年金生活者には少々キツイと思っていた [続きを読む]
  • 一粒だけ枇杷実の収穫
  • 一粒だけ枇杷の実を収穫しました。孫の友達が小学校の給食で食べた枇杷の種を家に持ち帰り鉢で育てていた苗それををもらったのが七年前。今年、初めて二房の実をつけて収穫を楽しみにしていましたが、鳥に喰い千切られてしまいました。無惨(~_~;) [続きを読む]
  • 凉殿祭
  • 出雲大社では夏を告げる凉殿祭(すずみどのまつり)が毎年6月1日、真名井にある出雲の森で行われます。神事を終えて宮司様が出雲大社境内の御手洗井に向けて神職が敷く真菰を踏みながら進まれます参拝の氏子が我れ先にと踏まれたこの真菰を取り合いますこのことから、大社の街では別名『真菰神事』と呼びます参拝客が真菰を取り合う場面があり、時にはエキサイトすることもあり危険を伴うと、昨年から撮影は遠慮するとになりまし [続きを読む]
  • ナンテンの花
  • ナンテンは「難を転ずる」と縁起の良い木と言われていますそんな木の実ということもあってお目出度いお正月用の切花として必ずといっていいほど使います真っ赤な実ですが今が盛りの花は真っ白自然界は不思議な世界です!(^^)! [続きを読む]
  • 収穫を待つ果実
  • 収穫時期に達してはいませんが我が家で見つけた果実です花桃、ビワ、梅、ロウバイ、スモモロウバイの実はアルカロイドといわれる毒があるので決して食べてはいけないそうです花桃枇杷梅毒性のあるロウバイの実スモモ [続きを読む]
  • 田舎のプレゼント
  • 左の山の端辺りが出雲大社9キロを自転車通学している孫娘。帰宅途中に撮った写真らしい。車からはなかなか撮れない写真です。遠距離通学をいつも心配はしているのですが、たまには田舎の自然からのプレゼントなのです。『北山と水田と夕焼け』 [続きを読む]
  • ウツギの花
  • ウツギの花です。畑の隅で咲いています。もう花の終わりが近づいているようです毎年そうなんですが気が付くのがもう少し遅かったら見逃したかもしれない花ですそれは花の性ではなく咲いてる場所の性なんですが・・・…一本の木なのに赤い色と白い色が同居していますヤマボウシの花は上を向いて咲くようで下からはなかなか見えません二階の窓から覗くと咲いているのがよく分かります!(^^)! [続きを読む]
  • 三江線
  • 島根県江津市と広島県三次市を結ぶ三江線は過疎化に耐え切れず来春の廃線が決まっています。その三江線に乗る旅バスハイクをと同級生の会17名全員で出かけました。三次から島根県美郷町粕淵までの100分ほど、二両編成で立ち席がでるほどの超満員、しかし地元客と思われるのはとても1割にも満たないと思われ、ほとんどが所謂撮り鉄と一度は三江線に乗ってみようという観光客。広島県内は悪路の為かほぼ徐行運転、地味で寂しく [続きを読む]
  • 白い花
  • 秋には赤い実となり、鳥に喰い尽くされるであろうピラカンサの白い花。少々咲き過ぎではないでしょうか、夏みかんの白い花。今年は極端に花数の少ないヤマボウシの白い花。 [続きを読む]