大学比較 さん プロフィール

  •  
大学比較さん: 大学比較ブログ
ハンドル名大学比較 さん
ブログタイトル大学比較ブログ
ブログURLhttp://daigakuhikaku.blogspot.jp/
サイト紹介文大学を客観データから比較していきます。早慶上智やGMARCH、関関同立の比較に重きを置いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 83日(平均8.9回/週) - 参加 2017/02/06 18:40

大学比較 さんのブログ記事

  • 早慶上智・MARCH対決:中央大法学部VS早稲田大法学部
  •  今回の比較対象は、大学レベルでの比較ではライバルとはいいにくい中央大と早稲田大。しかし、中央大学法学部はその歴史の伝統から、MARCHでは別格扱いされている。そのため、今回は両校の「法学部」について、比較していきたい。 なお、今回の比較においては、恐らく早稲田大法学部の方が上との評価になろうが、例えば、中大法学部に合格した受験生が、満足できずに一浪してまで早稲田大法学部を目指すべきかどうかについ [続きを読む]
  • 日東駒専対決:専修大経済学部VS東洋大経済学部
  •  今回の比較対象は、いわゆる「日東駒専」の中で永らくライバルとされてきた専修大学と東洋大学。その中で、両校の「経済学部」に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項目名 [続きを読む]
  • GMARCH対決:学習院大法学部VS立教大法学部
  •  今回の比較対象は、GMARCHの中で存在感を発揮する、学習院大と立教大。その中で、双方の「法学部」に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項目名数値単位数値年度学習院大 [続きを読む]
  • 関関同立対決:同志社大理工学部VS立命館大理工学部
  •  関関同立の中でも、京都の大学同士として比べられることの多い、同志社大と立命館大。今回は両校の「理工学部」に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。(一般的な評価は「同志社大が優勢」という評価のようだが、果たしてその評価が正しいのか検証していく)。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横に [続きを読む]
  • MARCH対決:中央大経済学部VS明治大政治経済学部
  •  今回の比較対象は、MARCHというくくりができるはるか以前より、100年以上にわたってライバルとして競ってきた中央大と明治大。その中で、中央大経済学部と明治大政治経済学部に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では [続きを読む]
  • 産近甲龍対決:京都産業大経済学部VS近畿大経済学部
  •  今回の比較対象は、「産近甲龍」のなかで比べられることの多い、京都産業大と近畿大。その中で、両校の「経済学部」に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項目名数値単位数 [続きを読む]
  • MARCH対決:法政大法学部VS明治大法学部
  •  ともに東京六大学の一員、そしてMARCHの一員として知られる、法政大と明治大。今回は両校の「法学部」に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項目名数値単位数値年度法政大 [続きを読む]
  • 日東駒専対決:駒澤大経済学部VS日本大経済学部
  •  今回の比較対象は、関東の有名大学の中の、いわゆる「日東駒専」の中で永らくライバルとされてきた駒澤大学と日本大学。その中で、両大学の「経済学部」に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生 [続きを読む]
  • GMARCH対決:学習院大経済学部VS法政大経済学部
  •  今回は、GMARCHのくくりの中で比較されることの多い学習院大と法政大。その中で双方の「経済学部」に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項目名数値単位数値年度学習院大学 [続きを読む]
  • 関関同立対決:関西大化学生命工学部VS関西学院大理工学部
  •  今回の比較対象は、「関関同立」の中のライバル校同士である関西大と関西学院大。関西大学化学生命工学部と関西学院大学理工学部の両方に合格した場合、どちらに進学した方が良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか [続きを読む]
  • MARCH対決:青山学院大経済学部VS立教大経済学部
  •  今回は、MARCHの中のオシャレ大学、そして共にミッション系大学として知られる、青山学院大と立教大の「経済学部」について比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項目名数値単位数値年度青山学院大学経済学部立教大学経済学部大学全 [続きを読む]
  • 産近甲龍対決:京都産業大外国語学部VS龍谷大国際学部
  •  いわゆる「産近甲龍」のうち、同じ京都の大学同士として比べられることの多い、京都産業大と龍谷大。今回は両校の国際系学部である京都産業大外国語学部と龍谷大国際学部に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。(一般的な評価は「龍谷大が優勢」という評価のようだが、果たしてその評価が正しいのか検証していく)。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください [続きを読む]
