donguriojisanのブログ さん プロフィール

  •  
donguriojisanのブログさん: donguriojisanのブログ
ハンドル名donguriojisanのブログ さん
ブログタイトルdonguriojisanのブログ
ブログURLhttp://donguriojisan.muragon.com/
サイト紹介文Donguri Ojisanさんのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 86日(平均6.5回/週) - 参加 2017/02/04 19:41

donguriojisanのブログ さんのブログ記事

  • 教育新聞 (第62号)・・・中篇
  •    人格養成のための<新・教育学>       =対話による生徒中心の教育=           自己概念の検討(つづき) (24)「私は、生徒の成長を願い、見守っている」。  先生のこの態度が、最も基本的な、最も重要な先生に求められる資質ではないでしょ うか?  この態度は、生徒に自由を与えています。  生徒をひとりの人間として尊重しています。  生徒が、自発的に、動き出す事を、大切にしていま [続きを読む]
  • 教育新聞 (第62号)・・・前編
  • 自己発見、自己洞察が、人間を成長させる!    人格養成のための<新・教育学>       =対話による、生徒中心の教育=          自己概念の検討(つづき) (22)私は、生徒と一緒にいる時、楽しい。 (1)「私は、生徒と一緒にいる時、とても楽しい」。  先生が楽しければ、生徒も楽しい。  楽しい教室は、自由があふれ、生徒も先生も成長する。         (2)「私は、生徒と一緒にいる [続きを読む]
  • 教育新聞 (第61号)・・・後編
  • *ご家庭のお父さん,お母さん、おじいさん、おばーさん、・・・!!  <生徒中心の学校教育論>は、<子供中心の家庭教育論>としても、役立つと思いま  す。ご覧頂ければ、何よりの喜びです!(どんぐりおじさん)。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜    人格養成のための<新・教育学>      =対話による、生徒中心の教育=         [続きを読む]
  • 教育新聞 (第61号)・・・中篇
  •    人格養成のための<新・教育学>       =対話による、生徒中心の教育=            自己概念の検討 (19)「私は、生徒を、自分の思う通りに動かしたい」。  先生の、この欲望は、決して満たされることがないことは、明らかです。  なぜなら、もともと、出来ない相談だからです。  なぜでしょうか?  生徒は、人間であり、生き物であり、ひとりひとり、意志があるからです。  ロボットでは [続きを読む]
  • 教育新聞(第61号)・・前編
  •  先生の成長が、生徒の成長を、促進するでしょう! 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育= 自己概念テスト結果の検討を、続けています。 あなたのテスト結果と照合して、自分を見つめてください。 (18)「私は、生徒に、不満を感じる」。  (18−1)「私は、生徒に、しばしば、不満を感じる」。  生徒のどのような言動に、不満を感じるのでしょうか?  ここがポイントです。  不満を [続きを読む]
  • 教育新聞 (第60号)
  • あなたは、どんな時に、なぜ、生徒を、怒ったり、注意したり、するのでしょうか?   人格養成のための<新・教育学>     =対話による、生徒中心の教育=           今号は、前号に引き続いて【自己概念テスト(17)】を検討しましょう。 あなたのテスト結果と照合しながら、自分自身を見つめて下さい。 (17)私は、生徒を、注意する。(その2)  M先生とWさんの話し合いが、まだ続いています。 [続きを読む]
  • 教育新聞 (第59号)
  •  あなたは、どんな時に、なぜ、生徒を、怒ったり、注意したり、するのでしょうか? 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育=  今号は、【自己概念テスト(17)】を検討しましょう。  あなたのテスト結果と照合しながら、自分自身を見つめて下さい。 (17)私は、生徒を、注意する。(その1)  M先生と、Wさんが話し合っています。  W「M先生は、<+2>ですか?」  M「そうです。 [続きを読む]
  • 教育新聞(第58号)
  •  あなたは、なぜ、生徒を、怒ったり、注意したり、するのでしょうか? 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育= 今号は、引き続き 、自己概念(16)項 を検討します。 (16)私は、生徒を、怒る(その3)。  A先生と、Bさんの話し合いは、まだ続いています。  B「先週、A先生とお話し合いをしてから、1週間が経ちましたが、ご自分のパーソ  ナリティ(人格、性格、自己概念)が、 [続きを読む]
