donguriojisanのブログ さん プロフィール

  •  
donguriojisanのブログさん: donguriojisanのブログ
ハンドル名donguriojisanのブログ さん
ブログタイトルdonguriojisanのブログ
ブログURLhttp://donguriojisan.muragon.com/
サイト紹介文Donguri Ojisanさんのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 145日(平均6.7回/週) - 参加 2017/02/04 19:41

donguriojisanのブログ さんのブログ記事

  • 対話中心の<新・家庭教育論>  (第15回)
  • 対話中心の<新・家庭教育論>      (0歳〜12歳)                【Ⅲ】子供の成長を、妨げるもの。 (3)ほめること。  多くの育児書は、しつけ教育をすすめています。「しつけ教 育をうまくやるには、子供が良い事をしたら必ずほめなさ  い。そうすれば子供は親の言う事を聴くようになります」。  「上図にほめて、上図にしかりなさい」などと書いてありま す。  これは、とんでも [続きを読む]
  •  対話中心の<新・家庭教育論>  (第13回)
  •  対話中心の<新・家庭教育論>        (0歳〜12歳)                                                         【Ⅲ】子供の成長を妨げるもの。  子供を不自由にするもの、束縛するものは、す べて子供の成長を妨げるでしょう。  主なものを次に上げてみましょう。  (1)冷たい発言・態度。  次のような発言(発言しなくても態度、表情に も [続きを読む]
  • 対話中心の<新・家庭教育論>  (第12回)
  •  対話中心の<新・家庭教育論>      (0歳〜12歳)                              【Ⅱ】子供の成長に役立つもの(つづき) (7)子供が決め、子供が実行する。    大人は、可能な限り、手出し、口出しを、しないように   注意する。                               6歳位までは、自分では出来ないことが多いので,子供がマ  ゴ [続きを読む]
  • 対話中心の<新・家庭教育論>  (第11回)
  •      対話中心の<新・家庭教育論>         (0歳〜12歳)                    【Ⅱ】子供の成長に役立つもの(つづき)  (6)気持ちの交流  子供との会話が<気持ちの交流>になっていることが、子供 の成長のために、非常 に重要です!!    <気持ち>の反対は、<理屈>です。  理屈は、子供には理解できないので通じません。  子供は、感性の世界に住んでいるからです [続きを読む]
  • 対話中心の<新・家庭教育論> (第10回)
  •    対話中心の<新・家庭教育論>  (0歳〜12歳)                   こどもは、家庭の花! 【Ⅱ】子供の成長に役立つもの(つづき) (5)子供の生活全体に関心を持つこと  家族が、特に、お母さんが、子供の生活全体に関心を持ち、 子供と関わって行くことが、元気な子供を育てるのに何より 大切なことは言うまでもありません。 [続きを読む]
  • 対話中心の <新・家庭教育論> (第9回)
  • 対話中心の<新・家庭教育論>       (0歳〜12歳)          【Ⅱ】子供の成長に役立つもの(つづき)                          (4)目の前にいる子供を、よく見る・聴く・話す・感じる。  *あなたは、今、目の前にいる子供を、よく見て、目を見  て、誠実に子供の発言を聞き、対話すること。  そうすれば、子供も、あなたの目を良く見て、真剣に、あな たと対話します [続きを読む]
  • 対話中心の<新・家庭教育論> (0歳〜12歳)・・第8回
  •   対話中心の<新・家庭教育論>           (0歳〜12歳) 【Ⅱ】子供の成長に役立つもの(つづき)                          (3)誠実な態度  ご家族全員に、強く望まれる大切な態度・態勢は<誠実>で す。  あなたの子供は、あなたがいつも「自分をしっかり見ていて ほしい」、「話を真面目に、<誠実 [続きを読む]
  • 対話中心の<新・家庭教育論>(0歳〜12歳)・・第7回