  • MARCH対決:法政大経営学部VS立教大経営学部
  •  今回の比較対象は、MARCHのくくりの中で比較されることの多い法政大と立教大。その中で、双方の「経営学部」に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項目名数値単位数値年度 [続きを読む]
  • 日東駒専対決:東洋大経済学部VS日本大経済学部
  •  関東の大手大学のうち、いわゆる「日東駒専」の中で永らくライバルとされてきた東洋大学と日本大学。今回は東洋大経済学部と日本大経済学部に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まってい [続きを読む]
  • 早慶対決:慶応義塾大商学部VS早稲田大商学部
  •  永遠のライバルである慶應義塾大学と早稲田大学。今回はその中でも、慶應義塾大学商学部と早稲田大学商学部の両方に合格した場合は、どちらに進学すべきかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項目名数値単位数値年度 [続きを読む]
  • GMARCH対決:学習院大理学部VS中央大理工学部
  •  今回の比較対象は、GMARCHのくくりの中で比較されることの多い学習院大と中央大。その中で、学習院大理学部と中央大理工学部に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項目名数 [続きを読む]
  • 関関同立対決:同志社大経済学部VS関西学院大経済学部
  •  関関同立の中の「上位校」として比べられることの多い、同志社大と関西学院大。今回は両校の「経済学部」に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。(一般的な評価は「同志社大が優勢」という評価のようだが、果たしてその評価が正しいのか検証していく)。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると [続きを読む]
  • MARCH対決:中央大法学部VS立教大法学部
  •  MARCHというくくりの中で、長らくライバルとして競ってきた中央大と立教大。今回は両校の「法学部」に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項目名数値単位数値年度中央大学 [続きを読む]
  • 産近甲龍対決:龍谷大法学部VS近畿大法学部
  •  今回は、いわゆる「産近甲龍」の中のライバル校同士である、龍谷大法学部と近畿大法学部について比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項目名数値単位数値年度龍谷大学法学部近畿大学法学部大学全体の学部生数(人)大学201517524315 [続きを読む]
  • MARCH対決:青山学院大文学部VS学習院大文学部
  •  今回は、GMARCHの中で存在感を発揮する、青山学院大と学習院大の「文学部」について比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項目名数値単位数値年度青山学院大学文学部学習院大学文学部大学全体の学部生数(人)大学2015176018261学部 [続きを読む]
  • 日東駒専対決:専修大文学部VS日本大文理学部
  •  関東の大手大学のうち、いわゆる「日東駒専」の中で永らくライバルとされてきた専修大学と日本大学。今回は専修大文学部と日本大文理学部に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっている [続きを読む]
  • 早慶上智・MARCH対決:慶應義塾大法学部VS中央大法学部
  •  今回の比較対象は、大学レベルでの比較ではライバルとはいいにくい慶應義塾大と中央大学。しかし、中央大学法学部はその歴史の伝統から、MARCHでは別格扱いされている。そのため、今回は両校の「法学部」について、比較していきたい。 なお、今回の比較においては、恐らく慶應義塾大法学部の方が上との評価になろうが、例えば、中大法学部に合格した受験生が、満足できずに一浪してまで慶應義塾大法学部を目指すべきかどう [続きを読む]
  • 関関同立対決:同志社大文学部VS立命館大文学部
  •  関関同立の中でも、京都の大学同士として比べられることの多い、同志社大と立命館大。今回は両校の「文学部」に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。(一般的な評価は「同志社大が優勢」という評価のようだが、果たしてその評価が正しいのか検証していく)。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にす [続きを読む]
  • MARCH対決:法政大社会学部VS明治大情報コミュニケーション学部
  •  ともに東京六大学の一員、そしてMARCHの一員として知られる、法政大と明治大。今回は法政大社会学部と明治大情報コミュニケーション学部に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっている [続きを読む]
  • 産近甲龍対決:京都産業大理学部VS近畿大理工学部
  •  今回の比較対象は、「産近甲龍」のなかで比べられることの多い、京都産業大と近畿大。その中で、京都産業大理学部と近畿大理工学部に合格した場合、どちらに進学するのが良いかという観点から比較していきたい。※各指標の定義・根拠・出典等については、こちらのページをご覧ください。 また、スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横にすると各指標が見やすいです。「入学段階では、どちらが優秀な学生が集まっているか」項 [続きを読む]