  • 教育新聞 (第57号)
  •  ご家庭の皆様へ。  <教育新聞>は、対象が、<先生、と、生徒、の関係>です。  しかし、家庭の<親、と、子、の関係>、<夫婦関係>、<孫との関係>、<嫁・舅 >など、すべての家族関係にも応用できます。  その場合は、次のようになります。  ぜひ、ご愛読下さい。  元気な子供を育てるための<新・子育て論>  =対話による、子供中心の家庭教育= ~~~~~~~~~~~~~~~~~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 [続きを読む]
  • 教育新聞(第56号)
  •  あなたは、どんな時に、相手を怒るのでしょうか? 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育= 【自己概念テスト(1)】の結果の検討(つづき)。      (1)〜(15)・・・・すでに検討済みです。 今号は、(16)を検討します。            (16)私は、生徒を、怒る。    A先生と、B(私)が話し合っています。  B「A先生は、生徒たちを怒ることが,多いのですか [続きを読む]
  • 教育新聞(第55号)
  • いくら努力しても、効果の上がらない教育方針は、変更することが、賢明なのではないでしょうか? 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育= 【 自己概念テスト(1)】の結果の検討(つづき)。       (1)〜(15)・・・・すでに検討済みです。  今号は、前号の(16)を引き続き検討します。            (16)私は、生徒に、礼儀を守らせようとする(つづき)。  A先 [続きを読む]
  • 教育新聞 (第54号)
  • <しつけ指導(挨拶、礼儀作法などの指導)>は、生徒には、通じないのでは、ないで しょうか? 人格養成のための<新・教育学>  =対話による、生徒中心の教育=    対話の場 【自己概念テスト(1)】の結果の検討(つづき)。     (1)〜(14)・・・・・すでに検討済みです。 今号は、(15)を検討します。            (15)私は、生徒に、礼儀を守らせようとする。  先生と私が、話し [続きを読む]
  • 教育新聞 (第53号)
  • <二者択一>の判断基準で、物事や人間の行動を判断する事は、出来ないのではないでしようか? 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育= 【 自己概念テスト(1)】の結果の検討(つづき)。  (1)〜(12)・・・・・・すでに検討済みです。  今号は、(13)項からです。           (13)「私は、生徒に「善いこと、悪い事」を、教えようと する」。  プラス側の先生は、こ [続きを読む]
  • 教育新聞(第52号)
  • <生徒の人格養成>は、先生と生徒の<心(気持ち・願い)の交流>によって、実現されます。 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育= 【自己概念テスト(1)】の結果の検討(つづき)。     (1)〜(11)・・・・すでに検討済みです。  今号は、(12)項からです。        (12)「私は,生徒に『その時、その時の、私の気持・願 い』を、伝えようとする」。     対話の [続きを読む]
  • 教育新聞(第51号)・・後編
  • <生徒の成長>は、先生と生徒の間の<気持(心)の交流>により、実現されるでしょう! 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育=   (11)「私は、生徒の『その時、その時の、気持・願い』を、感じようとする」 について。  <先生と生徒の対話>において、<生徒の成長>を促進する条件は何で しょうか?   その条件は、つぎのふたつです。  (1)先生が、生徒の発言に含まれている「そ [続きを読む]
  • 教育新聞(第51号)・・・前編
  • <生徒の成長>は、先生と生徒の間の<気持(心)の交流>により、実現されるでしょう! 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育=      (ロ)<自己概念テスト結果>の検討(つづき)。     (1)、(2)、(3)、(4)、(5)、(6)、(7)、(8)、(9)・・・すでに検討済みです。 今号は、(10)からです。 (10)「私は、生徒に、話しかける」について。  私達が、今 [続きを読む]
  • 教育新聞(第50号)