  •   対話中心の<新・家庭教育論>        (0歳〜12歳) 【Ⅱ】子供の成長に役立つもの(つづき)                           (2)子供を自由にさせる。好きにさせること。  <子供は、生まれた時から、自分の好きにしたい、自由にし たい>と強く望んでいるように見えます。  しかも、驚いたことに、何も知識もない赤ちゃんでさえ、自 分がどうしたいか、をわかっているように見 [続きを読む]
  • 対話中心の<新・家庭教育論> (0歳〜12歳)・・第6回
  •      対話中心の<新・家庭教育論>  (0歳〜12歳) 【Ⅱ】子供の成長に役立つもの                            (1)丈夫な体・・・食事・運動・睡眠  丈夫な体こそが,子供を幸福にします。  知識よりも,健康な心と体力のある子供が,幸福になるのです。   頭が良いと言うことは、決して幸福の第一条件ではありま [続きを読む]
  • 対話中心の<新・家庭教育論> (0歳〜12歳)・・第5回
  •      対話中心の<新・家庭教育論>      (0歳〜12歳)       【Ⅰ】基本的なこと(つづき) (6)“わたし”と“あなた”は別の人           これは、家族にとって、心の痛むことだと思います。  特に、お母さんにとっては。  しかし事実なのです。  生物体として、人間として、別の人なのです。  このことをお母さんが認めること、いや、認め切れなくて   [続きを読む]
  • 対話中心の<新・家庭教育論>(0歳〜12歳)・・第4回
  •    対話中心の<新・家庭教育論>      (0歳〜12歳)       【Ⅰ】基本的なこと(つづき) (5)<人の気持ち>と<まわりの状況>は、両方とも、同時  に、一瞬、一瞬、変わる。  これは事実です。  誰でも納得できる事実です。  (ィ)<人の気持ち>は、ドンドン、変わります!  <人の気持ち>とは、<心に湧き上るもの、すべて>を、指  すことにします。  心臓の鼓動のように、ストップ [続きを読む]
  • 対話中心の<新・家庭教育論> (第3回)
  •     対話中心の<新・家庭教育論>      (0歳〜12歳) 【Ⅰ】基本的なこと(つづき) (4)子供の性質  子供は、大人より優れた、次のような素晴らしい性質・特徴 を 持っている、と私は思います。  さー、一緒に考えてください!  まず、点線(・・・)の下を隠して下さい!  では、質問です。  「あなたは、子供は、どのような性質・特徴を持っている [続きを読む]
  • 対話対話中心の<新・家庭教育論> (第3回)
  •    対話中心の<新・家庭教育論>        (0歳〜12歳)       【Ⅰ】基本的なこと(つづき) (3)実際に、子供は、大人より劣っているでしょうか?  私達大人は、子供は、大人より劣っている、と思っていない しょうか?  「子供は、大人より劣っている。だから、いろいろ、躾けた り教えたり、しなければならない」と考えていないでしょう か?  この辺から、<大人が、子供の上位に立つ>と言 [続きを読む]
  •  対話・中心の<新・家庭教育論>(第2回)
  •   対話・中心の<新・家庭教育論>        (0歳〜100歳)         *おことわり!  これからお読みいただく本文では、今、これを読んでいる方を「あなた」と呼ばせて いただきたいと思います。やや、違和感があると思いますがお許し下さい。  「あなた」以外の人称では、私とあなたが、直接、お話をしている感じが、薄れてしま い、私はイヤなのです。  今、これを読んでおられる方が、お母さんな [続きを読む]
  •   対話・中心の<新・家庭教育論>(第1回)
  •    対話・中心の<新・家庭教育論>         (1)はじめに  「子供は、家庭の花である!」。  こんな文を、どこかで聞いた記憶がありませんか?  ステキなコトバです!  子供が、心身ともに、元気に育ってくれる事が、家族みん  なの願いではないでしょうか?  ご家族が、この願いを達成するため、私も、何かお役に立  ちたいと思い、<新・家庭教育論>を、お伝えしようと思い  ます。 [続きを読む]
  • <小学校・指導要領>を読む (第17回)
  •  今回で、このテーマを、終わります。  最後に、<小学校・指導要領>の,道徳科の徳目を読んで、 私が感じたことをお伝えしたいと思います。  教育基本法では、「教育の目的は、生徒の人格養成である」 とあります。  私は、この基本理念に賛成です。  <生徒の人格養成>は、生徒、ひとり、ひとりの、自主性を 尊重した、自由な教育環境の中でしか、実現されないと思わ れます。  ところが、道徳は、外から働く< [続きを読む]