  • 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育=   人間の性格  (6−4)「自分に関するデーター」の分析。 (6−4−3)【自己概念テスト(1)】結果の検討。 (1)、(2)、(3)、(4)、(5)、(6)、(7)、(8)・・・すでに検討済みです。  今号は、(9)からです。 (9)「私は、生徒が話しかけてきた時、聴く」について。  「聞く」と「聴く」の違いは、何でしょうか?  [続きを読む]
  • 教育新聞(第49号)
  • 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育= 人間の性格(つづき)   【自己概念テスト】結果の検討 (1)、(2)、(3)、(4)、(5)、(6)、(7)・・・すでに検討済みです。 今号は、(8)からです。 (8)「私は、生徒同志の会話を、聴く」について。  先生方が,「生徒達が、どのような会話をしているかを、よく聞く能力」を持っていることは、先生方の資質の中でも、非常に重要な [続きを読む]
  • 今日育新聞(第48号)
  • 自己概念テストを試みて下さい。 その結果を検討し、「新たな自分」を発見し、その喜びを体験して下さい! 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育=     人間の性格(つづき) (6−4)「自分に関するデーター」の分析(つづき)。 (6−4−3)【自己概念テスト(1)】 (ロ)テスト結果の検討(つづき)。       (1)、(2)、(3)、(4)、(5)・・・すでに検討済みです [続きを読む]
  • 教育新聞 (第47号)
  • 自分の自己概念テストの結果を検討し、「新たな自分」を発見する事が出来れば、生徒と のコミュニケーションが、より良好になり、生徒の成長を促進する事が出来るでしょう! 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育= 人間の性格(つづき) (6−4)「自分に関するデーター」の分析(つづき)。 (6−4−3)[ 自己概念テスト(1)】 (ロ)[ 自己概念テスト(1)】結果の検討(つづき)。 [続きを読む]
  • 教育新聞 (第46号)
  •  自分の自己概念テストの結果を検討し、「新たな自分」を発見する事が出来れば、 生徒とのコミュニケーションが、より良好になるでしょう。   人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育= 人間の性格(つづき) (6−4)「自分に関するデーター」の分析。 (6−4−3)<自己概念テスト(1)> (ロ)テスト結果の検討(つづき)。  <自己概念テスト(1)>をやってみてください。   そ [続きを読む]
  • 生徒の体力低下対策
  • <生徒の体力向上>への取り組み調査  新学期が、始りました。 先生方、お元気で登校されたでしょうか?  さて、日本の子供の体力低下が、多くの調査で明らかになっています。  文科省も、調査結果を発表し、子供の体力低下に警鐘を鳴らしています。  私の近くの公園などでも、子供達が、鬼ごっこをしたり、ドッチボールをするのを、ほとんど見かけなくなりました。  子供の体力低下の原因は、いろいろあります。  運 [続きを読む]
  • 教育新聞(第45号)
  •  自分の自己概念テストの結果を検討し、新たな自分を発見する事が出来れば、生徒との関係が、良好な方向に発展して行くでしょう! 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育= 人間の性格  *復習  今、私達は、自分の性格(性質)を知ろうとしています。  そのためには、  (1)自分に関する具体的情報収集(第42号、参照)をする。  (2)自分が集めた「自分に関するデーターの分析」(第 [続きを読む]
  • 教育新聞(第44号)
  • 自己概念テストを試みて、 「新たな自分」が発見されたで しょうか? 発見された、その時から、 あなたの、新世界が始まるでしょう! 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育=   人間の性格  *復習 今、私達は、自分の性格(性質)を知ろうとしています。そのた めには、 (1)自分に関する具体的情報収集(第42号、参照)をする。 (2)自分が集めた「自分に関するデーターの分析 ( [続きを読む]
  • 教育新聞 (第43号)
  • この瞬間、あなたは、何を感じていますか?  これを感知することが、正確な自己概念を形成するのに、 最も重要です。 人格養成のための<新・教育学> =対話による、生徒中心の教育=   人間の性格 *復習 今、私達は、自分の性格(性質)を知ろうとしています。そのため には、どうすれば良いのか、その具体的方法を研究しています。 自分の性格(性質)を知るための手順は、つぎの二つです。 (1)自分に関する具 [続きを読む]