  • <小学校・指導要領>を読む (第16回)
  • *この<小学校・指導要領>は、2018年4月1日より、実施されます。 初めて,道徳 科が新設され、国家検定の教科書が 使われます。 注(1)*印・・・私見。              (2) 紫色の文・・・指導要領からの引用文。 (Ⅰ)1、2年生向け<徳目>に対して(最後)   (19)⑲「美しいものに触れ、すがすがしい心をもつこ        と」。         *美しいものは、私達の身 [続きを読む]
  • <小学校・指導要領>を読む (第15回)
  • *この<小学校・指導要領>は、2018年4月1日より、実施 されます。初めて、道徳科が新設され、国家検定の教科書が 使われます。 注(1)*印・・・私見。              (2) 紫色の文・・・指導要領からの引用文。 (Ⅰ)1、2年生向け<徳目>に対して(つづき)  (17)⑰「生きる事のすばらしさを知り、生命を大切にす     る事」。      *(第14回)に追加します。   [続きを読む]
  • <小学校・指導要領>を読む (第14回)
  • *この<小学校・指導要領>は、2018年4月1日より、実施 されます。初めて、道徳科が新設され、国家検定の教科書が 使われます。  注(1)*印・・・私見。              (2) 紫色の文・・・指導要領からの引用文。 (Ⅰ)1、2年生向け<徳目>に対して(つづき)  (16)徳目 ⑯ 「他国の人々や文化に親しむこと」。   *直接、学ぶ事は、ほとんど出来ないでしょう。    なぜなら、 [続きを読む]
  • <小学校・指導要領>を読む (第13回)
  • *この<小学校・指導要領>は、2018年4月1日より、実施されます。初めて、道徳科が新設され、国家検定の教科書が使われます。 注(1)*印・・・私見。            (2) 紫色の文・・・指導要領からの引用文。 (Ⅰ)1、2年生向け<徳目>に対して(つづき)  (15)徳目 ⑮「わが国や郷土の文化と生活に親しみ、愛      着をもつこと」。  *この徳目を、正確に表現すると、次 [続きを読む]
  • <小学校・指導要領>を読む (第12回)
  • *この<小学校・指導要領>は、2018年4月1日より、実施されます。初めて、道徳科が新設され、国家検定の教科書が使われます。 注)*印・・・私見。               紫色の文・・・指導要領からの引用文。 (Ⅰ)1、2年生向け<徳目>に対して(つづき)   (14)徳目⑭ 「先生を敬愛し、学校の人々に親しんで、         学級や学校の生活を楽しくすること」。          *私 [続きを読む]
  • <小学校・指導要領>を読む (第11回)
  • *この<小学校・指導要領>は、2018年4月1日より、実施 されます。      注)*印・・・私見。                  紫色の文・・・指導要領からの引用文。 (Ⅰ)1、2年生向け<徳目>に対して(つづき)   (13)徳目⑬ 「父母、祖父母を敬愛し、進んで家の手伝          いなどをして、家族の役に立つ事」。       *この徳目を実現するには、次の<前提条件>が    [続きを読む]
  • <小学校・指導要領>を読む (第10回)
  •    注)*印・・・私見。            紫色の文・・・指導要領からの引用文。 (Ⅰ)1、2年生向け<徳目>に対して(つづき) (12)徳目⑫ 「働くことのよさを知り、みんなのために働         くこと」。       *生徒たちは、掃除当番、給食当番など、自分の役割     をキチンと守り、積極的に、喜んでやります。実に     まじめに、 [続きを読む]
  • <小学校・指導要領>を読む (第9回)
  •    指導要領 注)*印・・・私見。            紫色の文・・・指導要領からの引用文。 (Ⅰ)1、2年生向け<徳目>に対して(つづき)  (11)徳目⑪「自分の好き嫌いにとらわれないで接する      こと」。     *まず、疑問です。      この徳目と [公正、公平、社会正義]は、どのよう      に関係しているのでしょうか?      この疑問は、指導要領を作った方々にお [続きを読む]